「サンタクロースになった少年」 隠れた名作クリスマス映画、サンタクロース誕生秘話

映画

   

    

“サンタクロースになった少年”は2007年公開のフィンランド映画。

サンタクロース誕生秘話を題材にした物語。日本では劇場公開されておらず、2011年にDVDが販売された。

フィンランドアカデミー賞では最高人気賞を受賞するなどの受賞歴もあり、

まさに隠れた名作映画!

スポンサーリンク

「サンタクロースになった少年」予告動画

Wunder einer Winternacht: Die Weihnachtsgeschichte – Trailer

「サンタクロースになった少年」あらすじ

クリスマスの夜、妹のアーダが熱を出し医者に見せるために雪が降る外へ出かけていく両親。

しかし、近道をしようと氷の上を歩き水に落ち帰らぬ人となってしまった。

ニコラスは村に引き取られる事になるが、すぐに受け入れてくれる家はなく村の6つの家族を1年ずつ回ることになり、クリスマスが来るとニコラスは次の家へと移った。

そこで、ニコラスはお世話になった家の子供へクリスマスにおもちゃを送るようになった。

6つの家族を周りクリスマスが訪れる頃、村は不漁不作に見舞われる。

村のどこも引き取れる余裕のある家はなく、頭を悩ませてるところにイーサッキが現れた。

家具職人のイーサッキは子供嫌いで有名だが、ニコラスが作ったおもちゃを見てその器用さに目をつけニコラスを引き取ることとなる。

家へ帰るとイーサッキはニコラスに厳しく家具作りを教え込んだ。

クリスマス前日イーサッキはニコラスがおもちゃを配ることを知りおもちゃ作りから配達まで手伝ってくれた。

そして、イーサッキは何故子供が嫌いなのか語った。自身を置いて行ってしまった2人の息子たちのせいだと。

さらにイーサッキはニコラスにこのまま一緒に住むことを提案し、ニコラスとイーサッキは一緒に住むことになった。

月日は流れ、ニコラスは髪も伸び髭も伸びすっかり立派な家事職人となった。しかし、イーサッキは残り少ない人生を実の息子たちと過ごすと決め出て行ってしまう。

ニコラスならうまく使うことができると、イーサッキは贅沢もせずにコツコツと貯めた財産をニコラスへ譲った。

ニコラスはイーサッキが残した財産を使いクリスマスにプレゼントを配り続けた。

親友エーメリやエーメリの娘アーダの力を借りて何年もプレゼントを配り続けるが、年老いたニコラスにアーダは最後のクリスマスを提案する。

そしてニコラスは最後のクリスマスを迎える….

イーサッキという男

イーサッキは村では子供に怖がられ、村に現れると子供達が悲鳴を上げて逃げていきます。

そして、家具作りを教え込むイーサッキですがニコラスに名前が似合わないから今日からお前はユーリだ。と名前まで変えられてしまいます。

さらにニコラスは父の形見であるナイフをイーサッキに折られてしまったりと散々な扱いを受けます。

しかし、イーサッキは子供が本当に嫌いなわけではありませんでした。

イーサッキはニコラスを家族として向かい入れ、折ってしまったナイフをきちんと直しニコラスに渡します。根は子供が大好きでよく人のことを見ている怖い顔をしただけの優しい人でした。

イーサッキの愛情に気づき心を開いていくニコラスと不器用なイーサッキが表すほんの数秒の表情に心を打たれるシーンが何度もありました。

出演者

ニコラス/ハヌ・パッカ・ビョルクマン

イーサッキ/カリ・パーナネン (右) 

まとめ

“サンタクロースになった少年”は様々な動画配信サイトで配信中ですが、Amazonプライムビデオでの視聴をおすすめします。

“サンタクロースになった少年”の原作マルコ・レイノ作の絵本「クリスマス物語」も合わせて見るのもいいかもしれませんね♪

クリスマスが一段と特別に感じる映画です。そして寒い中何処かで荷物を運んでるサンタクロースに感謝を。

AmaZon
映画
スポンサーリンク
movieをフォローする

コメント