『Love Letter』え!?中山美穂が二人いる!

映画

映画『Love Letter』は1995年に公開され、第19回日本アカデミー賞優秀賞を獲得した、岩井俊二監督の作品です。

舞台は小樽と神戸。一人二役を演じる中山美穂がこの映画の主人公。

初めてご覧になられる方は、

「え!?中山美穂が二人いる!」

「ん?今ってどっちの中山美穂??」

と錯覚を起こすに違いありません。そういう私も最初は苦労しました。

映画をずっと観ている間に、どちらの中山美穂が小樽にいて神戸にいるのか、だんだんと分かるようになってきます。

その違いを是非、体感していただきたいです!

もちろん作品もとっても素敵なラブ・ストーリーなので、そちらもご注目くださいね。

スポンサーリンク

『Love Letter』予告動画

Love Letter(プレビュー)

『Love Letter』あらすじ

映画は、神戸に住む渡辺博子(中山美穂)のフィアンセだった藤井樹の三回忌から始まる。

法事の帰り、博子は樹の実家に訪れ、樹の中学校の卒業アルバムを目にする。住所欄には、かつて北海道の小樽に住んでいた樹の住所があった。

博子は何を思い立ったか、もうありもしない小樽の住所に手紙を送ることを決意する。届くことのない手紙を、天国にいる樹へ届くことを願って・・。

「拝啓 藤井樹様  お元気ですか? 私は元気です。 渡辺博子」

その手紙は、亡くなった藤井樹ではなく、同姓同名だったクラスメイトの藤井樹(中山美穂)の元へ届くのだ。手紙を受け取った樹(中山美穂)は、渡辺博子って、誰?と会ったことの無い人物からの手紙に不信を抱く。しかし、面白半分に樹は返事を書くのだった。

博子は天国から届いた樹の便りに、嬉しさのあまり秋葉茂(豊川悦司)へ報告する。

樹と秋葉は大学時代の山岳部の仲間だった。博子と樹は恋人同士だったが、秋葉は密かに博子を想っていた。そして樹が死んだ今、秋葉は博子にプロポーズしようと思っていた。

手紙に喜ぶ博子を見て、秋葉はいたたまれない気持ちになる。

そして、博子と樹の奇妙で愉快な文通はしばらく続き、不審に感じた秋葉は、博子と共に小樽へ行くことを決意する。

本当に樹は生きているのか・・。

作品データ

Love Letter 

1995年公開 (日本)

上映時間:117分

監督・脚本:岩井俊二

撮影:篠田昇

音楽:REMEDIONS

『Love Letter』出演者

渡辺博子:藤井樹/中山美(二役)

関連作品 『東京日和』 『サヨナライツカ』

秋葉茂/豊川悦司

関連作品 『八つ墓村』 『後妻業の女』

樹(少女時代)/酒井美紀

関連作品 ドラマ『白線流し』 

樹(少年時代)/柏原崇

関連作品 ドラマ『白線流し』 

藤井晶子/范文雀

関連作品 ドラマ『サインはV』 

藤井剛吉/篠原勝之

関連作品 『キャタピラー』 

出演者インタビュー

岩井俊二監督と中山美穂が20年ぶりに明かす『Love Letter』撮影秘話

まとめ

ふたりの中山美穂、博子と樹は、結局映画で出会うことはありませんでした。

映画を観ている最中、もし二人が画面上に現れたら、これって合成になるの??なんて変な想像をしながら見ていたことを思い出しました。シリアスなシーンから始まったのに、面白いことになりそう、なんてワクワクしながら。

天国に宛てたはずの、届くことのないラブレターが届いて、ストーリーは広がっていきます。

こんなロマンチックな映画、これまでにも観たことがありません。岩井俊二監督のピュアさ、誠実さ、真っ直ぐに何かを信じる気持ち・・美しい映像と一緒に、ダイレクトにスクリーンから伝わってきます。

渡辺博子という人物を通して、私は大切な人を失った喪失感と、決して誰にも奪われることのない思い出のはざ間で揺れるリアルな人間の心理を、まざまざと見せつけられたような気になりました。

人は誰しも別れが来ます。昨日まで親友だった友達が、今日絶交するかもしれない。当たり前のように居た人が、一瞬の不運で亡くなってしまうかもしれない。そんな繊細で脆い糸で、私たちはみな繋がっています。

ラストシーンに登場する書物、マルセル・プルースト著の『失われた時を求めて』 が、この映画をより一層素晴らしいものに仕上げてくれています。私は『Love Letter』を数え切れないくらい鑑賞していますが、毎回ココで泣きます。

岩井ワールドを是非ともご堪能ください!!

AmaZon
映画
スポンサーリンク
movieをフォローする

コメント