映画『千と千尋の神隠し』ってどんな作品?今更聞けない基本情報!

映画

「千と千尋の神隠し」は、言わずと知れたスタジオジブリ制作作品です。

この記事では、「千と千尋の神隠しって、有名な作品だけど、今更どんな作品が聞けない」という方のために、簡単に「千と千尋の神隠し」の情報をまとめました。

今更聞けない「千と千尋の神隠し」の基本情報を知って、ジブリ作品を知る機会にしてください。

スポンサーリンク

映画「千と千尋の神隠し」の基本情報

2001年7月20日、「千と千尋の神隠し」が公開されました。

言わずと知れたスタジオジブリ制作の、宮崎駿監督が手掛けた長編アニメーション映画です。

興行収入は300憶を超え、この記録は日本歴代興行収入第1位を達成しており、2020年の現在でもいまだこの記録を塗り替える作品はありません。

1997年に公開された「タイタニック」でさえ、262憶円の興行収入で「千と千尋の神隠し」に次いで2位。

どれだけ「千と千尋の神隠し」が、すごいかが分かると思います。

映画が公開されて19年経った、2020年の現在でも、好きなジブリ映画といえば「千と千尋の神隠し」が出てきます。

多くの人々を魅了する「千と千尋の神隠し」は、まさに100年の歳月を経ても、人々の心を揺さぶるまさに、不朽の名作と断言できるでしょう。

『千と千尋の神隠し』予告編

2001 千と千尋の神隠し予告編

あらすじ

引っ越し先へ移動する車の中から、映画のストーリーがはじまります。

主人公「千尋」は、前の学校の友達からもらった花束を大事に握りしめて、後部座席で寝っ転がり、荷物に埋もれながら車の天井を不機嫌そうに睨みつけていました。

「新しい学校だ」とお父さんが明るい声で言っても、千尋は通り過ぎる新しい学校に「あっかんべ」をします。

新しい生活は、千尋にとって好ましくないことなのでしょう。

お父さんの運転する車は、いつしか石畳の細い道へ入っていきます。

あまりの揺れ具合に驚きつつも、車が到着したのは、朱色に塗られたモルタル性の比較的新しいトンネル。

お父さんとお母さんは、好奇心に駆られて中に入っていきますが、千尋は戦々恐々。

お母さんの腕にしがみつきながら、暗いトンネルを抜けていきます。

トンネルの向こうは、八百万の神々が住む、不思議の町でした。

無人の屋台から香るおいしい匂いに釣られて、千尋の両親は食事に手を付けてしまいます。

しかし、その食事は神様に備えるための神聖な食事だったのです。

食事に手を付けてしまった両親は、罰としてブタにされてしまいます。

両親をブタにされて、パニックになってしまった千尋は、この世界に住む「ハク」という少年に助けられるのです。

ブタになってしまった両親を取り戻さなければ!

千尋は、両親をブタにした魔女「湯婆婆」(ゆばぁば)の取り仕切る「油屋」で働くことになります。

その契約時、「荻野千尋」は、湯婆婆に「千」と名前を変えられて、千尋は自分の名前を忘れてしまうのです。

千尋は、ブタにされた両親と自分の名前を取り戻して、無事に元の世界に生還することができるのでしょうか。

「千と千尋神隠し」の受賞歴

この項目では、「千と千尋の神隠し」の受賞歴を紹介します。

・第75回アカデミー長編アニメ映画賞(2003年)

・第25回日本アカデミー賞:最優秀作品賞(2002年)

・第52回ベルリン国際映画賞:金熊賞(2002年)

・第28回ロサンゼルス映画批評家協会賞:アニメ映画賞(2002年)

・第44回ブルーリボン賞:作品賞(2002年)

・第30回アニー賞:長編アニメ映画賞(2002年)

・第8回放送映画批評家協会賞:最優秀アニメーション作品賞(2002年)

「千と千尋の神隠し」の出演者と関連出演者作品

この項では、「千と千尋の神隠し」の出演者とその関連出演者作品をご紹介します。

キャラクター名出演者名関連出演者作品
荻野千尋柊瑠美1999年『すずらん』でヒロインの少女時代を演じる 2005年『野ブタ。をプロデュース』でいじめ役を演じる
ハク入野自由2005~2006年『ツバサ・クロニクル』小狼役 2005年『アイシールド21』小早川瀬那など
湯婆婆夏木マリ2004年『野ブタ。をプロデュース』佐田杏子教頭役 2011年連続テレビ小説『カーネーション』<晩年>小原糸子役など
銭婆婆
釜爺菅原文太2006年『ゲド戦記』ハイタカ役 2012年『おおかみこどもの雨と雪』韮崎役など
カオナシ中村彰男1997年『もののけ姫』 2007年『精霊の守り人』ジュロ役など
リン玉井夕海2012年『伏鉄砲娘の捕物帳』遣手婆役
2012年『NOT LOG,AT NIGHT』主人公女役など
神木隆之介2005年『あいくるしい』真柴幌役
2006年『探偵学園Q』キュウ役など
荻野明夫内藤剛志2006年『ゲド戦記』ハジア売り役 2011年『コクリコ坂から』小野寺善雄役
荻野悠子沢口靖子1999年~『科捜研の女』榊マリコ役 2010年~『警視庁機動捜査隊216』沢村舞子役など

宮崎駿監督インタビュー

宮崎駿 千と千尋の神隠し インタビュー

「千と千尋神隠し」は不朽の名作!

「千と千尋の神隠し」の特徴とまとめました。

・「千と千尋の神隠し」は、2020年の現在でも興行収入が塗り替えられていない。

・「千と千尋の神隠し」は、多くの賞を受賞している。

「トンネルの向こうは不思議の町だった」

「長いトンネルの向こう側…」というキャッチコピーは、どこか川端康成の『雪国』を思い出させますね。

トンネルは、今の昔も違う世界を繋げる「橋」の象徴のようだと、人々に思わせるのかもしれません。

摩訶不思議な世界へ続くワクワク感は、長い年月を経た今でも同じ気持ちにさせることでしょう。

更に、宮崎駿監督の思いが深いことにも、大きな影響を受けているはずです。

10才の、なんの取り得もなさそうな少女が、逞しく成長する姿には多くの人が元気をもらっているはずです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

AmaZon
映画
スポンサーリンク
movieをフォローする

コメント