『ホリデイ』で流れる!音楽

映画

恋愛交換留学?!

『ホリデイ』は傷心のふたりの女性が2週間のホーム・エクスチェンジをこころみる、大胆な発想から生まれたラブコメディです。

人生をやり直したい!!と切望するとき、ありませんか?

日々の疲れが溜まったとき、失恋したとき、誰かに裏切られたとき。

私の人生、こんなはずじゃなかったのに・・。誰もが経験する人生疲れに、この作品はそっと寄り添い、ささくれた心を癒してくれます。

ハリウッド界のラブストーリーといえばこの人、キャメロン・ディアス。現在女優業を引退した彼女ですが、主役のアマンダがぴったりで、やっぱりキャメロンは爽快で明るく前向きな女性がハマります。もう一人の主演が、タイタニックで一躍脚光を浴びたケイト・ウィンスレット。キャメロンが太陽なら、ケイトは月のような役柄で、この二人の対比がいい塩梅に表現されています。

物語の始まりに流れる、Hans Zimmer作曲の「Maestro」がとてもノスタルジックでいて、何かこれから始まりそうな予感にさせてくれる。大好きなオープニングです。舞台はクリスマス・ホリデイなので、エレガントでスペシャルな時間が過ごせること間違いなしです!

スポンサーリンク

『ホリデイ』 予告動画

ホリデイ

『ホリデイ』 あらすじ

ロンドンの新聞社に勤務するアイリス(ケイト・ウィンスレット)は、人生で最悪の光景を目にする。それは、恋人だった同僚が、社内の女と婚約発表をしたのだ。現実を受け入れられないアイリスは、溢れる涙が止まらない。

一方、ロサンゼルスに住むアマンダ(キャメロン・ディアス)は、ハリウッド映画の予告編製作会社を経営している。同棲中の恋人の浮気が発覚し、家から彼を追い出してしまう。そして、途方に暮れるアマンダ。

傷心の二人は、パソコンに向かっていた。アマンダはこの苦しい状況を変えるため、旅に出ようと考えていた。そんな時みつけたのが、アイリスの出した“貸しコテージ”の広告。二人はパソコンを通じて出会い、話し合いの結果、「ホーム・エクスチェンジ」をすることに。クリスマス・ホリデイにあたる2週間の間、それぞれの住む場所・車等をすべて交換するというものだ。

ロンドンのコテージに着いたアマンダは、静かな夜を過ごしていた。その時、突然男が現れる。アイリスの兄・グレアム(ジュード・ロウ)だった。アマンダは不思議とグレアムに心を許し、恋人と別れたことや、心が不安定なことを打ち明けるのだった。

ロサンゼルスで休暇を満喫していたアイリスの元にやって来たのが、アマンダの仕事仲間・

マイルズ(ジャック・ブラック)だ。ユニークな彼と映画の話をしたり、有意義な時間を過ごし仲良くなっていく。

それぞれ新しい出会いにめぐり会うのだが・・。

作品データ

ホリデイ

2006年公開 (アメリカ)

上映時間:136分

監督・脚本:ナンシー・マイヤーズ

製作:ナンシー・マイヤーズ、ブルース・A・ブロック

撮影:ディーン・カンディ

音楽:ハンス・ジマー

出演者

アマンダ・・・キャメロン・ディアス

関連作品 『メリーに首ったけ』 『チャーリーズ・エンジェル』

アイリス・・・ケイト・ウィンスレット

関連作品 『タイタニック』 『愛を読むひと』

グレアム・・・ジュード・ロウ

関連作品 『マイ・ブルーベリー・ナイツ』 『シャーロックホームズ』 

マイルズ・・・ジャック・ブラック

関連作品 『スクール・オブ・ロック』 『ジュマンジ』

出演者インタビュー

※見つかりませんでした・・。

まとめ

この『ホリデイ』は、ホームステイ先のママさんが大好きだったんです。私は彼女に薦められ、ヒアリングの練習にもなるからとDVDを貸してくれました。海外なので、もちろんサブタイトルなどありません。ヒアリングだけで聴きとれる訳ないですから、字幕を英語に設定して、さぁいざトライ!

うーん、短いセリフはなんとか分かるのですが、さすがに長文はチンプンカンプンでした。

帰国後、私はもう一度この映画を観ました。日本語サブタイトルの、なんとも有難いこと。心に沁みました。

『ホリデイ』は本当に夢のような世界でいて、でもなんだかあり得るような気もして、不思議な感覚になる映画なんです。インテリで面白そうなジャック・ブラックみたいな男性は、実際身近にいそうなのですが、ジュード・ロウのような、出来すぎた独身男性はさすがにいないでしょ~と、ツッコミたくなりました。

でも、それでもこの世界観が本当に存在するならば、私はぜったいホーム・エクスチェンジする!!と思わずにはいられないのです。

ステイ先のママさんがハマったように、世界中の女性が憧れるラブストーリーなんです。クリスマスっていう設定もバッチリ。なんだか、サンタさんがプレゼントを届けてくれたような、そんなウキウキ気分になれるじゃないですか。

今年のクリスマスは『ホリデイ』に決まりですねっ。

AmaZon
映画
スポンサーリンク
movieをフォローする

コメント