最強のふたりを笑いと涙を交えて描く実話のストーリー

映画

スポンサーリンク

最強のふたり解説

パラグライダーの事故で下半身麻痺してしまった大富豪の男と、介護士として男に雇われた刑務所を出たばかりの黒人青年の実話で、笑いと涙を交えて描くドラマ。まったく共通点のない2人は衝突しあいながらも、やがて互いを受け入れ、友情を育んでいく。

最強のふたり」は2011年制作のフランス映画。

2013年の日本アカデミー賞の優秀外国作品賞を受賞。

アメリカでアカデミー賞の前哨戦ともいわれるゴールデングローブ賞で最優秀外国語作品賞を受賞した作品です。PG12の作品であるため12歳未満の方の視聴には保護者の方の助言・指導が必要です。

「THE UPSIDE 最強のふたり」というタイトルでハリウッドでリメイクもされています。

最強のふたり予告編/フォートギャラリー

映画『最強のふたり』予告編

最強のふたりあらすじ

映画「最強のふたり」はパラグライダーの事故で首から下が麻痺した富豪の男フィリップと失業手当受給のためにフィリップの介護者募集面接ににわざと不合格になりに来た青年ドリスとの間に生まれた友情を描く実話をもとに作られた作品です。

最強のふたり出演者・関連:出演者作品

フィリップフランソワ・クリュゼ

出演作品:「再会の夏」「PARIS パリ」

ドリスオマール・シー

出演作品:「あしたは最高のはじまり」「トランスフォーマー 最後の騎士王 (声)」

イヴォンヌ/アンヌ・ル・ニ

最強の二人!監督/出演者 インタビュー

『最強のふたり』E・トレダノ&O・ナカシュ監督インタビュー

「最強のふたり」まとめ

以下、本記事のまとめになります。

  • 「最強のふたり」は日本アカデミー賞・ゴールデングローブ賞受賞作品
  • 事実をもとにした作品
AmaZon
映画
スポンサーリンク
movieをフォローする

コメント