人種差別の時代が生んだ名作 映画「ヘルプ ~ 心がつなぐストーリー ~」

映画

今回紹介する映画「ヘルプ ~心がつなぐストーリー ~」は、1960年代のアメリカ・ミシシッピ州を舞台にした、黒人と白人による人種差別の物語です。

キャスリン・ストケットの小説『ヘルプ 心がつなぐストーリー』の原作をもとに、テイト・テイラーが監督・脚本を務めました。

そして『ラ・ラ・ランド』の主演を務めたエマ・ストーンが主人公を演じています。

彼女は本当に等身大でまっすぐな人の役が合うなあ….と改めて思わされることでしょう。

重すぎない画ですが、内容はしっかりと人種差別のつらさを体感することが出来るのではないでしょうか。

スポンサーリンク

映画「ヘルプ~心がつなぐストーリー」予告動画↓

映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』予告編

「ヘルプ~心がつなぐストーリー」~あらすじ~

作家志望のエマ・ストーン演じるスキーターは、“ヘルプ”と呼ばれる黒人メイドが家にいることが当たり前の上流階級の家で育ちました。

ですが、彼女が大学を卒業し故郷へ戻ったとき、白人たちのメイドに対する扱いに疑問を抱き始めます。

メイドは雇い主の白人と同じトイレは使ってはいけない、食器も共有してはいけない。飲み物を注ぐときは、カップは持たず置いたまま注ぐ。自分の子供は預け、白人の子供のお世話を1日中する。まるで奴隷のように使われます。

特に、スキーターの友人たちは扱いがひどかったのです。

生まれたときから黒人メイドたちによって大事に育てられてきたのに、なぜこんなにも酷な扱いなのかとスキーターは耐えられませんでした。

そこで“ヘルプ”黒人メイドの実情を本にすることを決めました。

そんなメイドたちにとっては命取りにもなりかねない計画がひっそりと動いているなか、1人のメイドが雇い主の白人貴婦人にある仕返しをするのです。

州で1番の料理上手と言われていたメイドのミニー。

大雨の中、我慢できずに白人用のトイレを隠れて使おうとしたのがバレて、クビになります。

後日お詫びにと、クビにされた貴婦人の家に得意料理のパイをもっていきます。

貴婦人はミニーの作るパイを気に入っていたので喜んで食べますが、実はそのパイにはミニーの排泄物が入っていたのです…。

最初はびっくりしましたが仕返しとしてはこれ以上のものはないんじゃないかなと思いました。

そして、ヴィオラ・デイヴィス演じるエイビリーンを初め、社会に歯向かう行為だとわかっていましたが

多くのメイドたちが協力してくれて証言を集めることができ、無事世に出すこととなりました。

もちろん、ミニーのパイの話も。

差別をなくすのはまだまだ難しい時代でしたが、その小説は爆発的に売れ、メイドたちだけではなく、白人にも読まれるベストセラーとなり、力になろうと先陣を切ったエイビリーンは多くの黒人から賞賛されました。

主演を務めるエマ・ストーンについて紹介します。

2007年公開の青春コメディ『スーパーバッド 童貞ウォーズ』で映画デビューを果たしたアリゾナ州出身の女優。

話題となった2016年公開の『ラ・ラ・ランド』では、第73回ヴェネツィア国際映画祭女優賞での受賞をはじめ、ゴールデングローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)、アカデミー主演女優賞と多くの賞を受賞しました。

Netflixのオリジナルドラマにも出演していたりと、いろいろな作品で目にする人気の女優です。

私がいちばん好きな海外の女優でもあります。

彼女の演技はオーバーでもなく控えめでもなく、とても自然体。

もちろん女優なので演技をしているのはわかっていますが、あえて“演技をしている”というフィルターをかけて見るとこんな風に演じられるのって相当すごいことだなと思わず感心してしまいます。

とても美しいですが、着飾っていない感じが大好きです。友達になりたい、と思うような親しみやすさもある本当に唯一無二の女優だと思います。

◆代表作/関連作品

・『小悪魔はなぜモテる?!』

・『ラブ・アゲイン』

・『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ

・『ラ・ラ・ランド』

・『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』

・『女王陛下のお気に入り』

続いて、真の主人公とも言えるエイビリーンを演じ切ったヴィオラ・デイヴィスについて紹介します。

2017年までにアカデミー賞、エミー賞、トニー賞を受賞し、演劇の三冠王を達成した名女優。

しかも黒人では唯一彼女しか成し遂げていない偉業だそうです。すごい。

この作品でもとても重要な役を演じました。

子供の前では優しいお母さんのように、仕えている白人婦人に対しては、にこりともしないものの誠心誠意働き、同じ黒人のメイド同士ではとても楽しそうに笑いあっていたり。

人には本当にいろんな表情があって、みんな必死に毎日生きているんだよなと思わせてくれる彼女の演技でした。

◆代表作/関連作品

・『ダウト~あるカトリック学校で~』

・『スーサイド・スクワッド』

・『フェンス』

後半の反撃は衝撃的ですが、観ている私たちの悲しい心もスッキリと晴らしてくれます。

1960年代の車や家、洋服などもレトロで可愛くて女性としてはひとつの注目ポイントです。

再現度含めとても完成度の高い作品でした。

現代を生きる日本人の多くは、肌の色で差別を受けることは経験していませんが、残酷な人種差別があったという事実を知るのにはとてもいい映画だと思います。

AmaZon
映画
スポンサーリンク
movieをフォローする

コメント