コントが始まる 無料動画

2021年に放送されたドラマ『コントが始まる』の動画を全話無料で見る方法をまとめました!

お得に無料視聴できる動画サイト(配信アプリ)をまとめましたので、是非参考にしてみてください。

ドラマ『コントが始まる』の動画配信状況
見逃し配信
(無料)
見放題配信
(無料)
宅配レンタル
(無料)
    サービスはありません
レンタル
(課金)
    サービスはありません
配信なし

※Netflixは無料期間がないので、登録の際にお金がかかります。

結論から述べると、Huluで、ドラマ『コントが始まる』の動画を最もお得に無料視聴できます!

本日から11月4日まで無料!
※無料期間内に解約すればお金は一切かかりません。

 

Youtubeで動画検索
コントが始まるのあらすじ

ドラマ『コントが始まる』あらすじ

『人生』とは壮大な……『コント(喜劇)』である!?

4月。

土曜よる10時。

時計がその時を刻むと、このドラマは毎話、一本の『ショートコント』から幕を開ける。

それはある売れないトリオによる、取り留めのないショートコント……。

しかし実はそのコント、——後に起きる53分の物語の○○○だった!!

本日、夢を諦め解散を決意した3人の『コント師』の男たち。

数年勤めた一流会社をドロップアウトし、抜け殻のようになった姉と、その姉の世話を言い訳に目標もなく夜の街で働く妹の姉妹。

20代後半。

誰もが指さす『大敗』のド渦中にいる男女5人。

──だがそれは煌めく未来への大いなる『前フリ』なのかもしれない!?

さぁ笑って泣いて、俯いた『前フリ』回収する群像劇が始まる!!

出典:公式サイト

ドラマのおすすめポイント!

  • 親と約束した”10年”を迎えてマクベスが解散宣言したけど、まだ続けたいという気持ちが垣間見える3人が今後どうするのか。また売れるのか。
  • 全員それぞれが抱えていた物が明かされていき、同時に支え合って強くなっていく絆感が良い。こんなに打ち明けれる人がいるのは羨ましい。
  • 奈津美や焼き鳥屋の大将、真壁先生などの優しさに触れてやる気になったり心を入れ替えたりと人情味があって人生の勉強になる。
放送時期 2021
ジャンル ヒューマンドラマコメディ/ギャグ
制作会社 トータルメディアコミュニケーション
俳優 高岩春斗:菅田将暉|朝吹瞬太:神木隆之介|美濃輪潤平:仲野太賀|中浜里穂子:有村架純|中浜つむぎ:古川琴音|恩田光代:明日海りお|坂斉凜奈:米倉れいあ|下條良枝:松田ゆう姫|村主うらら:小野莉奈|真壁権助:鈴木浩介
公式サイト 『コントが始まる』公式サイト
外部リンク Wikipedia公式Twitter
有村架純出演のおすすめ関連動画

最初にお伝えしたように、ドラマ『コントが始まる』の動画は、動画配信サービス『Hulu』で全話無料視聴できます!

Huluは、初回登録から2週間無料で利用できますので、ドラマ『コントが始まる』を1話〜最終回まで全話無料で見れます。

そんな、Huluの特徴を表でまとめました。

月額料金 1,026円(税込)
※無料期間中は0円
無料期間 登録から2週間
配布ポイント なし
国内ドラマ配信数 600作品以上
雑誌読み放題 なし
電子書籍 なし

Huluでは、本編に加えてHuluオリジナルストーリーがあるドラマも多数配信中!

他では見れないストーリーも一緒に、Huluでお楽しみ下さい♪

本日から11月4日まで無料!
※無料期間内に解約すればお金は一切かかりません。
Huluで視聴した人の口コミ

ただ、Huluで動画を全話無料視聴できるとは言っても、

  • 解約できなくて、月額課金(サブスク)で、お金がかかったりすることはない?

など、不安なことがあると思いますので、Huluの登録・解約手順を画像と共に解説します。

Hulu 登録手順
  1. Huluの公式サイトにアクセスして『今すぐ無料でお試し』をクリック
  2. お客様情報を入力しながら下にスクロール
  3. 入力完了したら『2週間の無料トライアルを開始』をクリック
  4. 以上でHuluの登録は完了です!

登録から2週間は無料で利用可能で、無料期間中に解約すれば一切お金はかかりません。

本日から11月4日まで無料!
Hulu 解約手順
  1. Huluの公式サイトにアクセスして、右上の『アイコン』をクリック
  2. 『アカウント』をクリック
  3. 『解約する』をクリック
  4. 一番下までスクロールして『解約ステップを進める』をクリック
  5. 解約理由などを回答して『解約する』をクリック
  6. 以上でHuluの解約が完了です!

登録から無料期間中の2週間以内に解約すれば、お金はかかりませんのでご安心ください。

Huluを使わなくても、ドラマ『コントが始まる』の動画は違法サイトでも見れるでしょ!と、思いますよね。

確かに違法動画サイトで、ドラマ『コントが始まる』の動画を配信している場合がありますが、

  1. 端末がウイルスに感染する
  2. 邪魔な広告が頻繁に入ってくる
  3. 音ズレや低画質で動画に集中できない

などの問題が頻繁に起きるので、違法サイトでの動画視聴はとても危険です!

違法動画サイトを使用した人の口コミ

男性 30代

自分はドラマが大好きであり、違法動画サイトなども利用させていただき、ドラマを見させていただきました。

それでサイトを閉じた瞬間でありますが、ウィルスに感染をしましたと表記をされました。

最初はいたずらだと思っていたのですが、以降はランダムな時間でタスクが表記されるようになり、自分の仕事の業務などに支障をきたしてしまうような感じになりました。

海外動画サイトで動画を見るのはリスクが高すぎると思います。

女性 20代

違法動画サイトを使用している際に、広告バナーが登場して、そのバナーを消すために×のボタンを押したにも関わらず、その広告画面に進んでしまったことがあります。

その広告も、不適切な内容を含む広告で、有料会員などのページに進むよう作られていたので、そのまま気づかずにいたら金額の請求があったかもしれないということがありました。

また、違法動画サイトでは、動画を再生した際に、サムネイルと全く別の動画が始まったということもありました。

男性 30代

当時youtubeでなかなか見つからなかった動画を違法サイトで見つけ、動作を再生する決断をしました。

後々考えれば、動画再生時にウィルスチェックに準ずる警告が出たような気がしましたが、見たいという熱意が先行して、結局閲覧することにしたのです。

結果としてはパソコンの起動を遅くする内容を招き、いたずらレベルの軽いウィルス感染になっていたことをパソコンの情報に詳しい知人から教えてもらいました。

やはり海外の動画サイトには、気をつけるべきだと言えます。

スマホやパソコンがウイルスに感染して使えなくなった・・・

など、トラブルに巻き込まれる可能性もありますし、犯罪行為への加担となるので、安全に見れるサイトを使用しましょう。

これまでお伝えしたように、ドラマ『コントが始まる』の動画を視聴する場合は、動画配信サイト『Hulu』がおすすめです!

本日から11月4日まで無料!
※無料期間内に解約すればお金は一切かかりません。

 

ドラマ『コントが始まる』の動画を全話無料視聴

Huluを使えば無料視聴できることはわかった。

でも、解約を忘れたら月額課金(サブスク)になるのがちょっと怖いな・・・と思うかもしれません。

そこで、Youtubeやニコニコ動画などの無料動画サイトで検索をした結果をまとめました!

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

コントが始まる|第1話『水のトラブル』

コントが始まる|1話あらすじ

コント『水のトラブル』。

明転したステージに現れたのは、春斗(菅田将暉)、瞬太(神木隆之介)、潤平(仲野太賀)のお笑いコントトリオ『マクベス』。

売れない芸人による取り留めのないコントの「前フリ」部分が始まる……。

そして映像は、そのコントを自宅で見ている里穂子(有村架純)へと繋がっていき―――。

―――鳴かず飛ばずの日々を過ごすお笑いトリオ『マクベス』でツッコミを担当する春斗は、結成10年を前に、ある決断を迫られていた。

一方、1年半前に訳あって大手企業を辞めた里穂子は、姉の世話を口実に上京して来た妹・つむぎ(古川琴音)と同居しながらファミレスでウェイトレスをしていた。

偶然里穂子の働くファミレスに来店したマクベスの3人は、やがて常連客として定期的にファミレスでネタ作りをするようになり……。

彼らがネタ作りに励む姿を見るうちになぜか興味を惹かれ、いつの間にか隠れファンとなっていた里穂子。

日々は流れ、気づけば里穂子にとって、マクベスの存在は生きがいのようになっていた……。

しかしある日、初めてマクベスのライブを訪れた里穂子を待っていたのはトリオ解散という重大発表!

呆然と帰路についた里穂子は、突然春斗から声をかけられて―――。

失敗が許されない世の中で、『大失敗』の人生を歩む人々。

20代後半、様々な決断を迫られる「最後の青春」にもがく、涙と笑いの青春群像劇。

この出会いが、俯く日々に希望の香りを漂わす全ての始まりであった。

出典:公式サイト

コントが始まる 第1話の感想

女性・20代

中浜さんを通してマクベスを見ていくドラマのように思えましたが、話の中心はほぼマクベス側でしたね。

タイトルからは想像できない、割とガチめの群像劇で、ちょっと思ってたのと違ったな、という感じが強かったです。

20代後半ならではの、高岩、美濃輪、朝吹のこれからを決める大事な時間を共にすごした仲間達との話で、若さゆえ、という言葉が何度も過りました。

マクベスのコントはドラマの中でも微妙な空気を出していて、とてもリアルな感じでした。

そして突然福岡までラーメンを食べに行く場面で、地元の地名が出てきて「お!?」となってしまいました。

中浜さんの勤務先がメイクシラーズなのがちょっと笑えました。

でもそれ以外はかなり真面目な話なので、今後見続けるのは個人的につらいかもしれません。

男性・30代

会社を辞めてファミレスで働き始めた里穂子が「マクベス」に惹かれたのが何となくわかりました。

売れてはいないけど真剣にコントに向き合っている姿を見たら目が離せなくなると思います。

「水のトラブル」の中のメロンソーダが、春斗がファミレスで出会うより前に里穂子に出会った時のエピソードから来ていたり、初めて春斗たちがファミレスに行った時の春斗の「何人に見えます」の意味がわかったり、伏線の回収が楽しめる新しいカタチのドラマで面白かったです。

春斗が自分のせいで潤平と瞬太の人生を台無しにして申し訳ないと涙するシーンで、里穂子が春斗に言った「水のトラブルスリーセブンに電話しましょうか」が最高によかったです。

女性・30代

物語冒頭のコントが物語のきっかけをもたらすような話の作りでドラマ全体の面白さをより一層広げたなと個人的に思いました。

中浜さんとの出会いから奇妙で他にはない面白いコントを思いつくなんて春斗は本当に天才だなと思いました。

ただ、芸人って売れる・売れないの世界だから面白くても偉い人に認めてもらえないと売れることは難しいのは分かります。

頑張っているのに私的には面白いのに何で認めてもらえないのかと不思議で仕方がありません。

解散はしてほしくないので解散前にどうにか売れるように頑張ってほしいなと思ってしまいました。

1話だけでも物語の筋が通っていて面白いですが、福岡のラーメン屋で春斗が改めて解散しようと言うシーンでは、素の菅田将暉、神木隆之介、仲野太賀を見ているようで何だかほのぼのした気持ちで観ることができるのもこのドラマの良さではないかと思いました。

来週も期待です。

男性・30代

このドラマはマクベスがどうなっていくのか、とても楽しみです。

三人でいろんな葛藤がありながらも、芸人としての楽しさを感じていくところに期待したいです。

ネタを作ってライブで披露することが、純粋に好きなんだと気づいていくのかなと感じます。

また中浜はマクベスのことを、どんどん応援したくなるのかなと思います。

中浜がマクベス愛を感じていくところに期待したいです。

マクベスを全力でサポートしていくのか気になります。

女性・20代

一体どんな内容なんだ?と思わせる題名で注目を浴びている当該ドラマ。

1話を観て一気にその世界観に引き込まれました。

菅田将暉、神木隆之介、仲野太賀演じるお笑いトリオがコントを始める思い出からスタートし、トリオ解散という決断に至るまでの心情や、有村架純が演じる菅田将暉らトリオを応援することが心の支えになっている女性の心情など、絶妙に絡まっていく人間模様が魅力的なドラマです。

特に菅田将暉と有村架純がどんな関係性になっていくのか、もしや恋愛関係に発展するのか!?というところが楽しみです。

男性・30代

今注目されている若手俳優さん達、菅田さん、仲野さん、神木さん、有村さんの演技力で、盛り上げてくれるストーリーを期待しています。

会社をクビになって夜中に酔っ払ってベンチに座っていた有村さんと菅田さんの出会い、水を差し出して勧めた翌朝メロンソーダに水が変わっていたことから、コントのヒントを得ていくメンバー達。

偶然にも新規オープンのファミレスで再会し、ファンになってくれた有村さんと、売れずに下積み時代を過ごしている3人。

いつ?何をキッカケにブレイクするか、わからない世界で4人の出会いが夢を掴むチャンスになっていくことに期待しています。

女性・30代

主人公たちお笑いトリオが解散する、という話が1話であり、コントする話だと思って見始めたため、「そこで関係値が終わってしまうのでは?」と感じた初回放送でした。

お笑いトリオがよくいくファミレスで働いている女性(実は隣人でもある)との関係性が、お笑いトリオと店員という立ち位置でなくなり、ただのお隣同士となった時、どのように発展していくのか期待しています。

そこに恋愛感情が芽生えることや、はたまた店員の女性と絡む中でお笑いトリオが復活することはあるのかなど、4人の関係性に注目していこうと思います。

男性・30代

人生に躓いている現状を主に過去を振り返り伏線が広がっていく展開に、今後どう広がることで登場人物に深みを与えていくのか期待が高まります。

また、冒頭で見られるコントが続くストーリーの主軸となり、終わりで同じコントが見られながら少し変わった部分に人生の気づきを感じさせたのだと登場人物が変化していく様子をコントで感じられるとますます期待が高まりました。

現状の厳しさがこれまで気づきあげてきたもので補えるのか、友情、愛情など様々に絡んでくることで変化していく生き方に目が離せないと感じました。

女性・20代

最近は舞台喜劇のようなコントテイストのドラマもあったので、本作もそんな感じに仕上がるのではないかと思っていたのですが、どうやら普通のドラマ仕立てで、トリオの売れないお笑い芸人とそのファンによるヒューマンドラマのようですね。

個人的には、神木隆之介さんは子役の頃から見ているのですが、今回は初めて金髪にしたそうで気合が入っていてとても楽しみにしています。

あとは、コントも少し見られるようですのでお笑い要素も期待しています。

男性・30代

コントから始まりコントで終わる。

毎回コントの中身も見どころの一つです。

里穂子視点だと、働いているファミレスに週一で芸人がネタを作りに来て、その3人はすぐ隣のアパートに住んでいるため、大ファンに。

ようやく初めて見にいった劇場で解散を知る事になるのです。

春斗達マクベス視点だと、高校で先生に褒められ、その後マクベスを結成。

駿太はプロゲーマーから挫折して後から入る事に。

春斗は実は里穂子とは、ファミレス出会う前から知っていて、その後、マスべスはまさか里穂子が自分達のファンだとは思わず、気になって話題にしていたのです。

実はメロンソーダのコントがうまれたのも里穂子と初めにあった時の事を元に作ったものでした。

でも、10年経っても売れないので約束通り解散を宣言。

里穂子が春斗に「マクベスがあったから頑張れた。

解散しないでほしい」という言葉を受けて、マクベスは本当に解散するのか。

里穂子とはどうなるのでしょうか。

女性・30代

もちろん、成功していくだろうし、それまでの過程も楽しみたいのですが、その前に、安定していないバイトで暮らす人たちの不安な生活や、先が見えなくて精神的な心細さ、そしてどうやってその生活を楽しみながら笑いに持っていくのかを、もっと詳しく丁寧に描いてほしいです。

リアルに無名の芸人たちがどうやって売れていくのか、その様子を見たいのです。

コント自体も、これからどんどん面白くなっていくのかなと期待しています。

男性・30代

子役時代から絶大な人気のあった神木隆之介、この恋温めますかで最強のバイプレイヤーとしてスポットライトを浴びた仲野太賀、ドラマに映画に音楽に幅広く活躍し、演技面では日本を代表する俳優ともいえる菅田将暉の最強トリオが見られることがとても楽しみ。

そしてそんなトリオでお笑い芸人役という今まであまり見ることのなかった役柄のストーリーである。

さらにこのコンビが解散してしまうところから物語は始まる。

この何かの終わりからどうやって話が進んでいくのかとても注目している。

男性・30代

題名のとおり、コントから始まりました。

キャスティングがよく、この3人が本当に芸人に見えて、役というより本当に楽しんで演じているように見えました。

ファミレスの注文のチャイムのくだりの所は面白かったです。

私も同じ状況なら中浜さんのように3人に興味をもちそうです。

それ程この3人には惹かれました。

初めてマクベスのライブに行ったのにそこで解散の発表があり落ち込む中浜さん。

その帰りに春斗に声をかけられ中浜さんがマクベスに興味を持つ前に二人は知りあっていたとは思いませんでした。

中浜さんは覚えてなかったけど春斗も中浜さんに興味を持っていて今後この2人が恋愛に発展するのかな?と思ってみたり…。

解散の話が出て今後どのような話に進んでいくのか楽しみです。

女性・30代

今の高校生や大学生はカリキュラムとデジタルデータとして残される経歴で縛られ、失敗すると即座にドロップアウトとみなされる風潮の中、少し昔の日本の大学生や二十歳前後の世代の群像ドラマのように感じられました。

学園祭で一人の教師から褒められたコントをきっかけに、芸人になろうとする春斗と瞬太、そして一旦はゲーマーとして注目を浴びるものの挫折し、二人と足並みを揃えるやり取りが新鮮に感じられました。

結果がどうなるかわからない中、ネタ作りをしていたファミレスの女性店員がファンになり、知らぬ間にお互いに意識しているという状況も、少し昔の日本では若者特有の世界観に思えました。

10年やって結果が出ない状況から解散を言い出すために、三人が九州まで車を走らせ徹夜で東京に舞い戻る行動も、らしさが感じられました。

男性 30代
まず、このドラマは、出演者の豪華さに驚きました。菅田将暉に有村架純。他にも神木隆之介など、若手実力派俳優が勢揃いだったので、「これは期待できそうだ!!」という感じでした。芸歴10年の、中々売れない漫才トリオ、マクベス。結成のきっかけは、高校の文化祭で披露した春斗と潤平のコント。そこで学園中を笑いの渦に巻き込んだ2人。そして春斗は潤平に「コンビを組んで一緒にやろう」と誘い、マクベスが結成。高校時代はプロのゲーマーとして2人とは違う道を進んでいた瞬太。

しかし、ゲーマーを引退し、春斗に誘われて彼もマクベスの一員に。

しかし、売れない現実は厳しく、春斗が解散を決意。

ここからどう物語が動いていくのか楽しみです。

第1話『水のトラブル』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

コントが始まる|第2話『屋上』

コントが始まる|2話あらすじ

潤平「春斗には一つだけ秘密にしていることがある……」瞬太「プロゲーマーだった頃はよくインタビューで『27歳までに死ぬ』と答えていた……」コント『屋上』。

舞台が明転すると、自宅の屋上テラスで和む中年夫婦と隣のビルで思い詰めた表情をする若者が現れる。

その3人による取り留めのないコントの「前フリ」が流れ―――。

コントトリオ「マクベス」解散を決めた春斗(菅田将暉)は、事務所のマネージャー楠木から呼び出され、解散を考え直すように詰め寄られる。

一方マクベスの一人である潤平(仲野太賀)は10年間交際を続ける恋人の奈津美(芳根京子)に、ついに解散することを決意したと告げる。

そんな中、潤平は春斗と芸人を志した日々を振り返り、春斗に一つだけ『秘密』にしていることがあると思い返す……。

その頃もう一人のマクベスである瞬太(神木隆之介)はなぜか春斗や潤平と共に通った母校の屋上に佇んでいた。

そこは春斗との思い出の場所でもあった。

何も知らない春斗だったが、里穂子(有村架純)から気になることがあると話を切り出されると、里穂子が働くファミレスで瞬太が「遺書」を書いていたのだという。

それは「屋上」というコントの小道具として書いていただけだと説明する春斗だったが、何やらいつもと状況は違うようで……。

「解散」を宣言することで動き出したトリオ芸人。

彼らと巡り会うことで動き出した姉妹。

暗闇の中を歩いているかのように見える5人の若者たち。

……だが1時間後、彼らを見ていただいた人はなぜか彼らを「美しい」と感じてしまう。

そんなまさかの結末を迎える第2話。

是非ご覧ください。

出典:公式サイト

コントが始まる 第2話の感想
男性 30代
マクベスが解散することになった事を惜しむ人がある程度いる事が分かりました。遺書をテーマにしたコントから、遺書をテーマにしたドラマになり、ドラマの中でコントを抜粋して流してる場面は工夫が凝らされてると思いました。なんだかんだで瞬太の昔のインタビューが騒動の元になったり。なんだかんだありましたが、今回も無事何も無く終わりました。27で死ぬって言ってた、みたいな厨二病っぽさがのドラマっぽいなと思ってしまいました。なんだかんだでみんな何かを抱えてる感が毎回少しだけ憂鬱になります。次回は中浜さんが大変なことになりそうで、ちょっと気になってしまいました。
女性 20代
あの時こうしていれば、もしこうしていたらそんなタラレバを思うことって誰にでもあると思いますが、結果が出ていたら考えないことも、結果が出てないと余計に考えてしまうものなんだと思いました。今回もまたコントの中に大きくて大切な伏線があって、その伏線を回収するラストシーンのコント「屋上」に胸が熱くなりました。人生って何がキッカケになるのかわからないから難しいけど面白いと思います。どこまでもマクベスのみんなが大好きな里穂子が現れたことで、マクベスの3人の繋がりがより深くなっているのが素敵です。来週のコントもとても楽しみです。
男性 20代
マクベスを結成するきっかけを1話では春斗目線で描かれて2話では潤平目線で描かれているのはドラマとしていい成り立ち方だなと思いました。それに春斗を誘う前に瞬太含め他に誘っていたとしても春斗のことを誘いたくても断られるからこその潤平なりの優しさではないのかなと思いました。黙っていたのも優しさと春斗を選んで間違いなかったから言う必要ないと思って黙っていたのかなと解釈できるなと思いました。潤平も瞬太も春斗のこと信頼している、尊敬している感じが2話で滲み出ているなと感じました。それにコントのアドブリ部分が潤平と瞬太の春斗に対する本音をぶつけてきたのはとても感動しました。こんな伏線回収ある!?と思いながら今回も素敵な友情関係だと思いました。それに中浜姉妹とマクベスの焼鳥屋でご飯食べているシーンは演技ではなくて素で楽しそうな感じが出てこのドラマ素敵だなと2話にして改めて思いました。次回も楽しみです。

女性 30代
第二話はマクベスが結成された秘話や高校生時代の話がありました。話が進むにつれて、三人の周りにはマクベスの解散を惜しんでいる人がいることがわかりました。私も解散してほしくはありません。三人も心の奥底では解散したくないんだなと感じる場面がたくさんある回でした。春斗は不器用な人間ですぐ臍を曲げてしまいますが、誰よりもマクベスを愛しているし、二人の事を大事に思っています。潤平と瞬太もそんな春斗を必要としています。三人の関係性が好きです。中浜さんは性格上とことんマクベスを突き止めて、瞬太の過去の記事や、潤平のブログを見つける所は少し引きました。

それに突っ込む春斗が笑えます。

最後のコントのシーンで潤平がアドリブを入れてきますが、嬉しかったし泣けそうでした。

三人の秘密にしたい気持ちがわかりました。

そんな三人の友情も必見です。

男性 40代
コントトリオ「マクベス」の解散を決めた春斗が、事務所のマネージャーの楠木から解散を思いとどまるように諭され、その決意が揺らぎ始める様子に人間らしさが感じられました。瞬太にはアルバイト先の店長から正社員の誘いがかかり、順平は里穂子にマクベス結成の秘密を告白するなど、三人三様の変化が解散を決意したとはいえ、未練とほんの数パーセントの可能性を信じたい気持ちが感じられました。コントの小道具の遺書を本物だと解釈した里穂子の心配が、三人の心に秘めた互いへの想いを引き出し、解散という期限を切った三人が残りの時間を動く中で、それぞれの想いが感じられるアドリブの舞台につながったようでした。
女性 40代
マクベス解散まで、残り2ヶ月。第2話では、解散を決めたマクベスの過去の話が盛りだくさんです。春斗と潤平のマクベス結成までの経緯、瞬太の2人との仲良くなったきっかけなどが出てきます。解散を決めてから、少しずつお互いの腹の内を探るようになってしまったマクベス3人。また、潤平が春斗を誘った理由を知った春斗は、潤平と言い合いをしてしまいます。そんな中、瞬太は自殺をするのではないかという伏線があったりして、ちょっとシリアスな回でした。個人的に思わずクスっと笑ってしまったのは、潤平の奈津美への告白シーン。特に、体育館倉庫で告白するシーンは必見です!

第2話『屋上』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

コントが始まる|第3話『奇跡の水』

コントが始まる|3話あらすじ

つむぎ「ウチのお姉ちゃんはヤバい。

それもかなり……」春斗「危うさで言ったらウチの兄貴の方が断然上だ」コント『奇跡の水』。

明転した舞台に現れたのは兄弟を演じる春斗(菅田将暉)と潤平(仲野太賀)、そして謎の男を演じる瞬太(神木隆之介)。

誰が見ても怪しさ全開の水を崇拝する兄とそれを説得する弟をテーマにした、マクベスのとりとめのないコントの『前フリ』が始まる―――。

1年半前、廃人寸前になっている姉・里穂子(有村架純)を自宅で見つけて以来、転がり込んで生活を共にしているつぐみ(古川琴音)。

彼女の最近の心配は、誰も知らない売れないお笑いトリオ『マクベス』になぜどっぷりとハマった里穂子が、彼らの解散発表以来ため息ばかりついていること。

一方、春斗が気にかけているのは、完璧人間だった兄・俊春(毎熊克哉)のこと。

非の打ち所のない順風満帆の人生を歩んできた兄だが、突然人生に挫折。

今では実家の部屋に引きこもっている。

自分が好きな道に進めたのは、しっかり者の兄がいてくれたから。

春斗は自分も兄を追い込んでしまった一端を担っていると感じていた……。

問題を抱える二つの兄弟関係。

交わるはずのない2組の関係性にはある一つの「秘められた共通性」が存在していた。

孤独に陥りやすい現代にだからこそ届けられる想いが詰まった第3話。

危うい兄弟のお話は、またしても想像をしていなかった笑顔あふれるクライマックスへとつながっていく!
出典:公式サイト

コントが始まる 第3話の感想
男性・30代
中浜姉妹、春斗兄弟それぞれ過去にあったけど少しずつですが、前に進んでいる姿がとても良かったです。特に春斗のお兄ちゃんが春斗、マクベスの心からのファン、どんなにスベってでも面白いと思える関係性は良いなと思いました。お兄ちゃんが外に出ることができたので徐々にお兄ちゃんのやりたいことが見つかれば良いなと思うくらい今回の話は胸アツでした。それに中浜さんの過去も頑張りすぎてしまったからなのかなと思える過去だったけど、つむぎやマクベスのおかげで今があると思うと何だか泣けてしまいます。そんなシーンなのに潤平の足を洗ったタオルを渡すのはここでも笑わせてくれるマクベス最高だと思いましたね。また、瞬太が春斗のお兄ちゃんの引きこもりでシャワー出る時5分もしないで出るのを潤平のソースに例えたり、電話することでドアをノックし続けることが大事などの言葉がとても胸に刺さりました。3話も素敵な話!来週も楽しみです。
女性・20代
中浜さんの過去と春斗兄弟の過去の話が明かされましたね。中浜さんがあんな状態になっていたなんて今の中浜さんからでは想像がつきませんでした。5人でたこ焼きパーティーしている時に自分の過去を話すのは勇気がいったと思うし、何より妹のつむぎが一番安心したでしょうね。マクベルのコントの中で奇跡の水のコントが一番好きな中浜さん。その理由がかつて自分を心配してくれたつむぎの姿に似ているからといった時私も嬉しかったです。春斗兄弟も、春斗のお兄さんは誰よりも春斗を応援していてその優しさに心があったかくなりました。兄弟っていいなと思います。次回は瞬太と潤平の話みたいですね。潤平も酒屋を継がなくていいと母親に言われ人生の岐路にたっていますね。解散しなくてもよくなってきた状況だけど今後どうなるのか次回も楽しみですね。
男性・30代
今回はきょうだいの話でした。奇跡の水のネタを元にした中浜姉妹の話から、ネタ元となった高岩兄弟の話にもなり、きょうだいならではの確執のようなものから、兄弟愛のようなものも垣間見れました。美濃輪の足を洗うという無駄なこだわりのせいで、中浜さんがつまずいてしまった時のことを語り、泣いてしまった時に渡したタオルが、美濃輪の足を拭いたタオルで、それが綺麗か汚いか、それで拭いていいのかと言うので盛り上がった部分がわらえました。その後の、高岩が兄と電話をする部分はとても兄弟らしくてほっこりしました。つむぎと朝吹の関係も少し気になっています。
女性・20代
マクベスを応援する里穂子を心配する妹のつぐみ、優秀な兄へのコンプレックスを抱える春斗とそれぞれの姉妹と兄弟の抱えている関係の共通性とそれぞれの思いが感じられました。いずれも、自分の人生にその都度課せられる課題を黙々とこなし、人に頼ることに罪悪感を感じる真面目な性格が孤独に陥りやすく、その想いを汲み取る周囲の人間の難しさが感じられました。そんな難しい兄弟関係の中、春斗がマクベスの解散の決断を変えようとする姿には、春斗の本心では解散したくない思いと兄への思いが滲んでいるようでした。その一方、春斗の父親が春斗へ向ける言葉の厳しさには、親の子供に対する優しさに感じられました。
男性・30代
コント「奇跡の水」。まさかこれが、春斗の実話をもとにして作られていて、今現在進行形で春斗の家族に大きな影響を与えているとは、衝撃的でした。今回のドラマ中盤では、中原さんの過去の話が描かれていて、ちょっと独特な雰囲気を作り出している原因が浮き彫りになりました。頑張ってもだめだった。頑張らない方がいいのかも。と自分自身と葛藤している中原さんの姿は、心に響くものがありました。その落ちを笑いに変えてしまうのは、さすがマクベス!重たい雰囲気から一転して、楽しい雰囲気になっていたのが印象的でした。最後には春斗の兄が立ち直り、弟を応援する姿が、男兄弟っていいな~と思わせてくれました。
女性・30代
菅田将暉の出ているテレビドラマ、映画に興味と期待があります。カメレオン俳優と言われてるだけあって、様々な役柄を見事にこなしてくれるので、全く別人に見えるところが流石です。また、この所注目している仲野大賀、昔から変わらず好きな神木隆之介。この三人がタッグをくんで番宣してたのが、どれも楽しくドラマへの期待がさらにたかまりました。その他にも、主役級の俳優、女優さんも出ていて、豪華!1話2話と終わり所々、クスッと笑える場面もあったり、じーんとする場面があったりと、いろんな感情が味わえるドラマになっていて、1時間飽きずみられます。1話より2話…どんどん引き込まれそうなドラマの予感がします。
男性・30代
コメディのような明るい作品ではありますが、感動するお話もあって毎回見ごたえがあります。しっかり練られた作品でオチもあるので、コントというよりは落語のような内容ですね。出演者は若手ではありながら演技力に定評のあるキャストばかりなので、安心して見る事が出来ます。一人ひとりのキャラクターも個性的なので、今後どのように展開していくのか期待が止まりません。このコロナ禍に、毎週末の楽しみを作ってくれた事に感謝します。
女性・20代
菅田将暉や有村架純など今が旬の俳優が出演すると聞いて始まる前から期待していましたが1話を観た時点で面白い!早く次が観たい!となりました。お笑いトリオ、マクベスの掛け合いや中浜さんとの会話がテンポが良くどんどん引き込まれていきました。最後にはしっかりと伏線も回収しておりこれからが楽しみなドラマです。また出演している俳優さんそれぞれの演技力の高さが素晴らしく物語の中の人たちがどのように成長していくのかどんな結末になるのかがとても楽しみです。
男性・30代
私が思っていたよりもずっとまともで、お姉ちゃん思いなつむぎを知ることができて、お姉ちゃん想いのつむぎにとても申し訳ない気持ちになりました。春斗のお兄ちゃんと里穂子の過去の話が聞けてから見る「奇跡の水」は最初に見た「奇跡の水」とは違って見えました。真面目だったり優秀だと、逃げ出すことが難しくて気づいた時には一歩も動けなくなるのかも知れませんね。なぜ春斗がお兄ちゃんのことをコントにしたのか、少しだけわかった気がしました。少しずつ距離が縮まる5人のこれからと、ひとまず解散が無くなったマクベスのこれからがますます楽しみです。
第3話『奇跡の水』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

コントが始まる|第4話『捨て猫』

コントが始まる|4話あらすじ
潤平「瞬太は父緒を早くに亡くし、母親とは明らかにうまくいってなかった」里穂子「つむぎは昔から面倒見がいい。

弱ってたり傷ついてる人を放っておけない性格だ」コント『捨て猫』。

ステージに現れる段ボールに入った捨て猫役の春斗(菅田将暉)と、野良猫役の瞬太(神木隆之介)。

マクベスによるとりとめのないコントの前フリが流れて―――。

潤平(仲野太賀)は、高校の担任・真壁(鈴木浩介)を呼び出し、彼女の奈津美(芳根京子)と共に昔話に花を咲かせていた。

その中で、トリオ名「マクベス」の名づけの由来に真壁が関わっているという話になり、高校時代、瞬太(神木隆之介)の車にマクベスの3人と真壁が共に乗った1日のことを想い出す……。

その日は真壁の息子が生まれた日。

なぜか瞬太は生まれたばかりの息子を愛くるしそうに見つめる真壁を見て、涙を流していた―――。

一方、里穂子(有村架純)は自宅で一生懸命に熱帯魚の世話をする妹のつむぎ(古川琴音)を見て、同じく昔のことを思い出す。

姉のことを献身的に支えてくれる今の日々もそうだが、つむぎは昔から面倒見がよく、傷んだ人形で遊んだり、捨て猫を拾ってきたり、とにかく傷ついた存在を放っておけない性格だという―――。

全く交わらない二人の昔話が、現代でまたも数奇に絡み合うことに。

親と子。

傷を持つものと、それを優しく包むもの。

意地と甘え。

様々な相反するものを乗り越えたその時、この物語は奇跡の数十秒を生み出す。

見た後に誰かに優しくしようと思える温かさ溢れる第4話。

お見逃しなく。
出典:公式サイト

コントが始まる 第4話の感想
男性・30代
コント「捨て猫」を見ていたつむぎがマクベスのコントの中で毛色が違うと発言したことに、里穂子が「捨て猫」の台本だけ瞬太が書いていると自慢げに話し、それを聞いたつむぎが春斗や瞬太の個人的な嗜好を知っているか逆に煽る状況にファン心理が感じられました。「捨て猫」の台本が、幼い頃に亡くなった父親や仲の悪い母親との瞬太の関係から書かれた経緯を思わせるようでした。マクベスの解散をめぐり、解散を惜しむ里穂子や春斗の兄の思いを聞き、解散をすべきか否か悩む春斗と潤平に、あっさり解散すべきと話す真壁の経験に基づく助言には、本人らの期待や甘えを包み込んだうえで断言した優しさに思えました。
女性・20代
今回の話の主人公は瞬太でした。いつもニコニコと明るく、マクベスのムードメーカー的存在の瞬太ですが、母親との仲が悪いことが以前から言われていました。自分がすること全てを否定して、自分の欲望の為だけに生きる母親を許せなかった瞬太。高校卒業後はほぼ絶縁状態でしたが、今になって瞬太に母親から頻繁に電話が来るように。ある日、病院から連絡があり、母親がもう長くないと告げられる瞬太。マクベス2人が説得してもだめでしたが、つむぎのおかげで病院に行き、最後に会うことが出来ました。「俺にはマクベスしかなくなった」解散という方向に向かっているようでいて、しかし解散に悩むマクベス。今後、どのように物語が動いていくか、かなり注目です。

男性・30代
私が楽しみに見ているドラマは「コントが始まる」です。なんといっても菅田将暉、有村架純をはじめとする超旬な俳優が出ていることはもちろん、私的に一番楽しみにしていることは古川琴音さんです!ういういしさを少し残しつつ、透明感のある肌と特徴的で癖になる顔つきは演技抜きに必見です。また、ストーリー自体もコント師と恋愛をテーマにしているため、第七世代などをはじめとするお笑い業界の盛り上がりに乗っかったようなところも楽しみにしている人が多いのではないでしょうか?早く3話が見たいです!
女性・30代
現在、この『コントが始まる』を視聴していますが、菅田 将暉率いる3人のトリオのこれからの動きや、笑いがメインかと思いきや、有村 架純との恋愛チックな場面もあり…。今までいろんなドラマを見ていますが、なんとも不思議な感覚に陥るドラマだなと感じました。恋愛関係になっていくのか、それともこのままの独特なストーリーで、感動する場面もありつつ進んでいくのか、これから先のストーリーに、とても期待が高まっています。
男性・30代
メインのキャストがとても豪華で、それだけでも期待がもてるドラマです。今をときめく若手俳優が勢揃いで、演技力がある人ばかりなので楽しみです。特に、仲野太賀さんが好きなので、たくさん出演シーンがあると嬉しいなと思います。漫才トリオをとりまくお話だそうで、芸人としてのお仕事を続ける上での葛藤や、若者ならではの悩みがみられるのではないかなと思っています。菅田将暉さんのインタビューで、コントと現実がリンクしていくと言っていたので、どんなストーリーなのかワクワクします。
女性・20代
題名からすると全くどんなイメージかは検討もつかないですが、菅田将暉さん、有村架純さんなど豪華俳優陣を迎えての内容ですので是非チェックしたいと思っています。このお二人はつい最近も映画で共演したばかりでしたので、映画とは違う2人の感じもドキドキしながら感じたいと思います。予告では群像劇と聞きましたが、売れないお笑い芸人の3人が毎週どんな内容でオチに持っていくのか、感動ものか、笑える系なのかこれまでのドラマではなかったような設定なので想像できないからこその楽しみがあります!
男性・30代
いつも明るい瞬太がお母さんとあんなに仲が悪いのは意外でした。ずっと意地を張っていたらいつその意地を張るのをやめようかわからなくなりますよね。どうしていいのかわからなくなった瞬太でしたが、つむぎの優しさのおかげでお母さんに会いに行けてよかったです。意地を張るのをやめるきっかけがこの時だなんて切なかったですが、最期を看取れたのは親孝行だったと思います。悲しいはずなのに温かい涙が出るからこのドラマは不思議です。つむぎが作ったミートソースにたっぷりと粉チーズをかけて幸せそうに食べる瞬太の笑顔が見れたのも、やっぱりつむぎの優しさのおかげでしたね。
女性・20代
瞬太はお母さんから逃げるように生きていたけど、お母さんを許す時間、やり直す時間をくれよという一言を聞いて、口ではああ言っていたけど、お母さんともう一度向き合っていこうと思っていたんだと思うと不意に涙が出てきました。最後に看取れて瞬太もお母さんもお互い的に良かったと思いました。瞬太の居場所はマクベスしかなくなってしまったけど、恩師にも解散するべきと言われてこれからの3人はどうなってしまうのかな…と思いました。それに瞬太の本当の好きなものがお母さんが良く作っていたミートソースなのを見て、何だかんだお母さんのことが好きなんだなと思ってしまいました。小さな反抗期ってやつですかね。それにつむぎの他人を救う能力はあって良かったなと思いました。おかげで瞬太もきっと救われていると思いました。毎話号泣ものですが、今回も泣いてしまう程素敵なお話で、来週もどんな将来像が見えるのか楽しみです。

男性・30代
今回は瞬太の回でした。瞬太は明るい性格で皆を支えてる感じがあったけどお母さんと縁を切っていたんですね。お母さんがもうやまだと病院から連絡がきて、二人から病院に行けと言われたけど行かないと言ってアパートを飛び出した瞬太。つむぎに助けを求めて連絡します。つむぎの一言で瞬太は病院へ行くことを決めたみたいですがつむぎは人の気持ちを変える何かを持ってるんでしょうね。春斗と潤平は元担任の先生にマクベスの解散の相談しますが、返ってきた返事は「解散したほうがいいと思うぞ」でした。二人はたぶん解散するな!と言われるのを待ってたんでしょうね。私もそう言うと思ってました。

けどそこは人生の先輩。

納得できる言葉でした。

マクベスもどうなっていくんでしょうね。

つむぎと瞬太もくっついてほしい!二人の関係が好きです。

瞬太の酔った時に食べる物がミートスパゲティで良かった。

お母さんとの思い出を大切にしてるんでしょうね。

女性・20代
今回は朝吹の母に関する話でした。マクベスが真壁先生からついたもので、奈津美が考えたものだと発覚しました。そして相変わらずつむぎはよくできる子だし、燃え尽き症候群になってしまったとこから、元々はかなり真面目な子なんだろうなと思いました。母と折り合いの悪い朝吹は、母の危篤に美濃輪と高岩が向かうように伝えても刃向かって家を出たけど、つぐみが「文句言ってやれば」と言ってい向かわせたとこはさすがだと思いました。松田ゆう姫さんのママ役が個人的に気に入ってます。最後は懐かしい車でドライブをするマクベスの、変な友情みたいなものが面白くもあり、もどかしくもある話でもあると思いました。
第4話『捨て猫』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

コントが始まる|第5話『カラオケボックス』

コントが始まる|5話あらすじ

つむぎ「努力してなんにも結果が出なかったときのことばかり想像して、一歩も動けなくなった……」瞬太「ボクが「マクベス」に入れて貰ってからの5年間は、楽しい思い出ばかりだった……」コント『カラオケボックス』。

ステージに現れる中年カップル役の瞬太(神木隆之介)と潤平(仲野太賀)。

そして、カラオケ店員役の春斗(菅田将暉)。

制限時間を告げる店員の前で、中年カップルは『延長』をめぐって揉めだして……。

マクベスによるとりとめのないコントの『前フリ』が始まる―――。

里穂子(有村架純)と共に生活をし始めてから1年半の月日が流れたつむぎ(古川琴音)。

今流れる時間に不満はなくとも、このまま姉の家に居座り、横で世話をし続ける日々に疑問を感じ始める。

しかし、変えなくてはいけない現状を理解しつつも、何かの一歩を踏み出すことに恐怖に似た感情を持つつむぎ。

―――その横には無邪気な顔で夢を追いかけ続けるように見える瞬太が居た。

一方の瞬太は自身がプロゲーマーを引退し、春斗や潤平と共にマクベスとして活動を始めてからの煌めくような日々を思い返していた。

だが、少しずつ今の自分たちの姿はその時から「変化」を持ち始めていることにはずっと気付いていて……。

20代後半。

それは一つの決断の瞬間でもある。

様々な現実と夢との境界線。

「変わる」ということには勇気とそして恐怖が伴うことは分かっている。

マクベスと中浜姉妹、それぞれの現状を維持すべく「延長」を続けた果てにこの日下す決断とは!?5人の生き様が大きくうごめき始める始める必見の第5話。

一度でも夢を目指したことのある人、夢を抱いたことのある人、そして誰かと大切な時間を過ごした経験のある全ての人に突き刺さる、共感の物語が今始まる。
出典:公式サイト

コントが始まる|第5話『カラオケボックス』の感想

男性 20代

困っている人を放っておけないつむぎは優しい人だと思っていましたが、つむぎはそんな自分を決して優しい訳じゃないと言っていたのを聞いて、つむぎもまた自分の今の生き方を悩んでるのかもと思いました。

麻雀大好きなファミレスの店長の光代が里穂子にかけてくれた言葉は私の心にも響きました。

悠馬と再会した春斗の姿にマクベスとしてやってきたプライドを感じました。

でもプライドや夢だけではどうにもならないことがあるという、厳しい現実を目の当たりにして胸が苦しくなりました。

当初の予定通り解散することになったと瞬太のナレーションを聞いて、解散しないかもという一筋の希望を持っていた里穂子の顔が私の頭をよぎりました。

コント「カラオケボックス」の春斗の「やめることが全てネガティブなことじゃない」という台詞を聞いて、解散も前向きに考えるべきだと頭では思いましたが、やっぱりどうしても寂しいです。

女性 30代

本音ではマクベスの解散延長を望む瞬太がプロゲーマーを引退しこれまでの時間を思い返す回想シーンには、良き思い出のみが溢れているものの、その反面、少しずつ変わりながら日々を送ってきたことを再認識する姿も気付いているように思えました。

そんな瞬太とゲームセンターで行動を共にする里穂子は、会社を辞め廃人のような生活を送っていた姉の世話をしながらの生活が一年半経過し、今後自分がどうするのか悩みを浮かべる表情に思えました。

学生から社会人となり数年の経験を経た時、誰しもが感じる現実への不満や将来の不安から、転身を図るのか、現状をいかに継続するのか、決断に対するそれぞれの登場人物が感じる恐怖が共感できました。

男性 40代

豪華キャストの共演が楽しみです。

また主人公3人がお笑い芸人というあまり類を見ない新しい設定のドラマなので、内容がどう展開するのかも楽しみです。

花束みたいな恋をしたに続く、菅田将暉と有村架純の共演も期待しています。

最近になって大ヒットしている俳優の仲野太賀を起用しているところにも注目しています。

菅田将暉、仲野太賀、神木隆之介、有村架純、古川琴音といった超豪華な俳優陣が出演しているという事と、ストーリーに期待。

女性 20代

映画やドラマで主役級の注目若手俳優5人が、1つの作品を作り上げるとどのような化学反応を起こすのかがとても楽しみです。

内容もよくある恋愛ドラマや青春ドラマではなく、売れないお笑い芸人という今までになかった内容なのが面白そうだと思います。

菅田将暉さんの演技には特に注目で、かっこいいだけではなく、ミステリアスな一面もでてきそうです。

また、他の俳優の方達も豪華なのに素朴なストーリーというところに期待します。

男性 30代

コントが始まるは皆さん知っている役者さんで、菅田将暉さんと有村架純さんが特に大好きなので、花束みたいな恋をした続き、またみられてうれしいコンビです。

2話まで見ただけですが、とても面白いのになぜか感動して、涙が出てきました。

すごく引き込まれるドラマで毎週楽しみにしています。

普段リアルタイムでドラマを見ないのですが、今回は最後までリアルタイムで絶対に見ます。

最近のドラマがこんなに面白いと感じたのは久しぶりで、とても嬉しいです。

女性 40代

今をときめく人気俳優が多数出演されており、映画「花束みたいな恋をした」で話題になった菅田将暉と有村架純がこのドラマでも共演しているところがとても魅力的だと思います。

一見、コメディドラマのように見えますが、若者の生き様を描いた群像劇で、心に響くシーンも多々あるようです。

人生を「コント(喜劇)」と例え、これからどのような世界観を繰り広げ、このドラマを見ている人達にどのような影響を与えてくれるのか要チェックしていきたいと思います。

男性・30代
悩みに悩んで解散はしないのかなと思っていたけど、まさか解散の決断をしてしまうとは…と思ってしまいました。ただ、今回の春斗の同級生からのお情けや潤平の周りの意見に流されてしまうなど彼らなりの葛藤だからこそなんだろうなと思いました。5話まで通して思うことはよく春斗と潤平は衝突し合うシーンをよく見かけますが、お笑いに対して本気でぶつかってきた上での衝突だから、潤平の自分の意見はないと言っていますが、お笑いに対しては自分の意見がちゃんとあるんだなと思いました。瞬太も春斗と潤平が好きなんだなと5話で改めて思いました。寝る場所争奪戦で一番最初に真ん中を二人に話しかけられるという理由で選ぶところが愛おしいなと思いました。それに話しかけても反応ないと寂しいと思うところも可愛いし、マクベスが好きだと思う気持ちが一番に伝わってきました。中浜姉妹も解散発言でみんなどうなっていくのか、来週まで待ち遠しいです。
女性・20代
マクベスが、遂に解散を決定しました。解散まで残り後1ヶ月。前回までの内容では、解散と決めたものの、本当に解散するかを迷っていたマクベス3人でしたが、今回の話で、遂に解散を決意しました。きっかけは、潤平のバイト先に高校の後輩が来て、売れていないという現実を改めて感じてしまった潤平と、奈津美の高校の元彼がマクベスに、自分のビジネス関係でのイベントで仕事を依頼し、春斗がその話を聞きに行ったのがきっかけでした。春斗は、奈津美の元彼がお情けで仕事をくれたと感じ、その仕事を断りました。その2つが原因で、コントの練習に身が入らない潤平。そしていつものファミレスで口論になりそのまま解散を決めました。来週からは「解散」に向けて動き出すマクベスに注目です。

男性・30代
今回はマクベスの解散について考える話でした。コントのカラオケも、今日で閉店だけど、閉じたかった、という理由で、マクベスはなんだかんだで宣言通りに解散の道を選ぶことになりましたが、そこに行きあたるまでの過去の経験や、3人の気持ちの行き違いなのかぶつかり合いがあり、コントと同じような結末になったように感じました。中浜さんの例え話が、例えてるのかどうなのかよく分かりませんでしたが、確かに話は長かった気はしています。そしてつぐみが部屋を出ていくと聞いた浜中さんは自立できるのか。解散までのマクベスと、ひとりになってしまう浜中さんの今後が気になります。
女性・20代
今回は皆が決断する回でした。芸人としての苦悩を味わってきた3人ですが、けどどこか楽しそうで芸人を好きでやってるというのがずっと伝わっていました。しかしいろいろな事がきっかけで春斗と潤平が言い合いになってしまい解散することが決まりました。瞬太はずっと二人の間に入って二人をなだめていましたがとうとうここまできたらダメだと思ってしまったんでしょうね。つむぎも姉から離れる決断をして部屋を借りました。マクベスと中浜姉妹の解散という衝撃な回になってしまいました。残り一ヶ月の間にまた5人に変化が起こることを期待したいと思います。やっぱり解散してほしくないです!

第5話『カラオケボックス』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

コントが始まる|第6話『金の斧銀の斧』

コントが始まる|6話あらすじ

春斗「潤平がこの10年間変わらずに信じ続けた物を一つでも成就させてやりたかった……」コント『金の斧銀の斧』。

ステージに現れるきこり役の春斗(菅田将暉)とその弟子を演じる潤平(仲野太賀)。

チェーンソーを池に落としてしまった潤平の前に、女神役の瞬太(神木隆之介)が登場して……。

マクベスによるとりとめのないコントの『前フリ』が始まる―――。

正式に解散が決まり、残された日々を過ごすマクベス。

実家の酒屋を継ぐ決心をした潤平は、高校時代から付き合っている恋人・奈津美(芳根京子)との関係に人知れず閉塞感を感じ始めていた。

もともとは奈津美を笑わせたい一心で始めたお笑いだったが、マクベスが解散する今、大企業で働いていて自分とは不釣り合いな奈津美との関係も終わらせるべきなのか……。

一方の奈津美もまた、芸人を辞めた後の潤平をどう受け止めていいのか悩んでいて……。

マクベスという柱を失い、二人の関係は未来が見えなくなり始めていた。

そして、マクベスを心の支えにして来た里穂子(有村架純)もまた、これから進むべき28歳以降の未来について、人生の岐路に立たされる。

それは、これから里穂子の家を出て行くつむぎ(古川琴音)と、マクベス以外の生き方を知らない春斗も同じで……。

努力が報われなかったかもしれない人生。

それでも変わらずに信じていいものは心の中にきっとあるはず。

「未来」が見えなくても、「今」が俯く状況でも、それでも「今日」できること、「今日」の幸せは絶対にある。

見た人が少しだけ前を向けるように、そっと背中を押される第6話。

暖かな胸の高鳴りがここにある。

出典:公式サイト

コントが始まる|第6話『金の斧銀の斧』の感想

男性 20代

奈津美が潤平とつき合うことになったきっかけが素敵過ぎて感動しました。

マクベスが解散することで心が揺れていたのは、マクベスの3人だけじゃなく、その3人と共に生きてきた人たちの心も揺らしていたのだと思いました。

里穂子の家で潤平にサプライズをする奈津美の可愛さがたまりませんでした。

あんなにお互いを大切に思いあえるって、本当に素敵だと思いました。

サプライズをナイスアシストした里穂子が嬉しそうでよかったです。

そのサプライズの盛り上がりの中で、さりげなく「里穂子」と呼ぶ瞬太と潤平、その流れで呼べない春斗がたまらなくよかったです。

マクベスの3人はやっぱり最高です。

それにしてもコント「金の斧銀の斧」の瞬太のメガ美が可愛い過ぎて衝撃でした。

女性 30代

十年間続けてきたマクベスを解散すべきか、否か、本人たちが悩んでいたのと同様、ファン代表のような気持ちで応援してきた里穂子と潤平が高校時代から付き合ってきた恋人の奈津美もまた、三人の将来と関係性に悩み続けていた姿が印象的でした。

十年前にマクベスが結成された聖地のような中華料理店でテーブルについた里穂子の興奮気味の態度、その一方、解散の意向を知らされ、見守ると言ったもののホッとした気持ちの存在に気づく奈津美の対照的な心理状態が、冒頭でマクベスの演じたコント「金の斧銀の斧」にも通じているようでした。

「努力は必ず報われる」という言葉はあるものの、現実には中々報われる人は少なく、挫折感を味わいながら人生の時を進める人の切なさが感じられました。

男性 40代

マクベス解散、と同時にこの2人も別れてしまうのか…??と心配されていた潤平と奈津美。

高校時代、潤平は、自分を笑わせてくれるから付き合ってくれたと思っていましたが、奈津美は、自分の事を真剣に考えくれ、尚且つ人望がある潤平を好きになったと春斗から聞かされます。

春斗は2人の仲を取り持つ為に一肌脱ぎ、めでたく、2人はお互いの必要性を再確認し、結婚へと歩み始めました。

一方で、マクベスを解散した後、自分には目標も何もないと痛感し、1人悩む春斗。

ラストでは、そんな春斗と、酔っ払って公園のブランコにいた里穂子が就職や人生の目標について話をしていました。

この2人は今後の展開があるのか…!?

女性 20代

1993年生まれの菅田将暉・神木隆之介・仲野太賀が演じる春斗、俊太、潤平3人が「マクベス」として活動していくなかで10年という節目に当たりリアルな悩み葛藤等、ぶつかりあいながらどんな展開が待っているか、彼等の等身大の演技楽しみです。

高校時代を共にした、当時のエピソード話も沢山組み込まれているのでろうか?

隣のマンションに住む里穂子が「マクベス」を神のように崇める有村架純さんの表情豊かな演技面白そう。

春斗と次第に親しくなっていく里穂子との交流に「マクベス」の心境の変化、どう変わっていくか期待しています。

男性 30代

キャストが発表された時に、若手実力派の俳優さんたちが複数出ているので、ストーリーよりも演技を見るのが楽しみだと思いました。

特に仲野太賀さん、古川琴音さんが気になっていて、二人が出演するのであればぜひみたいと思いました。

ストーリーは、毎回コントから始まり、その伏線を回収しながら進むもので、一話を最後まで見て納得感のあるもので、これまでにはないドラマとなっていると思います。

その中で、20代の人生への葛藤や恋愛のもどかしさが描かれていて、心が洗われます。

これからも楽しみです。

女性 40代

高校時代に出会った3人がコントを始めて10年の節目を迎え、まだまだ売れっ子にはなれない。菅田将暉さん、仲野太賀さん、神木隆之介さんと旬な俳優さんをキャスティングして、その3人の遣り取りも楽しい。

コントの作品の打ち合わせの時に、ファミレスで働いていた有村架純さんと出会い、今後古川琴音さんも交えて、どんな人生の選択をしていくのか楽しみです。

いつ、何がきっかけでブレイクするかわからない世界。

諦める時期が難しい芸能の世界。

頑張れば報われる世界でもない。

そんな厳しい世界での人生の選択に期待しています。

男性・30代
物語序盤のマクベスと中浜姉妹の絡みが超絶面白く、何度でも観れるシーンだなと思いました。中浜さんのマクベスに対する熱いファンであるということが改めて知ることができました。今回、潤平と奈津美は別れちゃうのかなと不安に思っていましたが、別れなくて良かったし、お互いなくてはいけない存在だから何があっても二人はちゃんと結婚してほしいと更に強い気持ちになったなと思いました。それに潤平と付き合った時の海辺でのシーンは普通の人なら何これと思ってしまうけど、潤平だからこそ潤平にしかできないことだから特別嬉しく感じるんだろうなと思いました。バカだけどこんな風に愛してくれる、面白くしてくれるのは潤平しかいないと確信できるくらいでした。また、帰り際の奈津美が潤平の後を付いていくのが今回のコントにあったルンバだと最後に気付いた時はここにも伏線回収あったのかと感激してしまいました。今回も安定の面白さでした。
男性 30代
解散を決めたマクベスと、マクベスの解散とつむぎの転居をしっかり受け入れられていない様子の中浜さんでしたが、マクベスとの距離が近づいてテンションは上がってました。相関図でフルネーム記載はありましたが、里穂子なのも今回初めて知ったような気がします。今回は美濃輪がメイン目の話でした。店を継ぐと決めて、奈津美と今後どうするか、と、本人も迷っていた中、高岩が洗われ、723のナンバープレートの写真を撮りまくった過去の話とか、ちょっと引きましたが、中浜さん達も含めた美濃輪ドッキリも成功して、ようやく奈津美と先に進めそうな、少し幸せな話に思えました。
第6話『金の斧銀の斧』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

コントが始まる|第7話『無人島』

コントが始まる|7話あらすじ

里穂子「生きることが苦しかった時、春斗さんが手がける温かいコントに人生を支えて貰った……」瞬太「1ヶ月後に『マクベス』を解散したあとも……これまでと変わらない関係でいられるんだろうか?」コント『無人島』。

明転したステージに現れたのは、無人島で目を覚ました男たちを演じる春斗(菅田将暉)、瞬太(神木隆之介)、潤平(仲野太賀)。

3人には一人一つずつ持ち物が支給されているはずだったが……。

マクベスによるとりとめのないコントの『前フリ』が始まる―――。

マクベスの解散まで1ヶ月。

酔って公園で春斗に大絡みしてしまった里穂子(有村架純)は謝罪をすべくマクベスのマンションを訪れていた。

しかし、春斗は面倒臭がって取り合うことをせず……。

里穂子が深酒をしてしまったのは恩田(明日海りお)に中途採用の話を断った後にしたある話がきっかけになっていた。

そんな里穂子が抱える悩みに勘付いた潤平は奈津美(芳根京子)と共にファミレスを訪れ、奈津美の知り合いの転職エージェントへの紹介話を持ち出す。

未だ次へ進むことに勇気が出せない里穂子だったが、春斗が自分を「里穂子先輩」と呼んでくれたことを思い出し―――。

一方、引っ越し先の家具を選ぶため瞬太と共にインテリアショップに訪れたつむぎ(古川琴音)。

だが、些細なことから二人の間で喧嘩が勃発。

兄妹のようだと公言していた二人の関係にも変化が訪れようとしていた。

これまで積み重ねた時間。

離れがたきその思い出たちとも「別れ」なくてはならない時はくる。

これから訪れる変化に怖気付きながらも、勇気を出して前に進もうとする若者たち。

それぞれの人生が動き出す音が聞こえる第7話。

ワケも分からないのに、こみ上げてくる涙が人生にはある。

これはそんなひと時のお話。

出典:公式サイト

コントが始まる|第7話『無人島』の感想

男性 20代

つむぎの気持ちに全然気づけてなかった瞬太の、不器用なサプライズに胸がキュンとしました。

寂しいけど確実に別れの時が近づいていることに、笑うところもいっぱいありましたが、やっぱり胸が苦しくなってしまう第7話でした。

瞬太の愛車を3人で洗車しながら、春斗がこの車が4人目のマクベスだと涙するシーンがよかったです。

前みたいになるんじゃないかと大きな不安を抱えながらも、前向きに進もうとする里穂子の背中をを押しているのはマクベスの存在だと思います。

マクベスの3人がもうあの車に乗る姿が見れないのかと思うと寂しくてたまりません。

女性 30代

今回一番良かったのは瞬太につむぎの思いが伝わったことです。

二人にも変化があり、ソファーを選ぶ所で言い合いになって喧嘩をしてしまいます。

つむぎは頑なに瞬太からの連絡を無視しますが、何もなかったように連絡してくる瞬太にイライラしてしまいます。

つむぎがサプライズ好きとわかったのでメッセージを送ります。

最初意味がわからなかったけどソファーの色のメッセージでしたね。

とにかく二人がくっついて良かったです。

次はそれぞれが新たな道を歩き始める内容みたいですね。

春斗と里穂子もどうなるのか楽しみです。

男性 40代

生きることに苦しんでいた時期をマクベスのコントに救われた里穂子が解散した後の身の振り方を悩む春斗に今度は自分が何とかして範をしめそうと転職先を探し、つむぎは引越し先の家具選びをしながら瞬太との関係性の変化に悩み、転機が近づいているそれぞれの二十代中盤から後半にかけての人々の先の見えない怖さと変わろうとする勇気が感じられました。

そんなマクベスのメンバーが直面する現状とリンクしたような冒頭のコント「無人島」の状況は極端なシチュエーションではあるものの、多くの物と人に囲まれた都会の中でそれまでとは違う生き方を選ぶことは、ある意味「無人島」で生き抜くより難しさがあるのかもしれないと感じさせました。

女性 20代

先週、酔っ払って春斗に絡んでしまったことを詫びにアパートに来た里穂子。

そこから、春斗はマクベス解散後の不安を少し明確に持ち始め、里穂子は、その事をきっかけに本格的に転職しようと動き始めます。

一方で実家の酒屋を継ぐことを決めた潤平ですが、退院した父親から「継ぎたいならおまえの本気を見せろ」と言われてなかなかスムーズに家業へとシフトは出来ない模様。

そして今回、あの2人に遂に動きが!!引っ越しの家具を一緒に見に来たつむぎと瞬太。

どのソファが良い?という些細な事から険悪なムードになってしまった2人。

瞬太はつむぎがいないときにスナックを訪れ、そのことをママ達に話し、つむぎが自分を好きであると知らされる。

そして、瞬太が得意のゲームでの粋なやり方でつむぎに連絡し、そこから、見事想いが通じた2人。

つむぎと瞬太のこれからはどうなる?そして、里穂子は転職できるのか…!?

男性 30代

春斗(菅田将暉さん)、瞬太(神木隆之介さん)、潤平(中野太賀さん)のお笑いコントトリオ『マクベス』が今後どうなっていくか楽しみです。

20代を生き抜く中のエネルギーや悩み、人の温かさを感じながら今を生きていく姿を見せてくれます。

3人がこれからどうなっていくのか期待です。

キラキラな人生ではないけど、日常の中にある幸せや夢を追いながら歩んでいくことの価値に気づかせてくれる作品に期待です。

女性 40代

まず一番の期待は豪華なキャストだと思います。

菅田将暉、仲野太賀、神木隆之介の三人が売れないお笑いトリオに扮し有村架純、古川琴音がヒロインで出演しているだけでも期待が高まります。

売れない3人はどのようなコントをみせてくれるのかそして最終的にどのような結末をたどるのか?

またヒロインとの絡みはどのような展開が起こるのか?果たして恋愛に発展するのか?

いずれにしても演技にも定評があり鉄板のキャストが出演しているこのドラマは期待しかありません。

男性 30代
前回、中浜さんが酔ってまた面白いことになってたことをマクベスのほかのメンバーが知ってる様子に「かなり細かく話したんですね」って言うのに少し笑いました。今回は若干、つむぎと朝吹よりの話のようでした。好きな気持ちが行き違って、少しギクシャクしてしまった場面もありましたが、まさか最後にそんなことになるとは。今回もほっこりな仕上がりでしたが、そうなると自分には何もないと思っている中浜さんと高岩が残ってしまうわけで。残ったからくっつけという訳では無いけど、何となくそうなるのか、もしくは何も無いもの同士、すれ違っていくのか。少し気になってしまいます。

女性 20代
春斗を匿う潤平たちや車の洗車をしながら思い出話に浸りながらも楽しそうにしたりするマクベスを見ているとやっぱり解散してほしくないし、この三人の絡みが少なくなっていくのかなと少し寂しい気持ちになりました。それに春斗の車に対して泣いてしまう姿を見てこっちまで胸が熱くなりました。解散までの余韻を楽しんでいる中、つむぎと瞬太がキスをしてしまうとは衝撃的展開でした。つむぎがそれとなく瞬太のことが好きなの分かっていましたが、そういう仲になるとは予想もしていなかったので何だか嬉しくなりました。お似合いカップルなので祝福したいです。それに中浜さんも少し将来への1歩を進んでいっているみたいなのでそれぞれ少しずつでいいから自分のやりたいこと、後悔しないことに進んでいってほしいなと思いました。

春斗たちもきっと解散しても芸人やってたことを後悔しないはずなのでそれぞれ頑張ってほしいと思える回でした。

第7話『無人島』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

コントが始まる|第8話『ファミレス』

コントが始まる|8話あらすじ

楠木「『マクベス』と共に、青春時代に戻ったような熱い時間を過ごした……」つむぎ「ワタシがお姉ちゃんを助けに来たはずなのに……本当の意味で助けられたのはワタシの方だった」コント『ファミレス』。

明転したステージに現れたのは、ファミレスでフルーツパフェを注文した客役の春斗(菅田将暉)。

なぜかパフェからは苦手なバナナが勝手に抜かれていて……。

ウェイトレス役の瞬太(神木隆之介)と胡散臭い店員役の潤平(仲野太賀)が加わり、マクベスによるとりとめのないコントの『前フリ』が始まる―――。

その日、久々に瞬太が働く焼き鳥屋を訪れたマクベスのマネージャー・楠木(中村倫也)は、5年前初めて『マクベス』に会ってから、懸命に3人の売り込みをしてきた日々を振り返っていた。

コントの構成やネタの選定に至るまで、マクベスと共に必死に過ごしたその時間は楠木にとっても掛け替えのないもので……。

しかしそんな日々も、時を重ねるうちに色褪せ、3人との距離は、徐々に広がっていた。

一方、つむぎ(古川琴音)が瞬太と付き合っていることをマクベスの3人から聞いた里穂子(有村架純)は、つむぎの引っ越しを間近に控え、些細な言い合いから冷戦状態に突入してしまう。

そんな中、つむぎが働くスナックには楠木がやってくる。

なぜか楠木に名刺をくれるようにと頼むつむぎ。それは姉からのある一言がきっかけとなった行動なのだが……。

そして、未だ『マクベス』後の道を何も見つけられない春斗は解散ライブに向け、新たなネタを考えていた。

ファミレスで一人、思考を巡らしていると何気ない一言が気になりノートに一行、ある題名を書き込む。

そして、酒屋を継ぐため実家に帰る日が多くなった潤平は弓子(木村文乃)ら家族と跡継ぎに対する現実と立ち向かうことになる。

そして物語は終盤、残り少なくなったファミレスでのネタ打合せの場所となり……。

誰かを支えるということ。

それは、自分自身が支えられることでもあって……。

わたしたちの頑張りは絶対に誰かにとっての大事な人生の兆しになっている―――。

そんな身近な人の大切な関わりに涙する第8話。

出典:公式サイト

コントが始まる|第8話『ファミレス』の感想

男性 20代

今どきな雰囲気のつむぎだと思っていましたが、楠木との面接で野球部のマネージャー時代の話を聞いての芯の強さを知りました。

楠木がポツリとつぶやいた「いいマネージャーだったんだね」という言葉に、自分はいいマネージャーではなかったという後悔が見えた気がしました。

周りが着々と動き始めている中で、マクベス解散後のことを何も決めていない春斗が、今どんな気持ちなのかがとても気になりました。

楠木と春斗が似ていると言った里穂子にとても共感できました。

ファミレスでいつものようにネタ合わせする3人が、楠木は4人目マクベスだと話すのを聞いてなんだか胸がジーンとしました。

そしてつむぎの里穂子への感謝の気持ちにも胸がジーンとしました。

つむぎが作ってくれたおかず美味しそうでした。

女性 30代

解散ライブが近づく中、解散後の準備をする瞬太と潤平、そして台本作りに頭を捻る春斗の三人のそれぞれの姿を確認するかのように見守るマネージャー楠木の様子は、子供を見守る親のようにも、三人と一緒に戦ってきた戦友のようにも感じられました。

そして、1ファンとしてマクベスを見守っていた里穂子もつむぎと瞬太の関係を聞き動揺し、マクベスの解散ライブを心配する姿が滑稽にもみえました。

結果的には売れずに解散するマクベスの三人が必死で夢を追いかけてきた姿に救われた里穂子、支えようとしたマネージャーの楠木、梨穂子を支えたつむぎ、それぞれの人同士の支え合いが感じられました。

また、潤平が家業の酒屋の仕事を手伝う姿には、父親に対するさまざまな思いと覚悟が感じられ、少しずつ見方の変化が父親の眼から読み取れました。

男性 40代

マクベスが解散に向けて動き出し、潤平は実家の酒屋を継ぐために動き出し、そしてつむぎも里穂子との共同生活を終わらせる為に動き出す。

今回はそれぞれが自分の人生に向けて動き出す、そんな回でした。

そして、マネージャーの楠木との出会いが明らかになった回でもありました。

4人目のマクベス。

そう言えるほどに楠木もマクベスと真剣に向き合い、彼らを応援しようと必死に売り込みをし、ネタを見てあげている姿がとても印象的でした。

一方でつむぎは、里穂子からの助言を信じ、楠木に面接をしてもらい、マクベスが所属している事務所のマネージャーの仕事に就くことに。

これから、それぞれの未来がどう動くか楽しみです。

女性 20代

菅田将暉と有村架純は、映画でも共演していたので、恋愛ドラマかと思いきや、まんまとひっかかりました。

また題名からのコメディ路線以上に、毎回感動させられることが多いです。

今後は、菅田将暉たちのマクベスというグループと、有村架純はじめ周りがどのように関わって、マクベスが解散するのか、はたまたうまく売れ出していくのかが見どころです。

そして、彼らの恋愛の行く末も楽しみです。

毎回ゲストが登場しますし、どんな感動エピソードが隠れているか、それも楽しみにしています。

男性 30代

菅田さん、仲野さん、神木さん、有村さん、古川さんと、今注目の俳優陣を揃えて挑むドリームストーリーです。

コントをする高校時代の仲間3人が、夢を追いかけて10年、岐路に立たされています。

いつ?何がキッカケになって売れるか、わからない芸人の世界で夢を追いかけている特別な存在でいることができるか?そして、そんなまだ売れていない解散間近の3人を応援している姉と、その姉が自暴自棄になっていた時に心配して同居を始めた妹の姉妹。

そして仲野さんの彼女の芳根さん、6人それぞれの想いと、未来が楽しみな今後に期待です。

女性 40代

主役級の若手人気俳優が勢ぞろいしているので、見ているだけで、わくわくする。

また、それぞれが抱えている問題や悩みなどは、現代人に多い事で、親近感も沸く内容になっていると思う。

たまに友情出演で出てくる俳優さんも有名な人ばかりなので、これからもいろいろな人が出演されのではないかと楽しみにしています。

また、三人にコントが有名になるのか、有村架純が傷を乗り越えて就職するのか、それぞれの今後の成長も楽しみがドラマです。

男性 30代
つむぎとぎくしゃくしたまま離れてしまった中浜さん。そして、実家を継ぐことを決めた美濃輪は、何故か父から受け入れられず、小言ばかり言われてしまう展開。流石の姉も父に意見しましたが、美濃輪は文句言わずに真摯に受け止めていて、営業もきっちりかけていた姿がじーんときました。そして、つむぎが中浜さんの留守中にに何日か分のご飯を作って帰っていたという、なんだかほっこりなシーンもありましたが、泣きながら「美味しいよぉ」と食べる中浜さんにもらい泣きしてしまいました。たった二人のきょうだいなんだから、とはいえ、上手くいかないこともありますが、歩み寄ることの大切さを感じました。
女性 20代
楠さんはマクベスの為に全身全霊尽くしてきたいいマネージャーでマクベスは楠さんあってこそのマクベスだったんだなと改めて思う回で今回も素敵でした。前話では車が4人目のマクベスだって言っていたけど、楠さんが正真正銘のマクベス4人目で本当に良かったと思います。マクベスが全然人気が出なくても一生懸命マクベスの為に頑張っている姿を見るとマネージャーという仕事だけじゃなくマクベスの事が好きだからこその仕事をしている気がしました。それに中浜姉妹もお互いに助けられている存在だと思っているのは素敵な姉妹像で良いなと思いました。特につむぎの就職しようと思ったきっかけが中浜さんというのは何だかんだお姉ちゃんの事が好きなんだって伝わってきて今回も思わず泣いてしまいました。今回も変わらず良い回でしたが、中浜さんが就職したいと思える些細なきっかけには共感できるので、私も進路間違っていなかったんだと思わされました。

男性 20代
ファミレスというマクベスのコントから始まりました。まず内容より真っ先に神木隆之介のウェイトレスの女装が可愛すぎてビックリしました。今回はマクベスのマネージャー楠木とマクベスの出会いの話もありました。朝までマクベスのネタ合わせに付き合ったり、意見や助言をしたり、楠木もまたマクベスを大切にしてきた一人でしたね。つむぎと瞬太が付き合っていることを知った里穂子はつむぎに怒ります。つむぎが引っ越すまで気まずい毎日を送っていきます。

つむぎは里穂子に言われたおかげでやりたい仕事が見つかり面接を受けます。

それはマクベスが所属していた芸能事務所のマネージャーでした。

楠木から聞いた里穂子は怒りますが、そこにつむぎからの手紙が届きます。

今までの感謝の気持ちと救われたのは自分だったという手紙の内容が私は嬉しかったです。

里穂子のぽっかり空いてしまった気持ちを埋めれたと思います。

やっぱり姉妹っていいなぁと思いました。

第8話『ファミレス』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

コントが始まる|第9話『結婚の挨拶』

コントが始まる|9話あらすじ

潤平「オレが現実の嫌なことから目をそむけ、好き勝手することで……全ての面倒な責任を背負ってきたのは春斗だった」瞬太「苦しい時間は長く感じるのに、楽しい時間ほどあっという間に過ぎしてまうのはどうしてなんだろう……」コント『結婚の挨拶』。

明転したステージに現れたのは、プロレス実況役の春斗(菅田将暉)。

そこに、チャラい若者役の瞬太(神木隆之介)と、頑固オヤジ役の潤平(仲野太賀)が登場、コタツを囲む。

春斗が実況する中、雲行き怪しい結婚の挨拶は「娘さんと結婚したいんすけど」という瞬太の一言で火蓋が切られるが……。

マクベスによるとりとめのないコントの『前フリ』が始まる―――。

無事に里穂子(有村架純)の就職先が決まり、奈津美(芳根京子)とともにマクベス開幕の聖地「ポンペイ」にて就職祝いをするマクベスの3人。

その会話の中で、奈津美の実家への挨拶のことを尋ねられる潤平。

そんな潤平にはずっと心のシコリになっていることがあった。

それは、奈津美の元彼氏であり、現在新進気鋭の実業家として活躍している小林勇馬(浅香航大)の存在であった。

そして、その関係のこじれは、ある「春斗に対してずっと抱いていた想い」に関係することがあり……。

一方、春斗は、引き篭もりを脱して印刷会社で働くようになった兄・俊春(毎熊克哉)と再会する。

手を差し伸べてくれた大切な人を満足させるために頑張ってみようという決意を語る俊春の言葉に、春斗は耳を傾ける。

そんな中、潤平はついに奈津美の実家に挨拶へ。

一見柔和な笑顔で現れる奈津美の父(でんでん)だが……。

そして、春斗と瞬太は高校の担任・真壁(鈴木浩介)の家にバーベキューに招待される。

二人は真壁の息子・太一から「夢」について、ある問いかけをされる……。

人生の勝ち負けとは―――?いよいよマクベスの解散ライブまで残りわずか。

夢に敗れた若者たちの最後の瞬間は思いもしない色彩を帯びる……。

ここに、初めて垣間見える彼らの本音がある。

長い長い1日の中で語られる彼らのその声を聞いた時、我々は体験のしたことのない「何か」を見ることになる。

出典:公式サイト

コントが始まる|第9話『結婚の挨拶』の感想

男性 20代

春斗のお兄ちゃんの言葉は心にとても響きました。

色んなこと考え過ぎて動けなくなることあると思います。

そんなお兄ちゃんが自分の近い人のためにと動き出したという話が、とてもシンプルだけどよかったです。

ずっと潤平の心に引っかかっていた勇馬と春斗の関係を、必死に戻そうとする潤平が素敵でした。

そんな潤平が奈津美の実家でお父さんの洗礼を浴びる姿は、見るに堪えなかったですが、自分の言葉でしっかりと気持ちを伝える潤平はやっぱり素敵でした。

不安定な潤平なのに奈津美がついていくと決めたのがわかる気がしました。

奈津美のお父さんにもそんな潤平の人となりが伝わって嬉しかったです。

真壁先生の家に呼んでもらった春斗と瞬太が負けても失敗じゃないと自分たちのことを話すのが深かったです。

あらためて思うのは、どの出会いも偶数なんかじゃなくて、必然だったんだと心の底から思いました。

女性 30代

就職先の決まった里穂子のお祝いに集まったマクベスの三人らが、楽しく会話する中、近々結婚の挨拶に奈津美の家へ行く潤平がこれまで抱いていた春斗への想いにふける姿と引きこもりを脱して就職した兄に対峙し、仕事をする心持を問いかける春斗の心情が似ているように感じられました。

マクベスの解散ライブが近づく中、潤平は家業を継ぎ結婚する決意を固め、瞬太は一年くらいは世界を冒険して回りたいと冗談のような本気の覚悟を語り、春斗だけが仕事に就くことの意味を探しているように思えました。

これまで芸人としての大成だけを夢見ていた春斗らしい悩みのように感じられました。

三人が夢見た成功を果たせず、別の道へ踏み出そうとした三人それぞれがみる景色の違いが印象的でした。

男性 40代

険悪なムードのまま里穂子のアパートを出て行ってしまったつむぎに、里穂子が就職祝いを渡すのがきっかけで仲直りしたり、春斗の兄は引きこもりから社会復帰を果たしたり、潤平は奈津美の実家に挨拶に行ったり。

それぞれが未来に向かって動き出しているのが伝わってくる回でした。

未来に向かうこと。

それは、マクベスに取っては刻一刻と「解散」に近づいているということ。

里穂子が働くファミレスで、マクベス3人が遂に最後の利用の日が来ました。

春斗の提案で、里穂子にマクベス3人からお礼を言うシーンは、とても温かい気持ちになりました。

来週は、遂にマクベスの解散ライブが始まります。

女性 20代

高校の同級生でくんだお笑い芸人として、鳴かず飛ばずで売れないまま10年の約束の期限が来たのに周りの家族の協力で延長されて、これから漫才師としてどうなるのかとか2人姉妹の恋愛系もどうなって行くのか気になる。

有村架純と菅田将暉演じる2人の恋愛には発展していきそうな感じも見ていて感じるけどあのままの距離感なのかとか、一見平凡そうなドラマだけど見ていくと人間の弱さもろさ、今の引きこもりや精神疾患のことにも触れていて、奥深いドラマお勧めです。

男性 30代

毎回冒頭で流れるマクベスのコントが面白く、楽しみにしています。

作中では売れないトリオですが、現実なら十分売れているのでは…と思いながら見ています。

また、ドラマではコントの元ネタとなっている彼らの体験がメインとして描かれますが、いつもホロリと泣ける青春物語になっていて、毎回悲しいながらも楽しみにしています。

今後は、ラストに向かって心が洗われるような、温かくも感動的な展開になることを期待しています。

それと、彼らのコント集も見てみたいです。

女性 40代

お笑いトリオのマクベスのコントから毎回始まります。

人気のでないコントですが、シュールで面白いので毎回楽しみです。

いよいよ解散まで1ヶ月になりました。

潤平は奈津美と結婚して酒屋を継ぐことになりそうです。

瞬太は、長年不仲だった母と死ぬ間際に和解できました。

ホッとしました。

春斗はみんなを10年間引き止めてしまったと悩んでいますが、2人は大丈夫そうです。

残るは春斗です。

真面目で責任感が強く、コントしかないと思っているので、どうするのかが気になります。

希望を持っていってほしいです。

マクベスを生きる力にしている里穂子も何を支えにするのかが気になります。

2人で考えて一緒に進んでほしいです。

最後まで素敵なマクベスを見たいと思います。

男性 30代
マクベスとしての中浜さんが勤務しているファミレスにいるのが最後だと思うと本当にしみじみ泣いてしまいました。マクベスのみんながそれぞれ中浜さんに対してのメッセージにもグッときましたが、特に瞬太の中浜さんも6人目のマクベスと言ったのには号泣ものです。最終回前ということもあって少ししみじみするところがありますが、負け=失敗ということではないというメッセージには心打たれました。確かに負けは失敗のイメージがつきものですが、負けたから前に進めるなどもあるので春斗と瞬太のメッセージ性はさすがだと思うし、夢を追いかけてみようかなと思えました。それに高校の時間で時が止まっていた友情関係が元通りになった瞬間も思わず嬉しくなってしまいました。潤平のぎこちなさと、春斗の楽しそうなところを見て友情って良いなと改めて思わされました。

9話も最高に良かったです。

次回が最終回なんて信じられないくらいです。

女性 20代
今回のコントは「結婚の挨拶」でした。潤平は奈津美の実家に結婚の挨拶へ行こうとしていましたがまだ行っていません。潤平には潤平なりのけじめをつけたかったみたいです。それは奈津美の元彼の勇真のことでした。潤平が奈津美と付き合いだしたせいで春斗と勇真も気まずくなったそうです。急に春斗に潤平から連絡があり行くとそこには潤平と勇真の姿がありました。

私もホッとし、春斗がとても嬉しそうだったのが良かったです。

奈津美の実家に挨拶に行きましたが二人は結婚の挨拶に来たのではなく、ただ今付き合っているのがどんな人かわかってほしくて紹介にきただけでした。

潤平が酒屋を継いで一人前と呼ばれるようになったらまた来ますと言った時、本当に男らしいなと思いました。

お父さんもこんな男性なら娘を預けれると思ったと思います。

今回は潤平の男らしさが印象に残りました。

次回はついに最終回。

皆が最後に何を考えるのか楽しみです。

第9話『結婚の挨拶』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

コントが始まる|第10話『引っ越し』

コントが始まる|10話あらすじ

里穂子「ワタシにとって『マクベス』とは一体なんだったんだろう……」春斗「オレにとって『マクベス』とは……一体なんだったのか」コント『引っ越し』。

ステージに現れたのは夫役の春斗(菅田将暉)と妻役の瞬太(神木隆之介)。

そこに、引っ越し業者を演じる潤平(仲野太賀)が到着するが、引っ越しを拒む妻が邪魔するせいで、夫婦の荷造りは全く進んでおらず……。

マクベスによるとりとめのないコントの『前フリ』が始まる―――。

いよいよ、コントトリオ「マクベス」の解散ライブ当日。

里穂子(有村架純)をはじめとして、潤平の彼女である奈津美(芳根京子)や、マネージャーとしてライブを見守る楠木(中村倫也)とつむぎ(古川琴音)、恩師の真壁(鈴木浩介)と息子の太一など、これまでマクベスの人生と交差してきた様々な人物たちが顔を連ねる。

そしてついに、出囃子が鳴り、舞台は暗転から明転へ。

彼らの「最後」が始まった……。

そのライブを見ながら、マクベスと出会ってからの日々を心の中で巡らせる里穂子。

里穂子にとっての「マクベス」とは、一体なんだったのか―――。

そして、ステージ上で顔なじみの人々を見ながら春斗はまた全く別の意味で思う。

「オレにとって『マクベス』とは……一体なんだったのか」。

……その答えはライブを終えたその時にも出ぬまま、時計の針は進んでいく。

解散ライブのその瞬間。

そして終えた後のマクベスと中浜姉妹の日常。

そんな彼らの人生と寄り添ってきた人々のこれから。

これまで、様々な数奇な運命が絡み合ってきたこの群像劇の最後の最後は、このドラマ「ならでは」の終幕を迎えることに。

20代後半。

失敗を経験しながらも、もがき、悩み、そして笑いながら生きてきた彼らの生き様。

春斗が出す自問自答の答えとは。

このドラマの最後はもちろん…………。

出典:公式サイト

コントが始まる|第10話『引っ越し』の感想

男性 20代

マクベスと出会ったことで人生がいい方に転がったと里穂子は言っていましたが、マクベスとの出会いはキッカケでいい方に転がしたのは、里穂子自身のような気がしました。

マクベスのライブを初めて見た奈津美が涙していたのが印象的でした。

まだ解散したなんて実感がわいてないのが正直なところです。

春斗のラーメン完食後のあのために、全力でツッコむ潤平と瞬太が最高でした。

冷蔵庫を賭けてのあのじゃんけん、私も永遠にあいこであって欲しいと思いました。

3人が男泣きするのが素敵でした。

100人の人に見てもらえたら嬉しいけど、1人の人が100回見てくれるのも嬉しくてそっちの方が有難いことだという言葉に、売れなかったけど愛されていたマクベスらしさを感じました。

最後の伏線がまさか春斗の就職だったとは最高でした。

女性 30代

解散ライブを前にしたリハーサルでセリフを噛むハプニングが、いつもとは違う緊張感を感じさせました。

初回の単独ライブから観に来ていた数人のファンの視線を感じながら最後のステージを務めた三人がそれぞれの想いを抱きながら打ち上げに向かい、里穂子もまた、これまで関わってきた三人との出会いや経過を一人思いにふける姿に、ひとつの終わりを感じさせました。

十年間という長い期間を共に戦い、苦悩してきたマクベスの三人が、新たな道へと踏み出す直前にジャンケンでアパートの家電の奪い合いをしながら時が止まれと思う春斗の心の声が切なく思えました。

新たな道が決まっていない春斗が、里穂子に静かに語った言葉に十年間の思いが詰まっていて、他の二人には語れない言葉のようにも思えました。

男性 40代

マクベスの解散ライブの日が遂に来ました。

解散ライブには里穂子を始め、マクベスにゆかりの深いみんなが続々と会場へ。

マクベスのライブを始めて見た奈津美のリアクションが印象的でした。

ライブ終了後、アパートを引き払う為の最後のじゃんけんで、マクベス3人が泣いているシーンが印象深かったです。

本当に解散してしまうのだなあという3人の認めたくないけど前に進むしかないという感じが切なかったです。

潤平は酒屋の仕事、瞬太は海外へ。

里穂子も再就職が決まり、それぞれの道へ。

ラスト、春斗はどうしたのかな?と思っていたところでのラストは、ドラマのタイトル通り!とクスっと笑ってしまうラストでした。

女性 20代

マクベスの解散が近づいており、3人の青春の終わりが近づいている気がしてとても寂しいです。

解散後に彼らがそれぞれの道をどう選択し、進んでいくのかというところを注目しています。

特にいちばんよりどころのない春斗が抜け殻になりそうなので、きちんと前を向いて歩いていってほしいなと思ってます。

また、マクベスを生きがいにしている里穂子も妹が出て行ってしまったりと環境の変化でまた精神的に不安定になってしまうのではと心配です。

男性 30代

たまたま同じ系列のドラマの後番組としてCMで紹介されていたことがきっかけで知りました。

ただそのCMも、キャスト3名が歩いてきて「コントが始まる」とだけの短いもの。

それだけじゃ何も分からない!でもなんか面白そう!ととても安直に思い、放送開始を楽しみにしています。

個人的には神木隆之介さんが金髪にしてしまったのが少し寂しいですが(笑)、「コントが始まる」のタイトルコールの中歩いてくる3人は実際にコントをするのだろうか、あいみょんさんの主題歌も込みで楽しみです。

女性 40代

毎回一本のショートコントから始まり、それが後の物語の要になっていくのが斬新なストーリーの運び方で、どんな内容なのかと興味を惹かれました。

ショートコントも毎回違うネタで繰り広げられるので、どんなコントをみせてくれるのかとても楽しみです。

また、コントを披露する売れないお笑いトリオ「マクベス」役には、今を時めく菅田将暉くんの他、神木隆之介さんや仲野太賀さんという豪華な俳優陣がずらり勢揃いなので、彼らがどんな演技をみせてくれるのかにも期待しています。

男性 30代
遂に最終回、そしてマクベス解散の時が来てしまってとても悲しいなと思いますが、解散ライブのラーメンに行く辺りのいつものマクベス感があって解散なんて嘘だよねと思いつつも、じゃんけんのくだりで本当に最後なのかとしみじみしてしまいました。それにじゃんけんに勝って、いつもくだらないことをしているのに今回は本当に涙必須で私も思わず泣いてしまいました。こんなくだらない日常が今回で最後かと思うと切なくなるけど、いつかまたこの3人がくだらないことをしているのを観てみたいなと思ってしまいました。それぞれが順調に自分の道に進んでいる中、春斗がどんな道に進むのかかなり気になっていましたが、まさかの1話目のコントと同じ職業に就くとは誰も予想していなかったです。ここまで伏線回収するとは、このドラマ侮れないですね。最後まで人生って何があるか分からないと気付かされるドラマで面白かったです。

女性 20代
冒頭からマクベスの最後のライブの演出でした。今までしたコントや新作のコントがありました。里穂子は終始一つ一つのセリフを噛み締めながら最後のライブを聞いていたんだと思います。マクベスの10年間は色々な人に支えられて歩んできた10年だったんですね。いろいろな人が最後のライブに来てくれていて実感しました。引っ越しの準備をしている最中、冷蔵庫を誰が持っていくかじゃんけんで決める事になりました。

あいこが続き中々決着がつかずこのまま続けばいいなと思ったけど春斗が勝ってしまいます。

3人もずっと続いてほしいと思ったに違いないと思います。

最後、春斗の就職先が水のトラブルの会社でコントそのままでした。

5人がそれぞれ夢を持って過ごせていけて良かったです。

マクベスの3人の掛け合いが本当に楽しかったドラマでした。

第10話『引っ越し』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

以上が、ドラマ『コントが始まる』1話~最終話までの無料動画サイト情報となります。

無料動画サイトで配信してないけど、他に無料で見る方法はないの?

と、無料動画をお探しの方のために、NetflixやAmazonプライムビデオなど、ドラマ『コントが始まる』を無料視聴できる動画配信サイト(配信アプリ)を紹介します!

 

ドラマ『コントが始まる』を無料視聴できる動画配信サイト

ドラマ『コントが始まる』の動画を配信している、Netflixやアマプラなどの動画配信サイトを一覧でまとめましたので、ご覧下さい♪

配信サービス 配信状況
Hulu
U-NEXT ×
Paravi ×
FOD Premium ×
dTV ×
TELASA ×
Amazonプライムビデオ ×
クランクインビデオ ×
Netflix ×
Abemaプレミアム ×
dアニメストア ×
TSUTAYA DISCAS ×

※本ページの情報は2021年4月時点のものです。

ご覧頂いた通り、ドラマ『コントが始まる』の動画は

  • Hulu

の動画配信サイトで無料視聴できますが、その中でもおすすめは『Hulu』です!

本日から11月4日まで無料!
※無料期間内に解約すればお金は一切かかりません。

でも、なんでHuluがおすすめなの?

と、気になると思いますので、おすすめの理由をHuluの特徴と共に紹介していきます♪

Huluでドラマ『コントが始まる』の動画を全話無料視聴

動画配信サイト『Hulu』は、ドラマ『コントが始まる』の動画を全話無料視聴できるだけでなく、

日本テレビ系列のドラマも多数配信中!

国内ドラマだけで600作品以上も配信されていますので、他のドラマ作品も合わせて無料視聴できてお得です♪

2週間無料で利用できる動画配信サイト『Hulu』で、お金をかけずに、ドラマ『コントが始まる』をお楽しみ下さい!

本日から11月4日まで無料!
※無料期間内に解約すればお金は一切かかりません。

 

ドラマ『コントが始まる』を視聴した人の感想

ドラマ『コントが始まる』はつまらないのか?面白いのか?

評判を事前に知っておきたい方のために、実際にドラマ『コントが始まる』を視聴した人の感想をまとめましたので、ご覧ください!

男性・30代

「コントが始まる」というタイトルから、3人でトリオを組むところからお笑い芸人として成功していくサクセスストーリーが描かれるドラマだと思って見始めました。

ですが、まさかの序盤から解散に向かう展開だったので驚きました。

1話終盤での菅田将暉さん演じる高岩春斗と、有村架純さん演じる中浜里穂子の2人で話すシーンでは、高岩の相方とコントに対する思いが笑顔の涙という形で表現されていたのが良かったです。

20代後半の人生と夢に対する苦悩が同年代の視聴者に刺さる内容でした。

女性・20代

売れないお笑いトリオ「マクベス」の3人を中心に、20代後半の現実と夢の狭間に生まれる苦悩や葛藤が描かれているドラマです。

初回はトリオが解散を決め、現実に目を向ける決断をしたものの夢を諦めきれないという同年代なら共感できる内容で、これから個々がどのような選択をしていくのかドラマの展開が楽しみです。

泣かず飛ばずのお笑い芸人という設定から、そのまま売れずに終わってしまうのかな?

それとも何かをきっかけに売れる展開になるのかな?と、今後の展開に含みが多いので期待しています。

男性・30代

ドラマではなく、まるで俳優さん本人たちがやり取りしているような自然さがあって見入ってしまいました。

1時間があっという間でした。

特に菅田将暉さん、仲野大賀さん、神木隆之介さんの3人のやり取りがプライベートを覗き見ているようで嬉しくなってしまいました。

喫茶店での3人のやり取りも笑えましたが、家で過ごす3人が本当にありのままを切り取っているようで印象に残っています。

意外だったのが神木さんのキャラクターです。

今まで見たことがない軽さがあって新たな一面が見られた気がしました。

女性・20代

女性陣の演技も素晴らしかったです。

今まで可愛い、元気な役の多いイメージだった有村さんですが、今回は落ち着いていてなんだか自然体で、どこか影があるかんじにも惹かれました。

そして有村さんの妹役を演じていた古川琴音さんもよかったです。

存在感がありながら、ナチュラルな演技をする女優さんだなと前から注目していましたが、今回もこの作品に馴染んでいて、これからどのようにストーリーに絡んでくるのかとても気になりました。

本日から11月4日まで無料!
※無料期間内に解約すればお金は一切かかりません。

\放送中アニメ/ドラマの無料動画はこちら!/

2021年7月夏アニメ曜日別まとめ一覧 2021年7月夏ドラマ曜日別まとめ一覧