世界中で絶賛!予想不可能なストーリーに注目 『パラサイト 半地下の家族』

映画

『パラサイト 半地下の家族』

有力候補であった「ジョーカー」「1917 命をかけた伝令」を抑え、2019年のアカデミー賞作品賞を受賞しました。その他にも監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の計4部門を受賞!

また2019年のカンヌ国際映画祭で最高賞であるパルム・ドールを韓国映画で初めて受賞しました

本作は、「グエムル-漢江の怪物」「母なる証明」で有名な韓国を代表する名監督であるポン・ジュノ監督がメガホンをとっています。

なぜ本作がこれほどまでに世界中で絶賛されているのか?

思わず笑ってしまうブラック・コメディでありながら、どんでん返しが待ち受けるサスペンス的要素があり、さらには韓国の社会問題である「貧富の差」を絶妙に伝えるリアリティあふれる内容など様々な魅力あふれる映画となっているからでしょう。

その中でも最も注目されているのは「予想不可能なストーリー」です。

監督自ら、「(これから見る人のために)ネタバレはしないでください」というお願いがされるほど、衝撃的なラストが待ち受けています。

スポンサーリンク

『パラサイト 半地下の家族』予告動画

第72回カンヌ国際映画祭で最高賞!『パラサイト 半地下の家族』予告編

『パラサイト 半地下の家族』あらすじ

何度も事業に失敗し無職の父キム・ギテク(ソン・ガンホさん)、そんな父にきつく当たる母チュンスク(チャン・へジンさん)、何度も大学受験に失敗し浪人している息子ギウ(チェ・ウシクさん)、美術の才能はあるが貧乏で予備校に通えない娘ギジュン(パク・ソダムさん)の四人家族のキム一家。

家族全員で内職して、なんとか生計を立てているが半地下の汚い家に暮らし、生活は非常に苦しい状態が続いていた。

家族の願いはひとつ「普通の暮らしがしたい」。

そんなある日、息子ギウの友人でエリート大学生であるミンヒョク(パク・ソジュンさん)が、「受験成功」の意味がある水石を持ってキム一家を訪れた。

自分が留学する間、家庭教師をしている裕福な家の高校生パク・ダヘ(チョン・ジソさん)の家庭教師を代わってほしいとギウに頼みに来たのだ。

妹のギジョンの技術によって難なく名門大学の在籍証明書を偽造し、ギウはIT社長として成功を収めたパク・ドンイク(イ・ソンギュンさん)の豪邸に訪れた。無事に家庭教師に採用され、早々に一家の信用を勝ち取るギウ。

“半地下住宅”で暮らすキム一家と、“大きな豪邸”で暮らすパク一家。

この相反する2つの家族が交差した先に想像をはるかに超える光景が広がっていく――。

迫力の演技に目が離せない!キャスト

キム・ギテク / ソン・ガンホ

キム・チュンスク / チャン・へジン

キム・ギウ / チェ・ウシク

キム・ギジュン / パク・ソダム

パク・ドンイク / イ・ソンギュン

パク・ダヘ / チョン・ジソ

ミンヒョク / パク・ソジュン

出演者インタビュー

映画『パラサイト 半地下の家族』日本へ向けたキャストメッセージ映像

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・2019年アカデミー賞で作品賞を含む4部門受賞!

 また、カンヌ国際映画祭では最高賞であるパルム・ドールを受賞!

 世界中から注目される今いちばん熱い映画

・ブラックコメディやサスペンス、韓国の社会問題である「貧富の格差」を表現するなど様々な魅力が詰まっている

・最も注目すべきは「予想不可能なストーリー」

 衝撃的なラストに目が離せない!

AmaZon
映画
スポンサーリンク
movieをフォローする

コメント