映画「キセキ-あの日のソビト」豪華なキャスト松坂桃李と菅田将暉のW主演

映画

2017年に公開された、松坂桃李と菅田将暉のW主演映画。

GReeeeNの楽曲「キセキ」ができるまでの実話を基に描かれています。

実際にこの作品でGReeeeNを演じた出演者たちが、グリーンボーイズとしてCDを出して話題になりました。

スポンサーリンク

映画「キセキ」予告編ムービー↓

映画『キセキ ーあの日のソビトー』予告編

~あらすじ~

兄のジンは、メタルバンドでボーカルをしていて音楽で食べていきたと日々バンド活動に専念していました。

弟のヒデは医大を目指して浪人していました。

ある日、ジンのバンドがライブハウスで演奏していたのを見た音楽プロデューサーにメジャーデビューの話を持ち掛けられましたが、その日帰宅すると医者である厳格な父に「いつまでフラフラしているんだ」と怒鳴られ、音楽で食べていきたいと伝えても受け入れてもらえませんでした。

ジンはその日の夜、カバンとギターを抱えて家を出てしまいます。

ヒデは医大を受けますが、落ちてしまいまた浪人することになりました。

しかし、母は昔から歯が弱く、あなたたちを生むたびに歯が悪くなったわ~と話していたこともあって、ヒデは歯医者になると進路変更しました。

翌年、無事に歯科大に合格したヒデは同級生のナビ、クニ、ソウと仲良くなり、学生生活をたのしんでしました。

元々音楽が好きだったヒデは家にあったギターを弾いたりして、仲のいい3人とグリーンボーイズを結成し、曲を作り始めます。

一方で、プロデューサーに売れる曲を作るようにと強要され自分たちの作りたい音楽を出来ずにいたジンのバンドは、次第にメンバーとすれ違っていき、ギターの1人が辞めてしまいます。

どうすればいいかわからずモヤモヤしていたジンは、以前ヒデから渡されていたグリーンボーイズの曲を聞いてみました。時間があるときにアレンジしてほしいと言われていたのでジンは試しに作ってみました。

その曲でグリーンボーイズはライブハウスで初ライブをやり、楽しそうに歌っているのを見てジンはヒデには音楽の才能があると気づきます。

ジンは自分のバンドではなくグリーンボーイズの曲をプロデューサーに渡しに行き、レコード会社が興味を持ってくれて、本格的に彼らのCDを作ることになりました。

CDを出したあとは歯医者になるための勉強をすると母に約束し、父にはバレてはいけないので顔を出さずに“GReeeeN”としてデビューします。

しかし、勉強が疎かになり、進級も危うくなったヒデはもうGReeeeNは終わりにしたいとジンに伝えますが、続けたくても続けられないやつもいるんだと言われ、再び音楽をつくることを決意します。

父はずっと2人が音楽をやることを認めず、人の役に立つ職業に就いてほしかったと言っていましたが、その気持ちが変わる出来事がありました。

父が担当する患者さんが、自分の命はそう長くないことを知り落ち込んでいたとき、ラジオから流れるGReeeeNの曲を聴いて、ちゃんと手術を受け、生きたいと思いました、と言ったのです。

音楽は人を助けられないと思っていた父でしたが、その子に生きる希望を与えたGReeeeNには感心していました。

後日、ヒデは父に「音楽をやらせてください」と土下座をして頼み込みます。

直接的に許しを得た場面はありませんでしたが、ヒデはジンと共に音楽を続けるため家を出ることにします。

家族と別れるとき、父は「GReeeeNって知ってるか?」と息子たちに尋ねてきました。

もちろんGReeeeNの正体がヒデたちとは知らないのですが、思わずヒデは目を丸くしました。

そして父は、「お前らもGReeeeNみたいな曲を作れるようになれ。」と言ったのです。

それからもGReeeeNは新曲を出し続け、人気を確立していきました。

松坂桃李について紹介します。

2009年にスーパー戦隊シリーズの「侍戦隊シンケンジャー」で俳優デビューし、同作の劇場版で映画デビューを果たしました。

テレビドラマから映画、舞台と幅広く活躍しています。

役の途切れない実力派俳優です。

◆代表作/関連作品

・『ツナグ』

・『不能犯』

・『娼年』

・『新聞記者』

続いて菅田将暉について紹介します。

2009年、平成仮面ライダーシリーズの「仮面ライダーW」で俳優デビューしました。

今や多彩な才能を披露し、メディアで見ない日はないほど。

男女問わず人気を誇り、同業者たちが嫉妬する存在となっています。

◆代表作/関連作品

・『共喰い』

・『セトウツミ』

・『溺れるナイフ』

・『あゝ、荒野』

・『アルキメデスの大戦』

曲だけを聞いていたら良い曲だなー、良いメロディだなーと思うだけですが、曲が出来るまでのストーリーを見ながら曲が流れてくると、知らず知らずのうちに涙が出てきました。

改めて良い曲だなと思いました。

ストレートな歌詞を変えなかったことで、ヒデの気持ちがより多くの人の心に刺さる曲になったのだと思います。

GReeeeNのファンのひとも、菅田将暉、松坂桃李のファンのひとも絶対に見てほしい作品です。

AmaZon
映画
スポンサーリンク
movieをフォローする

コメント