春の呪い 無料動画

2021年に放送されたドラマ『春の呪い』の動画を全話無料で見る方法をまとめました!

お得に無料視聴できる動画サイト(配信アプリ)をまとめましたので、是非参考にしてみてください。

ドラマ『春の呪い』の動画配信状況
見逃し配信
(無料)
見放題配信
(無料)
宅配レンタル
(無料)
    サービスはありません
レンタル
(課金)
    サービスはありません
配信なし

※Netflixは無料期間がないので、登録の際にお金がかかります。

結論から述べると、Paraviで、ドラマ『春の呪い』の動画を最もお得に無料視聴できます!

本日から12月17日まで無料!
※無料期間内に解約すればお金は一切かかりません。
Youtubeで動画検索
春の呪いのあらすじ

ドラマ『春の呪い』あらすじ
妹が死んだ。

名前は春。

まだ19歳だった――妹の存在がこの世のすべてだった姉・立花夏美。

春が病死したのち、夏美は婚約者であった柊冬吾に頼んで、過去の春とのデート現場を一緒に遡っていく…。

妹の心を奪った憎い男と行動をともにしながら、夏美には自分でも抑えきれない感情が沸き上がってくる。

―その日、夏美は「デート」に向かっていた。

妹の婚約者だった冬吾と会うためだ。

財閥系の名家である柊家は代々、血筋を重んじてきており、冬吾の結婚相手として遠縁の立花春に目を付けた。

ふたりは事実上の婚約に至るものの、病気によって春が他界。

すると冬吾は、今度は夏美に交際を申し込んできた。

「妹が死んだなら、姉と付き合えばいい」そんな提案をする冬吾の親も、受け入れる冬吾も冷徹だ。

夏美は呆れてその申し出を拒否するが、ふと春の笑顔を思い出し、突然、自分でも思ってもみない言葉を口にする。

「お願いがあります。

春と一緒に行った場所に私を連れて行ってくれませんか」驚きつつも冬吾はその依頼を受け入れ、2人は逢瀬を重ねていくことになるのだが、それは禁断の愛の始まりだった…。

「春は今の私を見てどう思うだろう……」冬吾に惹かれていく自分に罪悪感を覚える夏美に、次々と意外な事実が降りかかる。

出典:公式サイト

放送時期 2021
ジャンル ドラマ/青春恋愛/ラブコメ
制作会社 The icon
俳優 立花夏美:髙橋ひかる|柊冬吾:工藤阿須加|立花春:桜田ひより|柊聖美:高島礼子|立花浩司:飯田基祐|立花芳江:河井青葉|柊真由子:結城モエ|柊篤実:薬丸翔|柊俊策:津村和幸|冬吾の教育係:渋谷飛鳥
公式サイト 『春の呪い』公式サイト
外部リンク Wikipedia公式Twitter

最初にお伝えしたように、ドラマ『春の呪い』の動画は、動画配信サービス『Paravi』で全話無料視聴できます!

Paraviは、初回登録から2週間無料で利用できますので、ドラマ『春の呪い』を1話〜最終回まで全話無料で見れます。

そんな、Paraviの特徴を表でまとめました。

月額料金 1,017円(税込)
※無料期間中は0円
無料期間 登録から2週間
配布ポイント 550円分のポイント
※無料期間中はポイントなし
国内ドラマ配信数 800作品以上
雑誌読み放題 なし
電子書籍 なし

Paraviは、TBSやテレビ東京系列のドラマが豊富で、国内ドラマ配信数がトップクラス!

ドラマ『春の呪い』だけでなく、800作品の中から好きなドラマも無料視聴できるのでお得です♪

本日から12月17日まで無料!
※無料期間内に解約すればお金は一切かかりません。
Paraviで視聴した人の口コミ

ただ、Paraviで動画を全話無料視聴できるとは言っても、

  • 解約できなくて、月額課金(サブスク)で、お金がかかったりすることはない?

など、不安なことがあると思いますので、Paraviの登録・解約手順を画像と共に解説します。

Paravi 登録手順
  1. Paravi公式サイトにアクセスして『無料体験はこちら』をクリック
  2. 好きな登録方法でアカウントを作成(今回は『メールアドレスでアカウント作成』をクリック)
  3. 情報を入力して下にスクロール
  4. 入力後、利用規約にチェックを入れ『クレジットカードで登録する』をクリック
  5. 以上で登録は完了!

登録から2週間は無料で利用可能で、無料期間中に解約すれば一切お金はかかりません。

本日から12月17日まで無料!
Paravi 解約手順
  1. Paraviの公式サイトにアクセスして、右上のメニューボタンをクリック
  2. 『アカウント情報』をクリック
  3. 『契約プランの確認・解約』をクリック
  4. 右下の『プラン解約』をクリック
  5. 一番下までスクロールして『解約を続ける』をクリック
  6. 『解約する』をクリック
  7. 以上でParaviの解約が完了です!

登録から無料期間中の2週間以内に解約すれば、お金はかかりませんのでご安心ください。

Paraviを使わなくても、ドラマ『春の呪い』の動画は違法サイトでも見れるでしょ!と、思いますよね。

確かに違法動画サイトで、ドラマ『春の呪い』の動画を配信している場合がありますが、

  1. 端末がウイルスに感染する
  2. 邪魔な広告が頻繁に入ってくる
  3. 音ズレや低画質で動画に集中できない

などの問題が頻繁に起きるので、違法サイトでの動画視聴はとても危険です!

違法動画サイトを使用した人の口コミ

男性 30代

自分はドラマが大好きであり、違法動画サイトなども利用させていただき、ドラマを見させていただきました。

それでサイトを閉じた瞬間でありますが、ウィルスに感染をしましたと表記をされました。

最初はいたずらだと思っていたのですが、以降はランダムな時間でタスクが表記されるようになり、自分の仕事の業務などに支障をきたしてしまうような感じになりました。

海外動画サイトで動画を見るのはリスクが高すぎると思います。

女性 20代

違法動画サイトを使用している際に、広告バナーが登場して、そのバナーを消すために×のボタンを押したにも関わらず、その広告画面に進んでしまったことがあります。

その広告も、不適切な内容を含む広告で、有料会員などのページに進むよう作られていたので、そのまま気づかずにいたら金額の請求があったかもしれないということがありました。

また、違法動画サイトでは、動画を再生した際に、サムネイルと全く別の動画が始まったということもありました。

男性 30代

当時youtubeでなかなか見つからなかった動画を違法サイトで見つけ、動作を再生する決断をしました。

後々考えれば、動画再生時にウィルスチェックに準ずる警告が出たような気がしましたが、見たいという熱意が先行して、結局閲覧することにしたのです。

結果としてはパソコンの起動を遅くする内容を招き、いたずらレベルの軽いウィルス感染になっていたことをパソコンの情報に詳しい知人から教えてもらいました。

やはり海外の動画サイトには、気をつけるべきだと言えます。

スマホやパソコンがウイルスに感染して使えなくなった・・・

など、トラブルに巻き込まれる可能性もありますし、犯罪行為への加担となるので、安全に見れるサイトを使用しましょう。

これまでお伝えしたように、ドラマ『春の呪い』の動画を視聴する場合は、動画配信サイト『Paravi』がおすすめです!

本日から12月17日まで無料!
※無料期間内に解約すればお金は一切かかりません。

 

ドラマ『春の呪い』の動画を全話無料視聴

Paraviを使えば無料視聴できることはわかった。

でも、解約を忘れたら月額課金(サブスク)になるのがちょっと怖いな・・・と思うかもしれません。

そこで、Youtubeやニコニコ動画などの無料動画サイトで検索をした結果をまとめました!

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

春の呪い|第1話

春の呪い|1話あらすじ

立花夏美(髙橋ひかる)は10歳だった2009年春に母・京子(近藤奈保希)と死別。

そんな時に女性の影をちらつかせる父・浩司(飯田基祐)を夏美は軽蔑し、妹の春(桜田ひより)をたった一人の家族として生きる決意をする。

だが2019年冬、姉妹に舞い込んだ柊冬吾(工藤阿須加)との見合いによって妹との絆を揺るがす危機が。

冬吾は遠縁にあたる相馬財閥の分家、柊家の三男。

冬吾の母・聖美(高島礼子)が目を付けたのは春だった。

出典:公式サイト

春の呪い|第1話の感想
男性 30代
2009年に実母が亡くなり、しかも父親には別の女の人と親密になっていた。夏美はそれを知って父親を軽蔑して妹と2人でやっていこうと決断した。10年後に冬吾とのお見合いがあり、妹の春がお付き合いをするように。

妹もお見合いの日から相手に惹かれている感じがあり、夏美側からしても少し寂しさがあったんだろうなと思います。

妹と2人でやってきたという過去があると特にそう感じてしまうんだろうなと思います。

そして応援しようと決意したシーンの後に突然の冷たくなった春の姿。

しかも棺の中から手を突然掴んできたのには声を上げてびっくりしてしまいました。

今後が楽しみです。

女性 20代
10年前に母親が亡くなり、後妻が来てから姉の夏美(高橋ひかる)と妹の春(桜田ひより)は仲良く暮らしてきた。しかし相馬財閥の分家である彼女たち、食事会に招かれた場で、妹の春(高校生)に柊家から相馬の血を守るためと白羽の矢が立った。そして大学生になると冬吾と春の公認の交際が始まり、姉はバイトに明け暮れていた。

春の気持ちは、姉と一緒にいるよりも、彼との時間を大切に考えるようになっていった。

冬吾は、バイトしている姉の姿、笑顔を見て惹かれ、姉は幸せそうな妹に嫉妬していく。

嫉む気持ちと、幸せになって欲しいという気持ちに揺れる姉、そんな時妹が突然亡くなって1話は終わりを迎えた。

なぜ亡くなったのか?気持ちの行く先は?と、謎を残しながら。

男性 30代
夏美の妹は春。その春が病気でなくなった。そんな春には冬吾という婚約者がい財閥系の家系の冬吾のうちはだいたい、血筋を重んじており、それに選ばれたのが春だった。

春がなくなり、冬吾の親はその姉の夏美と結婚しろと言う。

結構、冬吾の親はいい所の血筋なら誰でもいいのかと思いますが、そんな親を咎めるのでなく、冬吾は姉の夏美に付き合ってほしい。

と言ってくるのである。

結構冬吾も、春の事本当にどう思っていたのかと思ってしまいます。

主人公の夏美はその申し出を断るのですが、そのかわりに、なくなった春とデートしたところを巡ってほしいと言う。

そして冬吾と夏美はデート現場を巡るのだが次第に夏美は冬吾に惹かれてしまうという物語。

と言うことですが、デートした場所を巡って春の話を聞いたり、面影を感じたりしたい気持ちはわかるのですが。

春の呪いと言う怖い題が、巡りながら呪われてしまうのか。

ちょっと怖そうな気がします。

女性 20代
財閥の分家に見初められて、高校生の時に出会い交際を始めた姉妹の妹の春さんが、病気で亡くなった。妹が唯一の家族だと考えていた姉の夏美は、婚約者に春と過ごし共に見た景色の場所に連れて行って欲しいと頼み、妹の見た景色をトレースしていくが、徐々に妹の婚約者に心が惹かれていく状況になるが、春の呪いとは何を意味しているのか?自分の唯一恋した婚約者を姉が奪っていくことに対する呪いなのか、自分が病いで亡くなってしまったことに対する呪いなのか?

その呪いの先に何が待っているのか?が、期待の恋愛物語です。

男性 20代
桜田ひよりさん演じる春ちゃんがかける呪いとはいったいどんなものなのかが楽しみです。幼少の頃から亡くなる間際まで良好な関係を築いていたお姉さんに対して恨みのようなおぞましい感情を抱いてしまうのかも気になるところです。そして、御曹司の息子さんとお姉さんとが春ちゃんを気にしながらも次第に仲を深め合って、いずれかは結婚する運びになってくれることを個人的には最も期待しています。

罪悪感に駆られながらも恋の幸せを噛み締める姿が観られたら嬉しいです。

女性 30代
最愛の妹を亡くした主人公が付き合うのは、妹の婚約者だったと言う衝撃的なストーリーがどのように展開されていくのかとても楽しみです。漫画原作ということですが、大人の恋愛を楽しませてくれそうな雰囲気がします。そして主演の高橋ひかるさんがどのような大人な顔を見せてくれるのかも楽しみです。

可愛くて爽やかなイメージのあった高橋さんの新たな一面が見れるのではないかとわくわくしています。

そして工藤阿須加さんがどのようなキャラクターで出てくるのかも楽しみです。

第1話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

春の呪い|第2話

春の呪い|2話あらすじ

若くしてこの世を去った最愛の妹・立花春(桜田ひより)の葬儀で、「すぐ春のところに行くから」と声をかける立花夏美(髙橋ひかる)。

ところが、亡骸の春が「冬吾さんは渡さない」と訴える幻影を見てしまう。

「私が冬吾さんを奪うなんて…」と訝しむ夏美に、柊冬吾(工藤阿須加)から信じ難い相談が持ち掛けられる。

「春の代わりに結婚して欲しい」と。

夏美は当然断るが、その直後、自分でも思いも寄らない提案を口にしていた…。

出典:公式サイト

春の呪い|第2話の感想
男性 30代
夏美の春への想いの強さがすごいですね。その想いの強さから、冬吾とともにデートした場所へ行くことに。その会話の中で、血のつながりを気にしているのは春もだと言うことに気づき、確かになと思いました。

相続問題もあるし、離婚、再婚の問題もあるし複雑ですよね。

冬吾側ばかりに視線が向いていましたが、そのセリフから夏美もだ、と見方が変わりました。

春が亡くなる前は、冬吾の名前を呼んだという出来事は、春が大好きな夏美からするととても寂しいことですよね。

今回冬吾のふとした優しさに気づき始めた夏美。

冬吾もクールに見えて優しい部分も見えてきており、今後惹かれてしまった先にどうなってしまうのか気になります。

女性 20代
春は半年前から抗がん剤治療をしていて亡くなった?親も姉も知らなかった?そして、冬吾は、夏美に会って血のつながりを求めた話をする。夏美は、冬吾に春と行った思い出の場所に連れて行ってほしいと依頼する。春の見た景色、感じたことを共有するために。

しかし、その景色、場所を訪れながら継母との関係を話す中で血のつながりを意識する夏美の本音がこぼれる、冬吾に心が動く夏美自身の微かな気持ち、春は冬吾に恋し愛し写真を抱いて亡くなっていった。

夏美が自殺しようとしたのは、春への想いか?止めた冬吾が、お前が死んだら俺も死ぬという言葉の真意は?何か秘密を匂わせる展開でした。

男性 20代
始まりはまるでホラードラマのようだ。妹である春の葬儀はしめやかに。冬吾は子供の頃の呪縛があるらしい。

かなりシスコンなのでは?めんどくさい家族やら血の繋がりの話もあるらしい。

夏美は冬吾と共に春との思い出の地を巡る。

彼自身は一応紳士的な気がする。

相馬家の本家広すぎるな~。

春への想いが溢れすぎているのが切ない。

冬吾の行動にドキッとしてしまう夏美の表情の変化が良いなあ。

妹への想いが強すぎるのね。

かと思ったら姉妹とも愛が強めなのね。

妹への想いが強すぎてまさか飛び降りようとするとは思わなかった。

それを止める冬吾のタイミング!

女性 30代
「春」に囚われる夏美と「相馬家」に囚われる冬吾の心の闇が見えてきた話でした。喫茶店で会った夏美と冬吾の「春の死」に対する思いの違いがせつないが、それでも妹を思う夏美の提案は、二人の距離の進展を期待させる展開でした。その後妹と婚約者のデートを再現することで、「春」の気持ちに思いを馳せつつ、冬吾の魅力に気づき始めてしまった夏美の複雑な心境が伺えます。

また冬吾も遅れて来た夏美の姿にうっとりしている描写が見え、ぶっきらぼうな物言いとは裏腹に女子をドキドキさせてしまう行動を連発で「ずるいなぁ」と思わず口から出てしまいました。

囚われている似たもの同士、惹かれあう所があるのかもしれません。

最後、橋から身を投げ出そうとした夏美。

そして必死な形相で止める冬吾。

何を思って冬吾は止めようとしたのか次話で明らかになると面白いなと思いました。

男性 30代
工藤阿須加さんの演技が好きなので、見られるのがとても楽しみです。お相手が髙橋ひかるさんということで、普段バラエティーでしか見たことがなかったので、どんなお芝居をされるのかも注目しています。少し暗めのドロドロとした恋愛ドラマなのかなという印象があるので、人の怖い部分や、愛によって変わっていく人間関係などが、嫌だなと思いながらもつい見てしまうのではないかなと思っています。

どんな展開になっていくのか、楽しみです。

第2話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

春の呪い|第3話

春の呪い|3話あらすじ

立花夏美(髙橋ひかる)が、妹の春(桜田ひより)への罪悪感から川に身を投げようとしたところを助けた柊冬吾(工藤阿須加)。

その後、2人は互いへの興味を少しずつ高め合いながらも、今まで通り春とのデートの足跡を辿っていき、知らない春の本心に触れたりする。

そうして次第に距離を縮めていく2人…。

そして、自分が苦しむ柊家の境遇について本気で意見してくれた夏美に、冬吾は思わぬ行動に出る!
出典:公式サイト

春の呪い|第3話の感想
男性 30代
冬吾は春といた時からから夏美に対して特別な感情があっただと思います。夏美が自分の境遇に近く感じ、病院のお見舞い帰りには不意に笑顔まで見せていたことが印象的でした。春の死後も2人で焼きそばを食べるシーンでも、春といる時より冬吾が楽しそうに見えました。

その中で冬吾は春のための人生だけで終わっていいのか?と今後について話していました。

何だか二人とも人生が息苦しい感じがしちゃいます。

その分、2人の距離が近づいていますね。

その一方で親が引き裂こうとしている動きがみられるのと、演出として春が現れるのが怖いです。

ホラー映画みたい…。

女性 20代
春の亡くなった後、彼女との思い出をたどる夏美。冬吾のは、夏美の妹のために生きてきた人生観、そして病弱な妹はいつも姉に対し羨望の想いを抱いていたのではないか?と、考える。自分ができないことを、姉は出来る。

二人きりの家族と思いながらも、妹の叶わない夢、そして姉の婚約者に選ばれなかった気持ちが交錯する。

グランドで屋台の焼きそばを食べた夏美と冬吾、冬吾の焼きそば初体験、住む生活レベルが違う中、夏美の事由に見えて、屈託のなさに惹かれていく冬吾、夏美は冬吾に惹かれながらも心にある妹の婚約者と一緒にいる罪悪感は消せない。

そして、柊家からは、誑かさないように!と、釘を刺され亡き妹と、姉の夏美と冬吾の気持ちが絡み合っていきます。

男性 20代
前回のあらすじからスタート。冬吾は人をよく見てるタイプなのかもしれない。夏美の春への想いが溢れ過ぎているなぁ。

次は冬吾視点から春との過去を振り返るようだ。

やっぱり妹愛は過剰だと思ってたのか。

次はグラウンドへ。

妹の知らない一面を知っていく夏美。

バットを振ってる姿がなんだか可愛く見える。

ソース焼きそば知らないとかどんな家庭なんだ!?春との過去を振り返りながら、2人から春への想いが溢れているのがステキだ。

だからこそ、前に進む必要がある。

冬吾の母親の暗躍っぷりが怖すぎる。

冬吾の家のルールというかしきたりとか時代錯誤というかなんというか…2人とも共通点として、ある意味人生の岐路に立っているのかもしれないな。

そこでキスとなるかと思いきや…ちょいちょいホラーな描写が怖い。

女性 30代
冬吾の夏美に対する出会った当初からの印象や思いが描かれているお話でした。自分と似たような「暗さ」を持っていた夏美に興味が湧いたのだろうと思います。春を通して、夏美が異常なほどの執着を妹に持っていることを知り、そして妹を奪った自分を憎んでいることを知りながらも、どこか夏美に同情している。

それは冬吾自身も囚われの身だからこそ、放っておけなかったのだと思います。

また普段不愛想な冬吾が夏美といるときだけ、自然な笑顔を出している姿はどこか初々しく、二人の雰囲気もお似合いすぎて、春が見たら嫉妬しちゃうだろうなと思いました。

もしかしたら、春はそんな二人の事を察していたのかもしれません。

夏美の手作りクッキーを冬吾に食べさせたシーンも実は冬吾を試していたのかもしれません。

だとしたら怖いですね。

ですが焼きそばを夏美と食べる冬吾は本当に幸せそうで、許されない二人かもしれませんが上手く一緒になってくれたらいいなと願うばかりです。

冬吾の母親も動き出し、より一層複雑になっていきそうですね。

男性 30代

突然、春の死と情念が出てきて、最後に恐怖のどん底に突き落とされて1話が始まりました。

夏美と妹の春の絆が描かれ行く作品です。

夏美は、春と冬吾のデート現場を見ていていたり、春の婚約者の冬吾の心の変化も気になっていきます。

冬吾の母の聖美は、相馬財閥の血が入っていることにこだわっていました。

1番の謎は、春の死とタイトルになっている呪いなのです。

この先、夏美の身に起こる出来事の恐怖を感じさせる最後の展開が気になっていきます。

いろいろな思惑やありえない展開もあるので、2話も楽しみにしています。

女性 20代

原作と違うという声が、とても多い作品です。

原作漫画をぜひ見た方がいいという人も多いみたいです。

呪いがタイトルに入っているので、ドラマになっているあたりで、ホラー要素を入れたいのが伝わります。

でも、原作漫画の呪いは、もっと中盤で分かるお話です。

詳しい呪いもありますが、主人公が後ろめたさからくる背徳や罪悪で苦しむことも呪いとして意味していると思います。

ドラマは、ドラマと楽しむのがこの作品は良さそうです。

第3話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

春の呪い|第4話

春の呪い|4話あらすじ

柊冬吾(工藤阿須加)からの好意を感じ、キスを受け入れそうなった立花夏美(髙橋ひかる)は、そんな自分を戒める。

「春(桜田ひより)から冬吾さんを奪ってはいけない」と。

夜、帰宅すると、両親から「聖美(高島礼子)から冬吾とはもう会わないで欲しいと忠告を受けた」と聞かされる。

そもそも2人の交際は聖美の希望ではなかったのか…?

動揺する夏美は、偶然、春がSNSに残したメッセージに気づく!
出典:公式サイト

春の呪い|第4話の感想
男性 30代
冬吾に惹かれそうな自分を戒める夏美。家に帰ると、冬吾の母親からもう会わないように忠告を受けたと聞かされる。春が亡霊のように出てくるのが怖い。

冬吾もまた自身の人生に悩み始めてる様子?。

夏美は偶然にも春が書いていたと思われるブログを発見する。

春の冬吾への想いや自身への想いを知る夏美。

姉への嫉妬心なども見え隠れするブログも少し怖く見えてしまう。

最後のブログ、冬吾への思いが溢れすぎていて本格的にホラーになってきた。

新たな婚約者?のお嬢さまは冬吾とは合わなさそうだな~。

今後もホラーは続くのかな?

女性 20代
冬吾が自らの意思で夏美に結婚の話を持ち掛けたことが、冬吾の母の忠告から発覚しました。やっぱり春と交際しながらも、姉の夏美の事が諦められなったのかもしれませんね。そうでなければ亡くなった婚約社の姉をなんて、まず考えません。

そんな二人の空気感に気づいていた春。

凄い確率で春のブログを発見したなと、ここでも呪いを感じます。

そこに綴られていたのは、姉への憧れと冬吾への恋心。

そして次第に死が近づくにつれて、二人の関係が近づくことへの焦りみたいなものが感じられました。

姉妹だからこそ、好きな人を取られた時の憎しみは強いのでしょう。

そんな思いを知って、苦しむ夏美。

愛しい妹が死に際に自分のことをそんな風に思ってるなんて、知りたくなかったでしょうし、否定できない程冬吾と近づいている自分がいることにも罪悪感があるのだと思います。

そして、ベンチに佇んでいる夏美の真横を通り過ぎる冬吾と新しい婚約者候補。

憎しみを感じるような目をした夏美でしたが、それは春を思っての感情なのか、はたまた自分が裏切られたという感情なのか、どちらかわかりませんが、また一波乱起こりそうなラストシーンでした。

男性 20代
チープで、たくさんの謎がある展開でした。面白いところがあまりないです。過去の回想と現在を行ったり来たりしていて、内容がとても分かりにくいです。

主人公の姉の独り言で、お話が展開していきますが、初めから終わりまでの説明でも、くどい姉の役だったので、きれいなだけで、なぜか印象に残りませんでした。

妹役の子は、いつもとてもイライラする演技をします。

見ている方を1回イラつかせるのは、演技は上手いのかもしれません。

女性 30代
春の呪いですが、1話のみ視聴しました。正直、毎週見続けなくてもいいかなと思いました。主人公の女の子が印象に残らない子でした。

ドラマのレッドアイズで見たことがあったかもしれません。

松下奈緒さんの妹役だった様な気がします。

主人公の感じの悪い妹役の人は、ドラマの24で唐沢寿明さんの娘役の人でした。

他の作品でしか出ている人を思い出せませんでした。

内容があまり面白くなかったので、見るのを辞めようかと思います。

男性 40代
最初に私がキレたのはドラマの最初にあった台詞を聞いた時です。あんな安っぽい台詞で夏美の思いが表現できるのか。夏美は確かに冬吾が好きという事に終盤で気づきます。

元々は春を知りたいと思い、冬吾と付き合っていたのに自分でも気づかないうちに好きになってしまった。

春の事しか見てなかった夏美にとってこれは大きな衝撃であったと思います。

ドラマ化で構成を変えたのかとも思いますが、こんな禁断の恋に酔っているような台詞では原作ファンとしては納得いかなかったです。

女性 40代
チープすぎる。原作と違って深みがないですね。さらに謎展開で面白いと思えるところが1つもありません。

過去回想と現在をいったりきたりするので話が分かりずらく、内容がすんなり入ってきません。

主人公(姉)の独り言でストーリーが進んでいくのだが、終始説明ばかりでくどく感じてしまった。

姉役の方は確かにきれいですがいまいち印象に残らずパッとしない。

妹役の方はいつもイラっとさせる演技をしている。

毎回イラっとさせられるので演技は上手なのかもしれませんね。

1話のみ視聴ですが見続けるほどではないかな。

というのが正直なところです。

男性 30代
「姉に恋人を取られる」で検索してたまたま春の闘病日記を見つける夏美。ペンを貸してあげてその後絆創膏を渡す姿を見て寂しくも感じた、など春の本音を初めて知る。そして死後の日記を呼んで、めちゃめちゃ怖く感じました。

二人を引き裂き迷わず冬吾さんを連れていくって、ちょっと歪んだ感情の様に感じます。

そして冬吾の方も別の女の人との縁談の話が持ち上がる。

親も動き始めましたね。

夏美の異常な妹愛も怖いし、みんなが歪んでいて見ていて怖いです。

女性 20代
妹の婚約者と分かっていながらも、惹かれてしまう夏美。冬吾も彼女の気づかいや、一生懸命さに惹かれているが、妹の春は病床で予感していた二人の距離感を、ブログに残していて夏美はある日その内容を読んでしまう、姉妹で同じ人に惹かれてしまった悲しい恋。妹の春は、自分の死後姉が冬吾と付き合うことを許さない、引き裂くとメッセージに残し姉の幸せよりも自分の独占欲を増大させていたように感じられる、恋は盲目であり、恋のライバルは自分がかなわないならば、排除する心理が伝わってきます。

そんな時柊家では新しい見合い候補者が。

妹から婚約者を奪えないと、自分に言い聞かせる夏美、そんなときに腕を組んで歩く冬吾を見かけて、夏美の気持ちに火が付く呪われた恋に走る覚悟の始まりを印象付けました。

第4話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

春の呪い|第5話

春の呪い|5話あらすじ

立花夏美(髙橋ひかる)は、春(桜田ひより)のブログに残された柊冬吾(工藤阿須加)への激しい恋心に触れ、改めて冬吾との決別を誓う。

一方、母・聖美(高島礼子)から新たな婚約者を薦められた冬吾もまた夏美との別れを決意していた。

2人は決着をつけるべくカフェで落ち合うが、別れ話は思わぬ方向へと展開し、言い争いに…。

その後、店を出た冬吾は、電車に飛び込んだ女性の騒ぎを耳にして、夏美ではないかと不安に駆られる!

出典:公式サイト

春の呪い|第5話の感想
男性 30代
冒頭での春の気持ちがちょっと怖くも感じました。まだ生きていた時から冬吾と夏美の関係を前から付き合っていた彼女みたいと思ってショックを受けていたんですね。でも姉を地獄へ連れていく、という感情になるまで冬吾を好きになっていたんだと強く感じました。

そして今回は、冬吾がついに今までの想いを告白しました。

夏美も好意を抱いており、どんどん加速しているなと感じます。

冬吾が自殺した人がいると知り夏美かもしれないと焦ったり、逆に冬吾が最後には交通事故に…。

来週もう最終回だなんてびっくりです。

楽しみにしています。

女性 20代
春の死ぬ前に抱いた強い思いに縛られている夏美、冬吾から誘われた春との思い出の場所をめぐる日々も終わり、彼は相馬一族の人間として新しい婚約者との生活を強いられるが、冬吾から夏美に最後の日に告げた、あなたに惹かれていたという言葉が今度は、内心妹の婚約者でありながらも惹かれていた夏美自身の心を揺さぶる。春と過ごした姉妹の楽しい日々、春が強く思う冬吾への執着、そして冬吾の本音、夏美の気持ちが絡み合う中、地下鉄の人身事故を夏美だと誤解し心配する冬吾、その冬吾が事故にあったと聞き慌てて病院に向かう夏美、二人の気持ちはお互いを思いあっているが、妹の春の影が常に二人の心に残っている恋心の切なく苦しい感情が見どころでした。
男性 20代
とにかく春が怖いように描かれすぎてるくらいにホラーチックで重い。オープニングすら破壊するほどに。姉妹揃って愛が重いよ。

新たな婚約者の真由子はお嬢さま全開で冬吾には合わなそう。

冬吾自身も自分の人生に迷いだしているようだ。

夏美と冬吾は会って話をする。

冬吾自身の気持ちを聴くと、夏美への好意を伝える冬吾。

姉妹どっちも好きになってたのか~。

夏美の春への気持ち、冬吾の気持ち、夏美自身の気持ち、複雑な関係すぎて切ない。

人身事故と聞き、夏美ではないかと駆け出す冬吾はホントに夏美が好きなんだなとは思うけどまずは電話すれば良いのに?と少し思ったり。

冬吾が交通事故に合ってしまい、そこで春の存在が浮かぶのはホントにホラーになってしまいそうだ。

女性 30代

愛と憎しみは紙一重ですね。例え自分の姉でも冬吾を取られたら「地獄に引きずり落とす」という春の執念は逃れたくても逃れられなそうです。

また、それでも冬吾への気持ちが段々抑えきれなくなっていく夏美。

なぜ自分に婚約の話を持ってきたのかを聞くことで、冬吾の気持ちを知ろうとしているにも関わらず、いざ冬吾が喋ろうとすると「春を好きだと言って」と拒否するこじらせ様。

でも「僕はあなたにずっと前から好意を持っていた」とはっきり伝えた冬吾。

春が聞いたら発狂してしまいそうです。

その後、新たな婚約者を夏美に見せつけ、冬吾なりに夏美との関係に終止符を打ったつもりなのでしょう。

夏美にとっては、告白されて振られたようなもので、尚更気持ちに整理をつけるのが難しくなってしまうのではないでしょうか。

離れることをお互いに決意したにも関わらず、運命か春のいたずらかわかりませんが、それぞれの命の危機を心配し合う二人でした。

どうしても離れられない程、愛し合っているのだと思います。

最後は冬吾に会いに行ってしまう夏美ですが、春への罪悪感を抱えながらも恋に突き進むのか、次回が見所になりそうです。

春も二人の関係を許してあげてほしいですね。

男性 40代
新たな婚約相手候補となった結城モエさん演じる柊真由子さんに熱烈なアピールを受けながらも決して靡くことなく、親の反対を押し切ってでも工藤阿須加さん演じる柊冬吾さんには自分の想いを大事にして欲しいなと思っています。今まで生きてきて1度たりとも親に反抗せずに言いなりだった冬吾さんが拒絶するような態度を取ってくれることを期待しています。そして、多少なりとも罪悪感を抱きながら髙橋ひかるさん演じる立花夏美さんの元へと真っ直ぐに突っ走ってくれたら嬉しいです。

女性 40代
「このマンガがすごい!2017 オンナ編」で第2位に輝いた漫画が原作になっています。原作は読みましたが、最初から物語に引き付けられ、目が離せない展開にドキドキしていました。幻影として現れる亡くなった妹・春や、夏美と春の兄弟なのに、どこか深すぎる愛憎模様、大切だったはずの妹・春の婚約者であった冬吾を愛してしまう主人公、夏美の葛藤など、漫画内でち密に描かれていた主人公達の心の揺れ動く姿が、ドラマになった際にどこまで再現されるのか楽しみです。

男性 30代
お互いの想いを確認し、家を出ることにした夏美と冬吾。春の存在を意識しながらも罪悪感は確かにぬぐい切れないと思います。でも冬吾もずっと夏美が気になっていたし、こればっかりはどうしようもないんだろうなと思います。

結局、二人で笑顔で手をつなぎ歩き、春も笑顔なシーンで終わっていますが、何となくみんなの妬みや嫉みがすごかったからこそ、あっさり終わってしまったなと感じました。

最後笑顔だった春が急ににらみ始めるとかかな?と見ていたので少しあっけなかったです。

でも二人が仲良く過ごせそうでよかったなとは思います。

女性 20代
冬吾からの告白、冬吾に惹かれている夏美、春と夏実の姉妹の絆、春の亡きあとに心惹かれあう二人の想い、ひかれたレールの上を歩くことから自分なりの人生を歩む決意をする冬吾、そして最後に義母と夏美の親子としての絆を認め合った義母からの「勘当します」という応援の言葉が印象的です。認め合えなかった義母と娘、素直に慣れていれば、もっと早くに分かり合える関係になっていたかもしれません。そして冬吾と暮らすことを選んだ夏美の前に現れる春の幻影、冬吾の新しい人生を共に歩こうとする言葉に救われた夏美に見えた者は、春の呪縛から解き放たれた、春の笑顔と夏美のこれからの明るい温かい未来。

自分の人生は自分たちで決めていく生き方で見えて感じることが変わるメッセージを感じました。

男性 20代
冬吾が病院で夏美への思いを吐露した場面は、泣きそうなほどせつなく、普段感情を表に出さない人だからこそ、キュンとしてしまいました。夏美も春への罪悪感などと気持ちの折り合いをつけ、冬吾との未来を選ぶことができて良かったなと思います。そしてそれを応援してくれた義理の母の長年の苦悩も知る事ができて、最後に母と娘、わかりあえたのも感動しました。

2人で新しい生活に漕ぎ出す時にも春の幻影が怖い顔をして夏美を睨みつけていて怖かったですが、もしかしたら夏美の罪悪感から生まれた春の幻影かもしれないので、時がたてば居なくなるかもしれません。

何はともあれ2人で幸せな人生を送れるよう祈りたいです。

第5話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

春の呪い|第6話

春の呪い|6話あらすじ

柊冬吾(工藤阿須加)が交通事故に遭ったことを知った立花夏美(髙橋ひかる)は、「春!冬吾さんを連れて行かないで!」と強く願いながら、急ぎ病院へ向かう。

そこで冬吾が事故に至った思わぬ経緯を聞き、夏美は冬吾の愛の深さを噛みしめる。

「お姉ちゃんには冬吾さんを渡さない」――そうブログに真意を綴っていた春(桜田ひより)に罪悪感を抱きながらも、“呪われた恋”に飛び込んでしまった夏美。

冬吾との幸せな未来は訪れるのか…?

出典:公式サイト

春の呪い|第6話の感想
男性 30代
前回を振り返りながら進む。妹の春がまるで悪霊のような扱いでそれはそれでどうかなと思わなくもない笑。冬吾は足を負傷しただけのようだ。

夏美は冬吾に春のブログのことを話す。

春のブログが何度読んでも怖いのだが…冬吾も自分の心の内を吐露する。

このドラマの内容を振り返ると共に2人の未来を決める流れの演出だな~と思った。

お互いの気持ちに正直になって2人は心を通わせる。

冬吾は母親との決別を決意する。

母親は母親で冬吾への思いもあったのだろうが愛情の伝え方が良くないというかなんというか…。

夏美も冬吾との人生のために家を出ることに。

義母との会話がほんのり切なくもありつつ、今までまともに会話してなかった2人が心を通わせるのが良い。

春の呪縛から解き放たれたということでよろしいのかな?とりあえずはハッピーエンドで良かった。

女性 20代
もともと好きな漫画が元でとても期待値が高い作品。とても不思議な設定でのスタートだけれど物語が進んでいくととても考えさせられる物語。漫画で表現されたものをどのようにして実写のドラマで再現して超えられるのかがとても楽しみ。

また、登場人物たちのドロドロとした気持ちや葛藤、もやもや感をどの様に表現して毎週楽しめるような演出かも楽しみにしている一つ。

ただの恋愛三角関係ストーリーではないので他の恋愛ドラマとは一味違う展開、表現を期待しています。

男性 20代
絵に書いたような穢れなき美しい姉妹愛を崩すかの如く、ドロドロ感満載の愛憎劇に期待したいなと思っています。個人的には、春ちゃんの強い憎しみや嫉妬の念が最大限にまで膨らみ、それが姉である夏美さんの心や体全てを蝕んでいってくれたらドラマの展開的にはめちゃくちゃ面白そうだなと思うため、是非ともそんな展開が盛り込まれていることを期待しています。また、春ちゃんが見事に夏美そんに呪いをかけて天国ではなく一緒に地獄に落ちていく悲惨なラストを迎えることを楽しみにしています。

女性 30代
血縁を重視する家系の政略結婚で冬吾は、母親が決めた春と結婚することになります。冬吾に惹かれる春と、自ら離れていく妹にもやもやする主人公の夏美。そして、春と付き合っていながらも夏美に惹かれてしまう冬吾。

これは悪魔の三角関係の始まりか?!

と思ったら、春は病気か何かで死んでしまいます。

棺で眠る春の隣で嘆き悲しむ夏美。

しかし急に春が覚醒し、「冬吾さんは渡さない。」と言って夏美の手首を鷲掴みする。

、、というのは、夏美の見た幻覚でした。

原作を知らないですが、このドラマってホラーなのでしょうか?春役の桜田ひよりさんがなかなかいい味を出しています。

30分ドラマはサクッと観られるので好きです。

男性 40代
針で刺すようなチクチクとした心理描写がとても良かったと思います。高橋と桜田の妙に距離感のある姉妹設定というのも面白いです。自殺しそうになった夏美を思いとどまらせた冬吾と付き合うことになりそうですね。

姉妹が好きになる工藤君演じる冬吾さん。

演技が前より上手くなったような気がします。

姉の方は美少女コンテストの方ですかね。

あまりそんな雰囲気は感じられなかったが、、きっと演技はこれから勉強していくのでしょうね。

ひよりちゃんは娘役から広げてきましたね。

最後の癌で死んだと思っていた春が生きていた…と思ったら夏美が見た幻想だったシーンはかなり怖かった。

80~90%原作通りに描かれていて楽しめます。

女性 40代
昼ドラを昔よく見ていた私にとっては非常に懐かしい香りがするドラマです。派手さがなく、地味。キャストや内容・演出全てが地味です。

なぜ御曹司がそこまで惹かれるのかわからず困惑していますが、まあそれが昼ドラっぽい雰囲気を出すことを助長しているのでしょう。

決して貶しているわけではなく、ちょうど良いB級具合と言えます。

尺も30分と気軽に見れる長さなので今後も見続けていきたいと思います。

結局どうなっていくんですかね?先が読めませんが…。

第6話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

以上が、ドラマ『春の呪い』1話~最終話までの無料動画サイト情報となります。

無料動画サイトで配信してないけど、他に無料で見る方法はないの?

と、無料動画をお探しの方のために、NetflixやAmazonプライムビデオなど、ドラマ『春の呪い』を無料視聴できる動画配信サイト(配信アプリ)を紹介します!

 

ドラマ『春の呪い』を無料視聴できる動画配信サイト

ドラマ『春の呪い』の動画を配信している、Netflixやアマプラなどの動画配信サイトを一覧でまとめましたので、ご覧下さい♪

配信サービス 配信状況
Paravi
U-NEXT ×
FOD Premium ×
Hulu ×
dTV ×
TELASA ×
Amazonプライムビデオ ×
クランクインビデオ ×
Netflix ×
Abemaプレミアム ×
dアニメストア ×
TSUTAYA DISCAS ×

※本ページの情報は2021年5月時点のものです。

ご覧頂いた通り、ドラマ『春の呪い』の動画は

  • Paravi

の動画配信サイトで無料視聴できますが、その中でもおすすめは『Paravi』です!

本日から12月17日まで無料!
※無料期間内に解約すればお金は一切かかりません。

でも、なんでParaviがおすすめなの?

と、気になると思いますので、おすすめの理由をParaviの特徴と共に紹介していきます♪

Paraviでドラマ『春の呪い』の動画を全話無料視聴

登録から2週間無料で利用できる『Paravi』を使えば、ドラマ『春の呪い』の動画を全話無料視聴できます!

さらにParaviでは、地上波や他の配信サイトでは見れないオリジナルストーリーも多く配信していますので、

違う視点からドラマを楽しむことができておすすめです!

そんな、動画配信サイト『Paravi』で、ドラマ『春の呪い』の無料視聴をお楽しみ下さい♪

本日から12月17日まで無料!
※無料期間内に解約すればお金は一切かかりません。

 

ドラマ『春の呪い』を視聴した人の感想

ドラマ『春の呪い』はつまらないのか?面白いのか?

評判を事前に知っておきたい方のために、実際にドラマ『春の呪い』を視聴した人の感想をまとめましたので、ご覧ください!

準備中です。

本日から12月17日まで無料!
※無料期間内に解約すればお金は一切かかりません。

\放送中アニメ/ドラマの無料動画はこちら!/

2021年7月夏アニメ曜日別まとめ一覧 2021年7月夏ドラマ曜日別まとめ一覧