映画「チェンジ・アップ」他人の生活に憧れずに前に進む方法とは?

映画

皆さん一度は他人の生活に憧れたりした経験はしたことがありませんか? ハリウッドスターの豪華すぎる生活や、芸能人やスポーツ選手など、自分とはかけ離れた世界で活躍している人はたくさんいますよね!SNSでより多くの人の生活を知る機会も増えてきたと思います。

しかし、そんな時にふと、「自分はこの人と比べて全然幸せじゃないな」と感じて辛くなってしまう時はありませんか? そんなあなたに今回はご紹介する映画は「チェンジ・アップ/オレはどっちで、アイツもどっち!?」です。

他の人の人生に憧れたり、自分の生活や自分自身をあまり好きになれない人にとってとてもオススメの映画なので是非最後まで読んでください。

スポンサーリンク

映画「チェンジ・アップ」どんな映画?

大人気映画「ハングオーバー!消えた花婿と史上最枠の二日酔い」の脚本も務めたジョン・ルーカスとスコット・ムーアが再びコンビを組み、二人の主人公が入れ替わってしまうコメディ映画です。

主人公は、一流法律事務所で働き3人の子どもに恵まれた弁護士のデイブと、デイブの幼馴染で独身のミッチです。久々に会った二人は、お互いの生活を羨ましがり、入れ替わりたい!と叫んだら次の日から中身が入れ替わっていたというお話です。自由で仕事の責任に疲れない生活に憧れたデイブはミッチの身体になり、ミッチとして生活をしなければなりません。お金持ちで美人妻がいる生活に憧れたミッチはデイブとして全く知識のない弁護士の仕事をしなければなりません。

最初は二人とも元に戻りたい!と策を練るのでしたが、次第に違う暮らしにも慣れてきます。それでもしばらくすると、「あ、これは俺じゃない。」とお互い違和感を感じ始め入れ替わった場所に戻って女神にお願いすると翌朝から元の生活に戻れたのでした。その中で主人公の二人は、やっぱり自分の生活が最高だと感じ、幸せに暮らすのでした。コメディなのでストーリーに飽きることはなく、非常に面白く見やすい映画でした。

どうして元の姿に戻りたいと思ったのか。

どうして二人は、「あ、これは俺じゃない」と違和感を感じて、元の姿に戻りたいと思ったのでしょうか?それは、自分が見えていた幸せな一面と現実にギャップが大きくあったからです。例えば、自分が付き合いたいと思わない人と付き合っていたり、自分が働きたくない職場で働いていたり、結婚相手が自分の好みでなかったりしたのです。

私たちも普段の生活の中で、就職したものの職場が合わずに転職を考えたり、楽しそうと思って買ったゲームが楽しくなかったり。これらのミスマッチはたくさん経験したことがあると思います。

これらのミスマッチが起きるのは、人間にはある性質があるからです。それは何かというと、人間は「自分が欲しいと思った物事」の一部分を切り取って自分のいいように解釈し、過大評価する性質があるのです。「楽しいに違いない」「幸せに違いない」と過信してしまうのです。また、これは自分の一部分を切り取って過度に自己嫌悪になる時にも当てはまります。自分には他にたくさん良いところがあるにも関わらず、一つの悪いところに注目して過度に責めて辛くなってしまうのです。

「この人は自分よりも幸せだ」と思ったとしても、「この人が持っていなくて自分が持っている良いところってどんな所だろう」と考えてみてもいいですし、たった一部分を過度に評価して「その人になれば自分も幸せになれる」と思い込んでしまうのではなくて、自分の良いところや好きなところ、自分の嫌いなところも受け入れて、そこから自分らしく前に進むことが必要なのではないでしょうか

他の人と繋がりやすくなった社会ですが、今一度、自分自身について考えてみても良いのではないでしょうか。そんなことを考えさせてくれる映画でした。もしこれを読んで観てみたい!と思った方はぜひ一度観てみてください。

 

映画「チェンジ・アップ」予告編/フォートギャラリー

チェンジアップ(2011)映画予告編Hd

映画「チェンジ・アップ」出演者/関連:出演者作品

監督:デヴィッド・ドブキン 脚本:ジョン・ルーカス、スコット・ムーア

出演者:ライアン・レイノルズ、ジェイソン・ベイトマン、レスリー・マン、オリヴィア・ワイルド、アラン・アーキン、マーセア・モンロー、グレゴリー・イッツェン、ネッド・シュミッケ、ミン・ロー、シドニー・ルヴェイエール、ダックス・グリフィン

データなし

映画「チェンジ・アップ」感想

堅実に生きるデイブと自分の楽しみに生きるミッチ。どちらの人生がどういいのか、その両極の良さをわかりやすく教えてくれる作品です!勤勉さと遊び心を合わせ持つ日本人には受け入れやすい作品でもあると思います。脚本をハングオーバーシリーズの二人が務めるのもいいですね。

映画「チェンジ・アップ」期待の声

SNSや動画配信の民主化と拡大に伴って他人の生活を知りやすくなった今日この頃。ふと気づけば自分とほかの人を比べて落ち込んでいる時もあるのでは?そんな時はこの映画で存分に笑ってやっぱり自分が最高の人間だと感じましょう!

AmaZon
映画
スポンサーリンク
movieをフォローする

コメント