ブランド(今井美樹) 無料動画

放送時期 2000
ジャンル 恋愛/ラブコメ
制作会社 フジテレビ
俳優 川嶋碧:今井美樹
神崎宗一朗:市川染五郎(現・十代目松本幸四郎)
森山由里:佐藤藍子
海道奈美子:北浦共笑
青井和巳:梶原善
川嶋哲雄:宇津井健
神崎丈太郎:平泉成
日向遥子:江波杏子
堀口一仁:吉田栄作
主題歌 OP:『ー』
ED:『Goodbye Yesterday』:今井美樹
予告動画
公式サイト ドラマ『ブランド』公式サイト
Wikipedia ドラマ『ブランド』Wikipedia
公式Twitter
恋愛/ラブコメのおすすめ動画

\ドラマ『ブランド(今井美樹)』の動画を無料視聴できる配信サイト/

配信サービス 配信状況 無料期間と月額

配信中
2週間無料
FOD公式サイト

※本ページの情報は2021年6月時点のものです。

ドラマ『ブランド』あらすじ

貴方にとっての「ブランド」とは何ですか?

川嶋碧(今井美樹)、35歳、独身。

伝統あるファッションブランド『ディオン』でプレス担当という最前線の仕事についている。

ファッション業界においてプレスといえば、そのブランドの顔である。

毎シーズンに発表されるコレクションをいち早く着こなし、ファッションショーを取り仕切り、プロモーションを仕掛け、そのブランドを世の中に広めていく。

しかし、彼女はその華やかさに憧れてこの世界に入ったわけではない。

亡くなった母が大切にしていた一枚のシルクのブラウス。

淡い生成りのシルクのそれは、限りなく美しくはかなく、しかし毅然として存在し、それを着た母は本当に素敵だった。

何年経っても美しさを保ち続けたその母のブラウスから、碧は物を大切に語り継いでいくこと、洋服を着ることの楽しさと厳しさを学んだ。

碧がこの仕事に就いたのはそういう理由があったのだ。

だから、自分の仕事に誇りとこだわりをもっている。

昨今の若い人達が訳も分からずブランド品を持ち歩く風潮は気に入らない。

ブランドの本質を求めていきたいと思っている。

時にはセレブリティばかりを優遇する会社の方針と衝突することもある。

華やかな外見とは裏腹に女性の戦場とも言えるファッションブランドの世界。

その舞台で今日も闘い続ける碧。

そんな彼女の前にある日一人の男、神崎宗一朗(市川染五郎)が現れる。

茶道の家元の一人息子で、将来は跡を継ぐことが決まっている宗一朗は、自分の人生を自らが切り開き、信念を持っている碧の生き方に次第に惹かれていく。

そして、碧もまた、初めはただのお坊ちゃんだと思っていた宗一朗の内に、自分の運命を受け入れようとする強さがあることを知り、惹かれ始める。

上司と部下という立場、10歳の年齢差、宗一朗の許嫁の存在。

碧は 目の前に立ちふさがる新しい運命の扉をひとつひとつ開けていく・・・・・

出典:公式サイト

ドラマのおすすめポイント!

  • かなり昔に観たドラマですが、ハッキリと観たことを覚えています。切なかった記憶でした。市川染五郎さんや吉田栄作さんが若くてカッコ良かったです。今井美樹さんも美しかったです。
  • 今井美樹ファンなので、主演ドラマを毎週観ていました。ファッション業界の設定だったから、毎週、着こなしを楽しんでました。主題歌も良い。30代女性の仕事や年下の男との恋愛など、今観ても楽しめます。
  • 凄く驚きました。こんなに面白くて良いのかなって感じ。今井美樹が嫌いな人も嫌がらずに観て欲しい作品です。彼女が凛々しいです。

 

ドラマ『ブランド(今井美樹)』の動画を全話無料視聴

FODプレミアムを使っての無料の視聴方法はわかった。。。

でも、解約を忘れたら月額課金(サブスク)になるのがちょっと怖いな・・・と思うかもしれません。

そこで、Youtubeやニコニコ動画などの無料動画サイトで検索をした結果をまとめました!

結論からいうと、ドラマ『ブランド(今井美樹)』を、Youtubeやニコニコ動画などの動画サイトにおける、無料での視聴方法はありませんでした。

すぐに確実に無料視聴したい方は、こちらをご覧ください。

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

ブランド(今井美樹)|第1話

ブランド|1話あらすじ

間もなく幕が上がるファッションショー会場の慌ただしい舞台裏。

川嶋碧(今井美樹)は、緊張気味のモデルの表情をほぐし、出番間近のモデルの帽子を直してやったりと忙しく立ち回って居る。

華やかにスポットライトを浴びるショーの舞台とは対照的に、ここはまさに戦場。

だがこの戦場こそ、碧が生き甲斐を感じ働く場所だった。

女性たちの羨望を集めるブランド『ディオン』

碧は、そこのプレスとして、休むことなく、それこそ寝る間も惜しむように働いてきた。

ある日、管理部長・青井(梶原善)に呼び出され、先日実施された健康診断の結果「過労気味」と言われる。

よってうむをいわさず1週間の休暇が与えられることになったのだ。

「出来すぎる上司を持つと部下も育たないわよ。部下に任せる勇気を持ちなさい」

ゼネラルマネージャー・遙子(江波杏子)も休養を進めてくれる。

さすがにアシスタントの由里(佐藤藍子)は、心細い表情を見せたものの、それでも碧の久しぶりの”強制休暇”は始まってしまった。

神崎宗一朗(市川染五郎)にとっては、ニ年振りの日本だった。

タクシー運転手からはボロボロな格好を不審がられたが、実は茶道『白洲流』家元の十五代目。

格式ばかりの生活を嫌い、三年間の期限付きで自由な暮らしを条件に家を出て外国を放浪していた。

今回は、母の命日のため帰国した。

だが『初釜』の日にあたった母の命日はすでに終わっており、人間らしさより家を優先する父・丈太郎(平泉成)への宗一朗の不満はまたしても深まってしまったのだった。

さらに、勝手に決められた許嫁・奈美子(北浦共笑)の存在。

25才の宗一朗には、何もかもが簡単には受け入れられないものだった。

その頃休暇中の碧は、何もすることがなく、定年後好きなことをしている父・哲雄(宇津井健)の方が、遥かに充実した生活を送っているよう。

母親として幸せそうな友人の姿を見せつけられ、休暇中というのに会社に電話をして様子を聞いてしまう碧。

もてあまし気味の休みを送っていた。

それと察した同僚の堀口(吉田栄作)は食事に誘い、碧の「仕事はおもしろい、でもなぜか虚しい・・・」という胸の内を聞いてやるのだった。

かつて恋人だった堀口は、「やっぱり男がいると違うんじゃない?」と暖かく見守るように言った。

翌日、碧はふらりと美術館、そして動物園へと足を運んでみた。

檻の中の動物たちにおどけて「・・・そっちはどうなの? 何のために生まれてきたわけ?」などと話しかけてみたりして。と、その時だった。

若い男がやってきて、有料のはずの餌を、金を払わずに取り上げ、楽しそうにサルに与え始めたのだ。

あまりのことに思わず「それって、お金入れないといけないのよ!」

とがめる碧。

だが男は平然と「こいつら腹へってるんですよ。ここんところ不況で餌買ってやる客も少ない」と返す。

これが碧と宗一朗の偶然の出会いだった。

そして休暇明けのオフィスで、二人はまたも出会うことになろうとは・・・。

出典:公式サイト

第1話の感想

男性 20代

茶道の時期家元という役を染五郎さんが演じられていましたが、その美しい所作は歌舞伎役者の家柄で育ち幼いころから培われた品に裏打ちされたものでした。

彼は美男というわけではないのですが、その醸し出す色気は彼にしか出せないものだと思います。

ただの恋愛ドラマとしてではなく、日本の伝統芸能の世界をも感じさせてくれるドラマでした。

ドラマ自体のテンポもよく、今井美樹さんが歌う主題歌「Goodbye Yesterday」もとてもよかったです。

第1話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

ブランド(今井美樹)|第2話

ブランド|2話あらすじ

碧(今井美樹)は『ディオン・ジャパン』プレスに入社してきた宗一朗(市川染五郎)を直属の部下として実戦で使うようゼネラルマネージャーの日向(江波杏子)に言われ憮然となる。

だが日向は「二人の組み合わせはおもしろいと思うわ。あなたたち同じ匂いがするもの」と意味深な笑みを浮かべるのだった。

春夏コレクションと、そのイメージキャラクターの記者発表が来週に迫ってきた。

碧は、宗一朗と共に、女優・黒川夏子(板倉香)と会うためにショップへとむかった。

店員が一斉に碧に挨拶し、緊張した面持ちで夏子の到着を待つ様は、宗一朗の目には異様に映った。

しかも、遅れて来ても何も言わず、用意した色のドレスでは不満らしく、わがままを言う夏子に、宗一朗は腹立たしいばかりだ。

今にも何か発言しようとする宗一朗をいさめた碧。

帰る道すがら「あなたが好きになれないわ・・・あなたはこの仕事、一週間ももたない」と言い放つのだった。

その夜、神崎家に戻った宗一朗は、就職したので家を出ることを両親と奈美子(北浦共笑)に報告した。

父・丈一郎(平泉成)は、「どういう理由で会社がお前を雇ったか知らんが、お前は一週間も続かない」と碧と同じことを言うのだった。

同じ頃、碧は堀口(吉田栄作)と飲みながら、「日向さんの気持ちがわからない。なんで彼が私の部下なの?!」と宗一朗のことをぐちっていた。

だけど堀口は、依然つきあっていた頃、自分が浮気した時もそんなに怒らなかったのに、何故碧が宗一朗に腹を立てるのか、気になるのだった。

数日後。

碧を、そして『ディオン』を震撼させる事件がおこった。

黒川夏子がキャラクターを降りると言ってきたのだ。

原因は、仕事先の編集部で偶然顔を会わせた夏子に、宗一朗が、溜めていた不満をぶつけたことにあるらしい。

夏子の要望通りに紫から黄色にドレスを変更。

わざわざパリ本店まで行ってドレスを用意した矢先のこと。

碧は、宗一郎を引っ張って夏子の元に謝罪に行こうとするが、「彼女に謝るぐらいなら、ここを辞めます!」と拒否されてしまう。

「あなたには覚悟がない!人に頭を下げる覚悟も自信も。いいわ辞めなさい。でも、今のままでいる限りあなたは何者にもなれないわよ」

「ディオンというブランドに惚れてるなら、どうして信じないんですか?誰が着ても似合うって、それだけのもの作ってるんだって!」

互いに引こうとしない二人。

会見の日は三日後に迫っていた。

出典:公式サイト

第2話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

ブランド(今井美樹)|第3話

ブランド|3話あらすじ

宗一朗(市川染五郎)が、家を継ぐことに反発し3年の猶予をもらい外に飛び出していることを週刊誌で知った碧(今井美樹)は、それが事実なのかどうか、宗一朗に直接問いただした。

「内輪もめに会社を巻き込まないで。今後の戦力にならない人間を前線にだすつもりはない」

碧はきっぱりと言うと、辞めてもかまわないと告げた。

しかし、宗一朗は「生活のため辞めるつもりはない」と平然というのだった。

そんな中、近く銀座に進出するフランスの老舗デパートへの出店OKの朗報が舞い込んできた。

堀口(吉田栄作)の勢力的営業が見事に実を結んだのだ。

後は、いかに有利な店舗スペースを確保するか。

実は、そのために堀口は先方の社長(マクシミリアン・フォン・シュラー)夫妻を温泉旅行に招待をプランニングしていたのだが、社長婦人が疲労で遠出する気分にはなれないとキャンセルされてしまった。

そこで堀口が思いついたのが、『お茶会』だった。

宗一朗から父・丈太郎(平泉成)に頼んでもらい、急な申し出をなんとか受けてもらおうとする堀口。

碧も上司として宗一朗に父への仲介を頼むが、宗一朗はかたくなに断り続けた。

父との確執を知り、それ以上強く言えない碧。

そんな碧に堀口は言った「ヤツが1年しか勤めない奴だから怒ってると思ったら肩を持ってる・・・意外だね」

その夜、碧が帰宅すると、会社に忘れてきた携帯電話をなんと宗一朗が わざわざ届けにきたというのだ。

「なぜ、わざわざ?」戻ってみるとそんな疑問も考える余地もないくらいの状況になっていた。

父・哲雄(宇津井健)の料理で楽しげに酒を酌み交わす二人が、碧を迎えたのだ。

哲雄は、そのまま上機嫌で先に眠りついた。

そこで碧は、もう一度宗一朗に茶会の件を持ち出していた。

宗一朗はその時始めて、目の前に敷かれているレールの上を歩かなくてはならない者の気持ちがわかりますか?と心の内を明した。

碧はさすがにそれ以上いうことはできなかったが、直接自分が会ってお願いしてみたいと、丈太郎への仲介を頼むのだった。

翌日、碧は神崎家に丈太郎を訪ね、茶会の話を切り出した。

三日後ということもあり、無理を承知のお願い。

だが、意外にも丈太郎はOKしてくれたのだ。

喜ぶ碧。

だが、それには当然のように条件が出された。

「息子が亭主を務めること」

つまり自分ではなく宗一朗に茶を点てろという・・・。

宗一朗は拒否。

話しは再び頓挫するかに見えた、だが突然宗一朗が茶会で亭主を務めると言い出したのだ。

出典:公式サイト

第3話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

ブランド(今井美樹)|第4話

ブランド|4話あらすじ

『ディオン・ジャパン』のプレスパーティーの日が近付いてきた。

今回、碧(今井美樹)は招待状の発注をはじめとしたパーティーに関することは由里(佐藤藍子)を中心にすすめることにしていた。

これを聞いたゼネラルマネージャーの遙子(江波杏子)は、部下に仕事を任せられるようになった碧の変化を指摘、そして何かを察したように「・・・そういえば彼とはどお?」と宗一朗(市川染五郎)のことを尋ねてきた。

「え、ええ、まあ」

平静を装い碧は返した。

しかし動揺は隠しようがなかった。

社運をかけて催された茶会の後、「あなたのためにやった」と言った宗一朗のことばが、今でも碧の中に残っていたのだ。

そんな碧の気持ちを知るはずもない由里から「神崎さんのこと好きになったみたいです・・・・・・1年で辞めることはわかってますがそれでもいいんです」と打ち明けられ、その若さの気負いに圧倒される碧。

碧の変化と動揺を堀口(吉田栄作)だけは感じ取っているようだった。

数日後、宗一朗が引っ越しのため家を出る日が来た。

一人暮らしを始めるマンションに荷物と共に下り立った宗一朗は、そこに由里の姿を見つける。

由里は、碧に提出されていた新住所を目敏く見つけ、ここぞとばかりに手伝いにやってきたのだが・・・

続いてやってきた奈美子(北浦共笑)の見事な弁当に驚き、茶会の時から気に掛かる存在だった奈美子が、実は宗一朗の許嫁だったことを知らされ、完璧に打ちのめされた思いでマンションを後にしたのだった。

奈美子のことは由里から碧の耳にも入った。

碧は、惑わされた思いを振り払うよう宗一朗に向かっていた。

「あなたのためにとか、ああいうことは二度と言わないで」

これに対し宗一朗は「そんなこと言いましたっけ?」ととぼけて見せるのだった。

宗一郎は堀口に誘われて行った居酒屋で「ああいう家に生まれたから、人を好きになる資格さえない・・・好きな人はいるのに。」と自分の感情に蓋をせざるをえない立場を嘆いた。

その頃、家に戻っていた碧は父・哲雄(宇津井健)にプレスパーティーの招待状を手渡していた。

ところがそこで、記されている日付が間違いであるのを発見した碧は自分のチェックの甘さを責めながら、誰もいないオフィスに戻った。

一人、招待状の訂正に取り掛かった。

気の遠くなるほどの数百通の封筒、明日までに間に合うだろうかという不安と戦う碧。

とその時だった碧の前に突然姿を現したのは・・・。

出典:公式サイト

第4話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

ブランド(今井美樹)|第5話

ブランド|5話あらすじ

一晩中オフィスで二人きり、招待状のミスの修正にあたった碧(今井美樹)と宗一朗(市川染五郎)は、間もなく皆が出社してくるという夜明けはじめてキスを交わした。

上司と部下であろうと決意する碧だが、宗一朗への対し方は明かに変わり、堀口(吉田栄作)や遙子(江波杏子)は、いち早くその変化に気付く。

だが宗一朗に惹かれ、自分の仕事のミスを知らせられなかった由里(佐藤藍子)の心境は穏やかではない。

そんな由里の焦りともとれる複雑な思いは、思いがけないミスを招いてしまうことになるのだった。

出典:公式サイト

第5話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

ブランド(今井美樹)|第6話

ブランド|6話あらすじ

パリに本店を持つデパート『ギャラリー・ラファエロ』の銀座出店の日が近付いてきた。

間もなく社長夫妻が再来日して各ブランドの店舗スペースが発表されることになっている。

堀口(吉田栄作)は、社長との信頼関係も築けたと、一番良いスペースに出店出来ると自信満々で、碧(今井美樹)や青木(梶原善)も頼もしく堀口のことを見つめていた。

そんな堀口に遙子(江波杏子)から、パリ本社への研修が決定したことが告げられる。

世界各国からひとりだけの名誉。

しかも、優秀だと認められればディオングループ幹部への道が開かれることになる。

堀口は夢に一歩近付いた手応えを感じながら、祝福してくれる碧に対して「お前を一人残していくのは不安だけど・・・」と言うのだった。

その日の夕方、由里(佐藤藍子)は先日の失敗のお詫びをしたいと宗一朗(市川染五郎)を食事に誘った。

そして「付き合って下さい!」とようやく自分の気持ちを伝えることに成功する。

宗一朗は、「許嫁がいてもそれは親の決めたことでしょ!」とへこたれない由里を優しく見つめながら、じつは好きな人がいることを打ち明け、でもその恋は失恋に終わったと話した。

「まだチャンスはありますね!」由里はそれを聞くと素直に喜んでみせるのだった。

数日後、『ラファエロ』の社長が来日、店舗スペースが発表されることになった。

前日、堀口は前祝いと称して二人飲んだバーで、碧にもう一度自分とのことを考えて欲しい、一緒にパリに行ってほしいと打ち明けていた。

もう一度こんな気持ちになったのは宗一朗の出現もあったからという堀口。

碧はただ呆然として返事がすることができなかった。

そんな事があって向えた発表の日、社長の前には自信に満ち溢れた堀口が居た。

だが、直後発表された店舗位置に堀口は愕然となった。

『ディオン』は2階エレベーター横。

狙っていた1階入り口脇のスペースはライバル社『アンジェラ』に決定したのだ。

社長ではなく社長夫人に取り入っていた『アンジェラ』の勝利。

一転対応の甘さを責められ、内定していたパリ研修も取り消されてしまう堀口。

碧は、その夜オフィスに荷物を残したまま帰ってこない堀口の帰りを一人待ち続けた。

出典:公式サイト

第6話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

ブランド(今井美樹)|第7話

ブランド|7話あらすじ

外資系デパート『ラファエロ』出店の件も落ち着き、碧(今井美樹)は新作バッグの発表会の準備へと気持ちを切り替えていた。

だが、新興ブランド『アンジェロ』の攻勢は続いており、雑誌のページ数も『ディオン』は不利な状況にあった。

一流のもの同士がこんな戦うようなことをずっと続けていくことが良いとは思えない碧。

だが碧の協力もあって、すっかり自信を取り戻した堀口(吉田栄作)は、碧にあらためてプロポーズ。

さらに『アンジェロ』への報復に乗り出すという。

一方宗一朗(市川染五郎)は堀口から碧にプロポーズしたことを聞かされ、未練があるならもう一度戦線復帰しては?と言われ、一度は断ち切った碧への思いを押さえられない自分に気づくのだった。

出典:公式サイト

第7話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

ブランド(今井美樹)|第8話

ブランド|8話あらすじ

その朝碧(今井美樹)はオフィスで、『アンジェラ』が新作バッグ発表会を『ディオン』と全く同じ日、同時刻にぶつけてきたことを報じる新聞を堀口(吉田栄作)から見せられた。

場所はフランス大使館、世界に名だたるスーパーモデルをゲストに呼んでの大イベント。

そしてあちらがモデルならば、『ディオン』としてはデザイナーのガルニエを呼び寄せることになった。

由里(佐藤藍子)たちプレスは、この情報を流し各社ベテランの記者を呼び寄せることに動き始める。

各社の反応は上々だった。

編集長クラスの出席を『アンジェラ』から『ディオン』へと変更しはじめたのだ。

だが碧は、勝負のような感覚でショーが行われることに不満だった。

「ものを作る会社なのよ、そのことで勝負すればいいじゃない」と。

しかし堀口は、「そんなことを部下の前でいうこと自体お前の限界だし、ビシネスはきれいごとじゃない」と反論した。

二人のやり取りを聞いていた宗一朗(市川染五郎)は、堀口に「人を好きになるというのは、その人のことをまるごと受け入れることでは・・・」と言い、堀口は碧の甘さも指摘してやること、それが自分愛し方だと言うのだった。

数日後、碧はある編集部で『アンジェラ』の万里子(筒井真理子)と出くわした。

実はこの時『アンジェラ』はスーパーモデルの来日が急病でキャンセルされていたのだ。

旗色の悪くなった万里子は、悔しそうな表情で敗北宣言をすると、発表される予定のバックを碧に見せた。

だが、この時見せられたバックの素晴らしさは碧の心を完璧に揺らした。

万里子も自分の社が作り出す製品を愛していることに変わりはないのだ。

碧は、その晩公園で偶然出会った宗一朗にその気持ちを伝えた「だったら時間をずらせばいい。

プレスの責任者としてでなく、川島碧個人の意志で、あなたの良心がそうやれといってるのなら」

しばらく考え悩んだ後、碧は意を決してオフィスにむかうと、時間変更のファックスを各社に流し始めた。

“これは会社に対する裏切りかもしれない。でも私はこれをやるべきで、もしそれを受け入れてもらえなければ、私はここを去るべきなのかもしれない”と心で思いながら。

出典:公式サイト

第8話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

ブランド(今井美樹)|第9話

ブランド|9話あらすじ

碧(今井美樹)と宗一朗(市川染五郎)は、とうとうこれまで押さえてきた思いを捨て、気持ちを確かめあうことができた。

翌朝、二人は別々に出社、オフィスで顔を会わせたが、碧は「会社ではけじめのあ
る態度で」と二人の関係を内緒にすることを約束しあうのだった。

その直後、碧は遙子(江波杏子)の部屋に呼ばれ、バッグの発表会の時間を勝手に変更したことに対する処分を聞かされた。

会が無事終了したこと、その後の弊害もなかったことの理由で「お咎めなし!」

ホットした表情を浮かべる碧に対し、遙子は「変わったわね、あなた。いろんな意味で」と言う。

「これまで以上にいい仕事をしたい」

新たな決意をみなぎらせる碧は、その夜堀口(吉田栄作)に会い、預かっていた指輪を返した。

堀口は二人のことを祝福し、親友としての忠告として、どんな誹謗中傷が飛び交うかもしれない世界、「くれぐれも会社では二人の関係は隠し通すように」というのだった。

だがその夜、碧は、いつも立ち寄る公園で当然のように宗一朗に出会いそのまま宗一朗のマンションへと向かい、そこで宗一朗の帰りを待っていた由里(佐藤藍子)と鉢合わせてしまった。

「神崎さんとは上司と部下だとおっしゃったじゃないですか!」由里は碧を睨みつけながら

碧の家で哲雄と食事を取ることになった宗一朗は碧と付き合っていることを告げ、交際を認めてほしいと頭を下げるのだった。

自宅のマンションに戻ってきた、宗一朗は丈太郎(平泉成)から、婚約披露を兼ねた茶会を催すという連絡を受ける。

婚約は親同士の勝手に決めたことだと思う宗一朗は、奈美子(北浦共笑)も当然同じ気持ちでいる思い、そちらから断って欲しいと切り出すが、奈美子は、「私も私自身のためにこの結婚を望んでいます」と始めて自分の気持ちを言った。

数日後、ディオンオフィスに一枚のファックスが届いた。

それには『ディオンの川嶋碧は自分の部下を男にしている』とい書かれていた。

由里の顔が瞬間青ざめた。

以前訪れた編集部で、それとなく自分が話してしまったことが、こんなことになってしまった。という表情。

オフィスも業界内もこの話題でもちきりとなり、碧はまたしても辛い立場置かれてしまうのだった。

出典:公式サイト

第9話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

ブランド(今井美樹)|第10話

ブランド|10話あらすじ

碧(今井美樹)と宗一朗(市川染五郎)との交際発覚!の騒動もひとまず落ち着き、オフィスには以前と変わらずテキパキと仕事をこなす碧の姿があった。

堀口(吉田栄作)は、そんな碧を見て宗一朗との交際が順調であることを知り、由里(佐藤藍子)も、雑誌用に『ディオン』と他社との製品をコーディネートさせるといった斬新なプレス案を打ち出す碧への信頼をますます高めていくのだった。

ある日丈太郎(平泉成)は碧を家に呼んだ。

宗一朗との結婚を考えているのか?

跡取りを産んでくれるつもりはあるのか?

・・・神崎家に入る決意があるのかと尋ねるために。

奈美子(北浦共笑)が宗一朗のことを思い続けていることも聞かされ、碧は困惑してしまう。

そこに息せききって駆け込んできた宗一朗は、激しく父のやり方を責めた。

だが、丈太郎はどこまでも冷静に「なによりも家に入ってもらわねばなりません。そのためには仕事を辞めてもらうということです」と言うのだった。

碧は、宗一朗と、そして神崎家と付き合っていくことの難しさを思った。

一方、宗一朗は海道家の茶室で奈美子と対峙していた。

奈美子は宗一朗の気持ちを察し、お茶と出会わせてくれたことを宗一朗に感謝し、これまでのことに礼を言い、自分が身を引く決意を伝えた。

「申し訳・・・ありません」そうのが精一杯の宗一朗は、その時、奈美子の頬に伝わる涙を見た。

数日後、宗一朗と碧は、激しく口論した。

きっかけは「仕事を辞めて家庭に入ってもと考えたことはありませんか?」と尋ねたことだった。

「今の私にそんな思いきりはない」という碧に、本当の自分でいることが大切だというその中に僕はいないのか?と詰め寄る宗一朗。

そんな宗一朗に鋭い言葉でアドバイスする堀口。

哲雄も神崎家を訪れ、丈太郎に会い父としての気持ちを伝えていた。

その夜、碧と宗一朗はいつもの公園で会った。

宗一朗は「僕がああいう家に生まれたことを除いて一人の男として見てくれるとしたら・・・結婚してくれますか?」とプロポーズのことばを口にしたのだ。

出典:公式サイト

第10話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

ブランド(今井美樹)|第11話

ブランド|11話あらすじ

バッグの発表会を独断で変更した碧(今井美樹)の行動が問題になり、遙子(江波杏子)はパリ本社へむかった。

堀口(吉田栄作)から、事情を聞かされた碧は、「自分が正しいと思ってしたことも、こんな結果になってしまうのね・・・」と沈んだ表情を見せるのだった。

その頃、宗一朗(市川染五郎)は突然倒れた父・丈太郎(平泉成)に変わり、休職してしばらく家元代理を勤めることになった。

だが、あくまでも家を出る気持ちに変わりはない。

丈太郎を見舞いに来た奈美子(北浦共笑)は、堅い決意の宗一朗を思い、「川嶋さんとのこと、許して上げるおつもりはないのですか?」と尋ねた。

そんな中“女子高生がブランドのバッグ欲しさに援助交際で補導”のニュースが新聞に載った。

一斉に騒ぎだすマスコミ。

お金さえ出せば高級なものがすぐに手に入るという時代感覚を、どうすることもできないことに苛立つ碧は、その夜母が残してくれたブラウスを手にしてみた。

結婚した翌年の誕生プレゼントとして父哲雄(宇津井健)が贈ったもの。

しかし母はなかなか袖をなか通さなかったと話す哲雄。

自分がそれを着るに見合う時が着たとき初めてそれを着たという母。

碧はしみじみと母の愛した白い『ディオン』のブラウスを見つめるのだった。

数日後、哲雄と碧は丈太郎から茶事に招かれ、神崎家にやってきた。

宗一朗、奈美子も顔をそろえてた。

同席している誰もが今日の茶事の意味を思い計る中、丈太郎は今日のために彫ったという茶杓を手にしながら口を開いた。

「今日は息子の旅立ちを祈念し催したものでございます。本日を持って息子をこの家から出す決心をいたしました」

誰もがこの思いがけない発言に驚き耳を疑った。

宗一朗は初めて父の心の底の気持ちを解るのであった。

『ディオン』のプレスに取材陣が殺到してきた。

先日報道された援助交際の事件で、女子高生が欲しがったのが『ディオン』のバッグだったというのだ。

遙子の代理として記者会見の席につく碧。

「あなたのことばで話せばいい」と宗一朗。

意を決したように碧は記者会見の壇上に上がった。

出典:公式サイト

第11話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

以上が、ドラマ『ブランド(今井美樹)』1話~最終話までの各話のあらすじ、と、無料動画配信サイトの情報紹介になります。

無料動画配信サイトで配信してないけど、他に無料で見る方法はないの?

と、動画を視聴したい方のために、NetflixやAmazonプライムビデオなどで、ドラマ『ブランド(今井美樹)』の動画を全話一気見できる動画配信サイトを紹介します!

各動画配信サイトの特徴や安全な視聴方法についても解説しているので、無料視聴を安全にお楽しみいただけたらと思います♪

 

ドラマ『ブランド(今井美樹)』を配信中の動画配信サイト

ドラマ『ブランド(今井美樹)』の動画を配信している、Netflixやアマプラなどの動画配信サイトを一覧でまとめましたので、ご覧下さい♪

\ドラマ『ブランド(今井美樹)』の動画配信サイト一覧/

配信サービス 配信状況
FOD Premium
TSUTAYA DISCAS
U-NEXT ×
Paravi ×
Hulu ×
dTV ×
TELASA ×
Amazonプライムビデオ ×
クランクインビデオ ×
Netflix ×
Abemaプレミアム ×
dアニメストア ×

※本ページの情報は2021年6月時点のものです。

ご覧頂いた通り、ドラマ『ブランド(今井美樹)』の動画は

  • FODプレミアム
  • TSUTAYA DISCAS

動画配信サイトで無料視聴できますが、その中でもおすすめはFODプレミアムです!

本日から10月11日まで無料!

でも、なんでFODプレミアムがおすすめなの?

と、気になると思いますので、おすすめの理由をFODプレミアムの特徴と共に紹介していきます♪

FODプレミアムでドラマ『ブランド(今井美樹)』の動画を全話無料視聴

ドラマ『ブランド(今井美樹)』の動画を全話視聴するなら、動画配信サイト『FODプレミアム』がおすすめです!

FODプレミアムには、2週間の無料期間がありますので、ドラマ『ブランド(今井美樹)』の動画を1話〜最終話まで全話無料視聴できます。

フジテレビ公式動画配信サービス『FODプレミアム』では、フジテレビで放送された過去作を多数配信中です!

なので、ドラマ『ブランド(今井美樹)』だけでなく、他のドラマ動画も一緒に無料でお楽しみ頂けます♪

そんな動画配信サイト『FODプレミアム』の特徴を表にまとめました!

<FODプレミアムの特徴まとめ表>

月額料金 976円(税込)
※無料期間終了後から課金
無料お試し期間 登録から2週間
無料期間に解約すれば0円
配布ポイント 登録直後:100ポイント
※課金発生日に追加で100ポイント
国内ドラマ動画配信数 700作品以上
その他 雑誌130誌以上が読み放題
※追加料金なし

昔懐かしの月9ドラマをお金をかけずに視聴できるのも、FODプレミアムの魅力的なポイントですね!

そんな、FODプレミアムでドラマ『ブランド(今井美樹)』の無料動画を1話〜最終回まで全話一気見して頂けると幸いです♪

本日から10月11日まで無料!
無料お試し期間に解約すればお金は一切かかりませんのでご安心ください♪

<FODプレミアムで動画視聴できるおすすめ動画>

佐藤藍子出演動画

  • 薔薇の十字架
  • ナオミ
  • THE MASKED GIRL 女子高生は改造人間
  • 織田同志会 織田征仁

宇津井健出演動画

  • 危険なアネキ
  • お義母さんといっしょ
  • 新幹線大爆破
  • 死に花

平泉成出演動画

  • 大奥~華の乱~
  • 大奥~華の乱スペシャル~
  • ただいま大須商店街
  • 闇の伴走者~編集長の条件

似たおすすめ動画

  • 愛し君へ
  • いつもふたりで
  • いつかまた逢える
  • イノセント・ラヴ

※本ページの情報は2021年6月時点のものです。

ただ、FODプレミアムで動画をフルで無料視聴出来るとは言っても、

  • あとで請求されたり、月額課金(サブスク)で、お金がかかったりすることはない?
  • 解約が出来なくて課金される

など、不安なことはたくさんあると思います。

無料期間内に解約すればお金は一切かかりませんが、本当に大丈夫?お金だけかかって見れないとかない?と、不安な方は登録・解約の流れをご確認ください。

FODプレミアム登録手順
    1. FODの公式サイトにアクセスして『今すぐはじめる』をクリック。
    1. メールアドレスを入力して下にスクロール。
    1. パスワードを入力完了したら、利用規約とプライバシーポリシーにチェックをし、『アカウントを作成する』をクリック。
    1. 支払い方法を選択する。
    1. 購入内容を確認する。
    1. 内容に誤りがなければ、チェックをし『この内容で登録する』をクリック。
  1. 以上でFODプレミアムの登録は完了です!

登録から2週間は無料期間になりますので、ドラマの動画を視聴しながら楽しみましょう♪

無料期間中の2週間以内に解約すれば課金されませんのでご安心下さい。

本日から10月11日まで無料!
FODプレミアム解約手順
    1. FODの公式サイトにアクセスして、メニューボタンをクリック。
    1. 『登録コースの確認解約』をクリック。
    1. 『解約する』をクリック。
    1. 『解約する』をクリック。
    1. 以上でFODプレミアムの解約は完了です!

登録から無料期間中の2週間以内に解約すれば、お金はかかりませんのでご安心ください。

FODプレミアムは無料期間だけと決めている場合は解約をお忘れなく♪

すでにFODプレミアムに登録して無料期間が使えない・・・

という方のために、FODプレミアム以外でドラマ『ブランド(今井美樹)』のフル動画を全話無料視聴できる動画配信サイトを紹介します!

TSUTAYA DISCASでドラマ『ブランド(今井美樹)』の動画を全話無料視聴

宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCASでも、ドラマ『ブランド(今井美樹)』のフル動画を全話無料で見れます!

TSUTAYA DISCASは、視聴したいDVDをスマホやパソコンで注文レンタルできるサービスです。

DVDのレンタルは借りたり返却するのに、わざわざお店に行くのが面倒くさい・・

と思いますが、TSUTAYA DISCASであれば

  1. スマホ・パソコンでドラマ作品を注文
  2. 自宅にDVDが届く
  3. 視聴後は郵便ポストに投函で返却

の3ステップでレンタル出来きるので、面倒な手間がかかりません!

さらに、初回登録で30日間の無料期間があり、期間中は旧作・準新作DVDを無料でレンタルできます。

1枚目〜8枚目までのレンタルは準新作・旧作の両方を借りる事ができますが、9枚目以降は旧作のみとなります。(無料期間中に新作のレンタルは出来ません)

TSUTAYA DISCASで、ドラマ『ブランド(今井美樹)』の動画を1話〜最終話まで全話無料でお楽しみ下さい!

月額料金 2,659円(税込)
※無料期間終了後から課金
無料お試し期間 登録から30日間
無料期間に解約すれば0円
サービス 動画見放題
DVDレンタルが借り放題
特徴 ジャニーズ作品を視聴する際におすすめ
DVDレンタル以外に動画見放題も楽しめる
その他 登録時1100円分のポイント配布あり
※動画配信で有料動画も無料視聴可能

30日間の無料レンタルで、ぜひ、ドラマ『ブランド(今井美樹)』の無料動画を1話〜最終回まで全話一気見して頂けますと幸いです♪

本日から10月27日まで無料!
無料お試し期間に解約すればお金は一切かかりませんのでご安心ください♪

<TSUTAYA DISCASで動画視聴できるおすすめ動画>

今井美樹出演動画

  • 魚河岸ものがたり
  • 冬のサクラ
  • 麗子の足
  • 心はロンリー気持ちは「・・・」

佐藤藍子出演動画

  • 孤独のグルメ Season2
  • 名探偵コナン ドラマスペシャル 「工藤新一 京都新撰組殺人事件」
  • 湘南☆夏恋物語
  • OL銭道

吉田栄作出演動画

  • LEADERS リーダーズ
  • LEADERS II リーダーズ II
  • ボクの妻と結婚してください。
  • 東野圭吾ミステリーズ

似たおすすめ動画

  • 半沢直樹 ―ディレクターズカット版―
  • 半沢直樹(2020年版) -ディレクターズカット版-
  • 池袋ウエストゲートパーク
  • 信長協奏曲

※本ページの情報は2021年6月時点のものです。

ただ、TSUTAYA DISCASで動画をフルで無料視聴出来るとは言っても、

  • あとで請求されたり、月額課金(サブスク)で、お金がかかったりすることはない?
  • 解約が出来なくて課金される

など、不安なことはたくさんあると思います。

無料期間内に解約すればお金は一切かかりませんが、本当に大丈夫?お金だけかかって見れないとかない?と、不安な方は登録・解約の流れをご確認ください。

TSUTAYA登録手順
    1. TSUTAYAの公式サイトにアクセスして『今すぐ30日間無料トライアル』をクリック。
    1. 入力しながら下にスクロール。
    1. チェックを付けて『確認画面へ』をクリック
    1. 確認しながら下にスクロール
    1. プラン、名前など確認しながら下にスクロール。
    1. 『この内容で申し込む』をクリック。
    1. 以上でTSUTAYAの登録は完了です!

登録から30日間は無料期間になりますので、一度レンタルして継続するかどうか決めるといいですね♪

無料期間中に解約すれば、お金はかかりませんのでご安心下さい。

本日から10月27日まで無料!
TSUTAYA解約手順
    1. TSUTAYAの公式サイトにアクセスして右上の『マイメニュー』をクリック。
    1. 『登録情報の確認』をクリック。
    1. 『プラン変更』をクリック。
    1. パスワードを入力して『ログイン』をクリック。
    1. 何もせずに下にスクロール。
    1. プランの変更・追加・削除の中の『利用しない(無料会員)』にチェックを付けて下にスクロール。
    1. 動画配信サービス Powerd by TSUTAYA TVの『動画見放題』のチェックを“外して”下にスクロール
    1. 『申し込み内容を確認する』をクリック。
    1. 『プランを変更申請する』をクリック
    1. 以上でTSUTAYAの解約が完了です!

登録から無料期間中の30日以内に解約すれば、お金はかかりませんのでご安心ください。

TSUTAYA DISCASは無料期間だけと決めている場合は解約をお忘れなく♪

 

ドラマ『ブランド(今井美樹)』を視聴した人の感想

ドラマ『ブランド(今井美樹)』はつまらないのか?面白いのか?

評判を事前に知っておきたい方のために、実際にドラマ『ブランド(今井美樹)』を視聴した人の感想をまとめましたので、ご覧ください!

男性・30代

今井美樹ファンというわけではありませんが、今作は結構前に録画したものを見てから、何年かに一度視聴してますが、トータルで言うともう3回ほど視聴しています。

ファッションが素晴らしくてブランドの魅力的な部分がわかります。

スタイルがいいから似合っているんだろうけど、働く女性のみかた、素敵です。

体の芯からエネルギーをくれます。

市川染五郎の若さゆえの勢いを感じますが、履いているジーンズが太すぎて、時代を感じます。

見終わった後に主題歌を口ずさんでしまうような素敵な作品でした。

女性・20代

とても思い出深い作品です。

かなりの時を超えて再度視聴してみました。

市川染五郎がいい味出していて素晴らしい存在感があります。

容姿にすごく恵まれているというわけではないのですが、そんじょそこらの俳優には出せない妖艶さと安定した演技力で主人公をより魅力的に駆り立てた。

同じ道を志す家の人間ということよりも、小さい頃から畳の上に習慣から、その所作がしっかりと体に染み付いている人間だからこそ、茶道の流派の時期家元という役柄を務め上げられたと思う。

当然ながら市川さんの演技には重さがあった。

男性・30代

ドラマが放送されていた当時、個人的にも茶道に関心がなかった。

この作品のこともすっかり忘れていた頃、茶道にハマり、教室に通うようになりました。

それがきっかけでドラマの視聴に至りましたが、家元の全てのカットに涙が止まりませんでした。

作中の流派は実在しないものみたいだが、結構しっかり作り込まれているように感じた。

単純なさっぱりしたラブストーリーではなくて、世襲制のある日本芸能や文化を絡めて、そういったところも表現されている作品でした。

バブル崩壊後もブランド志向が根強く残っていたことを懐かしく思いました。

女性・20代

久しぶりに視聴しましたが相変わらず涙涙の連続でした。

結構韓国のドラマにハマっていた私でしたが、今作をみて改めて日本ドラマのクオリティの高さを再認識いたしました。

市川染五郎さんを好きになったのも今作に出会ったことがきっかけです。

茶道の道に生きその家元を継ぐという役柄ですが、歌舞伎役者としても家業を注がなければならないという現実に苦悩や葛藤もあったことだろうと思う。

そういったこともあり、作品と現実がシンクロしていてクオリティの高さに繋がった事と感じました。

なんせ普通のラブストーリーではありません。

人生に向き合う若者の姿にはグッとくるものがある。

個人的にはドラマの中で一番の作品だと思っています。

\ドラマ『ブランド(今井美樹)』の全話視聴ならFODプレミアムが一押し/

本日から10月11日まで無料!

\放送中アニメ/ドラマの無料動画はこちら!/

2021年7月夏アニメ曜日別まとめ一覧 2021年7月夏ドラマ曜日別まとめ一覧