桜の塔 無料動画

\ドラマ『桜の塔』の動画を無料視聴できる見逃し配信サイト/

配信サービス 配信状況 無料期間と月額

配信中
31日間無料
U-NEXT公式サイト

※本ページの情報は2021年4月時点のものです。

放送時期 2021
ジャンル 刑事
制作会社 オフィスクレッシェンド
俳優 上條漣:玉木宏
水樹爽:広末涼子
吉永晴樹:光石研
権藤秀夫:吉田鋼太郎
千堂大善:椎名桔平
富樫遊馬:岡田健史
荒牧雄彦:段田安則
馳道忠:渡辺大知
新垣広海:馬場徹
牧園隆文:関智一
主題歌
予告動画 ドラマ『桜の塔』予告動画
公式サイト ドラマ『桜の塔』公式サイト
Wikipedia ドラマ『桜の塔』Wikipedia
公式Twitter ドラマ『桜の塔』公式Twitter

ドラマ『桜の塔』あらすじ

“必ず警察の頂点(トップ)まで昇りつめる…”

「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」で圧倒的支持を集めた脚本家・武藤将吾×主演・玉木宏新たな警察エンタテインメントドラマが誕生!!

裏切り・罠・騙しあい……警視総監の座を巡る出世バトルがこの春、開幕―!!

出典:公式サイト

 

Youtubeで動画検索
ドラマ『桜の塔』の動画配信状況
見逃し配信
(無料)
見放題配信
(無料)
宅配レンタル
(無料)
    サービスはありません
レンタル
(課金)
    サービスはありません
配信なし

 

ドラマ『桜の塔』の動画の見逃し配信を全話無料視聴

ドラマ『桜の塔』の見逃し動画を無料視聴するために、Youtubeやニコニコ動画などの検索結果を1話〜最新話まで各話ごとにまとめました!

気になる方は、1話〜最新話まで各話のあらすじと共にチェックしてみて下さい♪

桜の塔|第1話

桜の塔|1話あらすじ

2016年――東京都内の銀行で、一般市民を人質に取った立てこもり強盗事件が発生した!

警視庁刑事部捜査一課の主任・水樹爽(広末涼子)は部下の富樫遊馬(岡田健史)らを率い、事件現場を包囲。

現場からの連絡を受け、地方大学出身の「外様派」刑事部長・千堂大善(椎名桔平)は警備部所属の特殊急襲部隊「SAT」の出動を要請する。

だが、彼と共に次期警視総監の座を争う「薩摩派」警備部長・権藤秀夫(吉田鋼太郎)と「東大派」警務部長・吉永晴樹(光石研)――警視庁のスリートップが繰り広げる“それぞれの思惑をはらんだ話し合い”は決裂…。

そうこうしているうちに、覆面をかぶった犯人が人質の一人に発砲し、まんまと裏口から逃走するという大失態を招いてしまう!

上層部による話し合いの詳細については知る由もないが、明らかに“防げたはずの事件”を防げなかったことに、激しい怒りに震える爽。

だが、ずば抜けたプロファイリング能力を誇る警視庁捜査共助課の理事官・上條漣(玉木宏)は極めて冷静だった。

彼は隙のない理論でSATを出動させなかった理由を説明して見せたばかりか、現場の刑事たちが見抜けなかった“犯人特定の手がかり”をも提示したのだ!

しかもその矢先、千堂が“ある事情”から自らの娘・優愛(仲里依紗)の婚約者で、捜査の陣頭指揮をとっていた捜査共助課課長・佐久間義孝(少路勇介)を外し、漣を代理として引き上げる。

そんな状況を冷ややかに見守る権藤と吉永。

彼らの派閥に属するキャリア組も一斉に捜査から手を引いてしまい…。

一方、漣は幼馴染でもある爽に、強盗犯は誰だと思うか尋ねる。

犯人が使ったのは最新の3Dプリンターで作製した改造銃だという漣の見立てを元に絞り込んだ容疑者の中から、爽は刑事の勘で蒲生兼人(森崎ウィン)がホンボシだと推測。

そんな爽に、漣は“とんでもない指示”を出し…!?

出典:公式サイト

桜の塔 第1話の感想

男性 30代

想像以上に黒い話でした。

警察内部にも強い派閥意識があり、出世争いがこんなにも厳しいのかと驚きました。

漣は相当に出世欲が強く、利用できるものはすべて利用するある意味で頭がかなりキレる人物なのだと思います。

ただ、今回の犯人である蒲生に犯罪をするように指示するところまで計画していたのは、全く予想できず、今までに見たことのない衝撃の結末でした。

漣がここまで警察官のトップにこだわるのには、自分の父親が深く関わっているように感じますが、その理由が早く知りたくなりました。

最後に漣が爽を投げ飛ばすシーンは手加減なく、漣の強い意志を表現していた気がします。

女性 30代

銀行強盗事件で現場の刑事たちにはわからなかった、犯人特定の手がかりを提示する主人公の上條蓮のプロファイリング力の凄さに驚かされましたが、まさか自分の出世のために、犯罪を誘導していたなんて、私の想像をはるかに超える上條の行動に衝撃を受けました。

そんな上條を見たら幼馴染みの水樹爽の正義感がより際立って見えました。

銀行強盗犯に撃たれたことで、その女性の人生が台無しになったことを犯人に話す爽の真っ直ぐさが、本来あるべき正義だと思いましたが、正義だけでは出世は出来ないどころか、このドラマを見たら正義は出世の邪魔をするものだと感じました。

ここまで出世に特化した警察ドラマは、今までなかったと思うので新鮮です。

あるまじき行為で出世の階段を上り始めた上條のこれからが楽しみです。

女性・30代

警察のキャリアの出世レースは見ていてヒリヒリする展開で1話目から見ごたえある内容でした。

それも、出演陣が演技派で玉木宏さんと広末涼子さんのコンビは見ていて一気に世界観に引き込まれました。

玉木宏さんが、まずは警視正に出世しそうですが、その上にさらに高みへと昇っていけるのか気になる所です。

本当に最後には警視総監になるのではないかと思わせてくれますが、どこの世界でも出世するには裏工作が必要なんだと思いましたが、まさか蒲生に犯罪計画を斡旋する所から始まるとは初回から裏工作が凄すぎて驚きました。

次回はどんな手を使ってさらに出世するのかに期待したいと思います。

男性・30代

警察官だった父親が自殺し、その時に決して弱者にはならないと決めた上條(玉木宏)は、警察の頂点まで上り詰めることを目標としています。

父親が生前語った「俺は強気に挫かれた弱い人間だ。

本当の間違えを正そうとするなら悪魔に魂を売るしかないのかもな。

」という言葉が彼に大きな影響を及ぼしているようです。

父親が自殺する前に自分に何を言いたかったのか、その答えを知りたかったから学んだプロファイリング。

プロファイリング能力を使う場面も、これからのドラマの展開で楽しめそうです。

「正義とは権力」「証拠はないなら作ればいい」「勝てないゲームはしない主義」彼の放つ言葉に、目的のためには手段を択ばない面が表れています。

銀行強盗の犯行のきっかけとなった改造銃を売りさばくための紹介料の話を持ち掛けた人物が上條であったことが臭わされて、あらゆる出来事が上條の手によって用意周到であったことに驚かされました。

男性・30代

警察内の出世争いを通して本当の悪とは何かを描いたドラマでした。

アップテンポな話の展開で臨場感を感じさせ、次々に伏線を回収していくあたりがミステリー好きにはたまらない内容です。

第1話はドラマの世界観を表現するために情報量多めな印象でした。

登場人物の相関関係、感情の変化、過去の出来事等今後の展開に重要な情報が多く出てくるので集中してじっくり見ておかないとついていけなくなってしまいます。

まだまだ情報が小出しのため、今後の展開が読めませんが、玉木宏さん演じる主人公の過去の出来事と心の闇が徐々に明かされていく内容になりそうです。

どういった展開になるのか見逃せません。

女性・30代

玉木宏主演、広末涼子、椎名桔平と脇を固める豪華俳優陣で送る警察25万人の頂点を目指す出世ドラマとあって期待していました。

なんといっても『のだめカンタービレ』の実写・アニメで千秋真一を演じた玉木宏&関智一の共演は楽しみにしていたので、一話の捜査会議で並んで座り会話するお二人に胸熱でした。

玉木宏演じる上條が常にウィスキーを飲みながら仕事をしたり、出世のために何でもやるなど、警察官としてはグレーを超えてアウトとも思えるキャラクターですが、『東大派』や『薩摩派』などのキャリア勢をなぎ倒し、警察官のトップである警視総監を目指す様は、目的がハッキリしていて分かりやすく、観ていてスッキリします。

第1話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

桜の塔|第2話

桜の塔|2話あらすじ

銀行強盗事件で手柄を立てた警視庁捜査共助課の理事官・上條漣(玉木宏)は、1日おきに女性たちが矢で襲われるも負傷者はゼロ…という奇妙な連続通り魔事件の捜査指揮を担当。

さらに、同期である警備部所属の新垣広海(馬場徹)と警務部所属の馳道忠(渡辺大知)と共に、警視正への昇進候補者にも選ばれる。

だが、警視正のポストの空きは2人分…。

漣の上司である刑事部長・千堂大善(椎名桔平)と、警備部長・権藤秀夫(吉田鋼太郎)、警務部長・吉永晴樹(光石研)は、警視総監・荒牧雄彦(段田安則)に推薦すべき人物を絞るため会議を開くが、いつしか派閥同士の小競り合いに発展し、話し合いは難航…。

すると、荒牧が「1週間後に投票で決めよう」と、前代未聞の提案をしてきた! しかし投票者の半数は、吉永率いる「東大派」と権藤率いる「薩摩派」の2派閥に属する者で占められている。

言わずもがな、「外様派」である千堂の下にいる漣には極めて不利な状況だった…。

それでも野心をたぎらせる漣。

彼は連続通り魔事件が社会的に大きな反響を呼べば、捜査指揮をとる自分の評価も上がるとにらみ、静かなる闘志を燃やす。

そんな中、動画サイトでは芸人・Mr.予言者(渡部豪太)が、5件目の通り魔事件を予測し、犯行現場に遭遇するところまで配信したことで、ふたたび世間の注目を集める。

しかしこれは、すでに犯人および事件の法則を分析し終えていた漣が、裏で仕組んだパフォーマンスだった! そうとは知らず、警視庁刑事部捜査一課の主任・水樹爽(広末涼子)は捜査を続行。

一方、犯人に殺意がないと確信する漣は、自らの野望を優先し、さらに世間の反響を大きくしようと画策。

犯人を泳がせながら、Mr.予言者を利用し続けることに。

ところがその矢先、まったく想定外だった“事件”が起きてしまい…!

出典:公式サイト

桜の塔 第2話の感想

男性・30代

警視正の座、2席を狙う3人が上層部からの推薦をどう勝ち取るかといった内容でした。

第1話でみせた警察らしからぬ悪行を今回も裏切りません。

しかし、第1話よりコミカルな場面も多く、シリアスな場面との緩急が心地よかったです。

玉木宏さん演じる主人公と広末涼子さん演じる幼馴刑事のやり取りはとても重要。

警察内で権力をもつことをそこまで重要視する理由は何なのか、上条の過去に隠された闇を毎話少しずつ明かされており、次が気になるもどかしさがたまりません。

終盤の上条が拳銃を向けられた場面で発した言葉はとても印象的で、このドラマの核になる部分だと思います。

女性・30代

警視正への昇進候補に上條も含め3名が選ばれ、本命と呼ばれる『東大派』と『薩摩派』が一歩リードという状況から2話は始まります。

非主流派である上條は、事件の首謀者を知りながら事件を更に大きなものにして逮捕することで、それを土産に昇進しようと裏で工作します。

個人での捜査を通じて上條への違和感を感じた水樹に、仕組んでいることがバレそうになるシーンはヒヤヒヤします。

決して上條のしていることは肯定できたものではないかもしれませんが、「父の死の真相を知るため、何がなんでも25万人の警察官のトップになる」という気概を感じる2話でした。

ただ1人で仕組んでいるのではなく、周りを巻き込んでいるので、誰かが裏切ったりしたら、それこそ降格ではすまなくなりそうなので、今後のストーリーでは、上條の協力者たちの言動に注目したいなと感じました。

男性 20代

今回もまた漣のプロファイリング力は素晴らしかったですが、その力をまた自分の出世のために使うなんて…。

犯人を知りながら捕まえずいたことで、子どもが被害を受けてしまった時の漣の表情には、かすかな動揺を感じました。

きっとまだ漣の中にも正義はあると思いたいです。

昔から漣のことを知る爽も同じ気持ちだと思います。

なぜ漣が出世にこだわっているのかを知ってしまった爽が、これからどんなふうに漣と接していくのかが気になります。

どこまでも真っ直ぐな爽が、昔の漣に戻すことが出来なかったことを悔んで流した涙がとても切なかったです。

女性 30代

今回の事件にもやはり漣が絡んでいました。

漣は犠牲者を出すことはもちろん望んでいませんが、犠牲者を出してでもトップに立とうとする執念深さが感じられます。

ついには千堂の娘との交際にまでこぎつけますが、優愛を出世に利用しようとしているのは見え見えです。

爽は漣が事件の背後にいることを見抜き、涙ながらに漣を止めようとしますが、漣にはもはや響かないくらい決意が固まっているようでした。

背景に漣の父親が関わっていることは予想できましたが、2話でついにその理由が語られました。

まだ真相はしっかり明かされていませんが、父親のための復讐が漣を突き動かしている気がします。

男性・30代

警視正の決選投票に勝ち抜くため、担当している通り魔事件を社会的に大きな反響に仕立てた上條漣(玉木宏)。

プロファイリングで犯人の素性を既に洗ってあるのに、犯人は憂さ晴らしで威嚇射撃を楽しんでいるだけで殺意がないと泳がせていましたが、子供が撃たれる被害が出た時の上條には動揺が見られ、彼の優しさやそこがこれからの弱点になるのではないかという点が垣間見えた気がしました。

幼馴染で捜査一課の水樹爽(広末涼子)は、上條が仕組んでいることに気付き問い詰めますが、もう引き返せないと言う上條。

父親が自殺する前に「警察に殺される。」言った言葉が上條にトップに立って警察の膿を浄化しようと決意させたことが分かり、父親が自殺することになった詳細も気になるところです。

また警視正の決選投票で昇進出来なかった同期の馳の悔しさ・嫉妬心が、これからどのように影響してくるのか、第3話も楽しみです。

第2話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

桜の塔|第3話

桜の塔|3話あらすじ

警視庁捜査共助課の理事官としての手腕が評価され、警視正に昇進した上條漣(玉木宏)は、警務部へ異動。警務部長・吉永晴樹(光石研)から、警察内の不正を取り締まる“警察の中の警察”=監察官のポストを与えられ、警視庁捜査一課の主任・水樹爽(広末涼子)らが半月前に暴力団から押収した拳銃を横流しした主犯を秘密裏に探るよう命じられる。

「東大派」派閥を率いる吉永が、「外様派」の刑事部長・千堂大善(椎名桔平)の息がかかった漣を抜擢した裏には、何かよからぬ思惑が潜んでいるはず…。

だが同時に、警察官の身辺を隅々まで把握できる警務部には、上層部の弱みを探し出すまたとないチャンスが転がっているのも事実だ。

密かに警視総監の座を狙う漣は、吉永の信頼を得て警務部の中枢に入り込むため、まずは横流し事件の調査で成果を上げようと決意。

千堂は「今のお前さんに監察官の仕事は手に余る」と言い、あまりのめり込まないよう忠告するが、その言葉の真意は不透明で…!?

拳銃を横流しした主犯は水樹班の中にいる可能性が高い――そう推察した漣は、爽に押収当時の流れをヒアリング。

押収品保管倉庫に拳銃を届けた高杉賢剛(長谷川朝晴)と轟啓一(駒木根隆介)のどちらかが怪しいとにらむ。

だが、下手に動いて主犯に勘ぐられるのは得策ではない。漣は確実に現行犯で捕まえるため、爽の協力を得て“罠”を仕掛けるが、なぜか読みどおりには事が進まず…。

横流し事件の根底には“隠された何か”があると考えた漣は、警務部に所属する同期・馳道忠(渡辺大知)に、事件に関連する資料の精査を依頼。

警視正への昇進を見送られて以来、精神のバランスを崩していた馳は、なんとか平静を装って確認作業に取り掛かる。

ところが…。やがて“警視庁を揺るがす闇深き真実”が発覚!常に冷静な漣が激しく取り乱す事態にまで発展してしまう――。
出典:公式サイト

桜の塔 第3話の感想

男性 20代

順調に出世街道を進んでいる漣ですが、刑務部長の吉永が漣を監察官にしたのには、何か裏がありそうで気になりましたがやっぱり裏がありましたね。

漣たち同期が食堂で話すシーンは、いつもみたいなピリピリ感がなくてほっとしましたが、部長たち同期が「クラブS」に集まったシーンはいつも以上にピリピリで恐ろしかったです。

何のために警察になったのか不正経理をやらされてわからなくなった馳が絶望する気持ちと、漣の父親に姿が重なって心の底から怒りがわいてきました。

漣や新垣たちが馳のことを全力で助けようとしたのに、自分の出世のために吉永を踏み台にして、漣のことも力でねじ伏せようとする千堂に腹が立ちました。

女性 30代

警察は本当に足の引っ張り合いの競争だなと思いました。

しかし、まさか警視総監の甥っ子が横流しをしているとは、それを黙っていた吉永部長は本当に狸親父だと思いました。

しかし、新垣が走って馳を助けに言った所や上条も馳を心配していた所など、同期の絆は本当に凄いものだと思いました。

しかし拳銃の横流しの黒幕が上条側にいるのは驚きです。

一体だれが黒幕なのか次回が気になります。

そして、上条は千堂の娘と上手く結婚までいけるのかまだまだ上条の出世には立ちはだかるハードルはありますが、本当にこのまま出世できるのか今後の展開に注目したいと思います。

男性 20代

緊張の連続であっという間に過ぎた第3話でした。

漣、新垣、馳の3人は同期でありながら、同期らしいシーンがあまりなく、警察とはそういうものかと寂しい気持ちがありました。

でも、追い込まれた馳を前に、本当はやはり同期なのだと感じました。

漣は自分の保身のためなら、仲間も追い込む残酷さがありますが、馳の自殺未遂は漣に目を覚まさせるきっかけになったかもしれません。

千堂、吉永、権藤の3人が志歩の店で集まったシーンは緊迫感が異常で一触即発のピリピリした雰囲気がたまりませんでした。

ただ、本当の内通者が志歩か銀次郎だなんて信じれません。

女性 30代

上條勇仁の息子だから監察官にした、うってつけだとはどういうことなんでしょうか。

何か裏がありそうです。上條の同期の馳は不正経理の処理をさせられていました。

上條は自分の父親の昔の話を馳に持ち込んで良心の呵責に苦しむように仕向け、その結果馳は自殺を図りました。

そのことを苦しんでいる様子の上條に、ただ冷徹に昇進のためになりふり構わないだけの人間ではなく、人情味に溢れた面もあるのだと感じました。

千堂は不正処理の全ての責任を馳に負わせることにし、今回のことはそれを指示していた吉永に痛手を与え、荒牧総監に貸しが出来き、自分達外様派が警察トップに君臨するチャンスなんだと上條に言い放ちます。

千堂こそ、冷徹で昇進のためには手段を択ばない男という感じです。

千堂の娘は上條の幼馴染である水樹爽に嫉妬しているようです。

このこともこれからの展開に関係してくるのか、気になります。

男性 20代

今回は前回までの2話と異なり、上条の正義感や情を強く感じられる内容になっていました。

同期との繋がりはこのドラマの中でも重要なポイントになってくるようです。

過去2話の上条と今回の上条は違う人格のように感じます。

裏から手を回すというより、感情的で自身の正義感に基づきどんな悪にでも立ち向かうといった感じでしょうか。

一方で各部長による蹴落としあい、出世争いにもフォーカスされており、警視総監荒巻の弱みを握った千堂が一歩リードといったところでしょうか。

警察内部の膿が徐々に排出されていく感覚がスカッとします。

女性 30代

警察内部の権力争いが多くみられるドラマですが、こんなに真剣にトップになりたい頑張る人がいることに感動しそうです。

主人公が野心家のドラマなので、応援する気持ちとなぜそんなに頑張るのかを見るたびに考えそうです。

父親も警察官で過去に何かがあったようですが、プロファイリングなど実力もつけているので、トップを目指す本気度が伝わります。

同じ警察官で女性の幼馴染がいることで、主人公は助かっているのではないでしょうか。

トップに登れるのか、幸せになれるのか最後まで見ていきたいです。

男性・30代
千堂の娘・優愛と付き合うことになった上條が二人で食事をしているシーンでの優愛の視線が、とても上條を愛しているようには見えず、お互い利用し合っているのではないか、とその心理が気になりました。警視正への出世レースに負け、吉永への裏金を作る仕事を手伝わされる羽目になった上條の同期・馳から、事実を聞いた上條が、吉永に本題を突きつけるシーンは、言葉の騙し合いが炸裂していて興奮する展開でした。

部長たちが立場を守ろうとするあまり悪魔に魂を売る行為ばかりを目にし、一話、二話と悪事を働くこともあった上條が、少し落ち込んでいるように見え、上條の人間らしさを感じた三話でした。

第3話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

桜の塔|第4話

桜の塔|4話あらすじ

昇進に伴う異動で、警視庁警務部の監察官となった上條漣(玉木宏)は、借金返済のために押収品を横流しして依願退職処分となった元警視庁捜査一課の刑事・高杉賢剛(長谷川朝晴)を裏で操っていた人物を突き止める。

その人物とは…漣の父親代わりであり、情報屋としても暗躍する元警察官・刈谷銀次郎(橋本じゅん)だった!

刈谷はどんな目的があって、高杉に横流しのノウハウを教え、事件を起こさせたのか――。

理由を問いただす漣に、刈谷は警察官だった漣の父・勇仁(岡部たかし)が派出所で“自殺”した23年前の事件を警視庁の上層部に思い出させるためだ、と告白。

勇仁は“自殺”ではなく、派出所を訪れた何者かに首を括るよう強要されたのだ、と衝撃の言葉を続ける。

しかも勇仁は死ぬ直前まで、当時後輩だった小宮志歩(高岡早紀)が嗅ぎつけた、今回と同じ手口の押収品横流し事件の真相を追っていたというのだ!

刈谷と志歩から、すべては警視庁内で幅を利かせる「薩摩派」派閥によって仕組まれた可能性が高いと聞いた漣は、必ずや父を死に追いやった犯人を突き止めることを決意。

幼馴染でもある捜査一課主任・水樹爽(広末涼子)に協力を仰ぐことに。

漣を囲っている「外様派」の刑事部長・千堂大善(椎名桔平)は自らの派閥への悪影響を危惧し、復讐をやめさせようとするが、漣は聞く耳を持たず…。

出典:公式サイト

桜の塔第4話の感想

男性 20代

高杉に横流しのノウハウを教えたのが、情報屋の刈谷銀次郎だと聞いて、てっきり漣の敵だったのかと思いましたが、漣の父親の死の真相を暴くためだと聞いて少しほっとしました。

23年前スキットルを渡したことで、漣に横流しの事件を託したのなら、漣の父親は自分の命の期限を知っていたことになりますよね。

馳だけでなく新垣もまた、腐った警察の内部を知ることになって、さぞ心を痛めていると思います。

そんな中権藤に真正面からぶつかる漣の姿に、漣の父親の姿が重なりました。

きっと権藤にもそう見えたから、真実を話したのだと思います。

恐怖の中にいた父親がそれでも正義を貫き通せたのは、漣の存在があったからだったのだと知って切ない気持ちになりました。

まさか父親を死に追いやったのが千堂だったなんて…。

それを知ってしまった漣のことが心配です。

女性 30代

ついに父親の事件の真相にたどり着いた上篠かと思いましたが、まだ裏がありそうな気がします。

千堂が黒幕というには少し違和感があるので、まだまだ裏がありそうな気がします。

権藤に吉永という数々の強敵を倒してきた上篠ですが、最後の相手が直属の上司というのはかわいそうな気もしますが、結末が気になります。

しかし富樫が本当に優秀だったのは驚きましたが、水樹に本当に恋しているのが初心で可愛らしいと思ってしまいました。

来週で第一幕が終了するとのことですが、第二幕では一体どうなるのかどんな結末が待っているのか来週の展開が今から楽しみで仕方ありません。

男性 20代

駒は十兵衛のことが好きで思いを断ち切れないまま帰って行きました。

十兵衛とのつながりを知った駒は、ますます切ない気持ちになっただろうと思いました。

伊呂波太夫と駒の関係が分かりました。

駒は伊呂波太夫の元で育ったも同然で、姉妹のような関係だったのかもしれませんね。

竹千代は幼いのにも関わらず、自分の考えをしっかり持っていて父親を殺害した信長を前にしても動じることなく、対等に振る舞っていました。

竹千代があの徳川家康になったのも納得です。

竹千代と十兵衛は思いがけない形で接することになりましたが、孤独な中で生きてきた竹千代にとって十兵衛との出会いは心強いものであったはずです。

女性 30代

刈谷から、上條の父、勇仁は自殺”ではなく、何者かに首を括るよう強要されたこと、勇仁は死ぬ直前まで、今回と同じ手口の押収品横流し事件の真相を追っていたことが知らされました。

口封じのために殺され、薩摩派によって仕組まれた可能性が高いということも分かりました。千堂は自分の派閥のダメージを気にして、上條が復讐しようとするのを反対。

感情的になれば痛い目に遭うのは自分だと忠告します。この人間臭い感情的な部分が、上條の弱点になっていく気がしますね。

上條の父親が自殺した時の防犯カメラの映像には権藤のライターが映っていましたが、そのライターは権藤が千堂からもらったものだと。

そして千堂はその映像にいるのは自分だと、上條の父親の死を見届けたのは自分だと認めました。まさか、上條の上司が父親を死に追いやった張本人だったとは…殺された父親の復讐、昇進争いはこれからどうなっていくのでしょうか。

男性 20代

今回の話で上条の父親の自殺の真相に一気に近づきました。

一見裏切り者かと思われた人物の新証言や、思いもよらない新証拠をもとに真相まであと一歩といったところでしょうか。

警察官にとっての「正義」とは何なのか、その「正義」は立場や状況によって変わるのかを考え葛藤するシーンが印象的な話でした。

「息子の前で胸を張れるの正義」を上条は大事にしているようですが、その点を考えると第一話のでの上条のやり方には矛盾を感じました。

人格が変わったのか?といった感じです。

ドライでしたたかな性格かと思っていましたが、感情的で衝動的な部分も描かれているように思います。

女性 30代

高杉に拳銃を横流しした人物の特定から始まり、父親を殺した犯人が4話にしてわかる、という怒涛の展開でした。

3話の拳銃を横流しした件が、上條の父親が亡くなった事件と関連があること、表向き自殺と処理されていたが、実は殺されたということが確実となり、事態が急展開していく様子にハラハラさせられっぱなしの1時間でした。

今までは事件に対し手柄をたてることを最優先していた上條が、父親の事件関連となると感情的になり、本来の業務より事件を明らかにすることを優先してしまうなど、3話までの顔とは違う顔が見えました。

最後は父親を自殺に追いやった犯人がわかり、来週から復讐を開始していくと思うと、上條に合わせて気持ちが高ぶり、早く観たいという気持ちにさせられました。

第4話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

桜の塔|第5話

桜の塔|5話あらすじ

今から23年前に、警視庁で幅を利かせる「薩摩派」派閥の幹部が中心となり、組織ぐるみで行っていた押収品の横流し事件――。

その真相を告発しようとしていた警察官の父・勇仁(岡部たかし)を“自殺”に追い込んだのが、自らが所属する「外様派」派閥のトップである刑事部長・千堂大善(椎名桔平)だと知った警視庁キャリア組の警察官・上條漣(玉木宏)。

追及された千堂は、勇仁に告発させないよう卑怯な脅しをかけ、“自殺”へ誘導したことを認める。

だが、唯一の証拠である防犯カメラのビデオテープは画像が粗く、たとえ科捜研でも居合わせたのが千堂本人だと特定するのは不可能…。

千堂は不気味なまでの自信をにじませながら、「俺はお前ごときが倒せる相手じゃないんだよ」と言い放つ。

前途を絶たれ、怒りと悔しさに身を震わせる漣。

だが、彼は諦めなかった。

狡猾な千堂のことだから、ほかの事件でも不正や汚職に手を染めているはずだ。

――そう考えた漣は、殺された父の復讐を心に誓う!

漣は告発材料をあぶり出すため、千堂らと次期警視総監の座を争っている「東大派」派閥の警務部長・吉永晴樹(光石研)に相談。

千堂の失脚を望みつつも、漣と手を組むのは危険だと判断した吉永は協力を拒否するが、ふと独り言のように「5年前の傷害事件でなぜ犯人が捕まらないのか不思議でならない」と漏らし…!?

これは何かのヒントだと察した漣は、幼馴染でもある捜査一課主任・水樹爽(広末涼子)と共に、傷害事件の資料を精査。

千堂が事件捜査の指揮をとっていたことを知る。そんな中、漣は婚約者である千堂の娘・優愛(仲里依紗)の何気ない話が引っかかり…。

出典:公式サイト

第5話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

以上が、ドラマ『桜の塔 』1話〜最終話までの各話のあらすじ、と、無料動画配信サイトの情報紹介になります。

無料動画サイトで配信していないけど、地上波での再放送はどうなの?

と気になる方のために、ドラマ『桜の塔 』の再放送状況をお伝えします♪

ドラマ『桜の塔 』の再放送情報

ドラマ『桜の塔 』の再放送があるか?

放送局サイトで再放送状況を調査したところ・・・

残念ながら現在、ドラマ『桜の塔 』の再放送はありません。

近年、見逃し配信の動画配信サービスが普及して、地上波での再放送枠は年々減ってきていますので、

今後、ドラマ『桜の塔 』は再放送されない可能性が高いです。

いつになるかわからない再放送を待ち続けるよりも、好きなタイミングで視聴できる動画配信サービスがおすすめです。

NetflixやAmazonプライムビデオなど、ドラマ『桜の塔 』の動画を全話一気見できる動画配信サイトを紹介します!

 

ドラマ『桜の塔 』を配信中の見逃し動画配信サイト

ドラマ『桜の塔 』の動画を見逃し配信している、NetflixやAmazonプライムビデオなどの動画配信サイトを一覧でまとめましたので、ご覧下さい♪

\ドラマ『桜の塔』の見逃し動画配信サイト一覧/

配信サービス 配信状況
U-NEXT
TELASA
Paravi ×
FOD Premium ×
Hulu ×
dTV ×
Amazonプライムビデオ ×
クランクインビデオ ×
Netflix ×
Abemaプレミアム ×
dアニメストア ×
TSUTAYA DISCAS ×

※本ページの情報は2021年4月時点のものです。

ご覧頂いた通り、ドラマ『桜の塔』の動画は

  • U-next
  • TELASA

見逃し動画配信サイトで無料視聴できますが、その中でもおすすめはU-nextです!

本日から6月10日まで無料!

でも、なんでU-nextがおすすめなの?

と、気になると思いますので、おすすめの理由をU-nextの特徴と共に紹介していきます♪

U-NEXTでドラマ『桜の塔』の動画の見逃し配信を無料視聴

ドラマ『桜の塔』の動画は、国内最大の動画配信サイト『U-next』で見逃し配信を無料視聴することができます。

U-NEXTは31日間の長い無料期間がありますので、ドラマ『桜の塔』の動画の見逃し配信を余裕を持って1話〜最新話まで無料視聴できます!

さらに、U-nextであれば1,300作品の国内ドラマ動画が配信されていますので、

ドラマ『桜の塔』の動画だけでなく、他のドラマ動画の見逃し配信もお楽しみ頂けます♪

そんな動画配信サイト『U-next』の特徴をまとめました!

<U-NEXTの特徴まとめ表>

月額料金 2,189円(税込)
※無料期間終了後から課金
無料お試し期間 登録から31日間
無料期間に解約すれば0円
配布ポイント 登録直後:600ポイント
※通常1200ポイント
国内ドラマ動画配信数 1,300作品以上
その他 NHKオンデマンド利用可能

31日間の無料期間があるU-nextで、ドラマ『桜の塔』の動画の見逃し配信を1話〜最終回まで全話一気見して頂けると幸いです♪

本日から6月10日まで無料!

無料お試し期間に解約すればお金は一切かかりませんのでご安心ください♪

U-nextで視聴した人の口コミ

すでにU-NEXTに登録して見逃し配信を無料視聴できない・・・

という方のために、U-NEXT以外でドラマ『桜の塔』の動画を無料視聴できる見逃し動画配信サイトを紹介します!

TELASAでドラマ『桜の塔』の動画の見逃し配信を全話無料視聴

動画配信サイト『TELASA』でも、ドラマ『桜の塔』の動画の見逃し配信を無料視聴できます!

テレビ朝日系の動画を多数見逃し配信しているTELASAは、初回登録で15日間の無料期間がありますので、お金をかけずにドラマ『桜の塔』の動画の見逃し配信を視聴可能です。

加えて、ドラマ動画も430作品配信していますので、ドラマ『桜の塔』の動画の見逃し配信を視聴した後も、引き続きドラマ動画をお楽しみ頂けます♪

そんな、TELASAの特徴を表でまとめました!

<TELASAの特徴まとめ表>

月額料金 618円(税込)
※無料期間終了後から課金
無料お試し期間 登録から15日間
無料期間に解約すれば0円
配布ポイント ポイントなし
国内ドラマ動画配信数 430作品以上
その他 テレビ朝日系の動画配信サイト

ぜひTELASAでドラマ『桜の塔』の動画の見逃し配信を1話〜最終回まで全話一気見して頂けると幸いです♪

本日から5月25日まで無料!
無料お試し期間に解約すればお金は一切かかりませんのでご安心ください♪
TELASAで視聴した人の口コミ

見逃し配信の動画視聴は、本当にお金がかからないの?

と、不安な方は登録・解約の流れをご確認下さい。

TELASA登録手順
    1. TELASAの公式サイトにアクセスして『無料でお試し』をクリックします。
    1. 『au IDを新規登録』をクリックします。
    1. 『UQ mobile』か『他スマートフォンの方』どちらかを選択します。
    1. 登録用のメールアドレスを入力します。
    1. メールに届いた確認コードをコピーします。
    1. コピーした確認コードを貼り付けます。
    1. 基本情報を入力し、下にスクロールします。
    1. 『利用規約に同意して新規登録』をクリックします。
    1. 『利用中のサービスに戻る』をクリックします。
    1. 『規約に同意して加入』をクリックします。
    1. クレジットカード情報を登録します。
    1. TELASA登録完了となります!

登録から15日間は無料お試し期間になりますので、使ってみて継続するかどうか決めるといいですね♪

無料期間中に解約すれば、課金されませんのでご安心を下さい。

本日から5月25日まで無料!
TELASA解約手順
    1. TOPページに右上アイコンをクリックします。
    1. 退会をクリックします。
    1. 継続をおすすめされますが、『退会手続きを進める』をクリックします。
    1. 『退会する』をクリックします。
    1. 退会完了となります!

登録から無料期間中の15日以内に解約すれば、お金はかかりませんのでご安心ください。

TELASAは無料期間だけと決めている場合は解約をお忘れなく♪

 

ドラマ『桜の塔』の再放送情報

ドラマ『桜の塔』の再放送予定はあるのか?

放送局サイトや番組表で、ドラマ『桜の塔』の再放送状況をまとめましたので、ご覧ください!

放送局/番組表 再放送予定
テレビ朝日番組表 X
テレ朝チャンネル X
yahoo!TVガイド X
テレビ王国 X

現在、地上波でドラマ『桜の塔』の再放送は予定されていません。

近年、見逃し配信サイトやNetflix、Amazonプライムなどの動画配信サービスが普及して、地上波での再放送枠は年々減ってきています。

なので、今後ドラマ『桜の塔』の再放送は期待できません。

地上波での再放送を待ち続けるよりも、公式動画配信サイト『U-next』で視聴することをおすすめします!

U-nextなら、31日間の無料期間があるので、ドラマ『桜の塔』の動画を1話〜最終回まで全話無料視聴できます!

また、最新作から懐かしい過去作まで、幅広く配信していますので、合わせてお楽しみ頂けます♪

本日から6月10日まで無料!

 

ドラマ『桜の塔』を視聴した人の感想

準備中です。

\ドラマ『桜の塔』の全話視聴ならU-nextが一押し/

本日から6月10日まで無料!

 

2021年春ドラマ|曜日別ドラマの無料動画まとめ一覧

最後に、現在放送中のドラマ無料動画を一覧でまとめましたので、気になるドラマがありましたら、ぜひチェックしてみて下さい♪

月曜
火曜
水曜
木曜
金曜
土曜
日曜