君が生きた証「息子が生きた証を歌う父親の物語」

映画

スポンサーリンク

君が生きた証 解説

今回ご紹介するのは、「君が生きた証」という映画です。

2015年2月日本公開。監督はウィリアム・H・メイシー。

荒んだボート生活を送っていた中年の主人公が、若者たちと「ラダーレス」というバンドを組み、音楽を通して生きていく姿を描いた作品です。実は、この作品はただの感動映画ではありません。主人公はとんでもない秘密を抱えているのです…!

作中に、主人公やバンドの演奏シーンがたくさんあります!その曲たちはどれも熱く爽快としていて、とても素敵なんです!音楽好きにもオススメの作品です♬

君が生きた証 予告編

『君が生きた証』予告編

あらすじ

主人公は、銃乱射事件で大学生の息子を亡くした父親、サム。 

 事件のショックで会社を辞め、浮浪者のような生活を送ってたところに、ある日別れた妻が亡き息子、ジョシュの遺品を持って訪れます。それはジョシュが作った曲と、歌詞ノートと録音テープでした。ジョシュの遺したギターで彼の曲を歌い始めるサム。その曲をライブバーで演奏するようになります。事件のショックで会社を辞め、浮浪者のような生活を送ってたところに、ある日別れた妻が亡き息子ジョシュの遺品を持って訪れます。それはジョシュが作った曲と、歌詞ノートと録音テープでした。ジョシュの遺したギターで彼の曲を歌い始めるサム。その曲をライブバーで演奏するようになります。彼の演奏をみた音楽好きな青年のクエンティンにしつこく誘われ、最初は断っていたものの、サムは若者バンドの一員となります!バンドはどんどん人気になり、ついには地元のロックフェスから出演依頼が!しかし、サムは頑としてフェスに出ようとしません。そこにはある衝撃の理由があったのです…。

作品データ

原題:Rudderless / 制作年:2014年 / 上映時間:105分 

制作国:アメリカ / 配給:ファントム・フィルム

出演者/関連:出演者作品

  • サム: ビリー・クラダップ
  • ジョシュ : マイルズ・ハイザー
  • クエンティン : アントン・イェルチン
  • エミリー : フェリシティ・ハフマン
  • デル : ローレンス・フィッシュバーン
  • トリル : ウィリアム・H・メイシー

主人公、サム役のビリーはなんと、有名なジブリ作品、「もののけ姫」(97)のアシタカ役の英語吹き替えをしたそうです2007年には、ブロードウェイ劇「コースト・オブ・ユートピア」でトニー賞主演男優賞を受賞しました。

監督のメイシーもライブバーの店長を演じています。彼の妻、フェリシティ・ハフマンも、主人公の元妻(エミリー)役として出演しています!

クエンティン役のアントンは、2016年、27歳で自動車事故で他界されています。悲しいですが、彼の姿は他作品でも見ることができます。「ターミネーター4」や、リブート版「スター・トレック」などに出演。ぜひチェックしてみてください。


⑦監督/出演者 インタビュー

監督インタビュー

監督のメイシーは役者としては大ベテランですが、監督としては初めての作品でした。64歳になって映画を撮るとは思ってもいなかったそう。メイシー自身音楽が大好きで、撮影現場でもウクレレを手放さなかったのだとか。

 劇中のバンド“ラダーレス”の楽曲は主人公ら出演俳優(ベーシスト役とドラマー役は本職のミュージシャン)が実際に演奏し歌っているそうです!大半の曲を手掛けたのは、ソリッドステートというグループの二人。インディーズ系ミュージシャンを対象にコンペが行われ、メイシーが彼らの「Home」と「Asshole」という曲を気に入り白羽の矢が立ったんだそう!

 メイシーは曲に関して「口ずさみたくなる良質なポップソング」「コーラス、サビ、ブリッジに分かれた明快な構成」、そして「歌詞の題材は自由だが、プロットや登場人物の心情を説明しないこと」といった条件を出していました。「Home」も「Asshole」もコンペ以前に書かれていたが、メイシーは「まさにジョシュが書きそうな気がしたんだ」と振り返ります。

⑧まとめ

この映画には多くの曲の演奏シーンが出てきます。特にわたしは映画の最初の方でジョシュ(サムの息子)がギターで弾き語る、「Asshole」という曲が印象に残っています。

ジョシュは最初のシーンで、人間関係などで深く悩んでいるような描写がありました。やるせない表情で、力なく歌うシーンですが、どこか胸を打たれます。

彼の葛藤から生まれた数々の曲を歌い始めるサム。元妻エミリーから、「ジョシュの音楽好きは、あなた譲り」だと言われはっとして、バンドを組んだころにはギターをかき鳴らし力強く歌う、サムの姿が印象的です。彼も音楽が本当に好きだったのだと気付かされます。

息子が“生きた証”、ジョシュの曲を人前で歌い始めたサムですが、本当は人前で歌ってはいけな絶対的な理由がありました。その理由とはなんなのか、ぜひ映画を観て確かめてみてください!

AmaZon
映画
スポンサーリンク
movieをフォローする

コメント