「バタフライ・エフェクト」の最後の5分はあなたの記憶に一生残る!

映画

スポンサーリンク

「バタフライ・エフェクト」はなぜ忘れられなくなってしまうのか?

本作のタイトルである「バタフライ・エフェクト」。これは「ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の反対側で竜巻が起こる」という意味です。

主人公のエヴァンにはこの「バタフライ・エフェクト」に似た不思議な能力があります。

それは、「過去に戻ってその一部を変え、現代の状況を大きく変えることができる」というもの。

ただし、以下の制約があります。

1.過去には短時間しかいられない(時間が経つと強制的に現代に戻される)

2.戻りたい過去を強く思い出せるアイテムが必要である

3.現代の姿のまま戻ることはできない

そのため、過去に戻って一から人生をやり直すなんてことはできません。

このような話にありがちな、「過去に戻ってあたり馬券で大儲け」なんてもってのほかです!

そして、これらの制約は本作に深みを与えてゆきます。

というのも、エヴァンの能力はかなりまどろっこしく、かつ、危険なものだからです。

例えば制約1の場合、戻った過去の行動によってどのような変化が生じるのかは、現代に戻らないとわかりません。これはとてもまどろっこしいです。

状況が良くなればよいですが、悪くなった場合はまた過去に戻らないといけません。

このとき、制約2ではまってしまう可能性があるのです。

そう、制約2はとても危険なのです。もしエヴァンが日記を書いたり、写真を撮ったりできないような生活を余儀なくされている、そんな現代を生きていたら、どれだけ不幸な境遇であっても2度と過去に戻ることができなくなってしまいます。

最後に制約3です。知能が大人でも体が子供では、大人と喧嘩をして勝つことはできません。

まどろっこしくもあり、危険でもありますね。

もし、過去のあの時にいた大人をきちんと懲らしめることができたなら、それでも全員が幸せになったかもと思ってしまいます。

今見たように、エヴァンは限定された条件でしか過去を変えることはできないのです。

本作では、何回過去を変えても、変更された現代ではエヴァン本人か身近な人の誰かが不幸になっており、決してうまくゆきません。どんどん制約に追い詰められてゆくエヴァンはある決断をします。

エヴァンの最後の決断から始まるラスト5分。そのまま主題歌が流れ出してエンドロールが始まる。この間、ずっと鳥肌立ちっぱなしです!もちろん、エヴァンの最後の決断も必見です!

このラストの流れが「バタフライ・エフェクト」は一度見たら一生忘れられない理由だと思います。

「バタフライ・エフェクト」予告編

【映画】バタフライエフェクト 日本国劇場予告編

「バタフライ・エフェクト」のあらすじ

時折、短時間の記憶を喪失することがある少年時代のエヴァン。彼は医師から治療の一環として日記を書くことを勧められる。

時は経ち、大学生になったエヴァンは、記憶喪失の症状が丸7年起こらなかったことを喜ぶ。ふとしたきっかけで日記を読み返すと、その日記に書かれている過去の時点に戻れる能力がある事に気づく。

幼馴染のケイリーの人生を狂わせてしまった原因が自分にあることを知ったエヴァンは、過去に戻り運命を変える事を決意する。

しかし、過去に戻って選択肢を変えることによって変化した現在では、必ずエヴァン本人もしくは彼が救おうとした誰かが不幸になっていた。

「バタフライ・エフェクト」の作品データ

初公開:2004年1月23日(米国) 

監督:エリック・ブレス

J・マッキー・グラバー

脚本:エリック・ブレス

J・マッキー・グラバー

制作総指揮:ケイル・ボイター

        リチャード・ブレナー

        トビー・エメリッヒ

        ジェイソン・ゴールドバーグ

        デヴィッド・クリンツマン

        アシュトン・カッチャー

        ウィリアム・シヴリー

主題歌:オアシス”Stop Crying Your Heart Out”

製作費 1,300万ドル

興行収入:約9,600万ドル

上映時間:114分

「バタフライ・エフェクト」の出演者

エヴァン:アシュトン・カッチャー

ケイリー:エイミー・スマート

レニー:エルデン・ヘンソン

「バタフライ・エフェクト」のまとめ

以下、本記事のまとめです。

・「バタフライ・エフェクト」とは、「ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の反対側で竜巻が起こる」という意味である。

・主人公のエヴァンは、過去に戻り、その一部を変える能力がある。そして、過去の一部が変わると、現代の状況にも大きな変化が生じる。

・最後の5分からエンドロールまでの流れは鳥肌が立ちっぱなし。

AmaZon
映画
スポンサーリンク
movieをフォローする

コメント