声春っ! 無料動画

放送時期 2021
ジャンル ドラマ/青春
制作会社 日本テレビ
俳優 日ノ輪めいこ:佐々木美玲
天道まな:丹生明里
尼崎あまね:渡邉美穂
月川雪菜:金村美玖
本田多恵:河田陽菜
草間愛理:上村ひなの
岩尾先生:平野綾
春風ちずえ:高本彩花
まりりん:松田好花
るびー:富田鈴花
主題歌 ED:『声の足跡』: 日向坂46
予告動画 ドラマ『声春っ!』予告動画
公式サイト ドラマ『声春っ!』公式サイト
Wikipedia ドラマ『声春っ!』Wikipedia
公式Twitter ドラマ『声春っ!』公式Twitter

\ドラマ『声春っ!』の動画を無料視聴できる見逃し配信サイト/

配信サービス 配信状況 無料期間と月額

配信中
2週間無料
Hulu公式サイト

※本ページの情報は2021年6月時点のものです。

ドラマ『声春っ!』あらすじ
日向坂46×声優×青春

「沢山の夢と、沢山のバイバイの記録。」

“夢”は、声にしないと伝わらない、届かないー。

アイドルグループ日向坂46のメンバーが、声優を目指す少女を演じる。

きらめき声優学園で繰り広げられる、笑って泣ける、青春ドラマ!!うまく喋れないことにコンプレックスを抱える日ノ輪めいこ。

心の拠り所は、ただ一つ。

人気漫画家金閣寺炎上が描く、週刊ホップで連載されている大ヒット漫画「涙色戦記」。

そんなある日、「涙色戦記アニメ化、ヒロインオーディション開催」の情報を知っためいこは心の中で密かに声優になることを夢見ていた。

その夢を叶えるため、そして、自分を変えるために、めいこはきらめき声優学園に入学する。

入学初日からトラブルに巻き込まれ、遅刻してしまうめいこだったが、元気で明るい少女、天道まなに救われる。

その教室にはまな以外にも、個性豊かな少女たちが集まっていた。

炎上アニメの常連声優・大俵玄米、講師の岩尾、と先生たちもまた個性豊かだ。

そんな中、子供の頃からめいこになにかとちょっかいをかける、尼崎あまねも同じ学校へ入学していたことを知る。

一気に落ち込むめいこ。

そんな登校初日だったが、教室の個性豊かなメンバーたちは、めいこと同じ学生寮、ドレミ荘のメンバーであったことを知る…

果たしてめいこは声優になり、金閣寺炎上アニメに出演する夢を叶えることができるのだろうか?

少女たちの、声優青春物語が始まる…

出典:公式サイト

 

ドラマ『声春っ!』の動画の見逃し配信を全話無料視聴

ドラマ『声春っ!』の見逃し動画を無料視聴するために、Youtubeやニコニコ動画などの検索結果を各話ごとにまとめました!

気になる方は、各話のあらすじと共にチェックしてみて下さい♪

声春っ!|第1話『夢の形』

声春|1話あらすじ
うまく喋れないことにコンプレックスを抱える日ノ輪めいこ(佐々木美玲)。

心の拠り所は、ただ一つ。

人気漫画家金閣寺炎上が描く、週刊ホップで連載されている大ヒット漫画「涙色戦記」。

そんなある日、「涙色戦記アニメ化、ヒロインオーディション開催」の情報を知る。

「金閣寺炎上先生の世界に入りたい!」めいこはその夢を叶えるため、そして自分を変えるために、きらめき声優学園に入学する。

入学初日からトラブルに巻き込まれ、遅刻してしまっためいこは、元気で明るい少女、天道まな(丹生明里)に救われる。

その教室にはまな以外にも、個性豊かな少女たちが集まっていた。

そんな中、子供の頃からめいこになにかとちょっかいをかける、尼崎あまね(渡邉美穂)も同じ学校へ入学していたことを知る。

一気に落ち込むめいこ。

そんな登校初日だったが、月川雪菜(金村美玖)・本田多恵(河田陽菜)・草間愛理(上村ひなの)を中心とする教室の個性豊かな面々が、めいこと同じ学生寮、ドレミ荘のメンバーであったことを知る…。

出典:公式サイト

声春っ!|第1話『夢の形』の感想
男性 30代
「きらめき声優学園」その名前の通り夢を見るキラキラした声優の卵たちが、入学し出会い、語り合い、衝突する第1話です。

主人公めいこは見ていてもどかしくなるほど奥手で、大丈夫なのかと心配になったのですが天真爛漫な同級生のまなちゃんや、同じ寮に住む個性豊かな仲間と入学早々に打ち解けていて、「あれ、大丈夫そう」と安心していました。

そんな中、めいこと子供の頃から同級生のあまねが登場。

これがまた嫌みな性格でめいこに対する何かしらのコンプレックスがあるのではないかと思える程の言い様。

今後のあまねの内心が明るみに出て、めいことの関係に変化が訪れるのではないかと期待しています。

個人的に魅力的だと感じた人物は、平野綾演じる岩尾先生。

厳しさとセクシーさが無垢な生徒たちと対比して、グッときます。

主人公を取り巻く新たな人間関係と変わった校長が率いる「きらめき声優学園」、それぞれの夢への思いをしっかり視聴者に伝えてくる第1話でした。

女性 20代
久しぶりの自分の母校だなと思ったのが、第一印象。

親近感は沸いたが、主人公の発声に正直がっかりした。

棒読みとまではいかないが、感情がハイテンションなだけで見えない感じがげんなりした。

学校のチャイムの音も『古っ』とつい声が出てしまった。

演出のセンスがこの先心配だ。

その後、還暦山ちゃんでほっこり。

ドラマで久しぶりに見た。

声優のドラマだけあり、大御所を持ってきた感じか。

そして、よくよく見れば平野綾さん。

なるほど、こういうドラマか。

それにしても山ちゃんどんな仕事にも本気で好感。

戸田さんもうまいねぇ。

最後の部分、描きたいことは強く伝わってよかった。

けど、握手は両手じゃない?と思う。

そして『滑舌もめっちゃよかったし』と友人から主人公が言われていたが、滑舌が演技として全くよくなかった点に疑問符。

魅力的な部分は大いにあるので、次回以降に期待。

男性 30代
本作は丹生と佐々木のW主演ドラマ。

丹生演じる天道まなのキャラクターは天真爛漫で彼女以上の適役はいなかったと思うほどハマり役だったように感じました。

所々の表情はありのままの丹生ちゃんといった感じで良かったです。

佐々木演じる日ノ輪めいこというキャラクターはうまく話すことができないが、好きな漫画の涙色戦記の話題となると意気揚々と話す一面もあり、人一倍内に秘めた思いは強いという意味では佐々木とも共通点があった。

女性 20代
渡邉美穂の役はDASADAのセレナーデの加藤史帆にしか見えない。

笑花ちゃんズのカメオの出演は嬉しいです。

レギュラーメンバー以外のメンバーがどんな形で出演してくるのかこれから楽しみだな。

全員出てきてくれるよね??CMが多いけどスポンサーが多くついてる証拠ですね。

本作のレギュラーメンバーはどうやって決めたんでしょうか?そう考えたらそうか、DASADAであまりセリフや出番が無かったメンバーが今回のレギュラーになってるのかな。

内容は、まあまあといった感じでDASADAと雰囲気やっぱり似てきちゃいますね。

男性 20代
私がこのドラマを見始めた理由、それは私が日向坂46のファンだからですが、そういう側面を抜きにしてもこの作品は楽しいです。

まだ完全に終わってはいませんが、ハッピーエンドではなく、それぞれに挫折とか苦労、悩みがあってそれを乗り越えていくところに良さがあると思います。

これまで放送されているお話の中で一番印象に残っているのは第三話。

ここから一気に展開が早くなったので一つのターニングポイントのような気がします。

愛理がとにかく可愛い回です。

女性 30代
声優を目指す少女たちの青春を描いています。

主人公の佐々木美玲と丹生明里を軸に日向坂46のメンバーが周りを固めています。

さらに驚くのは山寺宏一さんや平野綾さんといった豪華出演陣。

戸田恵子さん、竹中直人さんも存在感を発揮しています。

それぞれ適役だと思いますが、私が一番良かったなと思ったのは天真爛漫なキャラクターである天道まなを演じる丹生明里さんです。

素なのか演技なのか分からないけれどまさに丹生さんの性格がそのまま乗り移っているような感じで好感が持てました。

これからどういう風にドラマが展開していくのかとても楽しみです。

第1話『夢の形』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

声春っ!|第2話『好敵手未満』

声春|2話あらすじ
めいこ(佐々木美玲)たちがきらめき声優学園に入学して一か月。

ドレミ荘メンバーと共に生活するめいこは、パワフルなまなの性格と能力に、あこがれ以上に劣等感を感じてしまう日々を過ごしていた。

そんな中、【どんな声優になりたいのか】を考える自己PRシートの提出が課題で出される。

思い思いの声優像を記入する生徒たち。

一方で、「声優として、自分の優れているところは?」という項目を埋められないめいこは悩み続けていた。

岩尾先生(平野綾)に自己PRシートの提出を急かされるめいこだったが、そこで意外にもまながめいこ同様、自分が優れているところを記入できていないことを知る。

そんな時、突如まなの携帯に不穏な着信が鳴り…。

出典:公式サイト

声春っ!|第2話『好敵手未満』の感想
男性 30代
「ライバル意識」が主人公めいこに芽生え始めた今回のお話です。

同級生のまなは、とても明るくて前向き、敵なしな性格が伺えるのにも関わらず、めいこと同じで自分の「優れた所」がわからないのです。

正直まなはどこか楽観的な性格だと思っていたので、意外と繊細な部分があるのではと思いました。

でもそんなまなに対し、少しずつ劣等感を持ち始めるめいこ。

近くにいるからこそ相手の良い部分が見えすぎて、自分と比べてしまう思春期の友達あるあるで、もどかしさと青春臭さを感じます。

そしてやっぱり、あの明るいまなにも挫折した過去があったことが発覚し、そんなまなに対して、心の底からエールを送るめいこでした。

最後にめいこがかなりの熱量でまなを励ますシーンは、めいこの成長を感じさせました。

仲間との微妙なすれ違いを通して、自分を知っていく様子がとても青春らしく輝いていた2話でした。

女性 20代
第二話、竹中直人きたー!山ちゃんのきんこーんかんこーん、よいね。

初回の古いチャイムが評判悪かったのでしょう。

山ちゃん、いつもの「僕できますけど、やりましょうか」があったのかしら。

それにしても、声優がグラビアとか水着とか、ほんとにしょうもな、と思う今日この頃。

山ちゃんは要所要所で笑わせてくれる。

彼の声帯の冷凍保存について、日本は本格的に考えねばならないときが来ているのではないか。

今回のテーマは、表ではわからない、内に抱える不安、悩み、闇ってところかしら。

やまちゃんのかばお急に来た!今後の楽しみは、やまちゃんや平野さん、他ベテラン声優のプロの仕事かもしれない。

男性 30代
第一話が良かったので続けて第二話も視聴。

佐々木美玲が意外に演技力が高くて驚いた第一話に引き続き第二話も驚かされることがあった。

それは丹生明里の良さ。

彼女の普段のキャラがそのまま画面上に出てきたような雰囲気で、最高のシンクロを見せていた。

演じているようであまり演じていない…自然体で役をこなしている…とても不思議な印象を受けた。

あとは作中に入れられているアニメのパロディ。

今回も「スラムダンク」や「鬼滅の刃」などのパロディがたくさん入っていたのでこれらを見つけるのもある意味このドラマを見る醍醐味の1つかもしれない。

さて、次回はどんな風になるのやら。

女性 20代
声優さんのドラマって記憶にあまりないから物珍しさで視聴中。

一言で言うと「声優を目指すめいことそのめいこを嫌うお嬢様のあまね」これがメインストーリー。

設定としてはどこにでもありそうだよね。

とりあえず何話か実際に見てみて日向坂46のメンバーの演技力の高さに驚いた。

棒読みアイドルではないので普通に楽しく見ることができる。

あとは曲ね、曲。

主題歌『声の足跡』がこのドラマと上手くリンクしていてとても良い曲なので自然と覚えてしまいそうな雰囲気。

もしかしたら今後、キャスティングが明かされていないメンバーの登場もサプライズであるかもしれないので目が離せないドラマとなっている。

男性 20代
声優をテーマにした作品は見たことない。

しかも山寺さんに平野綾さんをはじめ、戸田恵子まで出演するとは豪華すぎる。

SMAPファンの私からしたらキャスティングが最高でした。

山寺さんは香取君、戸田恵子さんはSMAPのマネージャー、竹中直人さんは大河で草薙君と共演していたので、、、。

撮影場所が立教大学とは知りませんでした。

よく木村拓哉はどんな役を演じても木村拓哉と言われるが、丹生明里さんも木村拓哉と同じ匂いを感じる。

女性 30代
今作でもミーパンとぺみほは因縁の相手なのか。

べみほが演じる役柄がめっちゃセレナーデに見える。

メイン以外のメンバーがどんな感じで登場してくるのか楽しみにしています。

結構コマーシャル多いけど、協力してくれる企業が沢山いるってことでしょうね。

今作のレギュラーをなんの基準で決めたのかと疑問だったが、DASADAであまり活躍の場を設けられなかったメンバーから選んでるのか。

内容もDASADAと似てる部分があるし、日向坂が出てなかったら見てはなかったかな。

第2話『好敵手未満』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

声春っ!|第3話『外見と中身』

声春|3話あらすじ
草間愛理(上村ひなの)やきらめき声優学園のクラスメイト達から、次々と声をかけられるようになり、驚きつつも喜ぶめいこ(佐々木美玲)は楽しい学園生活を過ごしていた。

そんなある日、声優のアドリブ力が問われる実習で実技課題を振られる愛理。

課題に取り組む愛理だったが、思いの外グダグダな対応になってしまいクラスメイトから引かれてしまうのだった。

愛理は、話の整理がつかずトークが上手くいかないことで悩んでいることをドレミ荘メンバーに打ち明ける。

そこで、めいこから学ぶため、師匠と呼び、弟子入り宣言をする愛理。

それに対してめいこは戸惑いながらも行動を共にすることになるが…。

出典:公式サイト

声春っ!|第3話『外見と中身』の感想
男性 30代
ついにミステリアスで、入学当初からめいこに対し鋭い視線を投げていた同級生の草間愛理ちゃんの謎が解けました。

彼女はとっても喋り下手で、同じ悩みを抱えるめいこと仲良くしたかったらしく、とにかく上目遣いでめいこにすり寄る姿が可愛すぎました。

ある授業で、ガヤ撮りのアドリブ練習をする愛理ちゃんが、一生懸命なのにクラスメイトや教師からドン引きされる姿がせつなすぎて、もっと優しい気持ちで見守ってあげてよと思いましたが、やはり本人も可愛い外見と喋ったときのギャップで悩んでいたようです。

モデルとしてスカウトされても浮かない表情。

でも他人には贅沢な悩みに思えるのか、めいこもどこか羨ましそうで、美人にしかわからない「外見で判断される苦しさ」があるようでした。

結果的にモデルとして活動しながら、きらめき声優学園での勉強も両立させる覚悟をもった愛理ちゃんですが、今後の飛躍が楽しみな人物だなと思います。

モデルで声優、唯一無二の存在になっていくのではないでしょうか。

そして段々学校でも話しかけてくれる友達が増えた、主人公めいこも嬉しそうでちょっと鼻高になってるところが心配ではありましたが、真面目な性格に共感する人が増えたのかなと納得しました。

校長に憧れの金閣寺先生のサインを貰ってきてあげようかと提案されたのに、自分の力で存在を知ってもらいたいと断っためいこも、夢への思いが大きくなったのだなと成長を感じるラストシーンに感動した私でした。

女性 20代
第三話。

いつも思うが、『私の顔なんかついてる』ていう発言って、『おい、お前私の顔なんでみてんだよ!気持ち悪いからみるんじゃねーよ』って遠回しに言ってるようなもんだよね。

今回は、浮かれてる主人公がなんらかのタイミングで叩き落されるパターンよ予感。

よくあるー、、、声優のガヤどりか。

良いアニメのガヤって、ほんとレベル高いよね。

生活に常に誰かがついてくるという生活、学生ならありうるけど、個人的にはほんとにしんどい。

食事を複数で食べなきゃいけないっていう日本の雰囲気嫌いだわー。

うわぁ、このスカウト役の女性、演技大根酷い!!それにしても、このドラマに出てくる登場人物みんないい人しかいない。

作り物とはいえ、現実味ない。

そして、なんか急に主人公がずけずけ言うキャラになって、なんか入り込めん。

男性 30代
自分にネガティブなめいこにスポットを当てた回。

特徴的な人物が沢山いて、次から次へと登場してくるので、てんやわんやですら、あまねと戦った時のめいこの叫びにグッとくる。

日向坂が好きで視聴してますが、そんなこと抜きにしても面白い作品です。

ハッピーエンドで終わりますが、それまでの過程で挫折や努力といったところをしっかりと伝えているので、作品に厚みがある。

この作品の持つテーマが今後どのような展開を見せてくれるのか今から楽しみです。

女性 20代
今作は声優を夢見る少女の軌跡を描いた作品です。

メインは佐々木美玲と丹生明里です。

その脇を固めるのが渡邉美穂や金村美玖、河田陽菜、高本彩花などなどの日向坂のメンバーです。

それに加えて、山寺さんや平野綾、戸田恵子、竹中直人といった大物までいる素晴らしいキャストが総出で出演する。

アニメ作品でのセリフをいくつか作品に組み込んでおり、声優をテーマにした作品らしくアニメが好きな人であれば、思わず笑いを誘われるシーンが多いのも魅力の一つであると思う。

今後も同様のパロディに着目してみると楽しめるかも。

男性 20代
生まれて初めて見たかも。

声優さんたちが題材となったドラマって。

だからこその新鮮さもあって楽しく見ることができた。

しかも声優界のレジェンド…山寺さんとか平野綾さんたちも出演していて良い意味で驚かされたドラマだったかな。

これって立教大学で撮影してたらしいけど大学のどこで撮影してたんだろう?ドラマのロケ地巡りなんかも楽しそうでいいかなって思ったね。

いずれにしても声優さんたちが好きな人もそうでない人も楽しめるドラマだった。

女性 30代
日向坂46ファンとしては見なきゃいけないっしょ!僕は大満足のドラマ内容だったかな。

みーぱんとべみほのバチバギ具合とかべみほの役がDASADAのセレナーデっぽいとか花ちゃんズがカメオ出演してるとかめちゃくちゃテンション上がった。

レギュラーメンバー以外の出演やその絡みとかも最高だった。

内容はDASADAとは違うけど雰囲気が似ちゃってるのはやっぱり出演してるメンバーが似通ってるからってことなのかな。

まあそれがあっても日向坂46のファンの僕は熱狂しながら見るんだけどね。

第3話『外見と中身』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

声春っ!|第4話『憧れと嫉妬』

声春|4話あらすじ
岩尾先生(平野綾)から校内オーディションの開催が告げられ、色めき立つ一同。

特に月川雪菜(金村美玖)と本田多恵(河田陽菜)の二人は、憧れのまりりん&るびーの妹分的アイドルトリオのオーディションと知って興奮が止まらない。

一方めいこ(佐々木美玲)はオーディション課題に歌唱や創作ダンスなどがあると聞いて最初受験をためらっていたが、大好きな炎上先生も夢中のシリーズと知り、挑戦を即決する。

結局ドレミ荘メンバー全員がオーディションを受けることとなり、テンションMAXの雪菜のリードで、まずはセルフプロデュースの一環と皆でショッピングセンターへ買い物に向かうのだが…。

出典:公式サイト

声春っ!|第4話『憧れと嫉妬』の感想
男性 30代
第四話。

平野さん、一度辛酸を舐めただけあって、強くなっている。

今回の役もブレずに素晴らしい。

ふと思ったけど、この主人公周りの方々のファンからしたら、家着とか風呂上りとか、普段のスタイルがドラマ中とはいえ、見れて嬉しいんだろうなと、想像。

そっか、あれは井森さんか、既視感がやばかったので、なんだろうと悩んでしまった。

おっ、意外に名言!「笑顔で嫉妬しよう」今後どこかで使いたい。

えええええ、急に半年後!しかも、これbaby metalじゃん、絶対。

最後、いい話ではあるけど、オーディションの映像が生徒に出回るとは思えないんだけどなぁ。

そうか、ここで手話が効いてくるかー、読めんかった。

最後の山ちゃんのセリフ「上手いからって声優になれるわけじゃない」、役が喋ってるんだけど、彼が言うと重みが違う。

男性 20代
女の子のお買い物風景って楽しそうで癒されます。

寮暮らしの同級生5人で、校内オーディション用の洋服を買いに行き、試着室から出てくる姿がそれぞれ本当に可愛かったです。

また姉御肌の雪菜が、自らのオーディション経験を生かして、ライバルでもある5人にアドバイスをしている姿を見て、面倒見が良すぎて男前だなと思いました。

それに誰よりも努力家でさらっと手話で迷子の女の子を助けるシーンはかっこよくて、女性ながら惚れてしまいそうです。

妹分的存在の多恵は、そんな雪菜に憧れるからこそ、同じ夢を追ってきてしまったのかなと思います。

そんな雪菜はアイドルアニメに出ることで、自信の夢「アイドル」として活動していきたいわけですが、今回のオーディションで合格したのが、まさかの多恵でした。

自分に憧れていた存在にその座を取られてしまい、やさぐれてしまう雪菜ですが、個人的にはちょんまげ姿がとても可愛いので要チェックです。

最後に多恵が自信なさげにラジオで喋る姿をみて、手話で喝を入れる雪菜の姿に、女の友情もこんがらがる時はあるけれど、いざという時には強いよなと感じるシーンでした。

また雪菜に憧れて、手話を勉強していためいこもどんどん夢に前向きになっていて、それぞれが影響し合って高め合っている関係性でいい同級生に出会えてよかったねと思いました。

男性 30代
見始めたきっかけは日向坂46のファンだからっていうのはありましたが、いざドラマを見始めるとこれが面白い面白い。

日向坂46のファンじゃなくても普通に楽しめる内容だと思いました。

シリアスなドラマもいいけれどやっぱり最後には皆がハッピーになる青春群像劇みたいなドラマがぐっと来ますよ。

一応この作品のテーマは「沢山の夢と、沢山のバイバイの記録。

」ってことらしいですが、そのテーマとドラマの内容がうまくマッチしていて毎週見たくなるドラマでしたね。

特に第四話。

雪菜と多恵フューチャー回がお勧めです。

女性 20代
ドラマを見るまで日向坂46のメンバーの演技力って大したことないんだろうなって思っていたけれどそれが間違った先入観だったと思い知らされた。

なかなか演技上手かったと思うし、ドラマの内容自体も声優さんをフューチャーした青春ドラマでこれまでない感じの内容だったので余計に楽しく見ることができた。

印象に残ったのは第三話。

この話から掛け合いがさらに面白くなったような気がする。

日向坂46のことを知っている人もそこまで知らない人も楽しめるドラマだろう。

男性 20代
日向坂46のメンバーが演技に挑戦しています。

主要人物を演じていた子たちの演技が上手なので普通に面白く観れました。

予想外に上手くてちょっとびっくりしたぐらいです。

ストーリーとしては、時間経過が急に飛びすぎなところはありつつも、よかったと思います。

金閣寺炎上役に竹中直人さんが出演されていて、こちらは貫禄がありつつもまた良い意味で軽い感じが素敵でした。

役名からしても竹中直人さんが適任ですね。

若い子たちへの優しさがにじみ出ていました。

結果、全体的にドラマとしてまとまっていたと思います。

女性 30代
ちょっとこれは、観ていてあまりのめり込むことはできませんでした。

日向坂46は以前にもこういった、何やらドラマ作品に出演していたことがあるようですね。

しかしながら、アイドルを見たいがために観るドラマ、といった感じで、いかにもな演出でした。

特に最終回の、自分のことをアピールする場面で友達を評価するあたり、それで役をもらっても、観ているこちらとしてはなんだかスッキリしない感じがあり、顔のアップも多いし、ファンには嬉しい作品なんだろうな、といった感想にしかならない作品でした。

第4話『憧れと嫉妬』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

声春っ!|第5話『諦めが肝心』

声春|5話あらすじ
あのオーディションからあっという間に1年。

寮母の春風ちずえ(高本彩花)が切り盛りするドレミ荘には、新しい寮生が加わっていた。

玄米校長(山寺宏一)の特別プログラムも佳境を迎える中、めいこ(佐々木美玲)は優しく後輩を指導するまでに成長、あまね(渡邉美穂)・まな(丹生明里)と並んで2年のトップ3と言われるほどに。

だんだん卒業が近づき、一同は声優としての所属事務所探しに必死になっていたが、あまねや雪菜(金村美玖)の表情は冴えない。

さらに、きらめきプロジュニア所属であるはずのちずえまでなにやら思い悩む様子。

そんな中、めいこに電話がかかってくる…。

出典:公式サイト

声春っ!|第5話『諦めが肝心』の感想
男性 30代
第五話。

サバイバル設定。

ここからJYパーク的な、成長追っかけオーディションてか。

そんなベタな展開にはならんか。

教室に貼ってあるスローガン的なやつ「煌めき、閃き、意欲的」とな。

語呂悪くないかしら。

代わりに考えよう。

例えば、最後はかっぱ巻きとかのほうが、語呂はいい。

意味付けなんてあとで、いくらでも付けられる。

かっぱ巻きは、シンプルだけど清涼感がある。

清涼と声量をかけて、声優には声量も必要である、とか。

おぉ、最近大物声優でてなかったけど、ここで松本梨香さん登場だ。

もっともっと出してほしいね、色んな声優さん。

若手はしらんけど、大御所さんは大好物。

また山ちゃん名言「現場での評価が得られなければそこで終わり」声優だけでなく、どんな仕事でも言えることよね。

能力あっても発揮できなきゃ意味がない。

ここで袴田吉彦登場とは、、、あまねちゃんの本心、不覚にも泣いてしまった。

ベタなパターンだけど、悔しい。

男性 20代
あまねのように完璧主義で元々の能力が高いと報われない時のダメージが強く、周りから褒められるハードルが高くなってしまうのだと思います。

まためいこと違って、周りに応援してくれる仲間や家族に恵まれず、孤独で一人落ち込む日もたくさんあったんだろうなと思うと、誰よりも努力家で頑張り屋さんなのかもしれません。

声優の道を諦めようとするあまねですが、やっぱりめいこが引き留めてくれました。

お互い苦手だけど一番近い関係でもある二人ですから、今後も刺激し合いながら共に夢を叶えていってほしいですね。

またちずえが寮母をやめるということで、次の寮母に誰がなるのか個人的に楽しみです。

私的には愛理が意外とお似合いな気がします。

そして最後、めいこの夢でもある金閣寺先生の「涙色戦記」のアニメ化が中止することになってしまい、帰る場所もなく具体的な夢もないめいこは、今後どう自分の道を決めていくのか気になります。

心配ですが、めいこならきっと振り切って前に進むと信じています。

女性 30代
夢を追いかけてプラスプラスで来ていたこれまでの展開と比べて、急に落ちてしまう今回はさすがに主人公にとっても視聴者にとっても辛い回でした。

とくにさすがに玄米校長=山ちゃんが死んじゃう展開はフィクションだとしてもショック。

やりたいことをやってて、現役のまま死ぬというある意味理想の死ですが……実際には声優をめざしているほとんどが挫折するらしいので、今回が一番リアルな現実を描いた展開だったかもしれません。

声優だけじゃなく自己アピール・自己プロデュースが大事な芸能界で、めいこみたいな引っ込み思案な子がやっていけるのか心配です。

その分、視聴者と近くて共感できるのでしょうけど……前半がリアルな現実を描いた分、後半に復活する部分と開きがありすぎてちょっと気持ちが置いてけぼりな感じです。

もうちょっと、校長の死をきっかけに再び夢に向き合うという展開にしても、めいこの心の動きをもっと丁寧に描いて欲しかった。

そして、直後に夢のオーディションの話が飛び込んでくる展開、乱暴すぎる気がします。

男性 30代
日向坂46が出演している作品ということで、観ていました。

他の方が演じておられたら観ていなかったと思います。

ものすごくつまらない、というわけではありませんが、物凄く面白い、ということでもなかったです。

時間がいきなりポーンと飛んでしまうので、そういうストーリー展開の仕方が個人的にあまり好きではなかったというのもあります。

せっかくグループのアイドルを起用しているのだから、メンバー全員に出演のチャンスを与えて欲しかったと思います。

女性 20代
内気な女の子が夢を叶えるためにきらめき声優学園というところに入学して、仲間と出会い、そこでの生活と夢に向かってオーディションに挑戦する姿などが描かれていくのですが、その学園の制服が、どうにもメルヘンチック過ぎるのです。

『声優』というイメージがそうさせるのか、少し現実離れしているように見えるその格好はやはり浮いて見えてしまうので、あまりストーリーに入り込めませんでした。

学園の講師として平野綾さんが出演されていたことは、とても嬉しく、メリハリある演技に引き込まれました。

女性 40代
日向坂46の方たちが声優学校の生徒を演じるということで、アイドルが声優役をやるなんて今まで見たことがなく、面白いなと感じました。

どんなメンバーがいるのか全く知らないので、このドラマをきっかけに知ることごできればいいなと思っています。

また可愛らしいビジュアルだけでなく、可愛らしい声も楽しめるのではないかなとわくわくしています。

またどんなストーリーなのか、どんなジャンルの声優に挑戦していくのかも楽しみにしています。

第5話『諦めが肝心』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

声春っ!|第6話『卒業』

声春|6話あらすじ
金閣寺炎上先生(竹中直人)からの「涙色戦記」アニメ化プロジェクト中止の発表に、がっくりと落ち込むめいこ(佐々木美玲)。

そんな時、卒業制作にアニメを作ろうとしている美大生・誠実(菅井義久)と偶然出会い、声優としてアニメ制作に関わることになる。

めいこは、卒業が迫るドレミ荘メンバーたちへ、それぞれの進路へ進んで皆がバラバラになる前に、記念にこの作品に参加しようと提案する。

めいこは必死に誠実を励ましながら、アニメ制作を進めようとするが・・・。

出典:公式サイト

声春っ!|第6話『卒業』の感想
男性 30代
金閣寺炎上先生の「涙色戦記」アニメ化プロジェクト中止が発表され、落ち込んでいるめいこの所に、一枚の絵コンテが飛んでくる。

それは卒業制作にアニメを作ると言う美大生の誠実の作品だった。

めいこは声優としてアニメ制作に参加する事になり、もうすぐ卒業し別々の進路へ進むメンバーと記念にこの作品に参加しようと提案する。

めいこは誠実を献身的にサポートしていた。

ある日、キャストの一覧を見てビックリ!主役はまなとなっていて、こんなにサポートしてきためいこは、ニャーニャーしか台詞のない猫役になっていた。

怒り心頭!めいこは、誠実を怒鳴りつけてしまう。

色々な事が上手くいかず心が折れてしまう。

このまま、めいこは声優を諦めてしまうのか?最後のめいこのセリフは、心の声!めいこの苦しさがよく現れていて心に響きました。

頑張れめいこ!

女性 20代
きらめき声優学園を舞台に、声優を目指す少女たちの成長を描くドラマの6話。

冒頭、金閣寺炎上の「涙色戦記」アニメ化の中止発表から始まる。

「金閣寺炎上先生の世界に入りたい」それがめいこの目標であった。

それを突然なくし。

失望感に襲われるめいこ。

そんな折、偶然アニメの絵コンテを拾う。

美大生・誠実の卒業制作のアニメの絵コンテだった。

めいこはその作品に声優として参加することになる。

ドレミ荘の仲間にも声をかけ、記念にみんなで作品へ参加する運びとなる。

誠実へ様々な形でサポートするめいこ。

しかし誠実の絵コンテはなかなか進まない。

校長へ参加依頼のために資料を渡すとき、胸を張って勧められる作品なのか?と問われるが、めいこは即答できなかった。

中途半端な絵コンテを出し続ける誠実にめいこは怒りをぶつける。

「もった本気だせよ!」「誠実さゼロじゃん!」めいこの強い口調に泣き出す誠実。

彼はマザコンで自立していない男でした、めいこのほうがよっぽど男らしい。

誠実を罵倒するめいこに笑ってしまいました。

次々と遣り甲斐をなくし自暴自棄になっていく。

卒業を控える中、仲間たちの事務所所属が決まっていくが、めいこには所属決定の連絡が来ない。

納得できないめいこは校長へつめよる。

「声優を目指して楽しいか?今の時点で楽しくないから見送った」と言われ立ち去るめいこ。

仲間を祝福できず、絶望と嫉妬が心の中で渦巻く。

めいこの中でポキっと心の折れる音が聞こえた。

挫折を味わって人は成長していきます、めいこが這い上がってきてくれることを信じています。

男性 20代
あー、すごく青春って感じ。

タイトルに春が入っているだけある。

いつ見てもなんとなく制服が不思議ちゃんな気がするけど、そこには目を瞑っておこう。

自分がうまくいってないときとか、辛いときって相手を羨ましく思ったり、妬んだり、そんな気持ちになることってあるよね。

でもそれをあんな風に相手に言えることに対しても驚きだ。

かなりしんどかったんだろうな。

誠実とはもしかしてあるか?そういう展開みたいな期待をちょびっとしてしまったが、さすがにないか。

これからどんな風になっていくのか楽しみ。

しかしながら日向坂ちゃんたちってあんな演技できるのね。

女性 30代
夢が目前で消えてしまうのが、自分で頑張って叶わなかった時より一番苦しい事かもしれませんね。

卒業間近だったからこそ、めいこのショックは計り知れないと思います。

そんな時にまるで運命のように現れた誠実君の語る夢に、ついていきたくなってしまう気持ちはとってもわかります。

ただ声も聴いていない相手を自身の作品の声優に即抜擢する部分、頼りなさそうな人だなと思って見ていましたが、案の定、根性なしでした。

めいこの「ならもっと本気出せよ!」と誠実君に怒鳴る場面は見ていて気持ちよかったし、その元気で今の困難を乗り越えてほしいと思いました。

でも他の同級生が所属が決まっていく中、めいこが選ばれないシーンは私も悲しく苦しい気持ちになり、今後思いっきり報われてほしいと切に願った場面でした。

最後やさぐれてしまっためいこですが、無事気持ちを取り戻して視聴者を喜ばせてくれる転機が訪れることを楽しみにしています。

男性 40代
第六話。

主人公の目標がなくなった。

これからどう乗り越えるのかというテーマかしら。

でも、竹中直人を配役してるんだから、次回何もなかったかのように、復活するんだろう、きっと。

ちなみに新登場人物、誠実と書いてまさみとな、絶対に悪い奴やん。

うーん、やはりこの流れ騙される流れだ。

また、主人公が毒を吐くキャラになっている。

いつからだ、むーん不明。

「最近全然煌めいてない」はどの仕事でも言えること。

内に込めてる思いは目に出る。

仕事柄面接をよくするが、年をとればとるほど、目に出てくる。

人の不幸を祈ってしまう気持ちもわかる。

でも、前回のように心が動かされることはなかった。

最後の演技が感情任せで何を言っているかわからなかっただけだからだと思う。

もちろん、感情が高ぶった演技は全部聞き取れる必要はないとは思うが、さすがに全体的に言っていることが不明瞭すぎた。

もったいない。

男性 10代
日向坂46のファンなので見てますが、贔屓目抜きにしても面白いドラマです。

最終的にみんながハッピーになる青春サクセスストーリーなだけではなく、しっかり失敗や挫折も描いてくれるところに深みがある作品だと思う。

沢山の夢と、沢山のバイバイの記録。

というテーマが今後どうなるかが楽しみです。

記念すべき第一話はあまり自分に自信がないめいこにスポットが当てられた回でした。

個性豊かな登場人物がテンポ良く次から次へと出てくるのでキャラの洪水状態になりました。

あまねとの対決でのめいこの叫びに痺れました。

第6話『卒業』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

声春っ!|第7話『挫折の先に』

声春|7話あらすじ
めいこ(佐々木美玲)がきらめき声優学園を飛び出してから1年の月日が経とうとしていた。

清掃のバイトで生活するかたわら、多恵(河田陽菜)や愛理(上村ひなの)を筆頭にドレミ荘メンバーの活躍を目にするめいこは、いまだに失意の中にいた。

そして、ある出来事をきっかけに、学園の仲間たちと再会する・・・。

出典:公式サイト

声春っ!|第7話『挫折の先に』の感想
男性 30代
めいこちゃん、学園を中退していたんですね。

校長が亡くなったことは悲しいですが、最後の1日は校長らしい後悔のないもので安心しました、めいこちゃんの中で玄米校長はとても大きな存在で、立ち直るきっかけをくれたのもまた玄米校長でした。

山ちゃんにピッタリの役でしたね。

女性 20代
掃除をしてるシーンから始まり、少し時を感じました。

その後急に校長が死んでしまうことには驚きです。

そういう設定にする意味ってあったのでしょうか??生きてるままで、別になにか他の前に踏み出せるきっかけを作ってあげてもよかったのではないかと思ってしまいます。

声が出せるようになったところは、意外性はなく納得行くものでした。

次回以降はまた声優を目指し、オーディションを受けることになりそうですが、合格してハッピーエンドで終わるのかなと、そう予想ができます。

落ちて終わり!には乃木坂のドラマですし、しませんよね。

男性 20代
まさかめいこがきらめき声優学園から逃げ出していたとは思いもせず、清掃のアルバイトを面倒くさそうにしている姿は、応援していた自分としてはショックでした。

でも同級生の活躍をチェックしているあたり、未練があるのかなと思いました。

そんな矢先校長が死去、死に際の「今の俺、人生一の演技じゃね」という言葉が染みるほどかっこよく、後悔のない生き様に感動しました。

めいこにとってはわだかまりの残る別れになってしまいましたが、最後、誠実の作品をみんなで読み合わせすることになり、そこで玄米校長への謝罪と声優への思いが溢れるシーンは再度めいこを応援する気持ちにさせてくれました。

今後どのようにめいこが気持ちを立て直し、声優への道に漕ぎ出していくのか、楽しみであり不安もありますが、どうか諦めずに頑張ってほしいと思うお話でした。

そして、めいこを支える周りの同級生達や岩尾先生の喜ぶ顔も早く見たいですね。

女性 30代
第七話。

一時の感情だけで、一年もくすぶるかなぁ。

なんか悲劇のヒロインって感じで、弱冠ひくなぁ。

しかも、つらいバイトといえば、清掃か。

ナチュラルにこの職種を蔑んでるのが出てる。

ほら、こんな仕事なんかしてだって。

ひどい、ナチュラルに酷い。

えぇぇぇ、山ちゃん死んじゃった。

さすが!遺影が「おっはー」だ!彼のもんだもんね、これ。

あら、声がでなくなっちゃった。

山ちゃんのストーリー大げさだけど、「今の自分最高じゃね?」って自認しながら死んでいけるってとても幸せだと思う。

仕事でも家族でもなんでも。

やっぱり、プロじゃない声優のアフレコは聞くに堪えないっす。

おぉ、平野さんのセリフレス演技見事じゃないか。

んで、最後はやっぱり、竹中直人さんのアニメが復活か、それしかないよね。

次回が最終回かしら。

男性 40代
声優学校のきらめき学園の生徒で、日ノ輪めいこ、天道まな、尼崎あまね、月川雪菜、本田多恵、草間愛理の日向坂のメンバーがこの作品にたくさん出演しています。

めいこたちの学園の生徒が暮らす寮のドレミ荘の寮母やめいこが持っているハンカチのアニメのキャラクターをはじめとした、他のキャストの方もすごく豪華です。

高本彩花さんや越野まりさん、山寺宏一さんや戸田恵子さん、竹中直人さんも出ています。

これからの展開がとても楽しみなドラマ作品だと思います。

女性 40代
声優を題材にしているドラマは、初めてかもしれません。

山寺さんや平野綾さん、とても豪華な戸田恵子さんも出てきます。

個人的には、まわりの出演者とても熱く好みです。

この作品のレギュラーメンバーどう決まったのかも考えましたが、DASADAの作品でであまり出番やセリフがなかったメンバーが、今回レギュラーになっていました。

内容は、普通な感じで、DASADAとやっぱり雰囲気似ています。

深夜アニメらしい、ノリやラブライブ感もありました。

キャストが日向坂46じゃなかったらもちろん観てないと思います。

小ネタいっぱいでおもしろいです。

男性 20代
めいこがきらめき声優学園を中退して1年。

清掃のバイトをしながら質素な生活をしていた。

多恵や愛理など仲間達の活躍を目にする。

ますます落ち込むめいこだった。

そこに玄米校長が急死したというニュースが飛び込んでくる。

めいこは、葬儀に参列したが突然声が出なくなってしまう。

そんな中、仲間たちとアフレコをする事になり、めいこは声が出る様になる。

そんな中メールが!「涙色戦記」のオーディションの知らせだった。

めいこは、もう一度声優を目指す事になる。

玄米校長の死は、本当に予想外でビックリしましたが、めいこが大好きな「涙色戦記」のオーディションにどう戦っていくのか、見どころです。

第7話『挫折の先に』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

声春っ!|第8話『選ばれたい』

声春|8話あらすじ
目標としていた「涙色戦記」ヒロインオーディションへの招待をうけためいこ(佐々木美玲)とまな(丹生明里)たち。

プロデューサーの柿沢(武田航平)から説明を受けためいこは、オーディション参加を決意し、ドレミ荘メンバーとともに集中特訓を行うことにするが…。

出典:公式サイト

声春っ!|第8話『選ばれたい』の感想
男性 30代
「涙色戦記」のヒロインオーディションへの招待を受けて、よかったですね、めいこちゃん。

おまけに密着取材まで。

特訓したりドレミ荘のメンバーとの絆がいっそう深まった感じです。

玄米校長、素敵な贈り物を残してくれてありがとう。

女性 20代
玄米校長がドレミ荘メンバーにとても大きなプレゼントを残してくれていました。

めいこの夢、「涙色戦記」のヒロインオーディションの密着取材つきという声優を目指すめいこ達にとっては、合格・不合格関係なしにチャンスのある話だと思います。

どうしてここまで玄米校長がしてあげたいと思ったのかは気になりますが、応援したくなる子たちなのはとてもわかります。

そして強烈なキャラクターなのが、柿沢プロデューサー、略して柿ピー。

謎が深い上に、女子寮に勝手に入ってきちゃう所は正直引いてしまいましたが、今後玄米校長との関係性やめいこ達への思いが明らかになってくるとまた面白いなと思います。

めいこの再始動に向けての特訓の日々にみんなで協力する姿が眩しく、風船を膨らませるにしろ、それぞれの個性が出てて可愛かったです。

あとジャージ姿が輝いてました。

オーディションでも大豆と黒豆をわけるテストで、玄米校長の言葉をそれぞれが思い出し、一生懸命分けたんだなと思うと想像するだけで感動します。

それを画面越しに見る金閣寺先生の気になるオーディション参加者が一体誰なのかも気になります。

いろんな夢や大人の事情が絡みあい、どんどん面白くなってきてるなと思います。

めいこもやる気と声優への思いを取り戻してきていて、安心しましたし、この勢いでヒロインに合格してほしいです。

次の二次試験からは金閣寺先生がいるという事なのでめいこが上がりすぎて、大失敗しないよう祈るばかりです。

男性 20代
第八話。

このプロデューサー有名なんだろうけど、知らない、わからない。

なんか悔しい、、、最後はやっぱりJYパークシステムか、なんとなくそうなるかなとは思ったけど。

参加することこんな溜めなくても主人公なんだから参加すんでしょ、とは言ってはいけないのかしら。

それにしても、主役が一番この八話で上手くなってないとはどういうことか、この芝居としてね。

前回の最後も思ったけど、今回で最終回臭がすごいけど、八話で終わることってあるのかな。

山ちゃん、死んだ体なのに参加してるのさすがだな、このドラマ山ちゃんいないと締まらないもんね。

あ、結婚おめでとうございます。

うーん、この三人組の残り二人に気を遣う展開いるかなぁ。

ネタ切れかしらん。

おい、この二人へたくそにもほどがあるだろ。

それにしても竹中直人の無駄遣い。

終わりそうなのに終わらなかった。

引き伸ばし感すごい。

残り心配。

女性 30代
日向坂46のメンバーである佐々木美鈴と丹生明里が主演に抜擢されていて、坂道グループファンにとってはたまらない。

バラエティー番組を見ている中で、確かな演技力を感じ取れるので演技のほうにも期待できます。

さらに、平野綾、山寺宏一、戸田恵子等などの実力派の俳優がわきを固めているのでそこも安心して期待できます。

日向坂46×声優×青春の組み合わせで面白くならないわけがないと思います。

普段の疲れを吹き飛ばしてくれるようなドラマになることを期待します。

男性 20代
「涙色戦記」ヒロインオーディションへの招待をうけためいこ。

ヒロインオーディションのプロデューサーの柿沢から密着を受ける事になる。

そして、めいこは1年のブランクがあるので、ドレミ荘メンバーとともに集中特訓を行うことした。

ある日、柿沢プロデューサーがやってきて、玄米先生からのビデオメッセージをみる。

それにはオーディションに参加出来なかった2人には、別の仕事を用意してくれた事を知る。

たえは、チョコラショコラのメンバーと頑張ることを決め、オーディションを辞退する。

めいこ達は無事一次オーディション突破した。

柿沢プロデューサーの訳して柿ピーはちょっと笑えた。

金閣寺炎上の名前もそうですが、竹中直人さんのぶっ飛んだ演技も笑えます。

女性 30代
みんながオーディションに参加することが決まる中、連絡がこなかった2人。

かわいそうだなと思っていたところに校長からのビデオレターが届きました。

ふたりにも素敵なサプライズが用意されていてよかったです。

ビデオレターが途中でとめられたことによって、なんだか最後にもサプライズがありそうな予感がします。

最終的に誰が選ばれ、みんながハッピーエンドな結末になるのか楽しみです。

第8話『選ばれたい』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

声春っ!|第9話『選ばれない』

声春|9話あらすじ
「涙色戦記」ヒロインオーディションの一次試験を無事通過しためいこ(佐々木美玲)とまな(丹生明里)たち。

最終試験参加者3名までに絞る二次試験へ挑むドレミ荘メンバーだったが、同じ会場には大人気ユニット『まりりん&るびー』のまりりん(松田好花)という超強力なライバルもあらわれ…。

出典:公式サイト

声春っ!|第9話『選ばれない』の感想
男性 20代
日向坂46のメンバーである佐々木美鈴と丹生明里が主演に抜擢されていて、坂道グループファンにとってはたまらない。

バラエティー番組を見ている中で、確かな演技力を感じ取れるので演技のほうにも期待できます。

さらに、平野綾、山寺宏一、戸田恵子等などの実力派の俳優がわきを固めているのでそこも安心して期待できます。

日向坂46×声優×青春の組み合わせで面白くならないわけがないと思います。

普段の疲れを吹き飛ばしてくれるようなドラマになることを期待します。

女性 30代
このドラマには完全なるハッピーエンドを迎えて欲しいと心から願っています。

卒業したドレミ荘のメンバーたちがひとつの憂いもなく屈託なく笑っている姿が一番観たいなと思っています。

また、欲を言えばドレミ荘のメンバーたちが声優として一緒に仕事をしている姿を描いてくれたら本当にありがたいことこの上ないです。

そして、大した稼ぎを期待できないバイトなんてしなくても声優一本で食っていけるくらいの人気や実力を身につけていたらいいなと漠然とした期待感があります。

男性 30代
とても楽しく拝見させていただいています。

現役アイドルたちの演技は、まだまだ棒なところもありますが、かわいいな~と思いながらみています。

内容も面白く、これからどんどん面白くなっていきそうで、彼女たちにとても期待しています。

今は、声優という仕事は、とても人気があり、なりたいと言っている子供たちも多いときくので、声優を目指す子供たちにもとても勉強になる部分があるそう。

夢を叶えようと一生懸命な子たちがいい方向に向かっていってくれることを願います。

女性 20代
声優をテーマにしたドラマは珍しいですよね。

声優や豪華な俳優さんが勢揃いでそれだけでもとても楽しみになりましたが、日向坂46が出演していなければ観ないと思います。

DASARAで出番が少なかったメンバーの出番が今回のドラマでは増えているようです。

レギュラーメンバー以外のメンバーがどのように出てくるのか楽しみに視聴しています。

CMが多いのが気になりますが、スポンサーが多い証拠なのでしょう。

DASARA同様深夜アニメのノリが似ていますね。

男性 10代
雪菜と多恵にフューチャーした4話は切ない気持ちになりました。

選ばれる人とそうでない人に分かれてしまう芸能界の姿を「選ばれた存在」であるアイドルの彼女たちが演じるということによって、ストーリーに厚みが産まれているように感じました。

雪菜と多恵、ふたりの手話のやりとりからただの仲良しというだけではなく、タフな関係性であることが伝わってきてよかったですね。

ここからどう展開していくのかとても楽しみにしています。

女性 40代
声優学校で少女たちの夢と挑戦の日々を描く青春群像劇です。

秋元康が企画と原作を担当し、脚本を吉田恵里香が担当しています。

演出は新城毅彦が担当しているそうです。

「DASARA」に引き続いて日向坂46のメンバーが主演を務めます。

佐々木美玲が声優になることが夢だが人前でうまく話すことが苦手なめいこ、彼女と対照的な性格で声優の夢に突き進む天道まなを丹生明里をそれぞれ演じています。

脇役も平野綾や山寺宏一など豪華な顔ぶれでとても楽しみです。

男性 20代
めいことまな達は、涙色戦記ヒロインオーディションの一次試験を無事通過し、二次試験では、最終試験に進む3名を選ぶ。

同じ会場には大人気ユニットのまりりん&るびーのまりりんという超強力なライバルも参加していた。

粘土で作品を作るという訳の分からない試験をしたが、これでは決まらず。

セリフ試験をする事に。

そして、まりりん、まな、めいこの3人が二次試験を通過し、最終試験に進む事になった。

ちずえは、ルイのお母さん役に抜擢され、泣きながら喜ぶ。

そして、いよいよ最終オーディションの日がやってくる。

会場に向かった2人。

そこにプロデューサーが結果はまりりんと決まっているとはなしてるのを聞いてしまう。

まなは怒り心頭!よくある出来レースですが、2人は覆す事ができるのか?頑張れ!

女性 30代
めいこちゃんのひたむきさ!よく出ていました。

しかし、何度みても見ても竹中直人さん扮する金閣寺炎上先生はクセが強い・・・。

そもそも、このドラマは日向坂以外の出演者はみんなクセ強めですよね(笑)今回も雪ねぇのツッコミよかったです。

男性 40代
第9話がはじまりました。

段々と最終回に近付いてきています。

オーディションの途中経過はやはりって感じですね。

残さなくちゃ意味がなくなってきちゃいます。

でもお母さん役で選ばれたのはよかったー!!と思いました。

仲間から他の役でも選ばれるのはうれしいものですしね。

ドラマの最後の方で、出来レースなのか??と思わせる電話の場面が。

はてさて出来レースだったけど、良い演技をしたことによって主役を奪うのか、それともそのままのか、気になりどころです。

女性 40代
金閣寺先生に会えて、オーディションにも参加できて、めいこ本当に良かったと心から思いました。

いろいろ挫折してやっと金閣寺先生の前に立てたのだから、気絶するのも仕方がないですね。

でもライバルは強いです。

まりりんも居ますし、まなちゃんも明るくヒロイン役が似合う性格です。

それにさすが金閣寺先生のオーディションです。

課題が粘土という本人でさえ何を評価するべきなのかわかっていない課題です。

でもめいこは一生懸命ですから、その気持ちが先生にも伝わるんだと思います。

無事3人の合格者に選ばれました。

嬉しいですし、もっとめいこの良さが伝わって、合格して欲しいです。

そして、今回感動したのが寮母としてめいこ達のお世話をしていた、ちずえが金閣寺先生から直接オファーでお母さん役をゲットできたことです。

ぴったりな役だと思いますし、みんながハッピーになれる最後だったと思います。

男性 30代
第九話。

この声春って、ドラマ名、もちろん青春に掛けてるのは最初から解ってたんだけど。

もしかして、声の小さい引っ込み思案の主人公が、自分のやりたいことのために『声を張る』って意味もあるのかしら。

あっ、あとはあとは、役柄を演じることを〇〇をはるというけど、声で役をはる声優を表した『こえ(を)はる』なのかもしれない。

ま、考えすぎか。

それにしても、良くも悪くもいつも通りの竹中直人さんですな。

竹中直人然としている。

むしろ、演出の人の話聞いてるのか不安になるわ(笑)仕事柄、面接は腐るほどしてるけど、オーディションの審査員てやってみたいなぁ。

自分の物語を体現する人を選ぶなんて、なんて素敵なんだろう。

それにしても、ドラマとはいえ、合格発表のときに、自分のプライベート語るねぇ〜。

他の応募者の立場になると、やってらんないね。

映画の『卒業』を彷彿とさせる。

練習中って、他の二人がやってるのに一人だけテレビ電話で休憩って、あんま良くないでしょ。

やっと最終オーディションか。

無理延ばし感があるけど、しゃあないか。

緊張で手汗がすごい割には、演技で体現できてない。

もっと頑張れ。

9話『選ばれない』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

声春っ!|第10話『声春っ!』

声春っ!|10話あらすじ
プロデューサーの柿沢(武田航平)の話からオーディションの裏側事情を偶然にも知ってしまっためいこ(佐々木美玲)とまな(丹生明里)。

激昂する2人だったが、「もう逃げたくない」この想いを胸に最後までやり遂げることを誓う。

最終オーディションへ向かう2人の結末とは…!出典:公式サイト

声春っ!|第10話『声春っ!』の感想
男性 20代
佐々木美玲演じる声優になることを夢に見る日ノ輪めいこと丹生明里演じる天道まながきらめき声優学園で級友たちと切磋琢磨しながら奮闘していく姿を描く青春ドラマです。

ふたりの他にも、クールビューティーな月川雪菜や彼女を慕って「ドレミ荘」に暮らす本田多恵、主人公にいじわるをしてしまう尼崎あまねなど個性豊かなキャラクターが登場しています。

第四話では同じ夢を目指すライバルであり旧友、友人である彼女たちならではの悲喜こもごもなエピソードが描かれました。

女性 20代
佐々木美玲さん演じるめいこちゃんや丹生明里さん演じるまなちゃんが凄く重要なヒロインを決定するためのオーディションの一次試験を突破したその勢いで続く二次試験も危なげなく突破してくれることを期待しています。

そして、ここまでの紆余曲折であったり歩んできた道のりに思いを馳せたりなどの回想シーンがあったらいいなと思っています。

また、最終的には主人公ポジションであるめいこちゃんが見事ヒロインを掴み取ってドレミ荘のみんなで祝杯をあげてくれたら嬉しいです。

男性30代
日ノ輪めいこは、大好きな漫画のアニメ化の声優オーディションを知り、かなりの人見知りですが、祖母の勧めもあって、声優の専門学校に入学します。

どう考えても募集期限に間に合いそうに無いと思われる場面があります。

そこは、きっかけということにして、基本的に秋元康氏企画による乃木坂メンバーにの作品で、顔と名前が一致しない人には誰が誰だか分かりません。

講師役に声優界のレジェンドが出ています。

振り向いてもらえるかは分かりませんが、アニメ好きにもアピールしています。

女性 10代
日向坂46のファンで、見ています。

そうでなくても面白い作品です。

みんな最終的に幸せになる青春サクセスストーリーだけでなく、挫折や失敗を描いてくれる所は深みがあります。

沢山の夢と、沢山のバイバイの記録。

というテーマがこの先の展開がとても楽しみです。

第一話は、夢の形で、とにかく自分に自信がないめいこのお話です。

第二話は、好敵手未満で、めいこと対照的なまなのお話です。

第三話は、外見と中身、この話から日向ちゃんたちの役が入ってきて、掛け合いが一層面白くなってきました。

第四話は、憧れと嫉妬で、雪菜と多恵のお話です。

一気に時間が飛ぶ所になるので、ここからのめいこたちの展開も楽しみです。

女性 30代
声優を題材にしたドラマって初めてな気がします。

平野綾さんに山寺さんとはなんて豪華なんでしょう。

戸田恵子さんも出るらしいし凄いですね!!!SMAPのファンの私からしたら自分まわりの出演者が最高です。

立教大学で撮影してたんですね。

ハーフツインのべみほ似合いすぎてヤバいですね。

ツインテールのKAWADAさんも可愛いーー。

丹生ちゃんに関しては、木村拓哉が役を演じると木村拓哉と言われるほど、このドラマの丹生ちゃんは丹生ちゃんだった。

笑この作品でもべみほとみーぱんはバチバチな関係なんですね。

男性 20代
めいことまなは、偶然プロデューサーの柿沢の話を聞き、裏側事情を知ってしまった。

激怒する2人だったが、もう逃げない!と最後までやり遂げると決める!そこへ炎上先生が現れ、公平なオーディションをやると約束してくれた。

いよいよ最終オーディションが始まる。

最終オーディションは、自己紹介。

2人は完璧な自己紹介をする。

それを聞いてめいこは、主役は自分ではなく2人がふさわしいと言い出す。

結果は、主役の双子の役にまりりん。

主役にまな。

めいこは、炎上先生が新たなヒロインを作成し、その声優に選ばれる。

器用に出来ないけれど、正直に前向きに進む事の大切さを教えてくれたのかなと思いました。

内容はアイドルドラマの域は超えていないけれど、竹中直人さんなど個性的な俳優さんがちょっとしたスパイスとなっていたなかなと思いました。

女性 30代
結局、ティア役にはなれなかっためいこちゃんですが、新に炎上先生がつくってくれたスリンガーという役を頂けた、めでたし、めでたし。

という内容でした。

ティア役がまりりんでなかったのは意外でした。

竹中直人さんのコミカルな演技には笑ってしまいました。

佐々木美玲さんが好きな方は十分に楽しめる作品だと思います。

男性 40代
いよいよ始まりました最終回。

どんな結末が待っているのか、予想通りなのかなと思いきや、少し意外性をいれてきました。

さすがに主役に抜擢しちゃったらできすぎますかね。

それでも新しいキャラを作ってしまうとは、なかなかやるな!って感じでしたね。

みんながみんな、それぞれうまくいき、これぞハッピーエンドというような結末でよかったです。

乃木坂さんもみんな夢を叶えてる人たちですもんね。

笑顔が似合いました。

女性 40代
柿ピーが悪い奴でした。

元々怪しい雰囲気はあったものの、玄米校長の意思を受け継いで、めいこ達をバックアップしてくれる人だと思っていたのでショックでした。

出来レースだと知っても、逃げずに前向きにオーディションに参加するめいこは偉いなと思います。

それだけ涙色戦記という作品に対する思いが大きいのだと思います。

オーディションでは、まりりんやまなの方がヒロインに向いていると発言しためいこですが、もう少しハングリー精神があってもいいのではと思いました。

やっぱり最後はカッコよく決めて欲しかったですが、最後までめいこはめいこでした。

おばあちゃんのいる田舎に帰ったのかと思いきや、金閣寺先生のインスピレーションにより新しいヒロインが誕生。

めいこはその役を3年越しに演じられて、本当に良かったなと思います。

最弱のヒロインがどんなキャラクターだったのか詳しく見たかったですが、きっとめいこによく似てるのでしょう。

他の同級生たちも次々に活躍していて、玄米校長も喜んでいるでしょうし、本当に声優という夢を通して青春を謳歌した時間が、現在の活動の力になっているのだろうなと羨ましく思います。

泣きながら笑いながらも前向きに頑張っているめいこ達に勇気をもらった作品でした。

男性 30代
第十話。

心の底から怒ってるか。

心の底から感情が見えないっす。

表には出さないけどの凄味もないっす。

最初からおかしいと思ってたか。

久しぶりに聞いたぜ、そのセリフ。

それにしても、全部プロデューサーのせいにするのは酷いな。

陰湿な脚本。

ザ・日本て感じ。

一人の悪人を設定して、ドブに落として袋叩きにする。

ま、ドラマよりも現実世界の方が陰湿で陰険で残酷だけど。

オーディション会場に全員そろうか。

そりゃ、最終回ですもんな。

全員出さないと、それこそ現実のファンに叩かれちゃうもんね。

ドラマとしては違和感バリバリですが。

山ちゃんと竹中さんがいると、アイス・エイジを思い出すな。

これにぴーちゃんが出てないのが残念だ。

『どんなにクソなやつでも役をもらい続けることもあるし、逆も然りよ』意外に名言。

これホントにそう思う。

マリリンが主役に選ばれないとこでもっとみんな驚けよ!そこが既定路線だったじゃん!先がわかってる脚本と演技じゃん。

最終的に驚きはなし。

主人公の性格や気質はブレブレだったなぁ。

最後には若干元に戻ってるし。

彼女達のファンからすれば大満足のドラマだったと思います。

このドラマは脇を楽しむドラマでした。

第10話『声春っ!』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

以上が、ドラマ『声春っ!』各話のあらすじ紹介になります。

あらすじだけでなく、動画で視聴したい方のために、ドラマ『声春っ!』の動画を全話無料視聴できる見逃し動画配信サイトを紹介します!

 

ドラマ『声春っ!』を配信中の見逃し動画配信サイト

ドラマ『声春っ!』の動画を見逃し配信している動画配信サイトを一覧でまとめましたので、ご覧下さい♪

\ドラマ『声春っ!』の見逃し動画配信サイト一覧/

配信サービス 配信状況
Hulu
U-NEXT ×
Paravi ×
FOD Premium ×
dTV ×
TELASA ×
Amazonプライムビデオ ×
クランクインビデオ ×
Netflix ×
Abemaプレミアム ×
dアニメストア ×
TSUTAYA DISCAS ×

※本ページの情報は2021年6月時点のものです。

ご覧頂いた通り、ドラマ『声春っ!』の動画は

  • Hulu

見逃し動画配信サイトで無料視聴できますが、その中でもおすすめはHuluです!

本日から10月12日まで無料!

でも、なんでHuluがおすすめなの?

と、気になると思いますので、おすすめの理由をHuluの特徴と共に紹介していきます♪

Huluでドラマ『声春っ!』の見逃し配信を全話無料視聴

ドラマ『声春っ!』の見逃し動画は、動画配信サイト『Hulu』で全話無料視聴可能です!

初回登録で2週間の無料期間があるので、ドラマ『声春っ!』の見逃し配信を1話〜最終話まで全話無料視聴できます♪

さらに、日本テレビの公式動画配信サイト『Hulu』では、国内はもちろん、海外ドラマや映画も幅広く配信してます。

ドラマ『声春っ!』以外にも、多数のドラマ・映画の見逃し配信を無料でお楽しみ頂けます♪

そんな、動画配信サイト『Hulu』の特徴を表でまとめました!

月額料金 1026円(税込)
※無料期間終了後から課金
無料お試し期間 登録から2週間
無料期間に解約すれば0円
配布ポイント ポイント制度なし
国内ドラマ動画配信数 600作品以上
その他 日本テレビ系列の動画配信サイト

ぜひ、Huluの無料期間を使って、今すぐドラマ『声春っ!』の無料動画を1話〜最終回まで全話一気見をお楽しみ下さい♪

本日から10月12日まで無料!

2週間の無料お試し期間中に解約すればお金は一切かかりませんのでご安心ください。

 

ドラマ『声春っ!』を視聴した人の感想

準備中です。

\ドラマ『声春っ!』の全話視聴ならHuluが一押し/

本日から10月12日まで無料!

\放送中アニメ/ドラマの無料動画はこちら!/

2021年7月夏アニメ曜日別まとめ一覧 2021年7月夏ドラマ曜日別まとめ一覧