『君の膵臓をたべたい』誰もが号泣間違いなし!感動の青春映画

映画

スポンサーリンク

『君の膵臓をたべたい』誰もが感動!

2017年7月に公開され、夏休み中ということもあり興行収入30億円を突破した大ヒット映画です。若い人を中心に、「何度も劇場に足を運んだ」「感動で涙が止まらない!」などの感想が多かったといいます。

原作は、今では出す作品すべてが大ヒットしていると言っても過言ではない、実力小説家として知られている住野よるさんのデビュー作です。

衝撃的なタイトルに誰もが驚いたと思います。

「君」とは誰のことなのか?誰に向けた言葉なのか?そもそもこのタイトルの意味は?

と様々な疑問が浮かびますが、本作を見ればその重要な意味に気づくことでしょう。

またキャストは、新人女優の浜辺美波さんとアイドルグループDISH//の北村匠海さんのW主演で過去の2人を演じ、現在の僕には小栗旬さん、浜辺美波さん演じる桜良の友人・恭子役には北川景子さんが抜擢されました。

監督には『黒崎くんの言いなりになんてならない』などを手掛けた月川翔監督、脚本は『アオハライド』『ホットロード』などが代表作の吉田智子さんです。

キャストやスタッフを見ただけでも期待できる映画となっています。

『君の膵臓をたべたい』予告動画・あらすじ

「君の膵臓をたべたい」予告

主人公 【僕】 こと志賀春樹(小栗旬さん・北村匠海さん)は高校教師生活6年目を迎え、適性や方向性に悩み、教師を辞めることを考えながらぼんやりと日々を過ごしていた。そんなある日、学校の図書館が閉鎖されることが決定する。高校時代、図書委員を務めていた実績があるため、生徒とともに蔵書整理に当たることになった春樹。久しぶりに図書館へと足を運んだことをきっかけに、高校時代唯一の友人であった桜良(浜辺美波さん)のことを思い出すのだった。

高校時代に人と接することが苦手だった春樹は、クラスで孤立し、読書だけが楽しみであった。ある日、盲腸の手術経過の観察で病院を訪れていた春樹は、偶然にもクラスメイトである桜良が綴った「共病文庫」を拾ってしまう。その中には、膵臓の重い病気を患っていて、もう命が長くないことが書かれていた。

しかしそこから二人の交流が始まっていく。桜良の病気のことを知る春樹は、彼女の死ぬ前にやりたいことに半ば無理やり付き合わされることになる。

明るく積極的でクラスの人気者・桜良と、地味でクラスの誰とも話さない春樹。

性格が正反対の二人はお互いの足りないところを補いながら、徐々に距離を縮めていく。

このときが永遠に続けばいいのにと願いながらも進んでいく時間。

そんな儚い二人の運命は…

若手俳優W主演! キャストまとめ

志賀春樹(過去) / 北村匠海

山内桜良 / 浜辺美波

志賀春樹(現在) / 小栗旬

恭子(現在) / 北川景子

恭子(過去) / 大友花恋

『君の膵臓をたべたい』出演者インタビュー

映画『君の膵臓をたべたい』浜辺美波&北村匠海インタビュー。Mr.Childrenの主題歌「himawari」について、「あの花」のめんま役・「まれ」出演時の反響など

『君の膵臓をたべたい』 まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・大人気作家・住野よるさん原作!興行収入はなんと30億円突破

・「何度も劇場に足を運んだ」「感動で涙が止まらない!」のような感想多数

 見た人の心を掴み取る 切ない青春映画

・『君の膵臓をたべたい』という衝撃的なタイトルに込められた意味とは?

・若手注目俳優のW主演!キャスト・スタッフともに充実したメンバーで期待大

AmaZon
映画
スポンサーリンク
movieをフォローする

コメント