50回目のファーストキス「諦めない努力が結んだ、究極のラブロマンス!」アメリカの映画です。

映画


スポンサーリンク

50回目のファーストキス解説

今回ご紹介するのは、「50回目のファーストキス」。アメリカの映画です。

2005年6月日本公開。監督はピーター・シーガル。舞台はハワイ!
ハワイの街並み、海や山など、自然がたっぷり味わえて癒される、とにかくハワイ好きにはおすすめな作品です!オットセイ、イルカ、ペンギンなどかわいくてたまらない海の生き物たちもたくさん出てきます!
また、映画内で使われている楽曲もハワイアンな素敵な曲ばかりです!
レゲエの王様・ボブ・マーリーや、サーフミュージックでは有名なビーチ・ボーイズやジェイソン・ムラーズの曲などが使われています!

男女の恋愛模様を描いた映画ですが、普通のラブロマンスではありません。主人公が恋をした女性には、ある大きな問題があったのです…。
ユーモアいっぱいで、クスクス笑いながら楽しめる作品です!

50回目のファーストキス動画予告

50回目のファーストキス – 予告編

50回目のファーストキスあらすじ

水族館で獣医師として働くヘンリーは、とある日カフェでルーシーという女性に出会います。すぐに仲良くなり、次の日にまたカフェで会う約束をしてその日は別れます。翌日カフェでルーシーを見つけ声を掛けるヘンリーですが、ルーシーの様子がおかしい。自分のことを覚えていないようだ。実はルーシーは以前事故に遭い、事故に遭った日以降の記憶が24時間で消えてしまうという後遺症が残ってしまっていた。ルーシーの家族から、もうルーシーに近付くなと

言われてしまったヘンリー。でも、彼は諦めることなく彼女に会いに行きます…!

作品データ

原題:50 First Dates / 制作年:2004年 / 上映時間:99分 

制作国:アメリカ / 配給:ソニー・ピクチャーズ

50回目のファーストキス出演者

アダム・サンドラー(ヘンリー・ロス)

ドリュー・バリモア(ルーシー・ホイットモア)

ロブ・シュナイダー(ウーラ)

ショーン・アスティン(ダグ・ホイットモア)

ブレイク・クラーク(マーリン・ホイットモア)

ルシア・ストラス(アレクサ)

主人公ヘンリー役のアダムは、アメリカではとても人気なコメディ俳優。「パンチドランク・ラブ」(02)ではゴールデングローブ賞の男優賞にノミネート。そのほかの出演作に、「もしも昨日が選べたら」「再会の街で」などがあります。ルーシー役のドリュー・バリモアは、はんとあの有名な「E.T」(82)で、主人公の妹役を演じていた人気女優なんです!ほかにもバットマン フォーエヴァー」(95)「スクリーム」(95)などのヒット作に出演しています。どちらも要チェックですね!

監督/出演者 インタビュー

「アダム・サンドラー(ヘンリー)とドリュー・バリモア(ルーシー)は、(撮影中)お互いから本当に最高のものを引き出している」とウーラ役のロブ・シュナイダーは、下記のインタビューの動画内で話していました。

また、アダムとドリューは、ロケの間にサーフィンも一緒に楽しんでいたようです。映画内でヘンリーとルーシーが意気投合していたように、撮影の裏でも実際にも仲が良かったみたいですね!

インタビュー動画(英語)

'50 First Dates' Interview

まとめ

この映画の見どころの一つは、たくさんのキャラクターが出てくるところです!

キャラクターの一人ひとりが個性的で、ちょっと変だけどなんだか笑えて好きになっちゃうような憎めない人たちなんです!(笑)

ユニークなキャラクターたちがこの映画のちょっとしたギャグシーンなどを盛り上げてくれるので、思わず笑っちゃうようなシーンがたくさんあります!

個人的に好きなキャラクターはヘンリーの友人のウーラです。彼はくだらない下ネタを言ってばっかりですが、そんな彼がみんなを笑顔にしていたりもしました。

また、主人公のヘンリーは、ルーシーのある事情を聞き、ルーシーの家族や周りの人からルーシーに会いに行くことを止められます。それでもヘンリーは諦めずにルーシーに会いに行きます。

その真剣な姿を見るうちに、最初は反対していた人たちが、次第にヘンリーに協力するようになっていくのです。

ある事情から普通の恋をすることができないルーシー。でも、そんな事情があっても決して諦めず立ち向かい続けたヘンリー。普通の人と恋をすることよりも、何倍も大変なことがあったはずです。それでも彼がルーシーを想い、彼女のために努力したことこそ、本当の愛なのではないかな?と思います!

そして変わらないはずのルーシーが、ヘンリーの努力によって変化していくところは本当に見どころです!

ぜひ映画を観て、ご自分の目で確かめてください!!

AmaZon
映画
スポンサーリンク
movieをフォローする

コメント