推しの王子様 無料動画

本日から11月24日まで無料!
本日から11月8日まで無料!

2021年7月から放送開始の夏ドラマ『推しの王子様』の動画を1話〜最終回まで全話無料で見る方法をまとめました!

どの動画サイト(配信アプリ)を使用すれば、最もお得に無料視聴できるのか、比較もしているので、是非参考にしてみてください。

結論から述べると、FODプレミアムで、ドラマ『推しの王子様』の見逃し動画を全話無料視聴することが出来ますので、ぜひご利用ください♪

本日から11月8日まで無料!
推しの王子様のあらすじ

物語は、主人公の日高泉美(比嘉愛未)が、五十嵐航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”な日々を、まばゆいほどの胸キュンとともに描いていくもの。乙女ゲームを手がけるベンチャー企業の社長である泉美は、すべてを自分の理想通りに作り上げたケント様というキャラクターと恋に落ちるゲームが異例の大ヒットを記録し、一躍、新進気鋭の経営者に。

その泉美の前に、ある晩、航が文字通り“空から舞い降りて”きて、航は泉美を抱きしめます。

信じられない展開に仰天する泉美でしたが、それ以上に信じられないのは、航の容姿がケント様にソックリだったこと。

しかし航は、無作法で無教養で無気力で、なんとこれまで人を好きになったことも無い、無い無い尽くしの残念すぎる王子様でした。

大失望する泉美でしたが、ひょんなことから「私があなたを理想の男性に育てる!」と、航を会社で雇い、仕事はもちろん、言葉遣いからマナーに知識、さらには生きがいや恋の仕方まで教えることになり……。

出典:公式サイト

放送時期 2021
ジャンル コメディ/ギャグ
制作会社 フジテレビ
俳優 日高泉美:比嘉愛未|五十嵐航:渡邊圭祐|光井倫久:ディーン・フジオカ|古河杏奈:白石聖|渡辺芽衣:徳永えり|有栖川遼:瀬戸利樹|小原マリ:佐野ひなこ|織野洋一郎:谷恭輔|藤井蓮:藤原大祐
公式サイト 『推しの王子様』公式サイト
外部リンク Wikipedia公式Twitter

比嘉愛未出演のおすすめドラマまとめ

FODプレミアムで、ドラマ『推しの王子様』の見逃し配信を全話無料視聴できるとお伝えしました。

でも、

  • U-next、Amazonプライム、Netflixなど他の動画配信サービス(配信アプリ)で見る方法はない?
  • Youtubeやニコニコ動画などの無料動画サイトで無料で見る方法はない?

って思う方もいらっしゃると思います。

そこで、お金をかけないで視聴できる動画サイト(配信アプリ)を一覧表でまとめましたので、ぜひご覧ください!

\ドラマ『推しの王子様』の動画配信サイト一覧/

配信サービス 配信状況
FOD Premium
U-NEXT ×
Paravi ×
Hulu ×
dTV ×
TELASA ×
Amazonプライムビデオ ×
クランクインビデオ ×
Netflix ×
Abemaプレミアム ×
dアニメストア ×
TSUTAYA DISCAS ×

※本ページの情報は2021年6月時点のものです。

FODプレミアムってどんなサービス?

ドラマ『推しの王子様』の見逃し動画は、動画配信サイト『FODプレミアム』を使えば無料で視聴できます!

<FODプレミアムの特徴まとめ表>

月額料金 976円(税込)
※無料期間終了後から課金
無料お試し期間 登録から2週間
無料期間に解約すれば0円
配布ポイント 登録直後:100ポイント
※課金発生日に追加で100ポイント
国内ドラマ動画配信数 700作品以上
その他 雑誌130誌以上が読み放題
※追加料金なし

FODプレミアムは、2週間の無料期間があるので、ドラマ『推しの王子様』の見逃し動画を1話〜最終回まで全話無料で見れます♪

さらに、FODプレミアムは700作品以上のドラマ動画を配信しているので、

ドラマ『推しの王子様』の動画を見終わっても、他のドラマの見逃し配信も全話無料視聴できるのでおすすめです!

沢山のドラマ動画が無料で見れるFODプレミアムで、ぜひ、ドラマ『推しの王子様』の見逃し配信を1話〜最終回まで全話一気見して頂けますと幸いです♪

本日から11月8日まで無料!

無料お試し期間に解約すればお金は一切かかりませんのでご安心ください♪

FODプレミアムで視聴した人の口コミ

ただ、FODプレミアムの見逃し配信で動画を無料視聴出来るとは言っても、

  • あとで請求されたり、月額課金(サブスク)で、お金がかかったりすることはない?
  • 解約が出来なくて課金される

など、不安なことはたくさんあると思います。

無料期間内に解約すればお金は一切かかりませんが、本当に大丈夫?お金だけかかって見れないとかない?と、不安な方は登録・解約の流れをご確認ください。

FODプレミアム登録手順
    1. FODプレミアムの公式サイトにアクセスして『今すぐ2週間 無料トライアル』をクリック。
    1. お客様情報を入力しながら下にスクロール。
    1. 入力完了したら『次へ』をクリック。
    1. 決済方法を選択し、下にスクロール。
    1. 入力内容に誤りがなければ『送信』をクリック。
    1. 入力内容に誤りがなければ『送信』をクリック。
    1. 以上でFODの登録は完了です!

    登録から2週間は無料期間になりますので、無料で使ってみて継続するかどうか決めるといいですね♪

    無料お試し期間中に解約すれば、お金はかかりませんのでご安心下さい。

    本日から11月8日まで無料!
FODプレミアム解約手順
    1. FODの公式サイトにアクセスして、メニューボタンから『設定・サポート』をクリック。
    1. 『登録コースの確認・解約』をクリック。
    1. 『解約する』をクリック。
    1. 『次へ』をクリック。
    1. 以上でFODプレミアムの解約が完了です!

無料期間中の2週間以内に解約すれば、お金はかかりませんのでご安心下さい。

FODは無料期間だけと決めている場合は解約をお忘れなく♪

FODプレミアムを使わなくても、ドラマ『推しの王子様』の見逃し動画は違法サイトにアップロードされてるんじゃないの?と、思いますよね。

確かに違法動画サイトでドラマ『推しの王子様』の動画を見れる場合がありますが、

  1. 端末がウイルスに感染する
  2. 邪魔な広告が頻繁に入ってくる
  3. 音ズレや低画質で動画に集中できない

などの問題が頻繁に起きるので、違法サイトでの動画視聴はとても危険です!

違法動画サイトを使用した人の口コミ

男性 30代

自分はドラマが大好きであり、違法動画サイトなども利用させていただき、ドラマを見させていただきました。

それでサイトを閉じた瞬間でありますが、ウィルスに感染をしましたと表記をされました。

最初はいたずらだと思っていたのですが、以降はランダムな時間でタスクが表記されるようになり、自分の仕事の業務などに支障をきたしてしまうような感じになりました。

海外動画サイトで動画を見るのはリスクが高すぎると思います。

女性 20代

違法動画サイトを使用している際に、広告バナーが登場して、そのバナーを消すために×のボタンを押したにも関わらず、その広告画面に進んでしまったことがあります。

その広告も、不適切な内容を含む広告で、有料会員などのページに進むよう作られていたので、そのまま気づかずにいたら金額の請求があったかもしれないということがありました。

また、違法動画サイトでは、動画を再生した際に、サムネイルと全く別の動画が始まったということもありました。

男性 30代

当時youtubeでなかなか見つからなかった動画を違法動画サイトで見つけ、動作を再生する決断をしました。

後々考えれば、動画再生時にウィルスチェックに準ずる警告が出たような気がしましたが、見たいという熱意が先行して、結局閲覧することにしたのです。

結果としてはパソコンの起動を遅くする内容を招き、いたずらレベルの軽いウィルス感染になっていたことをパソコンの情報に詳しい知人から教えてもらいました。

やはり海外サイトにアップロードされてる動画には、気をつけるべきだと言えます。

スマホやパソコンがウイルスに感染して使えなくなった・・・

など、トラブルに巻き込まれる可能性もありますし、犯罪行為への加担となるので、安全に見れるサイトを使用しましょう。

これまでお伝えしたように、ドラマ『推しの王子様』の見逃し動画を視聴する場合は、公式動画配信サイト『FODプレミアム』がおすすめです。

FODプレミアムの無料期間で、ぜひドラマ『推しの王子様』のフル動画を1話〜最終回まで全話無料でお楽しみ下さい♪

本日から11月8日まで無料!

 

夏ドラマ『推しの王子様』の動画を全話無料視聴

FODプレミアムを使っての無料の視聴方法はわかった。。。

でも、解約を忘れたら月額課金(サブスク)になるのがちょっと怖いな・・・と思うかもしれません。

そこで、Youtubeやニコニコ動画などの無料動画サイトで検索をした結果をまとめました!

結論からいうと、ドラマ『推しの王子様』は、Youtubeやニコニコ動画などの無料動画サイトにおける、無料での視聴方法はありませんでした。

すぐに確実に無料視聴したい方は、こちらをご覧ください。

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

推しの王子様|第1話

推しの王子様|1話あらすじ
日高泉美(比嘉愛未)は、乙女ゲームを手がけるベンチャー企業『ペガサス・インク』代表取締役社長。

4年前に起業した泉美が最初にリリースした乙女ゲームが、外見から内面まですべてが泉美にとって理想の“推し”であるキャラクター・ケント様と恋に落ちる『ラブ・マイ・ペガサス』だった。

このゲームが異例の大ヒットを記録し、泉美は一躍、新進気鋭の経営者としてもてはやされることに。

起業する前の泉美は、保険会社に勤務し、夢もやりたいこともなく退屈な日々を送っていた。

そんなある時、友人から乙女ゲームの存在を教えられ、何気なくプレイを始めたところ一瞬で心を奪われた泉美は、人生で初めて“生きがい”と呼べるものを見つける。

乙女ゲームに夢中になるあまり、ゲーム会社へ転職した泉美は、そこで出会ったトップクリエーターの光井倫久(ディーン・フジオカ)とともに、最高の乙女ゲームを一から作り上げるために起業することを決意したのだ。

真面目で、誰に対しても壁を作らず等身大で接する泉美は、どんなに困難な状況でも絶対に諦めずひたむきに前へ進むタイプで、デザイナーの渡辺芽衣(徳永えり)、プランナーの有栖川遼(瀬戸利樹)、デザイナーの小原マリ(佐野ひなこ)、エンジニアの織野洋一郎(谷恭輔)ら部下からも厚く信頼されている。

だがプライベートでは、ここ何年も恋愛をしておらず、もっぱらケント様に夢中。

週に1回は必ず、仕事を忘れて『ラブ・マイ・ペガサス』に没頭する日を設けており、その日は近所の中華料理店で働くアルバイトの藤井蓮(藤原大祐)に毎回チャーハンを届けさせている。

『ラブ・マイ・ペガサス』は乙女ゲーム界で革命を起こしたと言われるほどの人気。

ファンの一人である大学生・古河杏奈(白石聖)も夢中になっていた。

一見順風満帆な泉美だったが、実は『ラブ・マイ・ペガサス』に続く次回作の制作に苦心していた。

開発資金集めに奔走する泉美は、経営の多角化を進めている水嶋十蔵(船越英一郎)が代表取締役社長を務める大手アウトドアメーカー『ランタン・ホールディングス』に出資を求めるも、あっさり断られてしまう。

そんなある夜、光井と飲みに出かけた泉美は、いつものように彼の言葉に励まされる。

光井と別れ、酔ったままふらふらと帰路につく泉美。

すると、泉美の目の前に、いきなり空から男が降ってくる。

借金取りから逃れるために歩道橋から飛び降りたその男・五十嵐航(渡邊圭祐)の顔を見た泉美は、さらに驚がくする。

何とその容姿は、ケント様にそっくりで……。

推しの王子様|第1話の感想
男性 30代
乙女ゲームの中の理想の推しであるキャラクターケント様にそっくりな人物・五十嵐航が何の前触れもなく突然目の前に現れた。

今でさえ乙女ゲームを手がける企業の社長である泉美だが、起業する前は夢もなく退屈な日々を送っていた。

そんな時友人から乙女ゲームを教えられた事がきっかけでハマってしまったのだ。

そしてその勢いでゲーム会社に転職しそこで知り合った光井ことミッチーから一緒にゲームを作り上げようと誘われ起業し作った乙女ゲーム「ラブ・マイ・ペガサス」が異例の大ヒットとなったのだ。

突然現れた航は夢も希望もなくその上無職だと言い、まるで以前の自分を見ているようで彼を「ペガサス・インク」で雇うことにした。

ミッチーの助言もあり、航をケント様のように育てようと決心するのだった。

そしてスタッフに航を紹介しその姿がケント様にそっくりなので皆を驚かせるのだった。

女性 20代
ひたすらキラキラした男性が勢揃いしていて、見ているだけで目の保養になります!自分の推しを探しながら見たくなるドラマでした。

リアルケント様がどのくらいまで乙女ゲームのケント様に近づけるのか気になりましたが、航はケントそのものですね。

泉美は乙女ゲームに出会ったことで人生が180°変わったようですが、日々の生活で人生を変えてしまうほどのものに出会える日が自分にもあれば良いなと感じました。

泉美が乙女ゲームに出会って、目標や夢もなくただただ仕事をしていたところから、乙女ゲームに携わりたくて転職して社長。

人生は本当に何があるか分からないものですね。

男性 20代
日高泉美はベンチャー企業『ペガサス・インク』代表取締役社長。

起業する前は、夢もやりたいこともなく退屈な日々を送っていた。

そんな時、乙女ゲームに出会い一瞬で心を奪われた。

泉美がきぎ起業し最初にリリースした乙女ゲームが異例の大ヒット。

しかし『ラブ・マイ・ペガサス』に続く次回作の開発資金集めに奔走するが断られなかなか上手くいかない。

ある夜、光井と飲みに出かけた泉美は酔って帰る途中、いきなり空から男が降ってきた。

借金取りから逃げて歩道橋から飛び降りたその男、五十嵐はケント様にそっくりだった。

五十嵐は、仕事もクビになり住むところもなく崖っぷち。

泉美の会社に雇ってくれと突然やってくる。

始めは断るが五十嵐が自分には何もないなどの言葉で昔の自分と重なり、雇う事にきめる。

五十嵐くん!めちゃイケメンだけど、中身はまだまだ。

これからどんな風に変わっていくのか、楽しみです。

女性 30代
元々は深キョンが主演だったとかで、色々話題だったドラマ。

内容も含めてとても楽しみにしていました。

ドラマみたいな(ドラマだけど)出会い方でケント様そっくりの男に出会う泉美ですが、自分の昔にそっくりな航を日常から仕事まですべて育てていくことになります。

仕事などを含めて夢を持って働く人と、夢なんて無駄だと思っている航の対比を強く感じました。

それにしても航の言葉知らずというか、世間知らずな感じが行き過ぎていて面白く感じました。

そして最後、めちゃめちゃイケメン!!服装も髪型も完璧ですね。

今後二人がどういう関係性になっていくのかとても楽しみです。

でも、光井もいいな、なんて思ったりもしてます。

多分泉美のこと好きなんだろうなと思うので、そこら辺も楽しみです。

男性 40代
シミュレーションゲームみたいに主人公の泉美が残念な王子様の航を育てていくのがすごく面白そうで期待しています。

比嘉愛未さんの社長役がイメージになかったのでどんなキャラクターを演じるのか楽しみだなと思いました。

恋はDeepにでの末っ子役が似合っていた渡邉圭祐さんが王子様をどんな風に演じるのか期待しています。

この二人の恋愛がどんな風に進んでいくのか展開が楽しみだなと思います。

航に思いを寄せている杏奈がこの二人の間に入ってくるのかも気になります。

女性 40代
自分の理想通りに作り上げたキャラクター・ケントと恋に落ちるゲームを開発したことで新進気鋭の経営者となった主人公・泉美が現実にケントと瓜二つである人物・航と出会ったことで始まるストーリーであり、運命的な出会いをどう美しく表現するのか期待が高まりました。

しかしそこから容姿以外は残念過ぎる航の姿から一気に落とされる泉美の心境をどう表現するのか、コミカルさを含んだ展開に期待しています。

失望から航を理想に育て上げるという展開に面白みと共に洗練された姿へと変化していく航が見どころになると感じました。

恋愛の高まりに胸キュンが止まらない作品になると、今から期待が高まります。

第1話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

推しの王子様|第2話

推しの王子様|2話あらすじ
彼を上等な男に育てよう。

外見も中身も、最高の王子様に――乙女ゲームを手がけるベンチャー企業『ペガサス・インク』の社長を務める泉美(比嘉愛未)は、自身の理想通りに作った推しキャラ、『ラブ・マイ・ペガサス』の主人公・ケント様にそっくりな航(渡邊圭祐)に出会う。

だが航は、ケント様に似ているのは外見だけで、がさつで無神経、おまけに無気力な男だった。

そんな航に、乙女ゲームに出会う以前の、夢もやりたいこともなく退屈な日々を送っていたかつての自分を重ねた泉美は、彼を『ペガサス・インク』で雇うことにする。

今はまだ何者でもない航がケント様になれるかどうかを、副社長の光井(ディーン・フジオカ)と賭けた泉美は、「絶対、ちゃんと育ててみせる」と宣言し……。

泉美から航を紹介された芽衣(徳永えり)や有栖川(瀬戸利樹)、マリ(佐野ひなこ)ら『ペガサス・インク』のスタッフは、ケント様にそっくりなその姿に驚きを隠せない。

航は、とりあえずプランナーの有栖川の下につき、雑用から始めて仕事を覚えることになった。

ところが航は、社会人の常識どころか、漢字や敬語すらろくに知らないような有様。

困り果てた有栖川たちは、このままだと大きな問題を起こしかねないから泉美にもきちんと面倒を見てほしい、と訴えた。

そんなある夜、仕事を終えて帰路についた泉美は、公園で野宿しようとする航を目撃し……。

推しの王子様|第2話の感想
男性 30代
外見がケント様にそっくりな航はガサツで無神経、その上社会性にも欠けていて同僚からも見放されてしまうのだが、かつて泉美も何もわからない所から這い上がってきたので航を何とか育てようとする。

会社の帰り道、野宿する航を見かけ社会人としての自覚を持たせる為、取りあえず泉美の所に住まわせることに。

一緒に生活する中で社長である泉美が帰宅後も仕事している姿に航は何故そこまで頑張るのかという疑問を投げかけたところ泉美は「一度舟を漕ぎ出したら漕ぎ続けなければいけないんだよ」といい言った泉美も思うところがあるようだ。

航は一時投げ出しそうになったが、泉美の後ろ姿を見つつ努力することによって変えていこうと頑張り始める。

その姿を光井はそっと見守り励まし理解者として航を応援していくのだった。

航はとても素直で好感が持てる青年だ。

ゲームの中で育てることと同じように航を育てていくのだろうか。

ぎこちないが変化していく姿が楽しみ。

女性 20代
航の社会人としてのレベルは予想を遥かに越えるものでした。

航の態度は同僚としてはイライラしてしまうと思います。

でも、航を憎めませんね。

航は航なりに考えて頑張ろうとしていて、何よりも相手のことを考えられる優しさはあります。

会食でステーキを飛ばした航、女の子には申し訳ないですが爆笑してしまいました。

ケント様が大好きなら、あんなに泣くのかと疑問に感じました。

私だったらどんな状況でも、リアルケント様なら許してしまう気がします。

泉美は社長として非の打ち所がないくらいだと思っていましたが、泉美も抱えているものがたくさんあるのですね。

男性 20代
航は、ケント様に似ているのは見た目だけで中身は全く似ていない。

泉美は、昔の自分と重ねてしまい航を雇う事にした。

プランナーの有栖川の下につき、雑用から始める事に。

しかし常識どころか、漢字や敬語すら分からず、ひどい状態。

困った有栖川たちは、泉美にもきちんと面倒を見てほしいと訴える。

仕事帰りに、公園で野宿しようとしている航を見かけ、自宅に住まわす事になってしまう。

ある日、会食に航を同席させなくてはいけなくなり、テーブルマナーや挨拶を叩き込む!航は切ったお肉を社長の娘さんに飛ばしてしまい、会食は上手く行かなかった。

そこに前の会社の同僚と会い、心ない言葉を浴びせられる。

航は頭から水をぶっかける。

航くん!本当にイケメン。

あんな風に励まされたらマズイですねー(笑)航くんにハマりそうです。

女性 30代
航を育てることにした泉美は会社で雇うことにしたが、全く常識がなく周りのスタッフもお手上げ状態。

本当に現実にいたらこれはまずい(笑)性格もひねくれているからこそ育てるのは難しそう…。

でもケント様に似ていてイケメンだから何とか成り立っている感じですね。

そしてインターンで杏奈がやってくる。

航とは幼馴染で、今後どういう交わり方をしていくのか…。

航は会社で自分の態度について怒られてしまいます。

その中でも光井はとても優しいですね。

しっかり寄り添ってくれる、あんな上司がいたらいいなって思って観ていました。

航も会食に参加することにし、自分なりにとても頑張っていてちょっと感動してしまいました。

と思ったら、お肉を飛ばしてしまう…。

その時、セリフをめちゃめちゃ言おうとして、「今じゃないから!」とツッコミが面白かったです。

その後の前の同僚を対処してくれた航はイケメンでした。

頑張って変わろうと頑張る航を応援します。

男性 30代
シミュレーションゲームみたいに主人公の泉美が残念な王子様の航を育てていくのがすごく面白そうで期待しています。

比嘉愛未さんの社長役がイメージになかったのでどんなキャラクターを演じるのか楽しみだなと思いました。

恋はDeepにでの末っ子役が似合っていた渡邉圭祐さんが王子様をどんな風に演じるのか期待しています。

この二人の恋愛がどんな風に進んでいくのか展開が楽しみだなと思います。

航に思いを寄せている杏奈がこの二人の間に入ってくるのかも気になります。

女性 20代
自分の理想通りに作り上げたキャラクター・ケントと恋に落ちるゲームを開発したことで新進気鋭の経営者となった主人公・泉美が現実にケントと瓜二つである人物・航と出会ったことで始まるストーリーであり、運命的な出会いをどう美しく表現するのか期待が高まりました。

しかしそこから容姿以外は残念過ぎる航の姿から一気に落とされる泉美の心境をどう表現するのか、コミカルさを含んだ展開に期待しています。

失望から航を理想に育て上げるという展開に面白みと共に洗練された姿へと変化していく航が見どころになると感じました。

恋愛の高まりに胸キュンが止まらない作品になると、今から期待が高まります。

第2話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

推しの王子様|第3話

推しの王子様|3話あらすじ
泉美(比嘉愛未)たち『ペガサス・インク』は、新作乙女ゲームの開発にむけて、水嶋十蔵(船越英一郎)率いる『ランタン・ホールディングス』に出資を持ちかけ、企画書を提出した。

企画へのリアクションを聞くために、泉美は光井(ディーン・フジオカ)とともに『ランタン・ホールディングス』を訪れるが、応対したのはメディア事業部の小島(竹森千人)だけで、十蔵の姿はなかった。

その席で、企画のさらなるブラッシュアップを提案された泉美たちは、芽衣(徳永えり)や有栖川(瀬戸利樹)らスタッフに、先方の意向を組み込んで、もう1度、企画書を作り直すよう指示する。

しかし、再提出までの猶予は1週間足らずしかなかった。

そのとき、航(渡邊圭祐)の姿がないことに気づく泉美。

実は航は、会議中に居眠りを始め、そのまま会議室で眠っているという。

泉美は、航が他のスタッフが話している専門用語を理解できず、用語集を読んで勉強しようとしたものの苦戦していることを知る。

航に、物事を学ぶ意味や、その先に見える景色の素晴らしさを教えてあげたいと決意した泉美は、彼にITの専門用語集や小説などを渡し、感想を書いて提出するよう命じる。

数日後、泉美たちは、ランタンの中核事業でもあるアウトドア事業の要素を生かすなど、先方の要望を盛り込む工夫を続け、何とか最終プレゼン用の企画書をまとめて提出する。

しかし、ランタン側からはさらに無茶な注文が届き……。

出典:公式サイト

推しの王子様|第3話の感想
男性 30代
光井は本当に優しい。

何も出来ない航が有栖川から嫌味を言われていてもかばってくれている。

人を育てるのは大変な事だと思う。

そもそもこれがやりたい事でもない航にとっても一から始める魅力が何処にあるのか。

ある意味巻き込まれていくことで航の人生が変わっていくのかもしれない。

今までずっと仕事で失敗続きだった航はもう何かを知る努力をしても無駄だと思っていたが、
今回のランタンとのプレゼンで一番貢献した航は有栖川からも少し認められ仕事を任されるようになり、会社のスタッフも航を育てる一員になっている。

航の過去にも何かあるようだし、ランタン・ホールディングスの社長・水嶋にも何か思惑がありそうで恐い。

女性 20代
航はわざと仕事をしないのではなく、コツをつかめずにいるだけのような気がします。

新人の頃なら誰でも感じるであろう感覚ですよね。

有栖川は仕事に真剣で航に一生懸命やって欲しい気持ちでいっぱいなのだと思いますが、時々当たりが強すぎる気がします。

いつか航もメンバーとして認められる日が来れば良いと思います。

ランタンの担当者が全員“嶋”がついていて、しかも嫌味ばかりで何の嫌がらせなのかと笑ってしまいました。

水嶋を前にしてプレゼンが無事に始まり、結果を聞くのが怖かったです。

水嶋がプレゼンを聞いて資料を閉じた瞬間、ダメだったのかと思ってしまいましたが、見事に成功でしたね。

どのようなゲームになるのか楽しみです。

男性 20代
新作乙女ゲームの開発の為に、ランタン・ホールディングスに出資を持ちかけ、企画書を提出した。

泉美は光井と共に、ランタン・ホールディングスを訪れるが、十蔵は出てこず、メディア事業部の小島だけが対応に出てくる。

企画のブラッシュアップを提案された泉美は企画書を作り直すようスタッフ達に指示する。

一方航は、専門用語などが分からず苦戦していた。

泉美は、物事を学ぶ意味やその先に見える景色の素晴らしさを教えてあげたいとITの専門用語集や小説などを渡し、感想を書いて提出するよう命じる。

その頃、ランタンのプレゼンでは、次々と新しい担当者が来ては、無茶な提案をしてきて、泉美達は振り回される。

スタッフ達もイライラしている事あり、航ともぶつかり社内は険悪な雰囲気。

そんな時、航が十蔵が書いた本を泉美に渡す。

その本からヒントを受けて、最終プレゼンは大成功!少しずつ成長していく”航くん育成ゲーム”の様ですね。

来週はどんな成長を見せてくれるのか?楽しみです。

女性 30代
物語とは別で、この会社いいなって思いました。

みんなが目標目指して生き生きと働く会社。

働く環境としては申し分ないと思います…が、やっぱり航の働く姿勢は良くないですね…。

会議中に居眠りは酷い。

でも泉美のインタビューを見て少しやる気を出すようになりましたね。

そんな中、契約先の会社の対応が酷いですね…。

担当者同士で上手くかみ合っていないし、会社の理不尽さがすごい出てきているな、と思いました。

そして航と遼のバチバチ感もヒートアップ。

遼がイライラする気持ちはすごくわかります。

でも、本を読んだ航に助けられて、出資も決定し結果的には会社のためになることが出来ました。

このまま少しずつ意識が変わっていけたらいいですね。

そしてあの日の夜は何もなかったんですね!だんだん二人の距離感も近くなってきてそこら辺も気になります。

男性 30代
残念すぎる王子様がどんな風にキラキラな王子になるのかまずそこがかなり楽しみです。

よく女の子がダメダメでそれをイケメン男性からモテ女に変わっていくというストーリーはありがちで観たことあるのですが、逆というのはなかなかないので斬新な設定がどんな展開になるのかなかなか読めなくてそこが面白そうで期待度がかなり高いなと感じました。

それに主演の比嘉愛未さんと渡邊圭祐さん二人がピュアな感じでドラマの雰囲気に合っている感じがするのでより一層面白さに磨きがかかるなと思いました。

放送が待ち遠しいです。

女性 20代
主演が比嘉愛未、出演者にディーンフジオカ、佐野ひなこ等自分が気になる俳優さんが出ていることがまず気になりました。

演技力のある方々なので変なことを気にせずに心からドラマを楽しめそうだと思います。

また、恋愛をしていない女子が自分の理想にピッタリな外見の男性と出会い、相手を自分好みに変えようと奮闘するというストーリーも面白そうだと思いました。

疲れた木曜の夜にラブコメディーを見て笑ったり泣いたり楽しめることを期待しています。

第3話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

推しの王子様|第4話

推しの王子様|4話あらすじ

泉美(比嘉愛未)たち『ペガサス・インク』は、新作の乙女ゲームに関して、十蔵(船越英一郎)の会社『ランタン・ホールディングス』から出資を受けられることになった。

士気が上がり、プロトタイプの制作にも力が入る有栖川(瀬戸利樹)らスタッフたち。

その中で、芽衣(徳永えり)は、早退して推しの2.5次元俳優・三上悠太(仲村宗悟)が出演するミュージカルを見に行くため、物凄い勢いで仕事を片付けている。

チケットを取るために、普段から善行を続けて徳を積んでいるという芽衣は、全公演を見に行く予定だという。

その思いに共感し、“推し活”も推奨している『ペガサス・インク』の社風に改めて魅力を感じる杏奈(白石聖)。

だが、航(渡邊圭祐)だけは、同じ内容なのに金がもったいない、と、いまひとつ芽衣の思いが理解できないようすで……。

その夜、航は、振り込まれたばかりの初めての給料を全額引き出して帰宅する。

だが航は、特に欲しいものがあるわけでもないらしい。

初めての給料を何に使ったのか、と問われた泉美は、覚えていないと返しつつ、推しができてから金の使い方が変わった、と答える。

泉美は、金の使い道は物質的なものだけではなく、形に残らなくても価値があるものもあるし、航も夢中になれるものが出来たら変わるかもしれない、と告げた。

だが、どうにもピンとこない様子の航。

ある日、泉美が勉強のために休日を利用して舞台やコンサートを見に行くと知った航は、同行することにする。

そんな中、泉美は、とあるギャラリーで開催されている絵画展に興味を抱き、立ち寄ろうとした。

だが航は、何故か足が止まってしまい……。

出典:公式サイト

推しの王子様|第4話の感想
男性 30代
社員の『推し』を応援する会社は理想の会社だ。

しかしその『推し』が夢を壊すようなことになれば悲しく辛い気持ちになってしまう。

スタッフの芽衣の『推し』2.5次元俳優が結婚することになりショックを受け辛い思いをしている姿に航は理解できずにいた。

泉美から航も好きな事を見付けてやってみたらと言われるが、自分には必要ないと断る。

そんな航を泉美は勉強の為に休日舞台やコンサートに連れて行くのだが魅かれるものはなかった。

通りがかったギャラリーの絵画に目を留めたのだが入るまでには至らなかった。

しかし航は確実に成長していた。

泉美から言われた事はしっかり身についていて驚かされるのだった。

ある日杏奈は昔から航は絵が上手いのだと言い過去がしだいにわかってくる。

芽衣が『推し』によって自分のあるべき場所を見つけたという話を聞き、やっと航は芽衣の気持ちを理解し芽衣に千秋楽に行く事を勧めるのだった。

そして芽衣の仕事を手伝うことで航は本領を発揮する場を見付けるのだった。

女性 20代
自分にも推しは確かにいますが、人生のすべてをかけられる推しがいれば、もっと違う世界が見えるのかもしれませんね。

芽衣の落ち込みようは凄まじくて、本気で心配してしまいました。

芽衣にとっては人生を変えてくれた推しで、確かに推しが結婚して引退となればすべてを奪われたような気がしてしまいますね。

航は時々、ド正論を言いますが、間違っているとは言い切れないです。

航の絵には航の優しい性格がよく表れていて、航にはまた好きな絵を心から楽しんで欲しいと感じました。

泉美は自分の航への気持ちに少しずつ気づいてきたようで、恋の行方からも目が離せません。

男性 20代
スタッフの芽衣は早退して推しの2.5次元ミュージカルを見に行く。

“推し活”も推奨している『ペガサス・インク』の社風に改めて魅力を感る。

航は、初めての給料をもらい、全額引き出して帰宅する。

しかし航には特に欲しいものがあるわけではない。

泉美は、お金の使い道は物質的なものだけではなく、形に残らなくても価値があるものもある。

とはなす。

しかし航にはピンとこない様子。

休日、泉美が勉強のために舞台やコンサートを見に行くと知った航は一緒に行く事に。

しかしどれにも興味を持つことはなかった。

実は航は昔絵を描いていて上手かったと言う。

また描くことを勧められるが、硬くなりこばむ。

芽衣が推しの舞台に行く事になり、芽衣の仕事を代わりに航がやることになった。

久しぶりに絵を描いて少し何か心に響くものが出来てきた様です。

とうとう杏ちゃんが航に告白をした!今後航の関係はどうなるのか?泉美と航は?気になります。

女性 30代
何か夢中になれる好きなことがある人生ってとてもキラキラしていていいですよね。

航には今夢中になれるものがなく、本人も周りの同僚を見て意識するようになります。

過去に好きなもので苦しんだことがあったみたいですね。

今回の推しが結婚と引退でショックを受けるっていうのはとても分かります。

私ももうすぐ好きなグループが解散してしまうので…。

でも今まで好きだったからこそ幸せな時間があったというのは、本当にその通りだなと思いました。

ちょっと救われました。

最後航はデザイナーの仕事を任されて一歩前進ですね!そして初給料でケーキを買ってきたり…何だか可愛らしく思えてきました。

と思った矢先に、突然の至近距離!急にお互い意識が変わりそうな予感…。

杏奈もついに航に好きだったと告白。

恋愛面が急に動き出してきて、もっと面白くなってきました。

男性 40代
王子様役の渡邊圭祐さん!恋つづ、MIU404、恋ぷにと話題作に引っ張りだこの渡邊圭祐さんがついに王子様役ということでこの作品で爆発的に売れること間違いなし!比嘉愛美さん演じる社長とどう関わりどう変化していくのかとても楽しみです。

ミステリアスな雰囲気の圭祐さんですが、どんな王子様を演じられるのか、今までにない役どころにワクワクしています。

また、おじカワや恋する母たちに出演していた藤原大祐くんもご出演されるとのことで、アミューズ期待の若手2人の共演に胸が熱いです!絶対に見ます!

女性 40代
まずは本作の王子様役が渡邊圭祐とあって楽しみです。

仮面ライダーで未来から来た謎めいた青年役でしかも一人二役をうまくこなしていました。

彼の容姿なら乙女ゲームの王子様という二次元キャラクターとそっくりという役はぴったりだと思いますし、残念なイケメンから変貌を遂げる役も演技力でカバーできるはずです。

彼がどんな残念なイケメンになるのかワクワクします。

そんな残念なイケメンを理想の男性に育てるというの設定もいいです。

私もヒロインと同じ気分になって楽しめると期待しています。

第4話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

推しの王子様|第5話

推しの王子様|5話あらすじ

航(渡邊圭祐)は、杏奈(白石聖)に誘われて食事に行く。

その帰り道、杏奈は、ずっと好きだった、と自分の思いを航にぶつける。

突然の告白に動揺する航。

一方、泉美(比嘉愛未)は、航に対する杏奈の思いを知り、応援すると彼女に約束したものの、航の帰りが遅いことが気になり、どこか落ち着かない。

と、日付が変わったころになってようやく航が帰ってくる。

だが、いつもと違った様子ですぐに自室に入ってしまう航。

泉美は、そんな航の態度に違和感を抱き……。

『ペガサス・インク』では、新作乙女ゲーム『恋する森の中へ』のプロトタイプ版のチェックが行われる。

その出来栄えに納得し、これでアルファ版の制作に入れると判断する光井(ディーン・フジオカ)。

しかし泉美は、どこか引っかかるものがあるという。

そんな中、ゲームの登場人物であるイケメン男子の「気づいたんだ……この気持ちを、『好き』って言うんだって」というセリフを見つめていた航が、ふと「『好き』って何なんでしょうね……」とつぶやく。

航が、いままで人を好きになった経験がないと知って驚く有栖川(瀬戸利樹)と織野(谷恭輔)。

有栖川たちは、泉美やマリ(佐野ひなこ)も巻き込んで、航に誰かを『好き』になる気持ちを教えてあげようとするが……。

出典:公式サイト

推しの王子様|第5話の感想
男性 30代
泉美と航の遊園地シーンから一気に2人の距離が縮まると思っていましたが、まさかラストに泉美と航がケンカ別れをしてしまうとは予想していませんでした。

あのラストは泣けました。

航が初めて人を好きになるとはどういうことなのかをやっと気づけた矢先で、自分が賭けに使われていただけだと言われたらガッカリしますよね。

泉美も以前はケント様一色だったと思いますが、いつの間にか泉美にはケント様ではなく、航を思い出すことが増えたと気づき始めていたはずです。

ドラマではすれ違うのは定番の設定ですが、今回は本当に辛かったです。

女性 20代
「好き」とは何なのか。

この議題、私もよく友達と話しています。

このことが軸となって今回のストーリーが動いていきますが、光井が泉美へ恋心を抱いており、有栖川が光井に恋していることも分かりました。

有栖川は結構衝撃でした。

鈍感だからか気づかなかったです。

そしてひょんなことから、航と泉美が一緒に遊園地へ行くことに。

二人のお似合いな感じが見ていて居心地よいですが、あんなのためのデートと言うことになっていて…。

無邪気な航が可愛らしくてしかもそれを見せるのは泉美の前だけのようにも見えるし。

泉美も航へ確実に好意を抱いていますよね。

そして最後には航も自分の気持ちに気づき始める…。

なのに、泉美と光井の話を聞いてしまって、航はショックを受け、家を出て行ってしまいました。

あと少しで気持ちを伝えあえたのに!すれ違ってしまいました。

悲しいです。

男性 30代
“航は杏奈から食事に誘われ帰り道、杏奈からずっと好きだったと告白される。

泉美は杏奈の気持ちを知っていただけに帰宅の遅い航が気になり落ち着かない。

やっと帰って来た航の様子がいつもと違うことに違和感を抱く。

一方新作ゲーム『する森の中へ』のチェックをしたところ、光井はその出来栄えに納得したが泉美はどこか引っかかるものがあるという。

好きになった経験がない航は「好き」って何なのだろうとつぶやいたことで有栖川たちを巻き込む事に。

確かに気持ちを表現するのは難しいことだ。

航を育てる事を勧めたのは光井なのだが、泉美は自分でも気付かない内にしだいに航に魅かれていっている気がする。

そんな泉美に光井は動揺し始めるのだった。

そんな時航は、自分が泉美と光井の賭けにされていた事を知りショックを受け泉美の所から出ていくのだった。

そこへ杏奈が現れる。

光井は泉美が好きなのだが言えないでいる姿が歯がゆい。

有栖川も好きな人がいるようだが言えずにいる。

女性 20代
航は杏奈に誘われて食事に行き、その帰り道ずっと好きだったと突然告白される。

航は動揺する。

一方、泉美は応援すると彼女に約束したがどことなく落ち着かない。

ペガサス・インクでは、新作乙女ゲーム『恋する森の中へ』のプロトタイプ版のチェックが行われた。

その出来栄えに光井は納得するが、泉美は、どこか引っかかるものがあるという。

そんな時、航が『好き』って何なんでしょうねとつぶやく。

航が、いままで人を好きになった経験がないと知って驚く。

こんな純粋な人いますかねー?(笑)光井の気持ちが垣間見られるシーンがあり、ちょっと切ないなぁーと思いました。

こういう間柄はたいてい結ばれないから。

航に2人が賭けをしていた事を知られてしまい、航は家を出て行ってしまう。

航の気持ちを思うと、あの言葉は深く傷つくし、これからどのように修復していくのか?気になります。

第5話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

推しの王子様|第6話

推しの王子様|6話あらすじ

航(渡邊圭祐)は、泉美(比嘉愛未)と光井(ディーン・フジオカ)が、自分を一人前の男性に育てられるかどうかで賭けをしていたことを知る。

「どうせあんたの大好きなゲームでもやってるつもりだったんだろ」。

泉美に対して失望した航は、彼女に怒りをぶつけて部屋を出て行く。

その夜、杏奈(白石聖)と偶然出会った航は、彼女に励まされ、泉美を見返すためにも仕事を頑張るしかないと決意する。

『ペガサス・インク』では、開発を始めた新作乙女ゲーム『恋する森の中へ』で物語の途中から投入するキャラクターの制作に入ろうとしていた。

そのキャラクターは社内コンペで決定するという。

そこで泉美と光井は、今回はいつものようにキャラクターの設定に合わせてデザインを決めるのではなく、デザイン先行でもいい、自由な発想で考えてほしい、と皆に告げる。

決まっているのは、メインキャラクターである3兄弟のピンチを助けるイベントで登場するということだけだった。真剣に話を聞いていた航は、そのコンペに挑戦することを決める。

泉美は、賭けのことを知られ、航を怒らせてしまったと光井に打ち明ける。

光井は、きちんと話をするしかない、と泉美にアドバイスするが……。そんなある夜、仕事を終えて帰路についた有栖川(瀬戸利樹)は、忘れ物をしたことに気づいて会社に戻る。

すると、誰もいないはずの会社に何故か寝袋にくるまる航の姿が。

今まで住んでいたところに帰れなくなり、会社に泊まるつもりだと航に聞いた有栖川は、仕方なく彼を自宅に連れ帰るが……。

出典:公式サイト

推しの王子様|第6話の感想
男性 30代
泉美と航はケンカしたままで、仲直りできるのかどうか不安でした。

でも、航の背中を押したのが有栖川で、泉美の背中を押したのが光井で、やっとお互いに素直になれましたね。

ただ、時々光井が一人でこぼす本音が聞いているだけで切なくて、光井は大人だと心から感じます。

光井が泉美の恋愛対象にならないまま来てしまったのは、仕事のパートナーとして非常に上手くいっているからだと思いますが、どこか皮肉に感じてしまいます。

有栖川の好きな人がもしかしたら光井なのかもしれませんね。

だからこそ、有栖川の言葉がより航に響いたのですね。

女性 20代
すれ違ってしまった泉美と航でしたが、最後には素直に謝れて仲直り出来て、何だか見ているこちら側もとても嬉しくなりました。

「好き」という気持ちは、たとえ片思いでも大切にした方がいい、好きなもの、人があるだけで自分の居場所ができる、そんなドラマ中のセリフがすごく響きました。

航がついに告白する?という時に杏奈が倒れてしまう。

結局航が送っていくことになったが、自分で言っておきながらも泉美は複雑そう。

登場人物に片思いが多すぎて本当に見ていて苦しいです。

男性 20代
まずタイトルが良いですね。

ドキドキ感がハンパないキュンキュンさせてくれそうなタイトルで、私好みであることは間違いなさそうです。

どんな王子様なのか今から楽しみです。

そして今の若者たちの恋愛風景も早く見てみたいです。

どの時代でも若者たちの恋愛ものは良いですよね。

ウキウキします。

出演する俳優さんたちもとてもフレッシュな所も、可愛く見れそうで、演技などもどうかなーと思うかもしれませんが、それはそれで楽しみたいです。

女性 30代
比嘉愛未さんの演技が自然体で好きなので、とても楽しみにしています。

伊達さんの前回のドラマ「知ってるワイフ」の脚本が面白すぎて全部見たので、今作にも期待しています。

女性が理想の男性を育てるというのがゲームや漫画っぽい設定に感じましたがどう描かれるのか気になります。

現実世界ではあまりないことだと思うので、ぶっ飛んだ世界観を楽しめるとうれしいです。

渡邊圭介さんは知らない俳優さんなのですが、胸キュンやラブシーンにも期待しています。

男性 40代
元々の主演だった深田恭子さんが体調不良でお休みに入り、代役で比嘉愛美さんが主演となった話題の作品です。

深田恭子さんは綺麗で見ていて飽きないので、深田恭子さんが出るドラマがあれば見るだろうなと思っていました。

ですが体調不良ということで、比嘉愛美さんが代役に。

比嘉愛美さんが演じる姿を見て、深田恭子さんならどんなだったかなと想像するのが楽しみです。

もちろん、比嘉愛美さんの演技も楽しみです。

比嘉愛美さんはコードブルーに出ている時から綺麗で落ち着いた方だなと思っていました。

一番楽しみにしているドラマです。

女性 40代
最近注目のイケメン渡邉圭祐さんが相手役ということでとても楽しみです。

女性社長と年下の若い男性との恋愛はすごく夢がありますね。

いろんなバタバタをしながら2人が親密になっていくラブコメ的な展開を期待しています。

主演の社長役を演じる比嘉愛未さんも急遽の登板とのことですが、実力がある女優さんだと思っているので、しっかりと代役を演じてくれそうですね。

社長が主役のドラマではビジネス的なところもたくさん描かれそうなのでその部分も注目しています。

男性 30代
自分が賭けの対象にされていた事を知った航は泉美に失望し家を出て行ってしまう。

そこで偶然杏奈に出会い励まされお互い仕事で頑張ろうと励まい合うのだった。

会社に寝泊まりしていた航は忘れ物をした有栖川に見つかり暫く有栖川のところにお世話になることになった。

そんな有栖川は武田信玄が大好きで光井と重ね合わすのだった。

確かに光井は冷静沈着で人間が出来ているカッコイイ。

そんな光井を目で追う有栖川の姿をよく見かけるようになり航は不思議な感じに思えた。

一方新作乙女ゲームで物語のキャラクターを社内コンペで決める事になり今回は設定に合わせるのではなく自由な発想で考える形のもので、航にもチャンスはあると挑戦することになった。

頑張っている航を光井は色々助言する中で今回の賭けについて触れ謝り、それには他の理由があるのかもしれないと諭すのだった。

光井は航と泉美をくっつけたいのか離したいのか分からない部分がある。

今回も離れたことでお互いの存在がはっきりしたようだ。

過労で倒れてしまった杏奈の存在も気になる。

女性 20代
航は、2人が自分を一人前の男に育てられるか賭けをしていたことを知ってしまう。

泉美に失望し、家を出て行ってしまった。

航は見返すためにも仕事を頑張るしかないと決意する。

開発を始めた新作乙女ゲームで物語の途中から投入するキャラクターは社内コンペで決定することになった。

航は、そのコンペに挑戦することを決める。

一方、泉美は賭けのことを知られ、航を怒らせてしまった事を話すと光井は、きちんと話をするしかないとアドバイスする。

ある日、有栖川が忘れ物をし会社に戻ると、何故か寝袋にくるまる航がいてビックリする。

会社に泊まるつもりだと聞いた有栖川は、仕方なく彼を自宅に連れ帰る。

好きな人の話を有栖川とするが、好きな人がいる事はとても素晴らしいのだから、諦める事はないと話す。

一方泉美は光井から、航に素直に謝れば良いとアドバイスされる。

2人はお互い謝り許し合う事が出来、やっと気持ちを伝える!と言う時に、杏奈が倒れたと連絡がある。

もどかしいですね。

杏奈も良い子だけに見ていて切ない。

次回は告白出来るのか?2人の関係に進展はあるのか?気になります。

第6話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

推しの王子様|第7話

推しの王子様|7話あらすじ
航(渡邊圭祐)は、泉美(比嘉愛未)の指示で、過労で倒れ病院で治療を受けた杏奈(白石聖)を自宅まで送り届ける。

航は、大学の勉強とインターンとしての仕事を両立させようと頑張ってきた杏奈をねぎらうと、何かあったら頼ってほしいと告げて帰っていく。

泉美は、無事に送り届けたという航からのメッセージを受け、ホッと胸をなでおろす。

泉美は、航への返信に、今日はどこに泊まるのか、と打ちかけるが、それを消去すると「ありがとう」とだけ打って送る。

あくる日、社長室にやってきた航は、次の給料が出るまでの間、もう一度同居させてほしいと頼む。

それを了承する泉美。

一方、社内では、芽衣(徳永えり)やマリ(佐野ひなこ)が、社内コンペで決定する『恋する森の中へ』の新キャラクターのデザインを着々と進めている。

コンペに参加しているはずの航だが、芽衣たちのデザインが気になり、気持ちばかりが焦るもののまだ何も描けていなかった。

泉美は、光井(ディーン・フジオカ)に、航と和解することができたと報告する。

光井は、泉美が明るさを取り戻していることにすぐに気づき……。

その夜、航は、スーパーの買い物袋を掲げながら泉美の部屋にやってくる。

航は、迷惑をかけないように食事くらいは自分で用意しようと思ったらしい。

そんな航と、キッチンで一緒に料理する泉美。

こうして、航と過ごす最後の1週間が始まり……。

出典:公式サイト

推しの王子様|第7話の感想
男性 30代
“航が泉美の所を出たことでお互いが自分の気持ちに気付き、これからという時に杏奈が過労で倒れた航を杏奈の所に行かせる。

航は杏奈に幼なじみ以外の感情は無いが杏奈には恋愛感情がある中での励まし頭ポンポンは誤解されてしまうのでは。

航はその日戻る事はなかったが、給料日までは居させてと泉美に頼む。

コンペが近づく中、自信が持てない航は焦りばかりで何も書けないでい
るのだが、泉美との生活の中で好きな事を仕事に出来る喜びを知り以前培った才能を生かし自信がもてるようになる。

一方泉美を支えずっと見守り続けている光井は泉美の様子から航との関係性が戻ったと察知する。

そしてコンぺでは自分と重ね合わせた航の新キャラクターが採用された事で泉美は自分を越えて欲しい思いもあり、また杏奈に同居を知られてしまった事から二人は悲しい気持ちを押し殺し航を自立させるのだった。

女性 20代
泉美の涙はもう見たくないです。

せっかく航とまた一緒に暮らすようになって、航が自分の気持ちを伝えたのに、こんな別れ方は本当に切なすぎます。

でも、航が大切で航のことが大好きだからこそ泉美はあのような対応をするしかなかったのも分かります。

杏奈が航を大好きで航と付き合いたい気持ちも、もちろんストレートで良いと思います。

ただ、泉美に牽制をかけるのは嫌でしたね。

航と泉美が同居しているなんて想像もしていなかったと思いますし、憧れの泉美に裏切られた気持ちもあったと思います。

杏奈には申し訳ないですが、泉美と航がまた向き合って今度こそ幸せになれることだけを願っています。

男性 20代
航は、過労で倒れた杏奈を病院から自宅まで送り届ける。

次の日、航が社長室にきて、次の給料が出るまでの間、もう一度同居させてほしいと頼む。

それを受け入れる泉美。

光井に航との誤解は解けて理解してもらえた事を伝えると、光井は泉美が元気を取り戻していることにすぐに気づく。

光井さんは、優しすぎて見ていて切ない感じですね。

一方、航はコンペの準備が進まず、昔のトラウマから自信を失っていた。

そんな航に泉美は、今までの経験は何一つ無駄にはならない!物を作る時に必ず役に立ち、航の武器になると話す。

航は、前向きにコンペの準備を進めて始める。

次の日、杏奈がやってきて航と泉美が同じマンションに住んでいるのか?と聞かれる。

泉美の本当の気持ちはどうなのか?と問い詰められるが、泉美は2人の事を応援してると話す。

いよいよコンペの日、航は素晴らしいキャラクターを作り、新キャラとして採用される。

その夜、航は泉美に好きだと告白する。

しかし、泉美は私から卒業しないといけないと話し、翌日航は家を出ていく。

泉美のセリフはどれも心に刺さる!人と比べる事など、どうでも良くなる位に熱中出来るモノ、私も欲しいなぁーと思いました。

泉美と航、光井、杏奈の関係は、どうなっていくのでしょうか?次週も楽しみです。

女性 30代
航の成長が凄まじい回でした。

仕事に対する意識が最初の頃とは全然違うし、プレゼンでも自分と重ね合わせたような感じで、生き生きしているようにも見えました。

そしてそのプレゼンも見事選ばれて良かったです!満場一致はすごい!最後、ついに男らしく航が泉美に告白するも、泉美は杏奈とか色々な感情から別々の道を歩きましょう、と伝えます。

素直になれれば、すぐ両想いなのに!見ていて、もどかしい…。

似顔絵を置いていく航もそれを見て涙を流す泉美も、切なすぎて、二人が想いを伝えあって結びあったらいいなと思います。

第7話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

推しの王子様|第8話

推しの王子様|8話あらすじ

航(渡邊圭祐)は、泉美(比嘉愛未)に好きだと伝えた。

しかし泉美は、尊敬の気持ちを誤解しているだけだと返し、航の人生は航自身が作るものなのだから別々の道を歩こう、と突き放す。

「今まで、ありがとう」。そう言い残して寝室に入ってしまう泉美。

翌朝、航は、泉美と顔を合わせることもなく、静かに彼女の家を出て行き……。

それから8ヵ月が過ぎた。

『ペガサス・インク』が発表した新作乙女ゲーム『恋する森の中へ』は、史上最速で300万ダウンロードを記録する大ヒットとなり、航はそのプランナー兼デザイナーとしてテレビの取材を受けるなど、乙女ゲーム界のプリンスとして注目を集めている。航は、多忙な業務の間を縫って、新作ゲームの企画書を準備していた。

有栖川(瀬戸利樹)にそのことをバラされてしまった航は、泉美に企画書を渡す。

一方、光井(ディーン・フジオカ)は、ゲーム会社を立ち上げた大学時代の友人から、一緒にやろうとヘッドハンティングを受ける。

「何のためにペガサス・インクにいるのか?」と友人に問われた光井は言葉に詰まり……。

そんな中、声優のアフレコスケジュールでトラブルが起きる。

調整をせざるを得なくなった泉美は……。

出典:公式サイト

推しの王子様|第8話の感想
男性 30代
“ペガサス・インクにいる光井の存在は大きいが所詮泉美のサポート役。

自分のやりたいことが出来ないでいるようだ。

そんな時誘われた光井が主体となって欲しいという会社。

光井の気持ちが揺れ動いている。

そんな中、航が随分前から杏奈ちゃんと付き合っている事を泉美は知り動揺する。

航が泉美の元から離れていってから泉美は元気がなくなり、その気持ちを反映するかのようにラブ・マイ・ペガサス人気も下がってきている。

すっと泉美を見守り続けてきた光井には泉美が航を好きなことはわかっていたが、泉美は航がもっと大きく育ってほしいから突き放したというのだ。

ひた向きな光井もとうとう泉美に告白をしこれからもずっと一緒にいたいと言うその言葉に泉美は驚きを隠せなかった。

一方ランタンの社長十蔵から傘下にという話があったのだが条件として売り上げ低迷しているラブ・マイ・ペガサスを終了させる事だった。

航の成長も目を見張るものがあり、泉美は何を選択していくのだろうか

女性 20代
泉美が初めて見せた弱い部分で、泉美も辛いなかで頑張ってきたのだと感じました。

航がいなくなってから泉美は自分の気持ちに嘘をついてきて、大好きだったはずの乙女ゲームに対してもマイナスな考えが浮かんできてしまうほどのようで、泉美を見ていると辛くなってしまいます。

泉美が航を好きだったことを打ち明けた相手が光井というのは酷だと感じましたが、光井にはやはり大人の余裕があるのかもしれません。

あの場面で自分の気持ちをしっかり相手に伝えられるのは、さすが光井ですね。

泉美は仕事もプライベートもこれからどうするのか目が離せません。

男性 20代
航は泉美に好きだと伝えたが、泉美は、尊敬の気持ちであって恋愛ではないと話し、別々の道を歩こうと突き放す。

翌朝、航は、泉美と顔を合わせることもなく家を出て行った。

それから8ヵ月が過ぎた。

新作乙女ゲーム『恋する森の中へ』は大ヒットとなり、航はそのプランナー兼デザイナーとしてテレビの取材を受けるなど、乙女ゲーム界のプリンスとして注目を集めた。

航は業務の間に新作ゲームの企画書を準備していた。

航は泉美に企画書を渡す。

一方、光井の友人がゲーム会社を立ち上げる事になり、一緒にやろうと持ち掛けられる。

そんな中、声優のアフレコでトラブルが起こる。

航が台本を急いで書き直した事で解決した。

泉美は台本のミスに気がつかなかった事などで、落ち込み三井に相談しているうちに、自分の気持ちに気がつく。

そして三井も泉美に告白をする。

翌日、水嶋社長に呼び出される。

ランタンの傘下に入らないかと持ちかけられ、条件は売上が落ちているラブマイペガサスを終わらすという事だった。

三井さんは、本当に優しく強い人だなぁーと思います。

あんな状況でも冷静で。

実って欲しいけど、、、でもそれは違うのかな〜とも思います。

泉美は本当に航との事は諦めてしまうのでしょうか?会社も危機。

来週どうなるか楽しみです。

女性 30代
前回から8か月後…。

航の成長が凄まじい!そして杏奈と付き合っていました。

なんだか悲しくなってしまいました。

泉美も以前より活気がなく様子が変わっていました。

航も気づいていて、それを心配する姿を杏奈も見ていて複雑そう。

仕事では、声優さんとの打ち合わせで航はファインプレーをします。

航の成長の裏では、泉美が仕事で悩み苦しんでいました。

光井に気持ちを話して泣いている姿が苦しかったです。

でもそれ以上に光井の気持ちも辛い!ついに泉美に告白をします。

そして航も陰で聞いていて…。

いやいやどうなっちゃうの!?という展開。

みんなの気持ちが加速していって、回ごとに切なさも大きくなっています。

早く結ばれてほしい…。

男性 40代
「乙女ゲームの理想の王子様が現実世界に現れたら?」という何ともドリーミーなお話で、それゆえに日常を忘れて楽しめそうなドラマだなと思います。

それにプラスして、見た目王子だけど中身残念な男子・航を、主人公で会社経営者・泉美が理想の男に育てるって、ちょっと過激さを感じる展開にもドキドキしますね。

この2人の関係が恋愛に変わるのか、それとも別の形になるのか、今までにない設定なだけに物語がどう進むのか分からないのが面白そうです。

前にフジテレビドラマで話題になった『知ってるワイフ』の制作さんたちによって作られるそうなので、意外なストーリーになるのではないかと個人的に期待しています。

第8話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

推しの王子様|第9話

推しの王子様|9話あらすじ

泉美(比嘉愛未)は、航(渡邊圭祐)のことが好きだと光井(ディーン・フジオカ)に打ち明けた。

心をさらけ出した泉美に対して、自分も正直になろうと思えた光井は、ずっと胸に秘めていた泉美への想いを告白し、一緒に生きていきたいと思っていると伝える。

だが泉美たちは、ドアの外で航がふたりの会話を聞いていたことには気づいていなかった。

そんな折、『ランタン・ホールディングス』社長の十蔵(船越英一郎)から呼び出された泉美は、ランタンの傘下に入らないかと持ちかけられる。

傘下に入れば資金力は飛躍的に増え、新しいゲームの開発も可能になる。

『ペガサス・インクにとっては魅力的な話だ。

ただし、その条件として十蔵が提示したのは、売り上げが低下している『ラブ・マイ・ペガサス』のサービスを終了させる、というものだった。

『ラブ・マイ・ペガサス』に費やしていた労力やコストを、新しいゲームの開発に当てるべきだというのだ。

会社に戻った泉美は、光井に十蔵からの提案を伝える。

光井は、突然のことに驚きながらも、『ラブ・マイ・ペガサス』は自分たちにとって大切なゲームなのだから、結論を急がずにどうするべきか一緒に考えようと告げる。

その際、泉美は、光井から告白された件にも触れ、きちんと考えるから時間がほしい、と話す。

一方、泉美の思いを知った航は、揺れる心を抑えながら杏奈(白石聖)と交際を続けていた。

そんな航のもとへやってきた泉美は、働き過ぎの航に無理をしないよう指示すると、彼が提出した新ゲームの企画もいつか実現させようと伝える。

そこで航は、自分だけでなく、芽衣(徳永えり)や有栖川(瀬戸利樹)たちも、それぞれ自分の得意分野を生かした乙女ゲームの企画を考えており、みんなで集まって企画会議もしていることを泉美に伝え……。

出典:公式サイト

推しの王子様|第9話の感想
男性 30代
“泉美も光井もお互いの気持ちを正直に打ち明けた。

泉美は光井とくっついて欲しいと思うのだが、泉美は航が好きなのだという。

一方会社の方ではランタン社長から条件付きで傘下参入の話がきたが条件がラブペガを終了させることだけに泉美は悩む。

スタッフには意図していなかった形で知られてしまうが、皆もラブペガを手放したくないと言い泉美も最初の頃の思いに耽るのだった。

そんな中、光井のヘッドハンティングは結局はペガサスインクを離れられないと断りホッとした。

いくら航が頼もしく成長したとしても光井なくしてこの会社はまとまって行かないと思うし、なくてはならない存在なのだと思う。

航はラブぺガあっての自分だと言い企画書まで作ったが結局泉美は来月終了することに決めるのだった。

ランタン社長は最初から買収を目論んでいたような気がする。

本当に泉美と約束を守ってくれるのだろうか。

不安が残る。

女性 20代
泉美と光井のラストシーンがとんでもなく絵になるくらい美しくて美しくて、素敵過ぎました。

泉美が光井の思いを受け止めることはないのかなと思っていたので、意外性もありました。

泉美と航が、また始めからやり直すのを期待していて、残りの話数でひっくり返るのかどうか見守っていたいです。

でも、光井はずっと泉美を支えてきて、泉美は光井がいれば仕事もプライベートもきっと上手く行く気がして、このまま結婚まで進んでも良いようにも思えてきました。

水嶋がペガサスインクを買収し、ペガサスインクのために一生懸命になるとはどうしても思えず、不安が残ります。

男性 20代
泉美は航を好きだと光井に打ち明けた。

光井もずっと隠していた泉美への思いを告白する。

そんな2人の話を偶然航は聞いてしまう。

そんな中、泉美はランタン・ホールディングスの社長の十蔵から呼び出され、ランタンの傘下に入らないかと持ちかけられる。

そして、その条件にはラブマイペガサスのサービスを終了させるというものだった。

光井は、自分たちにとって大切なゲームなのだから、一緒に考えようと話す。

そして泉美は告白された件も、きちんと考えるから時間がほしいと話す。

一方、芽衣や有栖川、航は、それぞれの得意分野を生かしたゲームの企画を考えて、企画会議をしていた。

一方、友人からのヘッドハンティングを受けていたが光井は、その誘いを断った。

有栖川は、光井のヘッドハンティングを受け断った事を泉美に知らせる。

泉美は悩み抜いた結果、買収を受け入れラブマイペガサスを査収する事に決めた。

泉美は、光井の気持ちにも応える事にした。

えーー!ちょっとびっくり!ここはくっつかないと思っていたので意外でした。

会社も光井ともどうなるのか?次週も楽しみにしています!

女性 30代
ついに「ラブ・マイ・ペガサス」が配信終了になりましたね…。

正直まさかそっちの選択をするとは思っていなかったので物語がそっちに進んでいって驚きでした。

そして、泉美も光井の気持ちに対ししっかり向き合い、ついに最後に結ばれました。

でも何だか切ない…。

きっと航への気持ちがあるはずで、やっぱりそっちがくっついてほしいと思っている自分がいて、光井の気持ちが実ったのは嬉しいけど、ちょっと複雑な気持ちでした。

航も先週の回で泉美の本心を聞いてしまっているので、もやもやした気持ちです。

お互いが通じ合える日は来るのでしょうか。

男性 40代
元々は深田恭子さんが演じるはずの主演でしたが、急遽比嘉愛未さんが主演を演じるということで、比嘉愛未さんにとても期待しています。

「理想の男は育てる時代へ」というキャッチフレーズが、現代の女性と男性を表しているかのようで心に刺さりました。

俳優さんも、いま注目されており、これからくる俳優さんということで、そういったところにも注目してドラマを見たいと思っています。

比嘉愛未さんがどのように男性を育てあげるのか、いまからワクワクしています。

女性 40代
もともと主人公二人が好きな俳優さんと女優さんだったので見ようと思っていたのですが、深田恭子さんが体調不良になってしまい、代役が比嘉まなみさんになるとニュースでしり、とてもショックでした。

ただ出来上がったものをみると比嘉さんになってよかったのかもしれないと思うほど二人のビジュアルが最高です。

ああいったきれいめのお姉さんと年下男子もありだなと感じました。

美男美女が主人公ということもあって目の保養になるドラマだと思っているので楽しみです。

第9話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

推しの王子様|第10話

推しの王子様|10話あらすじ
『ペガサス・インク』社長の泉美(比嘉愛未)は、『ラブ・マイ・ペガサス』のサービス終了という条件を飲み、十蔵(船越英一郎)率いる大手アウトドア・メーカー『ランタン・ホールディングス』の傘下に入った。

ペガサスにはランタン側からやってきた小島(竹森千人)が統括部長として加わり、企画開発に関わることに。

また、オフィスも近日中にランタン本社内へ移すことになっていた。

皆にとって酷な選択をしたのではないかという思いもあった泉美は、光井(ディーン・フジオカ)にその不安な気持ちを打ち明けた。

光井は、スタッフの企画を実現させるためなのだからみんなにとっても良い話だ、と言って泉美を励ますと、門出を祝ってパーティーをしようと提案する。

泉美たちは、今まで使ってきたオフィスでパーティーを開いた。

思い出話に花を咲かせる一同。

仲睦まじい様子の光井と泉美を見つめていたのは航(渡邊圭祐)、そして有栖川(瀬戸利樹)だった。

帰り道、有栖川は、泉美と光井が付き合い始めたようだ、と航に伝えた。

複雑な想いの航は杏奈に会いに行くが、気持ちは消化しきれず……。

1週間後、泉美たちは新しいオフィスに移る。

十蔵も交えた企画会議の席で、小島は、有栖川、芽衣(徳永えり)、そして航が提出したゲーム企画を進めたい、とスタッフに伝える。

その席で十蔵は、モバイル・ゲームだけでなく、家庭用ゲーム機でプレイできるコンシューマーゲームも作りたい、と提案する。

その第1弾として候補にあがったのは、航が企画した『銀河のラビリンス』だったが……。

出典:公式サイト

推しの王子様|第10話の感想
男性 30代
ランタンの傘下に入ったがまだ始まったばかりなので皆前向きに考え我慢している様子。

泉美も以前の余裕がなくなり社長としての業務に追われて自らが楽しめていない事が気になる。

光井はまとめ役であり何かを決める時、皆の様子を見ながら決めているがランタンからの無茶ぶりが多い為に無理を強いられている。

泉美がプレゼンに失敗してしまったのはショックだ。

以前テレビであれだけ熱っぽく語っていただけに残念な結果。

ランタンの社長十蔵はペガサス・インク社長の座を奪おうとしているかのように、泉美に無理を押し付けているような気がする。

プライベートでも泉美は光井と付き合ってはいるが気持ちがすれ違っていることもあり全てが空回りしている。

そんな泉美は会社を辞めると言いマンションからも姿を消してしまう。

航は泉美が心配でならない様子。

やっぱり航がいないと泉美はダメなんじゃないのかと思う。

女性 20代
泉美がここまでボロボロになっていたとは思いませんでした。

泉美はこれまで乙女ゲームに関わることが本当に楽しくて、生き甲斐だったはずです。

その泉美がまさか乙女ゲームに情熱を燃やせなくなるまでになっているとは、辛すぎます。

光井とせっかく付き合えた次の回で別れてしまうのも寂しく感じました。

ペガサス・インクが水嶋の会社の傘下に入ることは必ず利益になるとは思いましたが、水嶋をどこまで信じて良いのかは疑わしいものがありました。

水嶋は始めから泉美を社長の座から引きずり下ろすのが目的だったような気もしてしまいます。

男性 20代
泉美は「ラブ・マイ・ペガサス」のサービス終了するという条件を飲み、ランタン・ホールディングスの傘下に入る。

ランタン側から統括部長が加わり、企画開発に関わる。

泉美は皆にとって酷な選択をしたのではと心配していたが、光井はスタッフの企画を実現させるためなのだからみんなにとっても良い話と励ます。

1週間後、泉美たちは新しいオフィスに移る。

モバイル・ゲームだけでなく、家庭用ゲーム機でプレイできるコンシューマーゲームも作りたい、と十蔵から提案があり、その候補に航が企画した『銀河のラビリンス』があがった。

クライアントへのプレゼンの場で泉美はミスをおかしてしまい、プレゼンは失敗する。

十蔵から失望したと叱責され、社員の為に考えるように言われる。

悩んで出した答えは会社を辞めるという事だった。

それを社員達に伝えて、家も引き払い姿を消してしまう。

十蔵みたいな人は、怖いですね。

初めからこれが狙いだったのかも知れないが、精神的に追い詰め自ら退かすなんて。

これから泉美と光井、航はどうなるのでしょうか?来週最終回!楽しみです。

女性 30代
大手の傘下に入り、仕事の内容も変わってしまいました。

自分の提案した企画が通りやすいというメリットもありながら、泉美はゲームの企画の仕事にはほとんど関われず、他の仕事に追われる日々。

そしてプレゼンでは自分の意見がうまく言えず、失敗してしまい、しまいには体調不良で倒れてしまいます。

そして会社を辞めると決意した泉美。

乙女ゲームへの熱意がなくなってしまった泉美は本当に空っぽな印象でした。

生き生きしていなくていつも遠くを見ているような印象…。

そして光井も切ない。

こういう時に頼ってほしいものなのに、頼ってもらえない、見ていて苦しくなりました。

最後、航が泉美の家へ走っていったら、泉美がいなくなってしまっていました。

毎回毎回切なくて、見ていて辛いです。

早くみんなが幸せになってほしいです。

第10話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

推しの王子様|第11話

推しの王子様|11話あらすじ
『ランタン・ホールディングス』の傘下に入ったものの、ランタン側からの一方的な要求に翻弄されたあげく、コンシューマーゲーム化を目指した企画の大事なプレゼンでも失態を犯してしまった泉美(比嘉愛未)。

光井(ディーン・フジオカ)や航(渡邊圭祐)ら『ペガサス・インク』のスタッフたちに迷惑をかけてしまったことに苦しむ中、乙女ゲームへの情熱も失ってしまった泉美が出した結論は、ペガサスを辞める、というものだった。

泉美は、交際を始めたばかりだった光井にも別れを告げると、マンションを引き払って姿を消してしまう。

それから10日後、ペガサスは、ランタンから来ていた小島(竹森千人)が新社長に就任する。

それに伴い、小島はゲーム制作に関するプロジェクト・チームの刷新に動き出していた。

一方、航から、泉美の居場所について心当たりはないかと問われた光井は、泉美と別れたことを打ち明ける。

泉美を支えることも、スタッフをまとめることも出来ずに不甲斐ない、と自分を責める光井。

航は、光井にはそんな言葉は似合わない、というと、強い決意を持って、会社のことは出来る限り努力する、と告げる。

泉美は、実家に帰っていた。

しかし、自分を突き動かしていた乙女ゲームへの情熱も、“推し”もいないいま、何をすればいいのかすらわからない。

そんなある日、泉美の前に、突然、光井が現れて……。

出典:公式サイト

推しの王子様|第11話の感想
男性 30代
泉美は社長を辞めいなくなってしまった。

皆の為に自分の思いを閉ざしている内に自分を見失っていってしまったようだ。

ランタンの傘下に入ってから泉美はゲームを楽しめなくなっていった。

光井はいなくなった泉美を探しあて以前の泉美のように自分の思う通りに生き方がいいと助言。

泉美は自分を見つめる余裕ができ以前の泉美に戻っていった。

会社は社長が変わり経営にはしるようになっていき、本来のペガサス・インクとは違っていった。

それを一番感じ取ったのは乙女ゲームの推しであるユーザー達だった。

ランタンとは目指すところが違う事に気付き、十蔵の前に全員が辞表を出した。

意外にもそれを理解してくれたことに驚いた。

こうして元に戻ったペガサス・インクは古巣に戻り、そこへ泉美も戻れることになりラブ・マイ・ペガサスも再開し、泉美と航は気持ちが通じ合い又一緒に住むことになった。

泉美にとっての推しの王子様とは航の事なのですね。

女性 20代
泉美がどこに行ってしまったのかと心配でしたが、実家に戻っていたようでホッとしました。

泉美が辞めて光井が社長になるのかと思いましたが、まさかランタン側の人間が社長になるとは。

ペガサスインクの良さがどんどんなくなってしまうようで寂しくなりました。

泉美はペガサスインクのピンチに何を感じ、何をするのか気になりましたが、ネット上に意見を投稿するという形で仲間を救ってくれました。

泉美は本当に乙女ゲームが大好きなのですね。

泉美と航がどうなっていくのか気になりましたが、ラストに幸せそうな2人が見れて本当に嬉しく思いました。

航のケント様衣装はかなり驚きでした!

男性 20代
ランタン・ホールディングスの傘下に入ってからは、一方的な要求に悩まされ、泉美はコンシューマーゲーム化の企画のプレゼンを失敗してしまう。

乙女ゲームへの情熱も失ってしまった泉美は、ペガサスを辞める事を決断し、光井にも別れを告げると、マンションを引き払って姿を消してしまった。

一方、航から、泉美の居場所について心当たりはないかと問われた光井は、泉美と別れた事、そしてみんなをまとめられなかった事を不甲斐ないと自分を責める光井。

航は、光井にはそんな言葉は似合わないと話す。

泉美は、自分を突き動かしていた乙女ゲームへの情熱もないまま、何をすればいいのかすらわからない。

そんなある日、泉美の前に突然、光井が現れ、自分に素直になろうと話す。

そんなある日、新社長の小島はゲーム制作に関するプロジェクト・チームの刷新に動き出した。

しかし、ファンからはあまりに変わってしまったキャラクターなどに批判が広がっていた。

ペガサスインクのメンバーは、バラバラになりかけていた時に、杏奈が一つのブログを見せる。

内容は的確で、泉美の書いたものだと気がつく。

杏奈は、航の本当の気持ちを知り別れを告げる。

ペガサスインクのメンバーは、全員ランタンを辞め、ラブペガも再開してまた一からみんなでやり直そうと航は泉美に話す。

航がケント様の格好で出てきた時は、泉美の妄想かと思いました(笑)やっと思いを伝えあえハッピーエンド!私も推し!作りたくなりました。

女性 30代
急にいなくなってしまった泉美。

そしてゲーム制作もコストや効率重視となり、新しいゲームの恋森も炎上してしまう。

それを助けたのも泉美でした。

的確な指摘によってファンも意識が変わり、会社のみんなも退職して泉美を迎えてやっと活気が戻ってきました!そして泉美と航もやっとやっと結ばれてくれました!もうずっともどかしかったからこそ、嬉しかったです。

最後鍵を閉めてでもキスする二人にキュンとしました。

みんなが片思いで切なさがたくさんあるドラマでしたが、最後はすっきり終わることが出来てとても良かったです。

第11話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

以上が、ドラマ『推しの王子様』のあらすじ、と、無料動画サイトの情報紹介になります。

無料動画サイトで見逃し配信してないけど、他に無料で見る方法はないの?

と、動画を視聴したい方のために、NetflixやAmazonプライムビデオなどで、ドラマ『推しの王子様』の動画を1話〜最終話まで無料視聴できる動画配信サイトを紹介します!

各動画配信サイトの特徴や安全な視聴方法についても解説しているので、無料視聴を安全にお楽しみいただけたらと思います♪

 

夏ドラマ『推しの王子様』を配信中の見逃し動画配信サイトまとめ

ドラマ『推しの王子様』の見逃し配信をしている、Netflixやアマプラなどの動画配信サイトを一覧でまとめましたので、ご覧下さい♪

\ドラマ『推しの王子様』の見逃し動画配信サイト一覧/

配信サービス 配信状況
FOD Premium
U-NEXT ×
Paravi ×
Hulu ×
dTV ×
TELASA ×
Amazonプライムビデオ ×
クランクインビデオ ×
Netflix ×
Abemaプレミアム ×
dアニメストア ×
TSUTAYA DISCAS ×

※本ページの情報は2021年6月時点のものです。

ご覧頂いた通り、ドラマ『推しの王子様』の動画は

  • FODプレミアム

動画配信サイトで無料視聴できますが、その中でもおすすめはFODプレミアムです!

本日から11月8日まで無料!

でも、なんでFODプレミアムがおすすめなの?

と、気になると思いますので、おすすめの理由をFODプレミアムの特徴と共に紹介していきます♪

FODプレミアムでドラマ『推しの王子様』の見逃し配信を全話無料視聴

ドラマ『推しの王子様』の見逃し動画を無料視聴するなら、動画配信サイト『FODプレミアム』がおすすめです!

FODプレミアムには、2週間の無料期間がありますので、ドラマ『推しの王子様』の見逃し配信を1話〜最終話まで全話無料視聴できます。

フジテレビ公式動画配信サービス『FODプレミアム』では、フジテレビで放送された過去作を多数配信中です!

なので、ドラマ『推しの王子様』だけでなく、他のドラマの見逃し配信も一緒に無料でお楽しみ頂けます♪

そんな動画配信サイト『FODプレミアム』の特徴を表にまとめました!

<FODプレミアムの特徴まとめ表>

月額料金 976円(税込)
※無料期間終了後から課金
無料お試し期間 登録から2週間
無料期間に解約すれば0円
配布ポイント 登録直後:100ポイント
※課金発生日に追加で100ポイント
国内ドラマ動画配信数 700作品以上
その他 雑誌130誌以上が読み放題
※追加料金なし

昔懐かしの月9ドラマをお金をかけずに視聴できるのも、FODプレミアムの魅力的なポイントですね!

そんな、FODプレミアムでドラマ『推しの王子様』の無料動画を1話〜最終回まで全話一気見して頂けると幸いです♪

本日から11月8日まで無料!
無料お試し期間に解約すればお金は一切かかりませんのでご安心ください♪

 

夏ドラマ『推しの王子様』を視聴した人の期待の声

ドラマ『推しの王子様』はつまらないのか?面白いのか?

評判を事前に知っておきたい方のために、実際にドラマ『推しの王子様』を視聴した人の感想をまとめましたので、ご覧ください!

男性 30代
予告をみて、ますます楽しみになりました。

思えば、比嘉愛未さんって初の民放レギュラーがこの枠(コードブルー)であれから約13年の時を経て今度は、主演という形で帰ってこられました。

ずっと推してきた者としてはこれ以上に嬉しい事はありません。

必ず最後まで見届けたいと思います。

さらに、けいすけくんだけでなくディーン様もでるから私得すぎて本当に楽しみです。

ディーンさんがまさかの乙女ゲー作ってる側の役なのがなかなか気になります。

女性 20代
深キョンが主演予定だったらしいのですが、比嘉愛未さんも素晴らしい女優さんなので頑張ってほしいです。

テレ東の「にんぶんのいち夫婦」というドラマで主演で出てるの見て改めて奇麗な人だなと思った。

そして、推しの王子様の予告見ました。

推しが作業用服着てもイケメンなのは確定だったけど、やっぱりイケメンすぎました。

渡邊圭祐くん最高です。

ドラマ主題歌もかなり楽しみ。

瀬戸君はライフネット生命のCMで仮面ライダーエグゼイド以来の華丸さんとの「親子共演」にテンションが上がりました。

男性 20代
比嘉愛未さんは、とってもお綺麗で大人の雰囲気が素敵で会社を起業した代表取締役社長の役というのはとてもはまり役だと思います。

レンアイ漫画家も面白く観ていたけど、7月からのフジテレビ木曜日22時からドラマもかなり期待して楽しみにしています。

そしてこのドラマは確実に比嘉愛未さんの更なる出世作になるでしょう。

バースデーがクランクイン間もないっていうのもタイミング持ってる方ですね。

ウォズと飛彩先生がどんな関係なのかとか、瀬戸くんと佐野ひなこちゃんもなんか関係ある役なのかも気になってサイト飛んでみましたが相関図まだ出てませんでした。

気になるぅ~~~!!

女性 30代
次の木10、推しの王子様、おディーン様出るのノーマークでした。

嬉しすぎます。

ドラマのある生活、仕事のストレスもライブに行けないモヤモヤも、全部チャラに出来る幸せな時間になりそうです。

そして予告映像が油断してたらヤバかった。

キャラがみんな美しすぎて実写なのに漫画のようでした。

比嘉さんにけいすけくんにおディーン様という、キャストが最高すぎてすごく良さそうなドラマですね。

7月の放送が今から既に楽しみです。

男性 40代
深田恭子さんが降板してしまったドラマでちょっと残念でしたが、代役が比嘉愛未さんってことで期待度が復活しました。

それに何が楽しみってこのドラマの脚本化って『マルモのおきて』の人だからです。

あんな面白いドラマを作れる人のドラマだから失敗はないはず。

最近恋愛ドラマを見ていないので今年の夏はこの作品を見てどっぷり大人な恋愛にはまってみたいと思います。

ディーン・フジオカさんのファンなので彼が出るってことだけでも十分見る価値あるんですけどね!

女性 40代
比嘉愛未主演、渡邊圭祐共演ってだけでも楽しみ度、期待度が上がります。

このドラマは原作がないオリジナルドラマらしいので脚本家の腕が試されるドラマですが、「マルモのおきて」や「ワカコ酒」を書かれた阿相クミコさんの脚本ってことでまず失敗はないと確信しています。

加えて深田恭子さんが降板したのは非常に残念ですが、彼女とはまた違った魅力がある比嘉さんなのでファンも一気に増えそうな気がしています。

「知ってるワイフ」のスタッフってことでヒットしないわけがないと感じていますので今から楽しみです。

男性 30代
『マルモのおきて』が大好きだった私にとっては阿相クミコさんが脚本を書いている今作に期待せざるを得ません。

やっぱりヒットする作品は良い脚本がありますからね。

今までの普通の恋愛ドラマとは一線を画す前代未聞の恋の行方、そして恋や仕事に一生懸命取り組みながら本当の愛を見つける大人たちの群像劇、この文言だけでも見たくなります。

あとはキャストの皆さんが魅力的ですね。

比嘉愛未さんはそこまで有名な方ではありませんが独特の魅力がある方なのでこの作品で更なるブレイクが期待できそうです。

女性 20代
乙女ゲームを扱っているゲーム会社が舞台ってことで何だいまどきだなと感じました。

そこでどんな風に恋愛模様が展開するのか非常に楽しみです。

原作がなくオリジナルストーリーという点もネタバレのような要素が一切ないという部分で好感が持てます。

脚本家の方も才能ある方なのできっと外れはないでしょう。

それと、個人的に五十嵐航役の渡邊圭祐さんの顔立ちや佇まいが好きなので毎週テレビ画面に釘付けになると思います。

早く放送して欲しいですね。

楽しみです。

本日から11月8日まで無料!

\放送中アニメ/ドラマの無料動画はこちら!/

2021年7月夏アニメ曜日別まとめ一覧 2021年7月夏ドラマ曜日別まとめ一覧