あの大人気!松坂 桃李 今田 美桜 横浜 流星『キセキ-あの日のソビト-』

映画
スポンサーリンク

『キセキ-あの日のソビト-』

「愛唄」「オレンジ」「扉」など様々なヒット曲を生み出し、10代を中心に熱狂的に支持されている大人気音楽グループ GReeeeN

心に刺さるようなまっすぐな歌詞と爽やかな歌声が印象的です。

GReeeeNといえば、いまだに顔出しは一切しておらず、メンバー全員が歯科医師で構成されているということ以外ほぼベールに包まれています。

そんなGReeeeNの誕生秘話と代表曲である『キセキ』ができるまでの実話をもとにした物語が実写化されました

また、GReeeeNの楽曲をプロデュースする兄・ジンを松坂桃李さん、グループのリーダーを務める弟・ヒデを菅田将暉さんが演じます。

豪華若手実力派俳優のダブル主演に、映画公開前から注目が集まったそうです。

主題歌はサブタイトルにもあるGReeeeNの「ソビト」です。

「ソビト」とは「素人」「空人」と表現されていて、新しいことに果敢にチャレンジしていく人のことを指しているそうです。

この映画の内容にぴったりの楽曲になっています。

『キセキ-あの日のソビト-』 予告動画

映画『キセキ ーあの日のソビトー』予告編

メタルバンド「ハイスピード」のボーカル・ジン(松坂桃李さん)と、医大を目指す受験生ヒデ(菅田将暉さん)の2人兄弟。

厳格な父と明るく優しい母のもとに生まれ、幼少時から厳しく育てられてきた2人だったが、兄のジンは父の意に反して徐々に音楽の道にのめりこんでいく。

ジンは「好きな音楽で飯を食っていく」と伝えるが、父に猛反対され殴られる。

メジャーデビューしないかと声がかかっても父親から認められないので

ジンは母親に止められるもののバンドを続けるために半ば勘当状態で家を飛び出してしまう。

一方、ヒデは父を尊敬して自身も医者になろうと勉強に励んでいたが、受験に失敗して浪人してしまう。

浪人生活を続けていく中で自らの学力に限界を悟るが、母親から自分は昔から歯が弱かったという話を聞いて新たに歯科医になる目標を掲げる。

翌年ヒデは無事に歯科大に合格することができた。

しかし、大学で出会った仲間たちによって再び音楽の魅力に引き寄せられるヒデ。

ある日、実家の部屋でジンが残していったギターを手にとり弾き始める。

音楽に触れているとすべてを忘れて夢中になれる自分の姿に気づく—

豪華若手俳優勢ぞろい! キャストまとめ

ジン /松坂桃李

ヒデ /菅田将暉

ナビ /横浜流星

クニ /成田凌

ソウ /杉田遥亮

出演者インタビュー

松坂桃李、菅田将暉に「ゴメン」連発 撮影エピソード明かす 映画「キセキ -あの日のソビト-」完成披露舞台あいさつ2

公式サイトで登録。

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・大人気音楽グループ 「GReeeeN」 の誕生秘話と楽曲「キセキ」ができるまでの実話をもとに実写化

・松坂桃李さんと菅田将暉さんのW主演

若手俳優勢ぞろいで映画公開前から話題に!

・サブタイトルにもある主題歌「ソビト」

GReeeeNのカラーを前面に出した映画とリンクする楽曲に注目

AmaZon
映画
スポンサーリンク
movieをフォローする

コメント