「パラサイト」の次ならコレ!韓国映画『エクストリーム・ジョブ』

映画

2020年日本公開の映画『エクストリーム・ジョブ』。

いま話題の韓国映画です。

アカデミー賞受賞作『パラサイト 半地下の家族』を機に、韓国映画に興味を持った方も多いはず。

なんとこの映画、韓国ではあの『パラサイト 半地下の家族』を超えて大ヒットを記録。興味ありませんか?

「ホントにそんなおもしろいの?」と気になった方に、オススメのポイントを3つにわけてご紹介します!

この映画『エクストリーム・ジョブ』はアクション・コメディ。

なんと「犯罪組織を追う麻薬捜査の刑事たちが、チキン店をひらく話」(!)

スポンサーリンク

オススメ①ひたすら笑えるストーリー

「刑事が何をひらくって!?」そう、チキン店です。

解散の危機にある麻薬捜査チームは、犯罪組織の大ボスを追うため、手段をえらんではいられない。

そこで、組織のアジトの真向かいにフライドチキン店を開いて、潜入捜査をすることに。

しかし問題はここから。

なんとこのチキン店が空前の大ヒット!

SNS映えとバズり、日本人観光客のツアースポットとなり……。連日の大繁盛に大儲け&大忙し。

刑事たちは、だんだんチキン店の商売にのめりこんでいきます。捜査そっちのけで。

チーム内にはもちろん、刑事の仕事をわすれるな!というまじめな存在もいます。

それがチームの理性、ヨンホ。

大混雑したある日のこと。

チームメンバーはチキン店に大忙し。そのせいで、組織のボスの追跡に失敗。

「捜査とチキン店、どっちが大事なんだ!」とヨンホ。ごもっとも。

しかし、チキン店チームも黙ってない。

「チキンを揚げる油と包丁で手が傷だらけだ、今も痛い!」と厨房長。

「玉ねぎとニンニクに絶望。玉ねぎを100キロむき続ける辛さが分かるか」と調理補助。

「おそろしい来客数。一人でさばいたのは100組近い」と死んだ目のホールマネージャー。

まさにサービス業の悲鳴……。

大学時代などに、アルバイトでサービス業を経験した方も多いはず。混雑する店にうんざりした記憶……。まさにこのチキン店のよう。

チキン店の刑事の叫びに、思わず共感してしまいます。

しかも、刑事よりチキン店のほうが稼げるとなると……?

キツイ仕事VSキツイ仕事、しかし一方のほうが稼げる。えらぶとしたら、どちらをえらびますか?

正義か金か?「刑事の本分」と「チキン店の商売」とのはざまで、グラグラ揺れる刑事たち。。。

こんな調子で一貫して笑えるストーリー、おもしろさ間違いなしです。

オススメ②爽快!?笑えるアクションシーン

「ひたすらチキンを揚げてチキンで解決する映画かな?」間違ってはないです。

間違ってはないですが、この映画『エクストリーム・ジョブ』、アクションシーンもみどころです。

しかもただのアクションでなく、笑えるところがポイント。

たとえば、犯罪組織の仲間割れ。

場所は犯罪組織のアジト。いがみ合うギャングの「麻薬班」と「強行班」。

一触即発。「シリアスシーンか!?」と思えば………ケンカの理由は「チャンネル争い」。

結局、アジト内での大乱闘に。本気でなぐり合う「麻薬班」VS「強行班」。

そしてそれを外で盗聴している刑事たち。他人事をいいことに「麻薬班」を応援して大盛り上がり……。笑

アクションシーンはスタイリッシュ。2014年の大ヒット映画『キングスマン』を彷彿とさせる、早回しのアクロバティック・アクションです。カッコイイ!

そんなクールなアクションシーンながら、その一方で笑える要素は忘れない。

どんなシーンでも笑わせてくれる映画『エクストリーム・ジョブ』。予告編でも笑えます!

予告編とあらすじ

映画『エクストリーム・ジョブ』2020.1.3(金)公開!【本予告】

家でも職場でもさえないコ班長が率いるのは、麻薬捜査チーム。実績ゼロの5人は、解散の危機に直面。

そこで犯罪組織の大ボス、イ・ムベを追うために、潜入捜査を断行します。

アジトはわかった。しかしアジトに入りこむ手立てがない……。

そんなとき、ある配達員がアジトに出前を届けました。きけば、唯一の注文先だという。

その店は、フライドチキン店。

「そうだ!チキン店を偽装営業して、潜入の機会をうかがえばいい!」

チキンを揚げてみる刑事たち。しかし思い付きのメニューが予想外の大ヒット。

ホシを挙げるか?チキンを揚げるか?その結末は………。

オススメ③韓国映画らしいユーモア

「チキンばっかりのコメディ一直線な映画で、『パラサイト』よりヒットするはずがない……」と思われるかもしれません。

「韓国で『パラサイト』を超えた大ヒット!!」との売り文句、ホントです。

  • 『エクストリーム・ジョブ』 観客動員数1600万人 興行収入1位
  • 『パラサイト 半地下の家族』 観客動員数1000万人 興行収入5位

(2019年、韓国映画更新委員会「2019年韓国映画産業決算報告書」より)

ヒットの理由は、コメディだけではないところ。じつはこの映画『エクストリーム・ジョブ』、「パラサイト」と同様に、韓国の世相を反映した映画でもあります。

それを表すのが「起-承-転-チキン」という言葉(!)

韓国の中年男性は、退職後に経済難となります。そのワケは、過度な教育費と親の世話の板ばさみ。再就職は困難。自営業をするしかない。

そうなると、韓国で楽に始められるのが、フライドチキンのフランチャイズ店。どれほど有名企業に勤めていようと、人生の行きつく先はチキン……。

その結果、韓国内ではフライドチキン店がおよそ8万7000店以上もある状況。

日本国内のコンビニ店舗数はおよそ5万5000店です。(2020年3月時点)

韓国の国土面積は日本より小さいので、かなりの過密状態だとわかります。日本のコンビニの感覚よりもたくさんチキン店があるのです。

それほど韓国人にとって身近な存在なのが、フライドチキン店。その世相をユーモアたっぷりに皮肉った映画でもあるのです。

キャスト

・コ班長/リュ・スンリョン

・チャン刑事/イ・ハニ

・マ刑事/チン・ソンギュ

・ヨンホ/イ・ドンフィ

・ジェフン/コンミョン

・イ・ムベ/シン・ハギュン

さいごに:「パラサイト」よりエンタメ性!

「起-承-転-チキン」のことばを知ると、いかにもまじめ感が増しますが……ご安心ください!

そんな複雑な社会事情も、笑いでふきとばすエンターテイメント。キャストの紹介画像から刑事らしさが全然感じられないことからもお分かりいただけるかと思います。笑

観ているこちらまでチキン店の商売を応援したくなるほどの、完璧なチキン店員ぶり。

そんなチキン店を盛り上げるのが、多彩なキャラクターたち!

キャスト陣によるキャラクター紹介がこちら。麻薬捜査チームメンバーたちの活躍は必見です!

『エクストリーム・ジョブ』特別映像|キャラクター紹介

まとめ

  1. 刑事がチキン店!?奇想天外なストーリーに爆笑必至!
  2. 爽快アクション!笑えるワンポイントも忘れない。
  3. 世相を映した「チキン店」。韓国映画らしさも顕在!

気になるポイントはどれでしたか?

ご紹介した『エクストリーム・ジョブ』、2020年7月3日にリリース開始予定です。

ところが今なら、スグに観るチャンス。2020年4月10日から期間限定で、各動画配信サービスにて先行レンタルがはじまっています。

「パラサイト」から韓国映画が気になったら、まずは『エクストリーム・ジョブ』、いかがでしょうか。

今が旬の韓国映画。話題に乗り遅れないためにも、チェックをおすすめします!

(以下 記事外です)

参考文献・素材

冒頭画像:商用利用・加工OKフリー画像サイト「illistAC」より、著者加工

金敬哲,2019.『韓国 行き過ぎた資本主義』.講談社.

「エクストリーム・ジョブ」に見る、チキンと韓国社会のふか~い関係(金 敬哲) | 現代新書 | 講談社」(最終閲覧日:2020年4月26日)

「영화진흥위원회 홈페이지입니다(Korean Film Council、韓国映画振興委員会)」(最終閲覧日:2020年4月26日)

「극한직업 | 다음영화(『極限仕事』|次の映画)」(最終閲覧日:2020年4月26日)

「コンビニエンスストア 統計データ|一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会」(最終閲覧日:2020年4月27日)

AmaZon
映画
スポンサーリンク
movieをフォローする

コメント