カンタン腸活!最短で美腸を手に入れるマッサージとは?

最近「腸活」がすごく話題ですよね。

テレビで特集されたり、雑誌でも特集したり……

私も少し便秘気味なので、テレビでやってるとつい見てしまいます。(笑)

腸活というと、ヨーグルトを食べろだとか、食物繊維を摂れだとか、食べ物で腸内環境を改善するものが有名です。

しかし、特に便秘が酷い人なんかは、食べ物だけではなく、腸のマッサージをするのがとても良いらしいんです。

早速、腸活に効果的なマッサージを調べてみたので、ぜひ参考にしてみてください!

腸マッサージが腸活に有効な理由

腸マッサージは、「腸もみ」とも呼ばれています。

正直、私は身体の内側にある腸をどうやってマッサージするの?意味あるの?と思っていたんですが、意外とちゃんとした理由があるみたいです。

①弱った腸を物理的に動かす

便秘が続いている方、またガスでお腹が張っている方などは腸の活動が弱っている状態にあります。

通常であれば腸のぜん動運動によって排泄されたり、おならが出たりするものが、動きが弱まっていることでできなくなってしまっているんですね。

腸活による食事の改善で腸内環境が良くなり、ぜん動運動が活発化して便秘やお腹の張りが改善する方もいます。

しかし、慢性的に腸が弱って動けなくなっている状態だと、食事だけでは症状が改善されない場合もあるんだそうです。

なので、上から物理的に腸に刺激を与えることで、弱った腸に喝!を入れてぜん動運動を促進するということだそうです。

②血行を促進する

マッサージを行うことによって、腸の血行が促進されます。

血行がアップすることによって、腸が温まり、腸のはたらきが活発になるということです。

実は、腸が冷えている人は多いらしいです。

手足の冷えなどは自分でも分かりますが、腸の冷えは自分で気付くことはできません。

湯船にあまり浸からなかったり、運動をあまりしなかったり、コンビニ食が多かったり、冷たい飲み物やお酒が好きな方は要注意です。

マッサージで血流アップして、腸のはたらきを活性化させましょう。

腸マッサージにトライしてみましょう!

私が参考にしていた腸マッサージはこちらです。

即効便秘解消!腸もみマッサージで50cmのロングうんち出た!うんちダスエット#2

こちらの動画では、マッサージは準備運動→小腸のほぐし→大腸のほぐしの3ステップです。

とても分かりやすいので、是非参考にしてみてください。

少し難しそうにも見えますが、やってみると意外と簡単ですし、数日やるとすぐ覚えられます。

寝ながらできるので、私は寝る前のゴロゴロタイムにやっていました。

5分くらいでできるので続けやすいです!

しかも、やってみるとお腹が心なしかすっきりする感じがしますし、リラックス効果もあって気持ち良いんですよね~。

他にも、こういったものもありました!

これだけで便秘解消!おすすめ腸マッサージ

こちらはファッション雑誌withのチャンネルのものです。こちらの方が、手順が少なくて簡単かもしれないですね。

初めての方や時間のない方はこちらから始めてみるのも良さそうです。

腸マッサージの注意点は、お腹を下しているときにはやってはいけない、ということです。

症状を悪化させてしまう可能性があるので、体調に不安のあるときは控えた方が良いかもしれませんね。

腸マッサージと合わせて取り組みたいこと

腸マッサージの効果をより高めるために、日頃気を付けると良いことを紹介します!

①お腹を冷やさない

腸の健康のためには、冷やさないということがとても大切です。

冷たい飲み物やアイス、お酒を摂りすぎたり、冷房で部屋をキンキンに冷やしたり、シャワーだけで済ませるのは控えましょう。

②肉や油を摂りすぎない

肉や油はもちろん必要なものですが、食生活が片寄ると、腸内細菌のバランスが崩れて悪玉菌が多くなってしまいます。

野菜や魚を中心にしながら、バランスの良い食生活を心がけましょう。

③適度に運動する

現代の日本人は運動不足になりがちです。

ハードなトレーニングではなくても、通勤時に一駅だけ歩く、すぐに車を使わないなどで、少しでも運動量を増やすように心がけましょう。

お手軽腸活マッサージまとめ

・腸マッサージは弱った腸を温めて動かすので便秘に有効

・寝ながら5分マッサージするだけなので簡単

・マッサージだけではなく、運動や食生活改善等と組み合わせると効果的

腸は「第二の心臓」とも言われるほど大切な臓器です。

腸の不健康なまま過ごしていると様々な病気のもとにもなります。

この機会にしっかり腸を労わって、身体の内側から健康になりましょう!