レンアイ漫画家 無料動画

本日から11月6日まで無料!

2021年に放送中のドラマ『レンアイ漫画家』の動画をフルで見る方法をまとめました!

どの動画サイト(見逃し配信アプリ)を使用すれば、最もお得に無料視聴できるのか、比較もしているので、是非参考にしてみてください。

結論から述べると、FODプレミアムで、ドラマ『レンアイ漫画家』の動画をフルで無料視聴することが出来ますので、ぜひご利用ください♪

\ドラマ『レンアイ漫画家』を無料で視聴する/

本日から11月6日まで無料!

 

Youtubeで動画検索
レンアイ漫画家のあらすじ

ドラマ『レンアイ漫画家』あらすじ

今作は、漫画一筋で恋愛下手なレンアイ漫画家と“ダメ男ホイホイ”と呼ばれる崖っぷちアラサー女子、そんな恋に不器用な二人の、笑えて、ほろっとくるハートフルラブコメディーです。

主人公・刈部清一郎(かりべ・せいいちろう)は、人付き合いが苦手の変わり者で、外に出ることもほとんどなく、常人には理解できない思考回路を持つ天才漫画家。

アシスタントもつけず一人きりで、少女漫画の金字塔と呼ばれる大ヒット漫画の連載を続けています。

顔出しは一切せず、女性名のペンネームで正体を隠し、そのプライベートは謎に包まれていました。

そんなある日、弟の忘れ形見を引き取る羽目になり、孤高の生活が乱れていくことに…。

一方、夢無し、彼無し、仕事なしのアラサー女子・久遠あいこ(くおん・あいこ)は、初恋の人の葬儀で、その兄の清一郎と衝撃の出会いを果たします。

「俺のためにレンアイしろ!」と清一郎があいこ出したとんでもない仕事の依頼。

それは、漫画のネタのために疑似恋愛のミッションをする、というものでした。

清一郎のむちゃぶりのもと、疑似恋愛相手と淡い恋に発展したり、発展しなかったりの悲喜劇を繰り返すあいこ。

清一郎と喧喧囂囂(けんけんごうごう)、丁々発止を繰り広げていくのですが…。

恋愛を始めることが難しい現代にお送りする、不器用だらけのコミック・ラブストーリーです。

出典:公式サイト

放送時期 2021
ジャンル 恋愛/ラブコメ
制作会社 フジテレビ
俳優 刈部清一郎:鈴木亮平
久遠あいこ:吉岡里帆
刈部レン:岩田琉聖
刈部純:白石隼也
向後達也:片岡愛之助
金條可憐:木南晴夏
早瀬剛:竜星涼
大倉シンゴ:稲葉友
二階堂藤悟:眞栄田郷敦
伊藤由奈:小西桜子
主題歌 OP:『ZENSHiN ZENREi』:BiSH
予告動画 ドラマ『レンアイ漫画家』予告動画
公式サイト ドラマ『レンアイ漫画家』公式サイト
Wikipedia ドラマ『レンアイ漫画家』Wikipedia
公式Twitter ドラマ『レンアイ漫画家』公式Twitter
鈴木亮平出演のおすすめ関連動画

FODプレミアムで、ドラマ『レンアイ漫画家』の見逃し動画をフルで無料視聴できるとお伝えしました。

でも、

  • U-next、Amazonプライム、Netflixなど他の動画配信サービス(見逃し配信アプリ)で見る方法はない?
  • Youtubeやニコニコ動画などの無料動画配信サイトで無料で見る方法はない?

って思う方もいらっしゃると思います。

そこで、お金をかけないで視聴できる動画サイト(見逃し配信アプリ)の一覧表を作成しましたので、ぜひご覧ください!

ドラマ『レンアイ漫画家 』の動画配信状況
見逃し配信
(無料)
見放題配信
(無料)
宅配レンタル
(無料)
    サービスはありません
レンタル
(課金)
    サービスはありません
配信なし

\ドラマ『レンアイ漫画家』の見逃し動画配信サイト一覧/

配信サービス 配信状況
FOD Premium
U-NEXT ×
Paravi ×
Hulu ×
dTV ×
TELASA ×
Amazonプライムビデオ ×
クランクインビデオ ×
Netflix ×
Abemaプレミアム ×
dアニメストア ×
TSUTAYA DISCAS ×

※本ページの情報は2021年6月時点のものです。

FODプレミアムってどんなサービス?

ドラマ『レンアイ漫画家』の見逃し動画は、動画配信サイト『FODプレミアム』を使えば無料で視聴できます!

<FODプレミアムの特徴まとめ表>

月額料金 976円(税込)
※無料期間終了後から課金
無料お試し期間 登録から2週間
無料期間に解約すれば0円
配布ポイント 登録直後:100ポイント
※課金発生日に追加で100ポイント
国内ドラマ動画配信数 700作品以上
その他 雑誌130誌以上が読み放題
※追加料金なし

FODプレミアムは、2週間の無料期間があるので、ドラマ『レンアイ漫画家』の見逃し動画を1話〜最終回まで全話無料で見れます♪

さらに、FODプレミアムは700作品以上のドラマ動画を配信しているので、

ドラマ『レンアイ漫画家』の動画を見終わっても、他のドラマの見逃し配信も全話無料視聴できるのでおすすめです!

沢山のドラマ動画が無料で見れるFODプレミアムで、ぜひ、ドラマ『レンアイ漫画家』の見逃し配信を1話〜最終回まで全話一気見して頂けますと幸いです♪

本日から11月6日まで無料!

無料お試し期間に解約すればお金は一切かかりませんのでご安心ください♪

FODプレミアムで視聴した人の口コミ

ただ、FODプレミアムの見逃し配信で動画を無料視聴出来るとは言っても、

  • あとで請求されたり、月額課金(サブスク)で、お金がかかったりすることはない?
  • 解約が出来なくて課金される

など、不安なことはたくさんあると思います。

無料期間内に解約すればお金は一切かかりませんが、本当に大丈夫?お金だけかかって見れないとかない?と、不安な方は登録・解約の流れをご確認ください。

FODプレミアム登録手順
    1. FODプレミアムの公式サイトにアクセスして『今すぐ2週間 無料トライアル』をクリック。
    1. お客様情報を入力しながら下にスクロール。
    1. 入力完了したら『次へ』をクリック。
    1. 決済方法を選択し、下にスクロール。
    1. 入力内容に誤りがなければ『送信』をクリック。
    1. 入力内容に誤りがなければ『送信』をクリック。
    1. 以上でFODの登録は完了です!

    登録から2週間は無料期間になりますので、無料で使ってみて継続するかどうか決めるといいですね♪

    無料お試し期間中に解約すれば、お金はかかりませんのでご安心下さい。

    本日から11月6日まで無料!
FODプレミアム解約手順
    1. FODの公式サイトにアクセスして、メニューボタンから『設定・サポート』をクリック。
    1. 『登録コースの確認・解約』をクリック。
    1. 『解約する』をクリック。
    1. 『次へ』をクリック。
    1. 以上でFODプレミアムの解約が完了です!

無料期間中の2週間以内に解約すれば、お金はかかりませんのでご安心下さい。

FODは無料期間だけと決めている場合は解約をお忘れなく♪

ドラマ『レンアイ漫画家』の動画は違法サイトでも見れるでしょ!と、思いますよね。

確かに違法動画サイトで、ドラマ『レンアイ漫画家』の動画を見逃し配信している場合がありますが、

  1. 端末がウイルスに感染する
  2. 邪魔な広告が頻繁に入ってくる
  3. 音ズレや低画質で動画に集中できない

などの問題が頻繁に起きるので、違法サイトでの動画視聴はとても危険です!

違法動画サイトを使用した人の口コミ

男性 30代

自分はドラマが大好きであり、違法動画サイトなども利用させていただき、ドラマを見させていただきました。

それでサイトを閉じた瞬間でありますが、ウィルスに感染をしましたと表記をされました。

最初はいたずらだと思っていたのですが、以降はランダムな時間でタスクが表記されるようになり、自分の仕事の業務などに支障をきたしてしまうような感じになりました。

海外動画サイトで動画を見るのはリスクが高すぎると思います。

女性 20代

違法動画サイトを使用している際に、広告バナーが登場して、そのバナーを消すために×のボタンを押したにも関わらず、その広告画面に進んでしまったことがあります。

その広告も、不適切な内容を含む広告で、有料会員などのページに進むよう作られていたので、そのまま気づかずにいたら金額の請求があったかもしれないということがありました。

また、違法動画サイトでは、動画を再生した際に、サムネイルと全く別の動画が始まったということもありました。

男性 30代

当時youtubeでなかなか見つからなかった動画を違法サイトで見つけ、動作を再生する決断をしました。

後々考えれば、動画再生時にウィルスチェックに準ずる警告が出たような気がしましたが、見たいという熱意が先行して、結局閲覧することにしたのです。

結果としてはパソコンの起動を遅くする内容を招き、いたずらレベルの軽いウィルス感染になっていたことをパソコンの情報に詳しい知人から教えてもらいました。

やはり海外の動画サイトには、気をつけるべきだと言えます。

スマホやパソコンがウイルスに感染して使えなくなった・・・

など、トラブルに巻き込まれる可能性もありますし、犯罪行為への加担となるので、安全に見れるサイトを使用しましょう。

これまでお伝えしたように、ドラマ『レンアイ漫画家』の動画を視聴する場合は、見逃し動画配信サイト『FODプレミアム』がおすすめです。

FODプレミアムの無料期間で、ぜひドラマ『レンアイ漫画家』の1話〜最新話までの無料動画をお楽しみ頂けますと幸いです♪

本日から11月6日まで無料!

 

ドラマ『レンアイ漫画家』の動画を全話無料視聴

FODプレミアムを使っての無料の視聴方法はわかった。。。

でも、解約を忘れたら月額課金(サブスク)になるのがちょっと怖いな・・・と思うかもしれません。

そこで、Youtubeやニコニコ動画などの無料動画サイトで検索をした結果をまとめました!

結論からいうと、ドラマ『レンアイ漫画家』を、Youtubeやニコニコ動画などの動画サイトにおける、無料での視聴方法はありませんでした。

すぐに確実に無料視聴したい方は、こちらをご覧ください。

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

レンアイ漫画家|第1話

レンアイ漫画家|1話あらすじ

久遠あいこ(吉岡里帆)が働く『あかり葬祭』では、若くして亡くなった刈部純(白石隼也)の葬儀が営まれていた。

純は、あいこの高校時代の初恋相手。

あいこは先輩社員から純の忘れ形見の息子、レン(岩田琉聖)の面倒を見るよう指示される。

母親もいないため、レンは突然ひとりになってしまっていたのだ。

あいこがレンに挨拶をしていると、黒のパーカーでフードを被った大柄な男がやって来る。

あいこがレンに誰かと尋ねると、伯父だと答えた。

純の兄、刈部清一郎(鈴木亮平)だった。

葬儀にそぐわないその風体に、親戚たちは変人にレンが育てられるのか?と呆れている。

あいこが、そんな声を聞いているとレンがいなくなった。

高所にいるレンを見つけたあいこは、その姿に純を重ねる。

あいこは高校時代に純に何回も告白して交際してもらったことなどをレンに話し、思わず涙目に。

そんなあいこに、レンがハンカチを渡そうと放ると、いつの間にか現れた清一郎がキャッチした。

驚くあいこに、清一郎は「レンアイしろ!」と言い放って詰め寄る。

あいこは思わず清一郎を突き飛ばしてしまった。

頭を打ってうずくまる清一郎だが…。

清一郎にケガをさせたことが原因で葬儀社を解雇されてしまったあいこ。

職探しも難航する中、アパートに戻ると、不審な男がいた。

出版社の向後達也(片岡愛之助)と名乗る男は、あいこに仕事を依頼したいと持ちかけ、ある豪邸に連れて行く。

そこであいこを迎えたのはなんと葬儀場で突き飛ばした男・清一郎だった。

清一郎は正体を隠して大ヒット漫画「銀河天使」の連載を続ける人気少女漫画家だという。

その漫画のネタのために疑似恋愛のミッションを依頼されたあいこは…。

出典:公式サイト

レンアイ漫画家 第1話の感想

女性・20代

何度もフラれてやっとつき合えた初恋の人との再会が、まさか初恋の人の葬儀でしかも仕事でだなんて、なんて切ない始まりなんだと思いました。

初恋の相手の愛息子のレンくんが、純に本当に似ていて驚きました。

そんなレンにお父さんに恋をしていた頃の話しをするあいこは、間違いなく心が優しい人だと思いました。

そんな切ない時間は一瞬で、急に無職になったあいこが無茶ぶりから疑似恋愛するスピーディーな展開がよかったです。

不器用だけど一生懸命なあいこを応援したくなりました。

急いで戻ったあいこと剛が再会するシーンで主題歌の「カタワレ」が流れるのが最高に素敵で胸がキュンでした。

そんな幸せいっぱいのあいこなのに今度は「別れろ」なんて…次も清一郎の言葉に振り回される展開になりそうですね…。

男性・30代

鈴木亮平さん演じる一見変わった漫画家の刈部と吉岡里帆さん演じるあいこが恋愛をしていくのかと思っていましたが、漫画家が無職女子に恋愛のモデルになってもらうという内容が新鮮だと思いました。

向後さんのキャラが面白くて思わず笑ってしまいますし、ダメ男ホイホイというニックネームも面白かったです。

不器用ながらも一生懸命なあいこは見ていて応援したくなります。

鬼瓦のような刈部がウサギにエサをあげていたり、可愛い絵を描いている姿はギャップがあっていいです。

ぎっくり腰で弱っている時にあいこを頼る姿が偉そうなのに甘えているようで可愛く感じました。

最後レンに対等だと言ったシーンがよかったです。

女性・20代

恋愛してお金を貰えるのは普通に良いなと思うし、自分だったら即座に受けてしまうお仕事だと思いました(笑)ドラマを観る前はてっきり刈部と疑似恋愛するものだと思っていましたが、まさかの自然に出会うところからというのはただ驚きました。

恋愛においてお約束かもしれませんが、そこまでするなんて本当に凄いなと思ってしまいました。

恋愛において嘘は良くないですが、嘘から始まる恋愛もありだなと思う反面、刈部の「別れろ宣言」はかなり早すぎ問題で頭が追い付きません。

今から恋愛が始まろうとしているのに…。

漫画的にどうなのかなと思ってしまいました。

何か意図があるのか次回がとても気になりました。

それにしても向後さんしか原稿触らせたことないのに、不測の事態だとしてもあいこに原稿触らせたのと手伝ってくれて「ありがとう」と言いかけたところ、レンにも対等と認めたところにはどこかツンデレ要素があるので逆にドキドキしてしまいました。

男性・30代

もっとベタなラブストーリーかと思っていましたが、爽やかで笑いどころも満載の内容で続きが早く見たくなりました。

“ダメ男ホイホイ”のネーミングが可愛らしくて、どんな遍歴があるのかと気になりましたが、あいこの恋愛経験を見ていたら納得してしまいました。

清一郎の描く漫画は見た目や性格とのギャップが大きすぎるくらい女性目線で、あいこと出会うまでにどこから恋愛ネタを仕入れていたのか非常に興味深く感じました。

タイトルのレンアイ漫画家の“レンアイ”をあえてカタカナ表記にしているのには何らかの理由があるような気がします。

レンとアイに分けることができ、あいこだけではなく刈部レンも物語の鍵を握っているかもしれません。

これからのストーリー展開を期待しながら見ていきたいと思います。

男性 30代
派遣社員として働いている、吉岡里帆演じるあいこは、自称だめ男ほいほい。そんなあいこが働く葬式場で今回執り行われたのは、なんと、あいこが高校生の時に好きだった先輩のお葬式。そこで失態をしてしまったあいこは、派遣をクビになってしましました。

そこに、あいこへ仕事の依頼を持ってきた男がいました。

彼の名は刈部。

なんと、あいこが好きだった先輩の実の兄でした。

そんな刈部が依頼してきた仕事は「疑似恋愛」刈部は人気少女漫画家として活躍していますが、新しい作品のアイディアが浮かばず悩んでいました。

そこであいこに100万円で疑似恋愛の仕事を依頼。

あまり気が進まないあいこでしたが、最後にはお金のために引き受ける事に。

最初のターゲットは爽やかなラグビー好きサラリーマン。

身なりなどを研究したあいこは、なんとか良いムードになることに成功。

果たしてこの恋愛はどう発展していくのか??

男性 30代
あいこが弟の同級生だと知って近づく刈部清一郎を演じる鈴木亮平さんの風貌の怪しさには、オタク気質の雰囲気が感じられ、自宅の仕事場でみせる強気な姿勢と外での立ち居振る舞いのギャップが面白く感じられました。そんな刈部が弟の葬儀会場で誤解を受ける行動をとったために、あいこが反射的に突き飛ばしたために会社をクビにされるという展開は驚きでした。クビにされたことに大した抗議をすることなく、アパートの前にいた出版社の向後の話にのってしまうあいこの行動が楽天的なものに思えました。

しかも、漫画のネタのために恋愛体験を報告するという突飛な仕事を請け負うあたりに、コメディ感を感じました。

第1話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

レンアイ漫画家|第2話

レンアイ漫画家|2話あらすじ

刈部清一郎(鈴木亮平)は、久遠あいこ(吉岡里帆)に早瀬剛(竜星涼)と別れるよう指示。

清一郎が描く漫画のための恋愛ミッションとはいえ、早瀬に本気になりかけているあいこには受け入れがたい。

清一郎とあいこが押し問答をしていると、レン(岩田琉聖)が来て学校に行きたいと話す。

行きたいなら行けと言う清一郎に、レンは子供には転校の手続きが出来ないと訴えた。

清一郎に意見するレンに、あいこは二人の関係の変化を感じる。

すると、レンは清一郎とは対等になったとあいこに告げた。

清一郎は仕方なくレンから手続きに必要な書類を受け取るが、この手のことが不得手なため、あいこに押し付ける。

レンアイ漫画家レンアイ漫画家 その夜、あいこは二階堂藤悟(眞栄田郷敦)の店で向後達也(片岡愛之助)と会い、レンの転校手続きを代行した慰労をされる。

そんなあいこのスマホに早瀬からメッセージが…。

向後はあいこと早瀬が良い関係になっていると思うが、実は逆。

清一郎から「別れろ」と指示されたと話すと、向後は大賛成で設定通りに進めるよう頼む。

レンアイ漫画家レンアイ漫画家 翌日、転校初日のレンを迎えに来たものの、やっぱり断ろうとしたあいこだが、清一郎に二日酔いだとばれ、言い負かされてしまう。

そして、早瀬と別れる件についても、ミッションは明日までだと聞く耳を持たない清一郎。

仕方なくあいこはレンを連れて学校に行く。

すると、そこに強烈な個性を放つ女性漫画家・金條可憐(木南晴夏)がやってきて……。

出典:公式サイト

レンアイ漫画家 第2話の感想

男性・30代

せっかくダメ男ホイホイから抜け出したあいこだったのに「別れろ」だなんて、やっぱり清一郎は鬼瓦だと思いました。

あいこが小さい声で言った鬼瓦を聞き逃さずにツッコミを入れる清一郎はかなりの地獄耳だと思いました。

レンがいなくなって探す姿に、強面だし不器用で言葉足らずだけど、清一郎の優しい部分が見れてよかったです。

レンに向かって言う「純の代わりに自分が一緒に来てやる」という清一郎の言葉に胸が熱くなりました。

「銀河天使」を読んだあいこが、清一郎が命がけで書いている漫画のために、泣く泣く早瀬と別れるシーンが切なすぎて、流れる「カタワレ」のメロディに胸が締めつけられました。

ダメ男ホイホイからイケメンホイホイに変わりつつあるあいこの次の疑似恋愛ミッションが楽しみです。

女性・20代

あいこがとうとう別れてしまいました。

別れを決断するまでのあいこはかなり悩んだと思います。

早瀬に別れを告げるシーンはバックのみなとみらいの夜景が美しかっただけに、別れが切なく感じました。

清一郎とレンの生活は、レンが一生懸命清一郎に話しかけていても、清一郎はつれない様子でした。

清一郎は冷たい人という印象を持ってしまいましたが、レンを必死に探しに行きレンに優しく寄り添う姿を見て、清一郎の温かさに気づかされました。

番組のラストに清一郎のあいこへの本心が必ず描かれますが、清一郎はあいこが大好きな気がします。

男性・30代

前回レンと対等であると認めているのに未だにまだレンの事を認めている様子はなさそうな雰囲気だったのに段々とレンに対して少しずつ打ち解けていく感じがとても良いなと思いました。

今後刈部とレンがどんな風になっていくのか楽しみです。

それにしてもバスの乗り方知らないって本当に必要以上に外出ない、漫画以外何もしないんだと刈部の素性をもっともっと知りたくなりました。

また、あいこが『銀河天使』を読んでいましたが、あの刈部が描いたと思えない作品で私も実際に読んでみたいと思える作品だったのでリアルに漫画が発売しないかな~と思ってしまっています(笑)あいこと早瀬が2話にして遂に別れてしまいましたが、今後どこかでこの恋愛が復活することを願っています!2話で個人的に気になったのが、最後の刈部が橋に向かうためのシーンがあいこに遭遇するまでのシーンまで再度流していたのは何か意味があるのか気になってしまいました。

女性・30代

刈部があいこに鬼瓦と言われ言い返す時に鬼瓦の種類を言ったのが面白かったです。

向後さんとあいこが甥っ子と言えども他人と暮らすのは厳しいと話していたところをレンが聞いてしまったシーンが切なかったです。

レンが作ったご飯やコーヒーを刈部が食べないのは冷たいなと思いましたが実は飲んでいたことがわかって感動しました。

あいこが刈部の漫画を読んだことに気づいた刈部が微笑んだシーンが良かったです。

レンが学校に行かず父親との思い出の場所に行った時レンを慰める刈部が素敵でした。

あいこが雑誌を買って自分の仕事が役立っていることを知り早瀬に別れを告げて刈部に協力したところに興味が出てきたのかなと思いました。

女性 20代
爽やかラグビー好きサラリーマンの早瀬と、順調にデートを重ねていくあいこ。優しい早瀬に疑似恋愛なのに本気で惹かれそうになるあいこ。と同時に、あいこに明らかに好意を寄せている早瀬。

普通の恋愛ならこのままお付き合いを。

という感じになるところですが、あいこはあくまで仕事として早瀬に近づいている。

そのことに心苦しさを覚えるあいこでしたが、刈部から次に課されたミッションは「別れろ」。

そんなことはしたくないから、仕事をこれで断ろうと思ったあいこですが、実際に刈部が書いている漫画を読んでみることに。

かなりの冊数がありましたが、あいこはあまりの面白さに夜通し一気に読んでしましました。

そこで刈部が書いている作品の素晴らしさを知り、あいこは自分も仕事としてやり遂げること決意。

辛い思いをしながらも別れるミッションをやり遂げました。

しかし、すぐに次のターゲットの指定が!来週に注目です。

男性 30代
亡くなった弟の息子レンを手元に置くことになった刈部が、子供にも容赦なく自分勝手な振る舞いを続ける様子は、単なる子供嫌いなのかと思われました。しかしながら、亡くなった父親との思い出の場所にひとりで向かったレンを探しに向かう際には、誰よりも先に居場所を推測し、亡くなった弟と甥っ子とのやりとりを代わりに再現するような優しさが感じられました。文句を言いながらもあいこが刈部との距離を空けようとしないのは、人との距離感をうまく取れない、単なる不器用な刈部の内面を察しているようにも思えました。

しかしながら、疑似恋愛とはいえ、付き合い始めたばかりのあいこにわかれてこいと告げる刈部の指示は常軌を逸していて、あいこへの恋愛感情の裏返しにも思えました。

第2話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

レンアイ漫画家|第3話

レンアイ漫画家|3話あらすじ

刈部清一郎(鈴木亮平)は久遠あいこ(吉岡里帆)に課す新たなミッションを思いつく。

テーマは教師との“禁断の恋”。

清一郎はレン(岩田琉聖)の担任、大倉シンゴ(稲葉友)を対象にしろと言うのだ。

向後達也(片岡愛之助)も乗り気で、あいこの話を聞こうともしない。

そんな時、レンが刈部邸に友達を連れて来たため騒動に。

あいこはミッションを断って家を後にする。

レンアイ漫画家レンアイ漫画家あいこが帰ると、住人たちが、アパートに倒壊の危険性があるため早急に立ち退かなければならなくなったと話している。

お金も仕事も家も無しに…。

あいこがカフェで愚痴っていると、二階堂藤悟(眞栄田郷敦)が自宅の部屋が空いていると提案。

あいこはそれは出来ないと断るが、友人はみな頼れそうになく、頼れる家族もいない。

おまけに就職活動した会社からの不採用通知も届いた。

レンアイ漫画家レンアイ漫画家翌日、あいこは再び清一郎を訪ね、前回のミッションも漫画の役に立っていると報酬を求める。

だが、報酬は全て完遂したらという契約だったと言われてしまう。

すると、あいこは、次は契約を“出会い”“デート成功”などミッション別にして、ミッション毎の報酬を提案。

断るのかと思いきや、清一郎はあっさり承諾した。

早速、清一郎は三者面談ミッションを指示、教師との禁断の恋プロジェクトが始動する!?あいこは、向後のアドバイスでギャル風な出で立ちで三者面談に挑むことに。

大倉の優しさや誠実さに惹かれるあいこ。

そんなおり大倉から食事に誘われ…。
出典:公式サイト

レンアイ漫画家 第3話の感想

男性 20代

次のあいこの疑似恋愛の相手もまた爽やかで素敵でした。

ダメ男ホイホイからイケメンホイホイになっちゃったかもと浮かれていたあいこが、なんとナイスアシストをしていたという展開は最高でした。

お腹が痛いのを我慢していたレンに気づかなかった清一郎が、あいこには「大袈裟なんだよ」といつもの口調で言いながら、眠ってしまったレンとあいこを優しくうちわで扇ぐ姿がよかったです。

カネ無しだけじゃなく、家無しになってしまったあいこも、清一郎の家に同居することになったから、これからがますます楽しみになりました。

清一郎が決めた同居のルールに加えて、レンくんが112個目のルールを提案出来たことも嬉しかったですし、あいこも清一郎も賛成してくれたことが嬉しかったです。

女性 30代

あいこと大倉が急接近し、まさか付き合うのかと思って見ていましたが、あいこのかなりの勘違いに確かに清々しい気持ちになれました。

大倉の彼女はギャルで、向後の分析力と観察眼の鋭さに才能すら感じました。

あいこは報酬もなく、住む場所すらなくなり途方に暮れていましたが、それでも前向きに生きようとしている姿に励まされます。

レンが見つけた高校生の絵には綺麗な色があり、清一郎が描いている白黒の絵との差が激しいと感じました。

カラーの絵を描いていた頃の清一郎と白黒の絵の清一郎との間に一体何があるのか、恋愛ができなくなったことと関係があるのか気になるところです。

男性 20代
早瀬との疑似恋愛の次は「禁断の恋」ミッションでした。しかも、相手に指定されたのはレンの担任の教師、大倉。あまり乗り気ではないあいこでしたが、住んでいたアパートが倒壊の危険性があるため、早急に立ち退かなければならなくなってしまい、資金を稼ぐためにあいこは次のミッションも引き受ける事に。

レンの三者面談に行ったあいこ。

すると、その面談後、大倉から焼き鳥に誘われ、ご飯を食べることに。

「お、いけるかも♪」と思ったあいこでしたが、その後、大倉から付き合っている彼女と結婚すると言われてしまい、ミッションは失敗してしまいました。

そして、アパートを立ち退くあいこ。

どこに行けば良いか途方に暮れているところに、刈部が同居を提案。

刈部、レン、あいこの3人暮らしがスタートすることに。

来週からどうなっていくのか注目です。

男性 30代
レンが友達を家に連れて帰った時にすごく怒った姿が怖かったですがよほど人嫌いなのだと思いました。大倉先生が焼き鳥に誘ってきたりあいこに好意を持つのが上手く行きすぎだと思いましたが恋をしている姿が可愛かったです。刈部が頭ポンポンの再現に応じている姿が可愛かったですしレンがいれたコーヒーを笑顔で飲んでいる姿に安心しました。

自信満々のあいこが先生に振られてしまったのは残念でしたがあいこが一緒に暮らすことになってよかったなと思いました。

レンが倒れた時に看病をしていたあいこにうちわであおいでいるシーンは意外さがよかったです。

女性 20代
今回のミッションが大倉先生を落とせということでしたが、あいこは元から良い人ということもあり、ただの恋愛のアシストをするという感じで終わり、やっぱりあいこにはちゃんとした恋愛向いていないのかな~と思ってしまいました。それよりも今回は刈部が不器用ながらレンの事を心配したり、あいことレンが暑がっているのを見て、優しくうちわをしてあげたり、自分の意志であいこを居候させると言ったり…。刈部の気持ちがほんの少しですが、変わっていく過程はどこか心地よく、不器用なりに頑張っている姿は不思議とキュンとしてしまいました。

それにしてもあいこがレンを看病し、そのまま一緒に寝てしまう姿はまるで親子みたいで可愛かったですね。

これから3人の同居生活が始まるわけですが、今までと変わらなくても一緒に住むことでそれぞれ何か変わるのかなと思うので今後の展開も楽しみになってきました。

男性 20代
1回目の疑似恋愛が終わり、仕事を無くしたあいこに住んでいるアパートの立ち退き問題が起きる中、新たな恋愛対象を提示する刈部の申し出をあいこは一旦は断るものの、背に腹はかえられぬと請け負う状況が滑稽でした。嫌々ながら受けた疑似恋愛の仕事を、向後が提示するギャル風ファッションに身を包んだあいこのテンションが変化し、モテ期と勘違いする辺りが面白く表現されていました。そんな浮かれたあいこが、部屋でうずくまるレンをおんぶして病院に連れて行こうとする姿には母性が感じられ、刈部があいこに抱く恋愛感情の一端なのかと思ってしまいました。

第3話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

レンアイ漫画家|第4話

レンアイ漫画家|4話あらすじ

久遠あいこ(吉岡里帆)を居候させることを決めてしまった刈部清一郎(鈴木亮平)だが、向後達也(片岡愛之助)の忠告に、不安を募らせる。

数々のルールは決めたもののすでにレン(岩田琉聖)も同居しているため、人付き合いの苦手な清一郎に耐えられるかと向後は心配していた。

案の定、生活リズムが乱され、狼狽する清一郎。

一方、あいこは刈部邸での生活費を一部分担するにあたり、どれも高級品ばかりだと気づいて戸惑っていた。

このままでは支払えない…。

背に腹はかえられぬ。

清一郎に課せられたミッション“友情から恋愛に変わる過程”を実行するしかないのか…?

レンアイ漫画家レンアイ漫画家二階堂藤悟(眞栄田郷敦)に恋愛ミッションを出来レースのバイトで受けてくれないかと頼むあいこ。

だが、前に話したときは乗り気だったのに、なぜか断られてしまう。

刈部邸に戻ったあいこは正直に事情を話し、ミッションの変更を頼む。

すると、清一郎は“格差レンアイ”を思いついた。

社会的地位のある男前の独身貴族とレンアイしろと言うのだ。

レンアイ漫画家レンアイ漫画家カフェで新たなミッションについて向後と話し合った帰り道、何者かにつけられている気配を感じるあいこ。

刈部邸に着くと金條可憐(木南晴夏)が麻央(星乃あんな)と訪ねて来ていた!刈部に挨拶したいという可憐。

漫画家の刈部まりあの邸宅だろうと執拗に疑う可憐をあいこは何とか交わそうとするが…。

出典:公式サイト

レンアイ漫画家 第4話の感想

男性・30代

清一郎が神様に見えたのはほんの一瞬でしたね。

刈部家にはあれだけたくさんのルールがあったのに、同居生活1日目から早速ルールが追加されるなんて先が思いやられましたが、撤回されてほっとしました。

格差生活の中で質素なご飯にケチをつける清一郎から目で文句言うなと言われて、鼻で文句を言うあいこが最高でした。

あざと可愛さ勉強中のあいこを見ながら、自分もあざとポーズを鏡に向かってやってみる清一郎があまりにも可愛くなくて面白かったです。

あいこは間違いなくダメ男ホイホイだけど、あいこが感じるキュンに狂いはないと思いました。

あいこのケチケチ料理はどれも美味しそうで私も食べたくなっちゃいました。

女性・20代

あいこと清一郎との距離がどんどん縮まっている気がします。

あいこはまだ確信がないのかもしれませんが、あいこは清一郎にしかキュンとしなくっているのではないでしょうか。

レンの誕生日をきっかけに、あいこと清一郎、レンが本当の家族のように見えました。

清一郎が幸せになることで清一郎は漫画を描けなくなってしまうと思いますが、それは向後が心配しているようでした。

二階堂は彼女がいながら、ずっとあいこに想いを寄せてきたのだと思います。

でも、あいこの幸せを願うなら、そっとしておいて欲しい気持ちもあります。

あいこをつけている男性の正体が気になります。

男性・30代

人付き合いが苦手で、家の外の世界ではうまく立ち回れない刈部が、弾みで住む家をなくしたあいこを自宅に居候させたことで、何かと不都合が生じる状況にコメディ感満載でした。

そんな状況を打破するため、刈部が奇数と偶数の時間帯での優先権を決めることを提案する発想も面白さが感じられました。

今回刈部から命じられたミッションで、あいこが条件に適合する二階堂に出来レースを申し込んで断れたものの、別の男性の可能性が現れた途端、二階堂が慌てふためる姿に隠れた本心をみたようでした。

そんな中、レンの誕生日に気づいたあいこがレンを水族館へと誘うと、不要不急の外出をしない刈部が二人に同行する姿が印象的でした。

女性・30代

二階堂に、友達から恋人へと発展するという疑似恋愛を断られたあいこに、刈部が次に提示してきたのは「格差恋愛」でした。

年収2000万円以上、語学堪能なハイスペック男性と知り合うために、あいこはアプリを開始。

そのアプリで知り合った男性と初デートが実現!初デートでの男性のハイスペ振りは、女子なら1度はやられたいシチュエーションが満載でした。

高級リムジンでお迎え、レストランまではシャンパンを飲みながらドライブ。

展望台の夜景が綺麗なレストランでの食事。

しかし、なぜかキュンとしなかったあいこ。

後日、3人で水族館に行ったときに、その男性がデートをしているところにばったり遭遇してしまいます。

男性は自分がハイスペだと主張しあいこに罵倒を浴びせます。

そこに刈部が駆けつけて、その男性からあいこを守りました。

段々と打ち解けてきた2人の雰囲気が伝わってくる回でした。

男性・30代

このドラマは刈部がこれからどんなストーリーの漫画を描いていくのか楽しみです。

久遠に別れさせたり好きになったりさせるところが、とても面白いです。

見た目とは違って、美しい漫画を描いていく刈部に期待したいです。

また久遠は刈部に振り回されていくのが注目です。

いろんな人も恋をしていく久遠が楽しみです。

そのためにいろんな久遠になりきるところに期待したいです。

二人の凸凹な感じが面白くて注目ポイントです。

女性・30代
金なし、家無し、彼氏なしの主人公が繰り広げる漫画家とのストーリーが気になります。この話は、漫画が原作のドラマなので漫画と合わせても見てみたいです。主人公の女性が、毎回話ごとにどんな男性とどういう展開になるのかワクワクしています。そして、漫画家の男性は、一見怖そうにぶっきらぼうに見えますが、本当の心はどういう人物なのか本性が現れるのかが楽しみです。主人公の女性がどのような結末を迎えるのか期待しています。

第4話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

レンアイ漫画家|第5話

レンアイ漫画家|5話あらすじ
刈部清一郎(鈴木亮平)の家に居候する久遠あいこ(吉岡里帆)が朝食の準備をしていると、インターフォンが鳴る。

レン(岩田琉聖)が応対しようとするが、あまりにしつこい連打に、あいこが制した。

あいこは、最近一人で歩いている時に誰かにつけられているような気配を感じていたのだ。

あいこが意を決してモニターを覗くと、そこには向後達也(片岡愛之助)が立っている。

安堵するあいこだったが、ストーカーを不安がっていた様子を、清一郎にバカにされてしまう。

レンアイ漫画家レンアイ漫画家 あいこが玄関を開けると、そこには向後と共に威圧感のある女性がいた…。

あいこの姉、緒方るりこ(観月ありさ)だった。

るりこはあいこに会うためにアパートに行ったら取り壊されていたため、そこで出くわした男から情報を聞き出し、ここまで連れてきてもらったという。

レンアイ漫画家レンアイ漫画家 リビングに通されたるりこは、いきなりあいこに清一郎と結婚する意思があるのか確認し始めた。

「同じ屋根の下で同棲、イコール結婚」という厳格な考えを持つるりこ。

幼いころから母親代わりとなって面倒を見てきてくれたるりこに心配をかけまいと、あいこが返答に窮していると、向後が清一郎ともども廊下から呼び出した。

清一郎のことをあいこの恋人だと思い込んでいるるりこに対し、向後が二人に提案したのは、清一郎とあいこの疑似恋愛。

それも、すべては『銀河天使』のネタのため、だという。

向後のまさかの提案に呆れる清一郎だったが…。
出典:公式サイト

レンアイ漫画家|第5話の感想
男性・30代
ずっとあいこをつけ回していた革靴の男が、まさか早瀬だったとは思ってもみませんでした。あいこのお姉さんの乱入から、あいこと清一郎が疑似恋愛することになるなんて、この展開にワクワクしちゃいました。清一郎と恋人同士の練習をするあいこは、今までで1番イキイキしていてよかったです。なかなか上手く恋人感を出せない清一郎が、役になりきる大作戦で上手く立ち回る姿もまたよかったです。嘘じゃなきゃ安心させてあげられないからと、嘘が嫌いなはずのあいこが言うシーンで、ハグの練習だと抱きしめる清一郎がとても素敵でした。

お姉ちゃんにはバレバレでしたが、お姉ちゃんが来てくれたおかげで、清一郎の心が少しだけあいこに対して素直になれた気がしました。

女性・20代
前回から気になっていたストーカーがまさか早瀬だとは思いませんでした…。あんな良い人だと思っていたのに、早瀬もダメ男の部類だとは思いませんでしたね。侮れないです。ただ気になるのが早瀬が金條先生に何の話をしたのかが気になるところですね。いつもの刈部と違ってニコニコ受け答えしているのが違和感というか爽やかだけどどこか気持ち悪さを感じるというか…。

自分が作ったキャラクターになりきるのは凄い才能で、普段もそうしていればいいのにと思ってしまうけど、何だかんだいつもの刈部のが気取っていなくて良いなと思ってしまいました。

それに、前回もそうですが、自分の意志であいこをハグする刈部にキュンキュンしてしまいました。

少しずつですが、歩み寄っている感じがしてとても良かったです。

ただ、過去に刈部が好きな人として描いたイラストがまさかのあいこ!?ということが本当なのか来週も気になって仕方ないです。

男性・30代
あいこと清一郎は疑似恋愛をしていましたが、もはや本当の恋人にしか見えません。るりこが来たおかげで、清一郎とあいこは少しずつお互いを意識している自分をやっと認められるようになりつつある気がします。清一郎が若い頃に描いたカラーの女性の絵はずっとあいこかと思っていましたが、実は純の奥さんだったのか…と予想が外れた気になりました。でも、ラストでレンが気づいたように、やはりあいこだったようですね。清一郎はあいこのことをずっと好きでいて、純とあいこが付き合ったのを機に清一郎は恋愛をしなくなったのかもしれません。

清一郎にとってあいこといる今は夢に見た幸せな時間なのだと思います。

女性・30代
あいことは父親の違う歳の離れた姉、緒方るりこが突然あいこのもとへやってきて、昔ながらの男女関係の考えであいこを問い詰めている状況をみていた向後が刈部の作品のネタとなる擬似恋愛を思いつき、二人に提案する姿に編集者としての機転が感じられました。向後の提案を受け入れたあいこと刈部は、向後が姉を連れ出している間にふたりの関係の設定を打ち合わせを始める姿には、これまでの二人の立場が逆転した状況が展開し面白く感じられました。しかも、刈部に恋人同士と姉に思わせるためのキャラを演じさせようと積極的になるあいこが、しどろもどろになる刈部を面白がっているようにも感じられましたが、あるキャラになりきる提案には刈部をよく知るあいこならではのモノと思えました。
男性・30代
今回は、まさかの刈部とあいこが疑似恋愛。いきなり押しかけてきたあいこの姉に、2人が結婚を前提に付き合っていると思わせるミッションでした。個人的に、観月ありさが出演していたのがびっくりでした。前回から、少しずつ歩み寄っている刈部とあいこですが、今回は、この疑似恋愛を通して、さらに2人の距離が近くなったと思いました。恋人っぽく見せるために色々と提案するあいこに対して、最初は抵抗しかしていなかった刈部でしたが、自分が書いている漫画の男に自分を似せての演技を提案され、それが上手くかみ合って、段々と恋人っぽい言葉を言えるようになっていく過程は、見ているこちらは思わずクスっと笑ってしまいます。

女性・20代
レンアイ漫画家の中で特に注目しているのは、「ストイックな漫画家の主人公」を演じる鈴木亮平さんのストイックな役作りですね。原作漫画の主人公・刈部清一郎に外見をより近づけるためにハードな減量し、プロの方に漫画の描き方を学んできたとのこと。このドラマにかける気持ちを感じられるので、どんな演技をするのか興味津々です。あと、「ダメ男ホイホイ」のアラサー女子を演じる吉岡里帆さんも気になります。普段の吉岡さんからは想像できないキャラクターなのでどんな演技をするんだろうなぁ。

どちらも恋愛奥手の登場人物みたいなので、なかなか通じ合えないみたいな胸キュンな展開がある事を期待してます!

第5話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

レンアイ漫画家|第6話

レンアイ漫画家|6話あらすじ

刈部清一郎(鈴木亮平)は、久遠あいこ(吉岡里帆)を慰めるためにハグしたのだが、その瞬間を思い出しては困惑していた。

二階堂藤悟(眞栄田郷敦)の店では、あいこもついハグの瞬間を思い浮かべていた。

そのハグを目撃してしまった二階堂と伊藤由奈(小西桜子)もなんだか複雑な思いに…。

一方、レン(岩田琉聖)は父の遺品にあった女子高生の絵を清一郎に見せる。

レンは清一郎が描いた女子高生があいこではないかと思ったのだ。

しかし、清一郎は否定する。

レンアイ漫画家レンアイ漫画家あいこが店を出ようとすると、由奈が体調を崩す。

あいこは心配する二階堂の様子で二人の関係に気づいた。

そして、自分が店番をするので由奈を病院に連れて行くよう二階堂を促す。

店に戻った二階堂は、由奈が2,3日の入院が必要と診断されたので、その間、店の手伝いをして欲しいとあいこに頼む。

あいこから話を聞いたレンは夕食を一緒に食べられないと寂しがるが、清一郎は…。

レンアイ漫画家レンアイ漫画家『銀天』の最新ネームにハグ・シーンが描かれているのを見て、そのリアルさに、実際にあいことハグしたのではないかと疑っていた向後達也(片岡愛之助)。

二階堂の店を尋ねると、そこに早瀬剛(竜星涼)や金條可憐(木南晴夏)もやってきた。

早瀬と可憐がいつの間にか繋がっていると知り、焦る向後。

そんなおり、出前の注文が入り、あいこが出ることに。

珈琲一杯という奇妙な注文。

なんとそれは清一郎からで…。
出典:公式サイト

レンアイ漫画家|第6話の感想
男性・30代
あいこと清一郎の距離がどんどん近づいているようで、見ているこっちがドキドキしちゃいます。売り言葉に買い言葉のケンカも、不意にキュンとした自分に驚くところも、息がぴったり過ぎて間違いなくお似合いだと思うのですが、当の本人たちはその自覚ゼロみたいでヤキモキしちゃいます。缶チューハイ一本で酔い潰れた清一郎の寝顔に思わず「可愛い」と言ってしまった自分に驚くあいこがめちゃめちゃ可愛かったです。そんな中やけにあいこを心配する二階堂が気になっていましたが、まさかあいこにキスするなんて予想外で驚きでした。

ラストに声だけ出てきたみなみが、清一郎にとってどんな存在の人なのか気になって仕方がないです。

女性・20代
あいこと清一郎、レンが本当の家族のように見えてきて、あいこと清一郎が良い雰囲気になってきたと思っていました。でも、ストーリーが進むにつれて雲行きが怪しくなり、ラスト数分がとにかく切なく感じました。清一郎はずっとあいこを知っていると思っていましたが、清一郎が恋をしていたのはあいこではなく、“みなみ”という女性だったようです。清一郎は間違いなくあいこに惹かれ始めていましたが、みなみとの再会によって清一郎はあいこから気持ちが離れてしまうのでしょうか。

レンが母親に会えるのは望みますが、あいこと清一郎、レンの3人で楽しく過ごして欲しいです。

男性・30代
姉を欺くための疑似恋愛であいこにしたハグで、レンアイを想像の中で漫画にしてきた刈部が実体験を得て心情の揺らぎが、中学生の恋愛のように感じられました。その一方、ハプニングでハグされたあいこもまた、刈部にキュンしたといいながら、その気持ちを否定する心理状況も面白く感じられました。二人を見かけた二階堂はあいこに対する隠した想いを強くし、刈部と直接にやり合う姿は恋敵同士にしか見えませんでした。そんな中、刈部が昔描いた絵のモデルがあいこではないかと推測するレンが、もっとも大人の対応にも思えました。

また、向後がカマをかけて刈部のあいことの間の出来事を推測するあたりに、編集者としての観察眼と刈部のわかりやすい性格が面白く感じられました。

女性・30代
今回は、ちょっぴり切ない感じが多くある回でした。二階堂のカフェで働いている女の子が急に胃腸炎で入院することになり、急遽その店でバイトをすることになったあいこ。前回の疑似恋愛から、少しあいこを意識するようになった刈部は、かなり気になっている様子でした。実際あいこにコーヒーを出前させたり、デリバリーを注文したり。

この2人の関係がどうなっていくかも気になりますが、入院している女の子が、あいこに対して宣戦布告とも取れるような事を告げる場面もあり、そして二階堂は、まさかのラストであいこにキスを!!また、蓮君は、父親の形見として持っていた制服の女の子と父親、刈部が写っている写真を刈部の仕事場で発見しました。

ラストに、その写真の女性から電話が掛かってきて…。

今後の展開に注目です。

男性・30代
このドラマの主演である鈴木亮平にもともと好印象を持っていました。その彼が恋愛漫画家の役、しかもより細くハンサムな姿になってる姿に惹かれ、ドラマに興味を持ちました。この話は、吉岡里帆の可愛らしさや竜星涼の好青年風なさわやかさ、片岡愛之助や木南晴夏のクセの強い演技など今後期待したい点はいくつかありますが、わたしはやはり鈴木亮平の演技に期待したいです。いつも柔和な笑顔でいい人の役がぴったりな鈴木亮平が、刈部清一郎のようなストイックで他人に心を開かず、表情もあまりない役柄をどう演じるのか。

そして、久遠あいこの不器用ながらも一生懸命にチャレンジする姿に刺激を受けて、どう変化していくのか注目しています。

最終的には鬼瓦のような顔にやさしい笑みを浮かべる姿がみたいです。

女性・20代
吉岡里帆さんのファッションを毎回楽しみにしています。恋愛を受注する度に様々な役になりきるためにファッションが変わります。疑似恋愛を成功させるための演技「アザと可愛いさ」が、キュン♡のポイントを鈴木亮平に説明する彼女とギャップがありとにかくかわいい。そんな明るく楽しい彼女に吸い込まれていく鈴木亮平との関係が今後気になります。

亡くなった弟への気持ちや甥っ子への気持ち複雑な関係だけどコメディ調で明るく進んでいってほしいと思います。

第6話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

レンアイ漫画家|第7話

レンアイ漫画家|7話あらすじ

刈部清一郎(鈴木亮平)は悔やんでいた。

仕事部屋に金條可憐(木南晴夏)と入ったレン(岩田琉聖)に思わず「出て行け!」と怒鳴ってしまったこと。

さらに、久遠あいこ(吉岡里帆)に「これは家族の問題だ」と、突き放したことも。

レンが、写真に写る女子高生を母親ではないかと疑っており、清一郎は動揺してまったのだ。

そして、何より気がかりだったのは、突然かかってきた電話だった。

美波と名乗るその女が、訪ねてくると告げていた。

朝、清一郎はあいこに謝る。

また、レンに学校帰りにあいこのバイト先で夕食を食べて来るよう伝える。

家を出て行かなくて良いと知り、喜ぶレン。

バイトに向かったあいこは、昨日の二階堂藤悟(眞栄田郷敦)からの突然のキスに戸惑いを隠せずにいた。

何事もなかったように大人対応しようと決意するあいこだったが、二階堂の様子は明らかにギクシャクで…。

一方、向後達也(片岡愛之助)は編集長から『銀河天使』の日本漫画大賞ノミネートを命令された。

賞レースを毛嫌いしている清一郎。

向後は困窮する。

夕方、刈部宅のインターフォンが鳴る。

身構える清一郎だが、可憐だった。

刈部まりあの正体を知ったという可憐は、一方的に『銀天』への熱い思いを語り、「私がまりあ先生をお守りします!」」と言い出す。

そこへ新たな来訪者が。

居留守を使おうと焦る清一郎にトラブルを察した可憐は、自分が応対すると玄関へ。

そこには花束を抱えた美波がいた…。

出典:公式サイト

レンアイ漫画家|第7話の感想
男性・30代
タチの悪い酔っ払いの清一郎でしたが、耳だけはすごく良くて、あいこの言う通りまさに地獄耳でしたね。あいこのことを「カピバラ」「カピ」と呼びながら純に敵わなかった昔の自分の話をする清一郎を見て切ない気持ちになりました。だから清一郎は恋愛をしなくなって、書くようになったんだとわかったら、余計に切ない気持ちになりました。そんな清一郎を見てモヤモヤしているあいこの気持ちは、間違いなく清一郎に向かっていて、清一郎を抱きしめるあいこに胸がキュンとしました。

動揺してすぐに部屋に戻る清一郎が可愛かったです。

美波や可憐が現れたことで一気にあいこの気持ちが動きましたね。

ドア越しに話す2人の姿にまたキュンとしちゃいました。

女性・20代
ついにあいこが清一郎に自分の気持ちを伝えました。あいこの切なさが痛いくらいに伝わってきて涙がこぼれそうになりました。美波が最強のかまってちゃん過ぎて、自分のことしか考えていないようで、まさにモンスター出現ですね。純は美波がレンの母親であり、結婚したにもかかわらず、何故母親として認めなかったのかが気になります。

清一郎が美波のせいで恋愛できなくなったことは確かなようですが、あいこと清一郎が良い雰囲気になってきたときに現れなくても…と辛くなってしまいました。

可憐が思っていた以上に良い人で安心しました。

男性・30代
レンに「出ていけ」、あいこには「家族の問題に立ち入りすぎだ」と怒鳴った刈部が、翌朝あいこに顔を合わせた瞬間、あいこが先に謝罪しそれに呼応するかのように、刈部も頭を下げた姿がこれまでとは違い、普通の人に思えました。また、あいこが前日いきなりキスされた二階堂の様子を前に動揺しながらも、年上の女性を気取ろうとする姿は面白さを感じさせました。そんな中、レンの母親の登場に、可憐が一方的に想いを語りながら刈部のフィアンセを演じる様子も面白い展開に思えました。恋愛漫画の中で男女関係のドロドロを描いてきた刈部が、普通に染まりかけていることを懸念する編集者の向後の心配する姿も印象的でした。

女性・30代
レンの実の母親、美波が現れ、レンを撮られてしまうかもしれないと心配になる刈部。無口で不器用ながらも、レンの事をしっかりと守りたいという気持ちが伝わってきました。刈部と弟、そして、刈部の元カノ?レンの母親?と前回から匂わせがあった美波の複雑な関係性が浮き彫りになり、刈部のちょっと切ない過去が明らかになりました。前回、二階堂からキスをされたあいこは、翌日、何事もなかったかのようにカフェへ出勤。

二階堂も特に何も言わなかったのですが、二階堂の彼女がキスの事を知り、微妙な雰囲気に。

そしてラスト、あいこはもう疑似恋愛をしたくないと刈部に伝えます。

そこであいこが言った一言「刈部さんと恋愛したい」次回、この2人がどうなっていくのか!?見逃せません。

男性・30代
清一郎とあいこの関係が、恋愛として進展して欲しいというところです。第3話までは、清一郎はあいこに気があるようには見えません。ただ、レンが持っていた女子高生を描いた絵は、高校生だった純のそばにいた愛子を清一郎が書いたものなのだと推測ができます。あいこは、弟に5回も告白をした女の子。

清一郎は、あいこへの特別な印象を抱き、あいこに興味と好意を持っていたのかもしれません。

しかし、純の何かしらの行動で、清一郎は女性不信になってしまったことがストーリーからもわかります。

不信になるほどとは、よっぽどのことでしょう。

そんなトラウマを乗り越えて、再び、あいこへの思いを抱くことができるのか。

そして、あいこには鬼瓦にしか見えない清一郎が、どんなタイミングで男性へと変わっていくのか、2人の関係の進展に期待が高まります。

女性・20代
恋愛下手な少女恋愛漫画家・刈部清一郎と偶然出会ったアラサー女が漫画のストーリー作りのためのミッションに挑戦していくラブコメです。主人公刈部清一郎を演じている鈴木亮平さんの変人ぶりがとってもコミカルに描かれていて、久遠あいこを演じる吉岡里帆さんとかかわるようになり少しずつ変わっていく様子がとても面白いです。吉岡里帆さんも金なし・オトコなしのモテないアラサー女を演じていますが純真で人懐っこい笑顔と清純な演技がとても素敵で癒されます。恋愛漫画の参考にするためのミッションで、あいこは仕事として清一郎の指令を受け男性たちに次々と近づいていきます。

でもミッションなのに本気で恋愛しようとする久遠あいこが可愛い。

ターゲットの男たちも1話では竜星涼さんが登場、イケメン好き女子には最高。

ほんわかとしたドラマの展開にまったりと楽しめるラブコメです。

男性・30代
レンが帰ってきていいですか?と尋ねた時に笑顔で返事をしていた刈部でしたがだんだんとレンを受け入れている感じがよかったです。可憐さんが本気でまりあのファンであるのが伝わってきて彼女のふりをしてなりきっているのが面白かったです。あいこと二階堂の彼女の修羅場が怖かったですが、家に帰ってからの美波と刈部の関係を知る方が怖かったです。酔っ払った刈部は人が変わったみたいで面白かったですが本当は素直でいい人なのが伝わりました。

あいこが抱きついた時に戸惑っていたのと翌朝に愛の意味を何度も唱えながら歩いているのが可愛かったです。

女性・20代
二階堂とキスをしたけど結局二階堂はどうしてあいこにキスをしたのか謎のままで少しモヤモヤしましたが、あいこが刈部と恋愛しようと一歩前進している姿にはどこか感動を覚えました。金條先生や美波の刈部の呼び方にモヤモヤしていたあいこの姿もやはり既に好きな気持ちは持ち合わせていたのかと思うとドキドキしてしまいました。それに刈部の酔った時のキャラクターが普段とのギャップがあり、めちゃくちゃ可愛いと思ってしまいました。いつもはツンツンして不愛想なのに酔った時はおちゃらけた感じがとてもミスマッチがありつつ、可愛さがあってとてもいいですね!しかも酔った時、刈部の奥底に眠っている本音が見え隠れしていて、刈部も純との格差に対して色々思っていたんだと思いました。

あいこが刈部と恋愛したいという気持ちを打ち明けたけど二階堂のこと、美波がレンと会ったりなど波乱の展開でどうなるのか気になりました。

来週もまた楽しみです。

第7話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

レンアイ漫画家|第8話

レンアイ漫画家|8話あらすじ
刈部清一郎(鈴木亮平)は、久遠あいこ(吉岡里帆)の告白に激しく動揺していた。

なぜ彼女が自分に恋愛感情を抱いたのか理解できず、悶々としてしまう。

あいこも、普段通りに振る舞おうとするが、とうてい平静ではいられなかった。

一方、向後達也(片岡愛之助)は『銀河天使』を日本漫画大賞にノミネートした事を、いつ清一郎に伝えようか悩んでいた。

向後の様子を見ていた二階堂藤悟(眞栄田郷敦)は、清一郎が『銀河天使』の作者だと気付く。

また、二階堂は別れたばかりの元カノ伊藤由奈(小西桜子)とは、気まずい雰囲気のままだったが、由奈は店を辞めず働き続けるという。

刈部家へ向かった向後はレン(岩田琉聖)を見つけた。

その隣には清一郎の古くからの友人という秋山美波(内田理央)の姿が…。

レンと一緒に再び家にやってきた美波に目を見開く清一郎。

レンが自分の部屋に行ったところで、美波がレンに母親だと伝えてないことを確認する。

事情を知らない向後は、緊迫した空気の二人に戸惑うも、あいこにリビングから連れ出される。

美波は離婚してから一度もレンに会いたがらなかったではないか、と問い詰める清一郎。

美波は、それは父親の純が望まなかったからだと言い訳し、今ならレンと暮らせる気がする、清一郎と三人なら、と言い出す。

あいこから事情を聞いた向後は、清一郎の危機を察知、美波を追い返す作戦に出るというが…。

出典:公式サイト

レンアイ漫画家|第8話の感想
男性 30代
あいこと清一郎がいい雰囲気になったタイミングで、美波があんな勢いでやってくるなんて身勝手過ぎますよ。レンのことずっと放っておいたくせに、今更現れるなんてワガママな人だと思いました。そんな私の気持ちを沈めてくれたのはレンくんでした。

突然自分が母親だと告白して一緒に暮らそうという美波の誘いをきっぱりと断ってくれて、本当にスッキリしました。

美波には敵わないと身を引こうとしていたあいこがまたあいこらしくてよかったです。

初恋から卒業して恋愛解禁した清一郎が、あいこと恋愛をすると宣言してキスをするシーンがたまらなくよかったです。

ただ清一郎の正体がバレてしまった予告を見て、人生の全てを漫画に注いできた清一郎のことが心配になってしまいました。

女性 20代
美波がすべてを持って行ってしまうのかと諦めていましたが、あいこにも幸せが訪れるかもしれませんね。美波があいこに食事後にマウントを取りに行くシーンが本当に嫌でした。レンと生活したとしても、また美波はレンの手を離すような気がしていました。

美波がレンに母親だと打ち明ければ、レンの心は揺らぐと思っていましたが、レンはあいこや清一郎と暮らす今の生活を続けたいと感じていたのですね。

清一郎も自分の本当の気持ちに気づけたようで、やっとあいこの思いも報われそうです。

ただ、刈部まりあの実の姿がネットに拡散され、またまた波乱の予感です。

男性 20代
あいこの告白を自室で聞いた刈部のひとり動揺しパニック状態となる姿が、恋愛を題材に漫画を描く人間とは思えないコミカルでした。告白したあいこもまた、ひとり告白内容に突然現れたレンの母親のことを気にし苦悩する姿には、自分の恋愛感情だけではない周囲に対する思いやりが感じられました。そんな中、またしても現れた美波のかまってちゃんぶりには、刈部やあいこたちを自分の気持ちと都合だけ押し通そうとする身勝手さと神経の図太さだけに思えましたが、レンの意図しない言葉で刈部とやり取りをする際には母親の姿を見せたことは意外でした。

しかも、昔の感情に振り回されていた刈部が美波に対し、キッパリと主張する態度にはこれまでとは違う姿が感じられました。

女性 30代
初恋の相手美波と、自分に気持ちを伝えてくれたあいこ。刈部はどちらを選ぶのか。また、美波が実の母親と知ったレンはどうするのか。

今回は刈部達家族が今後どうなっていくのかに注目が集まった回でした。

美波に翻弄されながらも、レンの事を考えるとどうしたらいいのか考えがまとまらない刈部。

一方であいこは、刈部は美波とやり直したいのではないかと考え、早めに家を出て行くと刈部に告げました。

そんな中、美波とレンは2人で買い物に。

レンに本当のこと打ち明け、一緒に住もうと提案した美波ですが、レンは今の生活が良いとそれを拒みました。

そして、刈部は美波にやり直すつもりはないと伝え、あいこの元へ。

これで一件落着かと思いきや、今度は新たな問題が発生した模様。

今後、刈部一家はどうなっていくのか…!!

男性 40代
漫画の話のモデルとして働いている主人公と漫画家の間でこれからどのようなことが起こるのかが楽しみです。主人公が他の人と恋愛をしても漫画家の方はあまり気にしていない様子なのですが、今後2人が恋愛関係になるのではないかとそわそわします。行きつけのお店の男性がどう見ても主人公のことが好きなので、三角関係になるのではないかと今後の展開に必見です。

また恋愛の方も気になりますが、人気少女漫画家の正体が男だというのがこれから他の人にバレないかも気になります。

女性 40代
今のところは吉岡里帆と鈴木亮平は雇い主とアシスタントのような関係で、吉岡里帆は漫画のネタ作りのために色々な指定された人達との恋愛をしているような状態です。最終的にはこの2人が恋愛していくようになると思うのですが、まだまだそのような素振りは見られません。所々で良い感じのシーンがあったりするのですが、正直ここからどのようにして恋愛関係になっていくのか想像がつかないので、今後の展開に非常に期待しています。

男性 30代
刈部が動揺した気持ちを紙に書いて気持ちを抑えているのが可愛かったです。向後さんとあいこが作戦を練っても空回りしているのが見ていて辛かったです。あいこが家を出ていくと言った時の刈部の動揺した表情があいこに気持ちが向いている気がしました。

本当のことを聞いたレンが母親を選ばずに刈部とあいことの生活を選んだところに感動しました。

可憐先生が味方になっている感じと早瀬がいい仕事をしたところが面白かったです。

最後刈部が不器用ながらあいこに自分の気持ちを伝えた時と強引なキスが微笑ましかったです。

刈部の正体がバラされてしまうのが気になります。

女性 20代
美波がレンのお母さんだと告げて刈部と家族としてこれから暮らすのかとてもハラハラしましたが、レンは好きな子と離れたくない・あいこがいるからという返答には少し笑ってしまいました。さすが純の息子ですね。それと合わせて二階堂はあいこにちゃんと告白するし刈部も不器用ながらあいこに気持ちを伝えている告白フィーバーが起きてドキドキが止まらなかったです。

特に刈部の好きという気持ちを伝える為にいきなりキスしたのは男らしく、今までの刈部らしさがない真っ直ぐな感じがとても良かったなと感じました。

これで一見落着かと思いきや、最後の刈部の正体をSNSにアップしていましたが、これは誰がやったのか見当つかないですね。

全く知らない人の可能性もありますが、二階堂ってことはないですよね、さすがに…。

どちらにせよ、刈部のピンチなのは変わりないので、来週も見逃せないですね。

両想いになった刈部達の姿もどんな風なのか楽しみです。

第8話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

レンアイ漫画家|第9話

レンアイ漫画家|9話あらすじ
刈部清一郎(鈴木亮平)と久遠あいこ(吉岡里帆)のキスを目撃してしまった早瀬剛(竜星涼)は衝撃を隠せないでいた。

二階堂藤悟(眞栄田郷敦)の店で、向後達也(片岡愛之助)と金條可刈部家の食卓では清一郎とあいこが互いを意識しすぎて、ぎこちない。

そんな二人に「お付き合いしてるんですか」と単刀直入に聞くレン。

慌てて誤魔化す二人。

清一郎はレンに説明しようと思うが、そもそも「付き合う」とはどういう意味なのか、堂々巡りの思考に陥ってしまう。

結局、清一郎がなんとかできたことは、あいこに今描いている原稿を書き上げたら「食事に行かないか」と尋ねることだった。

憐(木南晴夏)に報告する早瀬。

あの二人がキス、それも清一郎から、ということに驚く一同。

レン(岩田琉聖)も聞いていた。

一方、編集部に戻った向後は、SNSで『銀天』をエゴサしていると『銀天』が炎上騒ぎになっていた!「悲報、刈部まりあはおっさん」など、清一郎の画像つきで拡散されている。

動揺する向後。

炎上騒動を知った可憐と早瀬は刈部家へ行き、あいこに事情を話す。

その頃、向後は山田編集長(林和義)と炎上への対策を検討していた。

そこへ『銀天』が日本漫画大賞を獲得したと連絡が入る。

清一郎に黙って応募してしまった上、この炎上騒動、賞は辞退するしかないという向後だったが、編集長から「炎上を逆手にとれ」と言われてしまい…。

出典:公式サイト

レンアイ漫画家|第9話の感想
男性 30代
やっと清一郎とあいこの恋が進み始めたと思っていた矢先に、刈部まりあの正体がバレてしまい、心を閉ざす清一郎を見るのが正直辛かったです。あいこが向後にたくしたことで、向後がなぜこんなに清一郎に惚れ込んでいるのかがわかりました。銀天は清一郎1人では生まれなかった作品だと思いました。

勝手に応募した日本漫画大賞の受賞式に現れて、自分の言葉で話す清一郎の姿がとても素敵でした。

自分のことを責めていたあいこにも、しっかりと気持ちを伝える清一郎がますます好きになりました。

やっと始まった2人のレンアイのこれからが気になります。

女性 20代
清一郎と向後が二人三脚でずっと歩んできたことが伝わってきて、2人だから分かるお互いの気持ちがあるのですね。清一郎の正体をバラしたのは由奈でした。あいこの言うように、あいこに恨みがあるからと清一郎を使うのは絶対におかしいです。

清一郎が男であることをネット民は叩いていましたが、そもそも“まりあ”と聞いて女性の作品だと考えたのは読者の勝手なイメージです。

そのイメージが違ったからと清一郎を攻めるのは間違っていると思います。

向後が言うように、作品が好きなら性別や年齢など関係ないですよね。

今の世の中にメッセージを与えた重要な回だったと思います。

男性 20代
刈部があいこにいきなりキスしたことで、二人の関係がギクシャクする様子が中学生のようで、特に刈部がレンに付き合っているのかと聞かれ辞書で言葉の意味を調べる様子が滑稽でした。その一方で、キス現場を偶然目撃した向後の動揺する様子もコミカルでした。そんな中、連載中の「銀天」の作者が刈部であることがネット上で暴かれ、大騒ぎになる様子はSNSの怖さに思えました。

ネット上での炎上騒ぎで自宅が特定され呆然とする刈部を群衆から守ろうと怒声をあげる向後には、これまでにない男気が感じられました。

しかも、自室で落ち込む刈部に優しく語りかける向後の編集者としての付き合いだけでない人と人の繋がりの優しさと人を思う強さが感じられました。

女性 30代
刈部の正体が、何者かによってSNSで拡散されてしまいました。その結果、刈部は読者を裏切ったと書かれたりして、漫画と向き合うことが出来なくなってしまいました。そんな中、向後が刈部に内緒で応募した銀天が、日本漫画大賞を受賞。

しかし、刈部は部屋に引きこもり、誰とも会話をしない状況に。

それを向後は、懐かしむように刈部との出会いからを部屋の外で話をし始めました。

「刈部君は悪くない、何も恥じる必要は無い、本当に銀天を愛している読者なら、どんな人が書こうと気にしない」。

この言葉が刈部の心を溶かし、授賞式会場へと導きました。

一方で、気になるのはあいことの関係。

キスしているところを早川に見られ、レンにそのことを知られてしまった2人。

最初は曖昧でしたが、最後には良い感じに!来週はどう物語が動くか注目です。

男性 30代
主演の玉木宏さんは、前回のドラマ「極道主夫」で少しコミカルな役柄を演じていましたが、今回のドラマでは沢山の裏切りや罠をかいくぐり警視総監を目指すというシリアスなドラマになるということで、これまでとは違った役柄になるので楽しみにしています。また、これまでの刑事ドラマは、「警察対犯罪者」という戦いが多くを締めていましたが、このドラマは警察内部のバトルで「警察対警察」の構図になるところも、これまでにない見どころだと思います。
女性 20代
刑事ドラマの王道は踏み外さずにそれでも警察内部にかなり踏み込んだスリルのあるドラマにしてほしいなと思います。毎回毎回ハラハラしながら次の展開がどうなるのか簡単には想像できないほど伏線をいくつも散りばめたものを期待しています。特に、一週間後の次回の話が気になって仕方がなくなるような終わり方というものもあればいいなと思っています。

警察ドラマはみんなの期待度が高いと思うので、そういった期待を良い意味で裏切ってくれるようなドラマになってほしいです。

男性 30代
最初のあいこと刈部のギクシャクした感じは見ていて面白かったし、言葉の意味を安定の辞書で調べ、堂々巡りなところも思わずクスッと笑ってしまいました。こそばゆい関係の中、SNSで刈部の正体明かされ、作品から逃げていく読者たちを見て、正直好きな作品が男が描いてあろうが女が描いてあろうが関係ないと思いました。だって好きな漫画自体その人が生み出したのだから性別なんて全く関係ないなと改めて思いました。

作品には罪がないし、正体を知って手のひら返しは作品を愛していない証拠だと感じました。

刈部も苦手な人前でスピーチをしたり、恋愛をしていいと思える相手・あいこに出会って少しずつ変わっていったので、この姿を見た読者が少しでもまた銀河天使を愛してあげようと思える気持ちになれば良いなと思いました。

それにあいこと刈部がもう一度キスしたところにはまたドキドキがあって来週こそラブラブなところが見れると良いなと思いました。

男性 30代
キスの後ぎこちない2人でしたが刈部があいこを食事に誘うシーンが新鮮で後でガッツポーズをしていたのが可愛かったです。刈部の正体が世間にバレて刈部が引きこもる中向後さんの思い出話と刈部や銀天に対する想いを話したところがよかったです。心配してくれていた可憐先生と早瀬がいい感じになっていた気がしました。

向後さんが漫画大賞を辞退しようとした時に刈部が入ってきてみんなの前で堂々と感謝の言葉を述べた時は感動しました。

刈部に人間らしさが出てきたなと思いました。

あいこに付き合う話をしようとしていた初々しさが可愛くてあいこからのキスもよかったです。

第9話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

レンアイ漫画家|第10話

レンアイ漫画家|10話あらすじ

ついに、付き合うことになった刈部清一郎(鈴木亮平)と久遠あいこ(吉岡里帆)。

レンアイは自分とは無関係と思っていた清一郎は、仕事部屋にあいこを入れてしまう心の変化に戸惑う。だが、幸せを感じていた。

朝食で、レン(岩田琉聖)から再就職の面接先を聞かれたあいこは編集プロダクションだと答える。

清一郎と向後達也(片岡愛之助)を見ていて興味を持ったのだ。

さらにレンが清一郎の仕事の手伝いは終わったのかと聞くと、その契約は終了したという。

そんな中、金條可憐(木南晴夏)と早瀬剛(竜星涼)が訪ねて来る。

可憐は日本漫画大賞受賞のお祝いと、二人のレンアイが始まった記念だと花束を渡す。

また、早瀬は、あいこのストーカーを卒業したようだった。

可憐たちが帰ると、清一郎はあいこに面接後の予定を尋ねた。

午前中にネームを上げるので、保留となっていた食事に行こう、と。

すると、あいこは遊園地デートを逆提案。

あたふたする清一郎と嬉しそうなあいこ。そんな二人の様子をレンも微笑ましく見ていた。

向後は読者アンケートで『銀河天使』が追い詰められていることが気になっていた。

最近の『銀天』のクオリティにも不安が…。

一方、あいことデートする清一郎。

至福の二人。だが、清一郎はネームを仕上げられずにいた。

「まっとうな幸せは才能をダメにする」という呪いと直面する清一郎。

そして、初めて原稿を落としてしまう…。

出典:公式サイト

レンアイ漫画家|第10話の感想
男性 30代
やっと不器用な2人が幸せ真っ只中になれたのに、やっぱり簡単には上手くいかないものですね。あんなに漫画一筋の清一郎が書けなくなるなんて信じられませんでしたが、ずっと一緒にやってきた向後の言う通り、孤独じゃなくなったことでバランスが崩れてしまったのだと思いました。清一郎が書けないのは自分のせいだと気づくあいこが切なかったです。

好きなのに、好きだからこそ家を出て行くあいこを見るのが、たまらなく辛かったです。

あいこに渡すはずだった誕生日プレゼント、出来れば渡せる最終話になると嬉しいのですが…。

3人が笑顔で朝ご飯を食べてるシーンが1番好きだったから、あいこには絶対に帰ってきて欲しいです。

女性 20代
両想いになったあいこと刈部ですが、いつものギクシャクした感じかと思いきやかなりのラブラブっぷりで、しかもあの刈部が惜しみもなく笑っていたり、いつもより楽しそうな刈部を見て本来はこんな人なんだと言うことが分かり、思わずニヤニヤしてしまいました。幸せそうで安泰だと思っていましたが、漫画が描けない事態になるとは思っていませんでした。刈部本人はあいこと恋愛しているから描けないわけじゃないと話していても明らかにあいこと恋愛したから描けなくなったんだと思いますね。

だからあいこは刈部の人生である漫画を描いてほしいから目の前から消えるのは分かりますが、もっといい方法はないのかなと思ってしまいました。

来週最終回なんて寂しすぎます。

皆が皆幸せな結末になりますように!10話で個人的に好きなのが早瀬がストーカー辞めて金城先生の手伝いに回るとは…。

早瀬と金城先生のラブもありえるかもしれないですね!(笑)

男性 20代
あいこと清一郎がやっと付き合って幸せになれるところまで来たにも関わらず、あいこが出て行く結果になってしまったのがあまりにも切なすぎます。清一郎は確かに恋愛をしたことで漫画を描けなくなったと思いますが、あいこと出会えたことで漫画の展開もよりバリエーション豊富になったのも事実のはずです。このまま2人が一緒になれないのは絶対に嫌です。

あいこと清一郎とレンは3人で幸せになってもらわなければ困ります。

清一郎が銀河天使を再び描けるようになって、あいこを迎えに行くと信じています。

きっとレンが清一郎の準備したあいこへのプレゼントを預かっていてくれますよね。

女性 30代
これまで現実の世界での恋愛をするものではなく、漫画に描くものとしてきた刈部があいこと付き合うことになり、自分自身の中に起きる感情の変化に戸惑いつつ、楽しんでいる表情のぎこちなさがコミカルでした。しかも、外に出ることを嫌ってきた刈部が、採用面接に出掛けるあいこに対し終了時間を確認し、遊園地へ出掛ける約束をする変わりようも面白く感じられました。でも、黒のパーカーのフードを頭に被るスタイルのままだったあたりに、変化に戸惑っている刈部の心情も感じられました。

そんな恋愛に浮かれる刈部が初めて連載に穴を開けてしまい、苦悩する状況は、恋愛漫画をストイックな状況でしか描けないと思い込んできた刈部ならではの不器用さに思えました。

男性 40代
遂に両思いとなった刈部とあいこ。刈部は初めての恋に完全に浮かれている模様。その様子は画面越しからもすごく伝わってきました。

今まで恋愛とは無縁で、その全てを漫画に捧げてきた刈部に取って、現実の恋愛はとても楽しく、幸せを感じる日々を送っていました。

あいこも刈部と付き合うことになり何だか楽しそう。

そして、そのことを知ったレンも何だか嬉しそう。

しかし、そんな幸せな日々が長くは続かなかったのです。

漫画家歴11年の刈部が、初めて原稿を落としました。

漫画の構成は出来上がっているのに、なぜか書けない…。

原因は、明白でした。

あいことの恋愛。

最終的にあいこが、刈部の元を去って行くシーンは、見ていてかなり胸を締め付けられました。

女性 40代
漫画の話のモデルとして働いている主人公と漫画家の間でこれからどのようなことが起こるのかが楽しみです。主人公が他の人と恋愛をしても漫画家の方はあまり気にしていない様子なのですが、今後2人が恋愛関係になるのではないかとそわそわします。行きつけのお店の男性がどう見ても主人公のことが好きなので、三角関係になるのではないかと今後の展開に必見です。

また恋愛の方も気になりますが、人気少女漫画家の正体が男だというのがこれから他の人にバレないかも気になります。

男性 30代
刈部とあいこが付き合ってから過ごす日常の雰囲気が柔らかくなったように感じました。

どこか嬉しそうなレンも可愛かったです。

刈部の遊園地デートのぎこちなさが面白かったですが初めての恋愛で幸せになる反面肝心の漫画を描けなくなってしまった刈部が切ないと思いました。

向後さんや可憐先生の言うこともわかりますが刈部とあいこは両思いなのに離れる選択をしないといけないのが辛かったです。

レンからもらった誕生日の絵が素敵であいこの涙とプレゼントを握りしめて泣く刈部が切な過ぎました。

最後狂ったように漫画を書き始める刈部の本気が見えました。

第10話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

レンアイ漫画家|第11話

レンアイ漫画家|11話あらすじ

「まともな幸せは作家をダメにするのか…?」久遠あいこ(吉岡里帆)と初めてのレンアイを始めたものの、全く漫画を描き進めることができなくなってしまい、苦悶に苛まれ、倒れてしまった刈部清一郎(鈴木亮平)。

責任を感じたあいこはついに刈部家を後にする…。

あいこを失った失意と喪失感の中、ペンを握った漫画家・刈部まりあこと清一郎は、振り絞るように原稿を描き上げた。

ギリギリ印刷所の入稿が間に合い、2回続けて原稿を落とすことは免れる。

入魂の神回となった令和編ラストを仕上げることができ、憑き物が落ちたようになった清一郎は、向後達也(片岡愛之助)に、再開未定の『銀天』休載を正式に申し出たのだった。

それから1年が経過…。

未だにあいこの居所は行方知れずだった。

レン(岩田琉聖)との二人暮らしもすっかり板についた清一郎だが、その姿は全くの別人に…。

キラッキラのリア充パリピ化した清一郎のあまりの豹変ぶりに驚きを隠せない向後や金條可憐(木南晴夏)だったが、なぜ、どうやって変身したのか、その真相は謎に包まれていた…。

出典:公式サイト

レンアイ漫画家|第11話の感想
男性 30代
あいこがいなくなってからの、清一郎はまるで別人で衝撃を受けました。二階堂はあいこを思い出さないように、暇な時間を作らないように色んなことで埋めていると言ってましたが、そうじゃなかったのが本当に嬉しかったです。清一郎があいこに再会して無性に漫画が書きたくなったという言葉が聞けて、やっぱりあいこってすごい人だなと胸が熱くなりました。

2人が1人の時間を頑張って過ごしていたのが、お互いを忘れるためじゃなくて、また出会う時に強い自分でありたいという気持ちからだったのが、清一郎とあいこらしくて素敵でした。

可憐先生と早瀬の幸せ溢れる姿に、また清一郎の家で暮らすあいこの姿、ハッピーが溢れたラストが最高によかったです。

女性 20代
最高の最終回でした。終わってしまい完全にロスです。スタートからキャラが変わりすぎた清一郎に動揺しまくりでしたが、清一郎はあいこのために一年間ストイックに頑張って来たのですね。

あいこも清一郎のことを忘れていたわけではなく、清一郎のために仕事に専念していました。

そんな2人を繋いでくれたのはやはりレンでしたね。

最後の結婚式のシーンは下から撮影してなかなか顔を出さなくて、何かあるとは思いましたが、まさか金城と早瀬の結婚式だとは予想外でした。

今度はあいこと清一郎、レンの3人の結婚式が是非見たいです。

本当に素敵なドラマでした。

男性 20代
銀天の連載オチの責任を感じたあいこがいきなり去ったことで刈部が苦悩し、さらに連載を立て続けに落としてしまう精神状態とその姿にはあいこに対する思いの強さと恋愛に対する免疫のなさが感じられました。その一方で、令和編の最後を描き上げた刈部の表情はそれまでとは違い別人のようにも思え、その後の漫画家ではなく株価と対峙する姿には共通点も感じられました。また、刈部のパリピ化した姿には、本来刈部のもつ順応性や人間としての許容範囲広さも感じられました。

しかし、一年が経過し、あいことの再会に向かう姿には、それまでの姿が借り物で本来の姿に戻ったように感じられました。

女性 30代
あいこが刈部の元を去って1年。その1年の間に起きた刈部の変化が、最初は信じられなかったです。超人見知りだったのに、自ら早瀬に頼んで異業種交流会に行ったり、朝ランや料理をしたり。

しかし、肝心の漫画は書けていないようで。

一方のあいこは、金城先生のアシスタントとして奮闘する毎日。

仕事にやりがいを感じているようでした。

そんな2人が再会するシーンはちょっと見ていてはらはらしましたが、2人きりになった途端に、前と同じような空気感になっていたのは流石だなと思いました。

最終的には、刈部が現実と漫画とのバランスを取れるようになり、あいことの仲も元通りに。

最後にはまさかの2人の結婚式と驚きの展開が続出でしたが、見ていて元気をもらえるようなドラマでした。

男性 40代
今のところは吉岡里帆と鈴木亮平は雇い主とアシスタントのような関係で、吉岡里帆は漫画のネタ作りのために色々な指定された人達との恋愛をしているような状態です。最終的にはこの2人が恋愛していくようになると思うのですが、まだまだそのような素振りは見られません。所々で良い感じのシーンがあったりするのですが、正直ここからどのようにして恋愛関係になっていくのか想像がつかないので、今後の展開に非常に期待しています。

女性 40代
今後の恋愛模様に期待!鈴木亮平演じる刈部清一郎が吉岡里帆演じる久遠あいこにマンガのために恋愛をさせるというストーリーの中で、果たして久遠あいこは本当に好きになり一生を共にしようと決める素敵な男性に出会えるのか。また、家族間も複雑な刈部家に住むことになって岩田琉聖演じる刈部レンと打ち解けることができるのか、片岡愛之助演じる向後達也が久遠あいこに向けていた嫌な顔の裏にある本当の気持ちとは何なのかにも期待が深まる。他での人間関係ではカフェ店員の2人との関係性や木南晴夏演じる金條可憐が刈部清一郎の正体に気づくのか否かに関しても今後の展開が楽しみになる一方である。

男性 30代
刈部が全く別人のようになってしまっていたことにビックリしました。

漫画を描かなくなって1年も経っているのは悲しかったです。

あいこが可憐先生のところで助手をしていたのには驚きました。

あいこに対する刈部がチャラ男みたいになっていたのが寂しい気がしました。

暇な時間を作りたくないからと言う刈部の本心が本当の気持ちを抑えているのだと思いました。

あいこが刈部に怒鳴ったことが刈部の心に響きそれが再度刈部に漫画を描きたいと思う気持ちを蘇らせたのが素敵でした。

刈部が自分の気持ちを正直に伝えて交際が実現したのが嬉しかったです。

最後みんながハッピーエンドでよかったです。

女性 20代
刈部の初っ端からのいきなりのキャラ変には驚きでしかなかったですね。

漫画の世界に戻ってこないのかなと思っていましたが、あいこにもう一度出会えて良かったと心から思いました。

それに恋愛に不器用だった刈部があいこにプロポーズの決め台詞を考えていたなんて、今までの刈部から想像つきませんでした。

あいこと恋愛して間違いじゃなかったと思わせられる最終回で幸せな二人をもう一度観れて良かったです!最後の結婚式のシーンはてっきりあいこと刈部かと思っていたらまさかの金城先生と早瀬だとは…。

10話の感想でも早瀬と金城先生のラブもあるかもと思っていたら、ラブを通り越して結婚までに至るとは。

驚きだけどお似合いだし幸せになってほしいなと思いました。

それぞれが幸せな結末になっていたので素敵なドラマで恋愛って良いなと思わせられるドラマでした。

総合的に面白かったのでかなり満足です。

銀河天使も改めて読んでみたいなと思いました。

第11話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

以上が、ドラマ『レンアイ漫画家』1話~最終話までの各話のあらすじ、と、無料動画配信サイトの情報紹介になります。

無料動画配信サイトで見逃し配信してないけど、他に無料で見る方法はないの?

と、動画を視聴したい方のために、NetflixやAmazonプライムビデオなどで、ドラマ『レンアイ漫画家』の動画を全話一気見できる見逃し動画配信サイトを紹介します!

各動画配信サイトの特徴や安全な視聴方法についても解説しているので、無料視聴を安全にお楽しみいただけたらと思います♪

 

ドラマ『レンアイ漫画家』を配信中の見逃し動画配信サイト

ドラマ『レンアイ漫画家』の動画を見逃し配信している、Netflixやアマプラなどの動画配信サイトを一覧でまとめましたので、ご覧下さい♪

\ドラマ『レンアイ漫画家』の見逃し動画配信サイト一覧/

配信サービス 配信状況
FOD Premium
U-NEXT ×
Paravi ×
Hulu ×
dTV ×
TELASA ×
Amazonプライムビデオ ×
クランクインビデオ ×
Netflix ×
Abemaプレミアム ×
dアニメストア ×
TSUTAYA DISCAS ×

※本ページの情報は2021年6月時点のものです。

ご覧頂いた通り、ドラマ『レンアイ漫画家』の動画は

  • FODプレミアム

見逃し動画配信サイトで無料視聴できますが、その中でもおすすめはFODプレミアムです!

本日から11月6日まで無料!

でも、なんでFODプレミアムがおすすめなの?

と、気になると思いますので、おすすめの理由をFODプレミアムの特徴と共に紹介していきます♪

FODプレミアムでドラマ『レンアイ漫画家』の見逃し配信を全話無料視聴

ドラマ『レンアイ漫画家』の見逃し動画を無料視聴するなら、動画配信サイト『FODプレミアム』がおすすめです!

FODプレミアムには、2週間の無料期間がありますので、ドラマ『レンアイ漫画家』の見逃し配信を1話〜最終話まで全話無料視聴できます。

フジテレビ公式動画配信サービス『FODプレミアム』では、フジテレビで放送された過去作を多数配信中です!

なので、ドラマ『レンアイ漫画家』だけでなく、他のドラマの見逃し配信も一緒に無料でお楽しみ頂けます♪

そんな動画配信サイト『FODプレミアム』の特徴を表にまとめました!

<FODプレミアムの特徴まとめ表>

月額料金 976円(税込)
※無料期間終了後から課金
無料お試し期間 登録から2週間
無料期間に解約すれば0円
配布ポイント 登録直後:100ポイント
※課金発生日に追加で100ポイント
国内ドラマ動画配信数 700作品以上
その他 雑誌130誌以上が読み放題
※追加料金なし

昔懐かしの月9ドラマをお金をかけずに視聴できるのも、FODプレミアムの魅力的なポイントですね!

そんな、FODプレミアムでドラマ『レンアイ漫画家』の無料動画を1話〜最終回まで全話一気見して頂けると幸いです♪

本日から11月6日まで無料!
無料お試し期間に解約すればお金は一切かかりませんのでご安心ください♪

 

ドラマ『レンアイ漫画家』の再放送情報

ドラマ『レンアイ漫画家』の再放送予定はあるのか?

放送局サイトや番組表で、ドラマ『レンアイ漫画家』の再放送状況をまとめましたので、ご覧ください!

放送局/番組表 再放送予定
フジテレビ番組表 X
フジテレビONE番組表 X
yahoo!TVガイド X
テレビ王国 X

現在、地上波でドラマ『レンアイ漫画家』の再放送は予定されていません。

近年、見逃し配信サイトやNetflix、Amazonプライムなどの動画配信サービスが普及して、地上波での再放送枠は年々減ってきています。

なので、今後ドラマ『レンアイ漫画家』の再放送は期待できません。

地上波での再放送を待ち続けるよりも、公式動画配信サイト『FODプレミアム』で視聴することをおすすめします!

FODプレミアムなら、2週間の無料期間があるので、ドラマ『レンアイ漫画家』の動画を1話〜最終回まで全話無料視聴できます!

また、最新作から懐かしい過去作まで、幅広く配信していますので、合わせてお楽しみ頂けます♪

本日から11月6日まで無料!

 

ドラマ『レンアイ漫画家』を視聴した人の感想

ドラマ『レンアイ漫画家』はつまらないのか?面白いのか?

評判を事前に知っておきたい方のために、実際にドラマ『レンアイ漫画家』を視聴した人の感想をまとめましたので、ご覧ください!

準備中です。

\ドラマ『レンアイ漫画家』の全話視聴ならFODプレミアムが一押し/

本日から11月6日まで無料!

\放送中アニメ/ドラマの無料動画はこちら!/

2021年7月夏アニメ曜日別まとめ一覧 2021年7月夏ドラマ曜日別まとめ一覧