『ミッションインポッシブル』有名でこの映画がシリーズ化

映画
スポンサーリンク

『ミッションインポッシブル』解説

本作品はミッションインポッシブルシリーズの記念すべき第1弾の作品で主人公のイーサンハントはCIAの極秘諜報部隊 IMF(Impossible Missions Force、不可能作戦部隊)に所属する諜報員でそこから映画のタイトルがとられている。

元々はテレビで放映されていたスパイ大作戦を映画化したものであり、テレビシリーズでお馴染みであった『このテープは5秒後に消滅する』というセリフは往年のファンにはとても懐かしいシーンである。

見所はCIAの本部からリストを盗み出そうとして天井から宙吊りで侵入する所で地上ギリギリのところでストップするシーンは、とてもハラハラして手に汗握るアクションである。ミッションインポッシブルシリーズが映画史に残した最大のアクションシーンとしても有名でこの映画がシリーズ化する決め手になった場面でもあるのです。

『ミッションインポッシブル』予告編/フォートギャラリー

Mission: Impossible (1996) – trailer

『ミッションインポッシブル』あらすじ

主人公であるイーサン・ハントのボス、ジム・フェルプスはCIA極秘諜報部隊 IMFの工作員で搭乗中の飛行機の中でCAから映画を勧められる。実はそれがIMFからの指令であり、その内容はプラハにあるアメリカ大使館からCIAの工作員リスト「ノック」を盗み出そうとしている犯罪を事前に防ぐことであった。

しかし、その任務は失敗に終わり守るべきリストも奪われ、チームのメンバーは次々と殺され、生き残ったのはイーサンハントのみであった。生き残ったイーサンハントはCIAの任務の監督役であるキトリッジに助けを求めたが、実はこの任務自体がIMF内の裏切り者を炙り出す為の偽の作戦であった事を知るのであった。そして、この作戦の結果唯一行き残ったイーサンハントこそが裏切り者であると決され逮捕しようしたのであった。

イーサンは逮捕を逃れ逃亡し、プラハにあるIMFのセーフハウスに逃げ込み真犯人を探すのであった。そして、その真犯人が情報を売る相手はマックスと呼ばれる武器商人と言う事を突き止め、イーサンはそのリストは偽物であるという情報を伝えたのだ。

そして、マックスからコンタクトがあり会いにいくのだが、そこにはとても武器商人とは思えない初老のしかも上品な夫人がいたのであった。イーサンハントはリストが偽物である事を説明したうえで自分ならば本物を盗み出すので真犯人であるヨブの正体と引き換えにする取引を持ちかけたのであった。

イーサンはその取引を成功させる為、死んだと思われていたフェルプスの妻クレア、超一流のハッカーであるルーサー、元CIA工作員のクリーガーという仲間を集め世界最高峰のセキュリティを誇るCIA本部から本物のリストを盗み出す事に成功したであった。

そして、ロンドンへと渡ったイーサンハントを捕まえる為にキトリッジはイーサンハントの母と叔父を逮捕しおびきだそうするのであった。イーサンハントはキトリッジに連絡をとり、あえてロンドンにいるとわかるように誘導したのであった。

するとそこに死んだはずのフェルプスが現れ、キトリッジこそが内通者でありヨブであると伝えたのであった。しかし、イーサンハントの心の中ではフェルプスこそが裏切り者であり、その妻クレアも疑い、クリーガーもメンバーを殺した犯人であると感じていた。

イーサンハントはパリ行きのTGVの中でマックスと取引を行うと連絡し、そしてマックスにリストを渡したが、仲間であるルーサーが通信妨害を行いデーター転送をできないように仕組んだのであった。

そして、マックスと取引した代償としての現金については、クレアに取りに向かわせたのであった。そこに現れたのがフェルプスだったのだが、クレアはフェルプスにイーサンを殺さないように懇願したのであった。その行為からクレアの正体がバレ、フェルプスこそが真犯人であることがフェルプスに変装していたイーサンはわかったのであった。

そこに本物のフェルプスが現れ、拳銃で脅しお金を奪おうとする姿がイーサンの掛けているメガネによってはっきりと捉えられ映像としてキトリッジに送られたのでした。その映像によりフェルプスの裏切りが明らかになったのです。

フェルプスは逃げる為に妻であるクレアを撃ち殺し、列車の屋根へと逃げ、クルーガーが操縦するヘリで逃げようとしたが、ヘリから垂らされたワイヤーを列車にくくり付けられトンネルへと引きづりこまれ、イーサンがヘリに飛び乗り仕掛けた簡易爆弾によって爆破されてしまったのでした。

そして、キトリッジはマックスを逮捕し、イーサンは身の潔白が証明された為IMFに復帰となったのであった。しかし、イーサンはIMFを辞める事を告げ自宅に戻る為の飛行機に乗ったのであった。そこで、CAがイーサンに映画を勧めるシーンで終わり次回へ続いていく事を予感させるのでした。

作品データ

・アメリカでは1996年5月公開

・日本では1996年7月公開

『ミッションインポッシブル』出演者

イーサン・ハント役/トムクルーズ

  ミッションインポッシブルシリーズ

トップガン

  レインマン

  ザエージェント

  ラストサムライ

  宇宙戦争

ジム・フェルプス役/ジョン・ヴォイト

  暴走機関車

  ナショナルトレジャー

  ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

クレア・フェルプス/エマニュエル・べアール

  8人の女たち

ルーサー・スティッケル役/ヴィング・レイムス

  ミッションインポッシブルシリーズ

  コン・エアー

  ファイナルファンタジー

フランツ・クリーガー役/ジャン・レノ

  ダヴィンチコード

  クレムゾン・リバー

マックス役/ヴァネッサ・レッドグレイヴ

  オリエント急行殺人事件

  アガサ愛の失踪事件

  オーロラ殺人事件

ユージン・キトリッジ/ヘンリー・ツェニー

  ピンクパンサー

  特攻野郎Aチーム

  アイスストーム

ジャック・ハーモン役/エミリオ・エステベス

  セントエルモスファイアー

  ヤングガン

サラ・デイビス役/クリスティン・スコット・トーマス

  リチャード3世

  トゥームレイダーファーストミッション

ハンナ・ウィリアムズ役/インゲボルガ・ダクネイト

  ハンニバル・ライジング

  セブンイヤーズチベット  

ウィリアム・ダンロー役/ロルフ・サクソン

  SAS 英国特殊部隊Ⅱ

  ダーティーヒーロー/地獄の勇者たち

アレクサンダー・ゴリツィン役/マーセル・ユーレス

  地獄の変異

  コッポラの胡蝶の夢

監督/出演者 インタビュー

トムクルーズにインタビュー!// Interviewing Tom Cruise! 〔# 348〕

まとめ

今やシリーズものとして人気作品となっているミッションインポッシブルなのですが、トップガンで有名となったトムクルーズ主演のスパイ映画で話の内容は結構入り乱れているのでちょっとわかりにくい部分もあります。

最初の部分でいきなりイーサン・ハントのチームが皆殺しに会ってしまうシーンから始まり、この後の展開はどうなってしまうのかよくわからずびっくりしてしまいます。途中も変装をしているので一体本当は誰が誰なのかわらなくなってしまう難しさがあります。

終盤に近づくと黒幕が分かってくるのですが、それまではどうなっているのか混乱してしまいます。しかし、トムクルーズのかっこいアクションの連続で次回作を早く見たくなる作品でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

AmaZon
映画
スポンサーリンク
movieをフォローする

コメント