未解決の女 警視庁文書捜査官1&2 無料動画

作品名 未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン1 未解決の女 警視庁文書捜査官 〜緋色のシグナル〜 未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2
放送時期 2018 2019 2020
ジャンル ミステリー
制作会社 テレビ朝日
アズバーズ
俳優 矢代朋:波瑠
鳴海理沙:鈴木京香
古賀清成:沢村一樹
岡部守:工藤阿須加
財津喜延:高田純次
川奈部孝史:光石研
草加慎司:遠藤憲一
桑部一郎:山内圭哉
吉田治郎:西銘駿
由比雄一:植木祥平
矢代 朋:波瑠
古賀 清成:沢村一樹
岡部 守:工藤阿須加
財津 喜延:高田純次
川奈部 孝史:光石研
草加 慎司:遠藤憲一
鳴海 理沙:鈴木京香
矢代朋:波瑠
古賀清成:沢村一樹
岡部守:工藤阿須加
桑部一郎:山内圭哉
多部和樹:飯島寛騎
宗像利夫:皆川猿時
国木田哲夫:谷原章介
財津喜延:高田純次
草加慎司:遠藤憲一
鳴海理沙:鈴木京香
主題歌 ED:『知らないんでしょ?』:平井 堅 ED:『知らないんでしょ?』:平井 堅 ED:『きらきらにひかる』:いきものがかり
予告動画
公式サイト ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン1』公式サイト ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官 〜緋色のシグナル〜』公式サイト ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2』公式サイト
Wikipedia ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』Wikipedia
公式Twitter ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』公式Twitter
波瑠出演のおすすめ関連動画

\ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』の動画を無料視聴できる配信サイト/

配信サービス 配信状況 無料期間と月額

配信中
15日間無料
TELASA公式サイト

※本ページの情報は2021年6月時点のものです。

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』あらすじ

大学で文章心理学を専攻していた鳴海理沙は、警視庁捜査第一課科学捜査係文書解読班、通称「資料保管室」という部署に配属されており、唯一の部下である矢代朋彦とともに、主に捜査資料を整理・分類する仕事を行っている。

ある日、理沙たちは、杉並区荻窪2丁目で起きた殺人事件で初めて出動する。

被害者の男性の遺体は、右手が切断されており、現場には、裏にメモ書きのあるレシートの他、不可解なアルファベットの文字列が印刷されたカードが残されていた。

出典:wikipedia

ドラマのおすすめポイント!

  • 文字や文章を解読し事件捜査をする特命捜査対策室。特殊な切り口から犯人を捜しだすところに注目。内容もさることながら、豪華な俳優陣に息の合った掛け合いがたまりません。黒幕はだれか、最後まで注目です。
  • タイプの全く違う二人の女刑事がバディを組み、未解決事件を次々に解決していく刑事物語。体力勝負の熱血若手刑事と、文字を読み解く頭脳派刑事。年齢も性格も違う二人がどのように謎を解くのか。
  • ある捜査で怪我をおい昏睡状態になった朋。復帰後の配属先は「特命捜査対策室」第6係・文書解読係という聞きなれない部署だった。いったいどんな所なのか?新たなチームでどのように事件を解決して行くのか?

 

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』の無料動画を全話視聴

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』の動画を無料視聴するために、Youtubeやニコニコ動画などの検索結果を各話ごとにまとめました!

気になる方は、各話のあらすじと共にチェックしてみて下さい♪

ドラマ『未解決の女1』の動画を全話無料視聴

ドラマ『未解決の女1』をYoutubeやニコニコ動画などの無料動画サイトの検索結果を、あらすじと共にまとめました!

ドラマ『未解決の女1』の動画を無料視聴したい方は、ぜひ参考にして下さい。

ドラマ『未解決の女1』あらすじ

2018年春、初共演となる波瑠と鈴木京香が女刑事に扮し、強力タッグを結成します!

主演・波瑠が演じるのは、体力と柔術には自信のある肉体派熱血刑事・矢代朋。

燃える正義感と情熱、直感を武器になりふり構わず、無鉄砲な捜査で事件解決に奔走する、真っすぐな女刑事です。

一方、鈴木が演じるのは、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙。

わずかな文章から書き手の性格や思考を言い当てる“文書解読のエキスパート”で、「人より文字が好き」と豪語する、ちょっぴり浮世離れした女刑事です。

出典:公式サイト

ドラマのおすすめポイント!

  • 正反対の2人の女刑事で、次第に息の合ったバディへと成長していくお話。解決事件の文書を調べて、文字に隠された本当の事を読み解いていく今までにないミステリー作品。
  • 波瑠と鈴木京香の二人は最高過ぎて、矢代と鳴海先輩仲良くなっていき、信頼関係も強くなってく感じがとても良い。二人のやりとりも可愛く、文書捜査っていうのが新しく面白い。
  • 波瑠と鈴木京香のバディが合っていて、とても良い作品。ストーリーも飽きるところもあったけどだいたい面白い。室長での沢村一樹が面白くて良すぎます。

未解決の女1|第1話

未解決の女1|1話あらすじ

無鉄砲な熱血捜査で負傷した警視庁捜査一課強行犯係の刑事・矢代朋(波瑠)は復帰早々、異動を命じられる。

異動先は薄暗い地下にある窓際部署――「特命捜査対策室」第6係。

未解決事件の文書捜査を担当する「文書解読係」だった!

朋は戸惑いながらも、文書解読のエキスパートと呼ばれる不愛想な先輩刑事・鳴海理沙(鈴木京香)らとともに、新部署で働き始めることに。

だが、その業務内容の実態は、単なる捜査資料の“倉庫番”にすぎず…。

そんな折、強行犯係の刑事たちが理沙のもとへ、つい先日起こった連続変死事件の被害者である女性2人の遺書を持ち込む。

その遺書を読んだ理沙はすぐさま犯人像と犯行動機を解析するが、強行犯係たちは懐疑的…。

その矢先、新たな情報が第6係にもたらされる。

先の被害女性2人の部屋に、10年前の日付が記されたミステリー作家・嶋野泉水(中山美穂)のサイン入り自著があったというのだ。

実は、泉水は10年前に密室状態の自宅で腹部を刺されて死亡!

密室トリックの解明はおろか、犯人の目星さえ付けられないまま、捜査は打ち切りになっていた――。

事情を聞いた朋はやる気満々で、強行犯係に10年前の事件の合同再捜査を提案。

朋の熱血ぶりを冷めた目で見る理沙だが、朋が聞き込み捜査で直感したという推理を聞くや、興味を示しだし…!?

出典:公式サイト

第1話の感想

男性 20代

まず波瑠さんと鈴木京香さんのコンビが面白く、二人の関係性に惹かれて視聴を続けていました。

文書から謎解きをするというストーリーも斬新で、文字の癖やそれらに関わる専門用語なども出てきてとても興味深かったです。

毎週楽しみに見ていたのですが、最終話だけは不満です。

犯人が分かったけど逮捕には至らず、警察の不祥事が明らかになった後、みんなはどうなってしまったのか。

続編前提の終わり方なのでしょうがスッキリしませんでした。

もう一話追加して、全てを解決した方が良かったと思います。

第1話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

未解決の女1|第2話

未解決の女1|2話あらすじ

大手IT企業の社長令嬢が連れ去られ、1億円もの身代金を要求される誘拐事件が発生する。

早期解決を目指す捜査本部は、各部署から人員をかき集め体制を強化。

「特命捜査対策室」からも第6係の刑事・矢代朋(波瑠)が招集される。

誘拐されたのは中学生の幸田遥花(畑芽育)。

犯人が電話で、父親・幸田雅也(戸次重幸)に遥花の声を聞かせたとき、遥花は「かもめ」とだけ口にしたという。

まるで意味が分からない朋だが、その一言は文字フェチの同僚・鳴海理沙(鈴木京香)に12年前のある未解決事件を思い出させることに…!

それは主婦・坂下菜々美(高岡早紀)の娘・芽以が誘拐された事件。

実は当時、芽以も今回と同様に「かもめ」という言葉を発していた――。

まもなく身代金の受け渡し役に任命された朋は、雅也の秘書に扮し、指定場所に赴く。

ところが犯人の指示で方々を走らされた結果、自慢の体力があだとなり、本物の秘書でないことが犯人に露見!

身代金はまんまと誘拐犯の手に渡り、人質も解放されないという最悪の事態を招き…。

一方、理沙は「特命捜査対策室」の室長・古賀清成(沢村一樹)から、犯人と雅也の通話解析を命じられる。

そんな中、朋は先輩刑事・草加慎司(遠藤憲一)から、12年前の未解決事件の詳細を聞くことに。

その事件は、今回の誘拐事件と奇妙な共通点を持っていただけでなく、理沙を人嫌いにさせる原因にもなっていて…!?

出典:公式サイト

第2話の感想

女性 30代

稚拙なストーリーを、脇役やゲストで出演された熟練の俳優さんが補っていた印象です。

古賀室長は嫌味を言うし上昇志向強くて嫌な奴ですが、むしろ潔くて嫌いになりきれませんでした。

映像もなかなかよく劇伴も作品にピッタリなので自分の中では評価が高い作品なのですが、第8話で最終回を迎えた点は不満です。

打ちきりなのでしょうか。

伏線を回収しきれていないので次シリーズもあるのかと期待しています。

ちなみに、正しい日本語使いに拘っている事が垣間見えたので、そこも文書捜査官を主人公としたドラマならではで良かったです。

第2話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

未解決の女1|第3話

未解決の女1|3話あらすじ

大学教授・塚本秀平(吉田栄作)のもとで百人一首を研究していた大学生・舞阪佳織(福原遥)が、白昼の駅前駐輪場で刺殺された。

事件当時、現場から立ち去る男の目撃情報があったにもかかわらず、被疑者を捕まえることはできなかった…。

佳織は百人一首の一札を握って絶命していたが、その意味を見つけ出すこともできず、事件は通り魔による凶行とみなされ“未解決”のまま凍結していた――。

その5年後、腕に「MISEBAYANA」というタトゥーのある男が殺される。

その男はほかでもない、佳織と交際していた会社員・与田秀樹(深水元基)だった!

2つの事件に関連はあるのか、そして被疑者は一体誰なのか…。

その謎を解くべく、「特命捜査対策室」第6係の熱血刑事・矢代朋(波瑠)は事件現場へ出向き、捜査を開始。

第6係が専門とする文書捜査の域を出た行動に「特命捜査対策室」室長・古賀清成(沢村一樹)は目くじらを立てるが、朋は意に介せず、足を使った捜査を続行する。

そんな中、朋は佳織が持っていた百人一首の箱に“間違ったもの”が入っていた、との情報を得る。

その“間違ったもの”と“彼女の日記に頻出する言葉”を分析した文字フェチ刑事・鳴海理沙(鈴木京香)は、佳織の知られざる一面を推察。

さらに、箱の中にあるべき1枚がないことに気づき…!?

朋と理沙は手掛かりを求め、塚本のもとへ。

だが、塚本からはこれといった手掛かりを得ることは出来ない。

その矢先、佳織の同級生から得た些細な証言が思わぬトリガーとなり、朋の脳裏に“これまでの捜査を根底から覆す記憶”がよみがえる――。

出典:公式サイト

第3話の感想

男性 20代

ストーリーは素人が描いたのかと思うくらいチープな感じで、特に最終回は見ていられませんでした。

犯人への尋問で、一捜査官が事件の概要を声高々と語っていましたが、そんな行動あり得ないです。

犯人に対して全て話してしまったら、犯人のみぞ知る秘密の暴露はどうなってしまうのか。

捜査官が得意気に話す事件のシナリオを聞いて犯人が不気味に笑っていましたが、あまりにも非現実的過ぎて観るのを止めてしまいました。

キャスティングも自分的には不満で、沢村さんや鈴木さんが演じた役はお二人のキャラに合っていないし、もっと適任の人がいたと思います。

第3話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

未解決の女1|第4話

未解決の女1|4話あらすじ

ショップ店員・長瀬真智(吉井怜)が山中の橋から転落し、全身打撲で意識不明の重体に陥った。

この事件が発端となり、ひとつの未解決事件の捜査が再び動き出す。

真智が乗っていた車から採取された毛髪のDNAが、ある失踪者のものと一致したからだ。

失踪者は近所でも“理想の主婦”と評判だった藤田里美(真飛聖)。

里美は15年前、代議士の夫・藤田晃一(堀部圭亮)と息子2人と共に祭りに来ていたが、まるで神隠しのように突如姿を消してしまっていた――。

真智の車からは、毛髪だけでなく、9桁の数字が羅列された“謎の文書”も見つかっていた。

妙に張り切る「特命捜査対策室」室長・古賀清成(沢村一樹)から“捜査の脇役”扱いをされながらも、「特命捜査対策室」第6係の刑事・矢代朋(波瑠)は文書を解読して捜査に貢献しようと奮起。

やがて証拠文書の紙が移動図書館のチラシだと突き止めた朋は、9桁の数字が蔵書の資料コードだとにらみ、番号から割り出した蔵書と資料をかき集める。

すると、それらはすべて失踪事件に関する書籍や、里美が失踪した事件に関する記事で…!

やがて、真智と15年前の事件現場との間に“ある接点”があったことが判明。

そんな中、里美が息子たちに託した手書きレシピを見た第6係の文字フェチ刑事・鳴海理沙(鈴木京香)は「字が泣いている」と言い出す!

さらに、息子たちへの直筆メッセージにもぬぐえない違和感を覚え…!?

出典:公式サイト

第4話の感想

女性 30代

自分はこのドラマ、面白くなかったです。

何がダメって主人公。

そもそも配役が合っていないのかもしれませんが、とにかく演技が下手で見てられないです。

髪型も何だか変だし、大きな目がギョロっと動く表情なんかはアップで見るのは耐えられません。

同局のドラマである「捜査一課長」とコラボしている事もあり、その発想は面白いなと思いましたけど「捜査一課長」も回を重ねてマンネリ化は否めず、コラボシーンも何故かイライラするような演出が多かったです。

主人公以外の俳優さんについては特に気なる事はありませんでした。

第4話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

未解決の女1|第5話

未解決の女1|5話あらすじ

厚生労働省の官僚・須賀勇蔵(児玉頼信)が突然、腹部大動脈りゅう破裂で死亡した!

原因は体内から見つかった「モスキートペアン」と呼ばれる小型鉗子。

実は、須賀は5年前に「松河総合病院」で大腸がん手術を受けており、モスキートペアンはその際に放置されてしまったものだとみなされる。

思わぬ形であぶり出された5年前の医療ミス疑惑…。

しかも、この疑惑がある未解決事件にも光を当てることになる。

実は、手術の1週間後には、同院の放射線技師・中尾勲(町井祥真)が刺殺される事件も起こっていたのだ!

当時、警察が手掛かりにしたのは中尾が最期に残した、たった一文字の血文字「も」。

だが、捜査は思いのほか難航し、事件解決には至らずにいた――。

「特命捜査対策室」第6係の熱血刑事・矢代朋(波瑠)と文字フェチ刑事・鳴海理沙(鈴木京香)は、この未解決事件に注目。

中尾が殺されたのは「術後のレントゲン撮影で体内のモスキートペアンに気づいたため」で、ダイイングメッセージの「も」はモスキートペアンを示唆していたのでは…と推察する。

だが、執刀医を務めた現院長・松河正一(植草克秀)をはじめ、手術関係者にはアリバイがあり…。

そんな中、今は別の病院に移っている手術関係者のリストを見た朋は、目を見張る。

そこに記された第一助手の名前は松河森次(宮迫博之)――数カ月前、捜査中に重傷を負った朋を、死の淵から救ってくれた恩人だったのだ!

朋はさっそく森次に捜査協力を依頼。

「松河総合病院」が頑なに開示拒否する須賀のカルテを手に入れようとする。

ちょうどその頃、第6係の係長・財津喜延(高田純次)は、驚愕の新事実をもたらす文書を入手。

その筆跡と“ある一文字”に、理沙が鋭く反応し…!?

出典:公式サイト

第5話の感想
男性 20代

後追いでTVシリーズとSPを視聴しました。

刑事ドラマやサスペンスとしての見せ方が下手だったり刑事として違和感のある行動や、職務上取るべき行動を取らなかったり、メインテーマなどの楽曲自体は魅力的ですが、同じ曲を何度も何度も繰り返すなど、演出の雑さが主に気になってノイズも少なくありませんでしたが、脚本の軸や物語やキャラクターたちがすごく魅力的なシリーズでした。

主人公のコンビをはじめ、各キャラ設定と俳優さんの相性がとても良く、見ていて心地良かったです。

   

第5話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

未解決の女1|第6話

未解決の女1|6話あらすじ

ダンサーの遠藤千鶴(板野友美)が鉄パイプで頭部を殴打され、殺害された。

犯人は財布を奪って逃走。

警察は強盗目的と怨念の両面から捜査したが、事件解決につながる手がかりは見つけられぬまま、時が過ぎていった――。

その6年後、「特命捜査対策室」第6係の熱血刑事・矢代朋(波瑠)は高校の同窓会に参加。

そこで再会した磯野賢治(柳下大)から、千鶴を殺した犯人が分かったかもしれないと耳打ちされる。

そう…千鶴はほかでもない、朋たちの同級生だったのだ!

どういうことなのか気になった朋は、磯野が雇われ店長をしているカフェバーへ。

同窓会グループのSNSページを初めて見せられ、そこに登録しているメンバーの中に犯人がいる、との推理を聞かされる。

だが、磯野が何かを言いかけた途端、同窓生の西島圭人(桐山漣)と袴田高一郎(榊原徹士)が来店し、会話は中断。

朋は続きが気になりながらも、磯野に促されるまま帰宅する。

ところが3日後、とんでもない事件が起こってしまう。

磯野がカフェバー内で何者かに刺殺されたのだ!

しかもその日、磯野が同窓生・吉井友莉子(入山法子)と口論している現場を、従業員が目撃しており…!?

激しく動揺する朋。

そんな朋を心配した刑事・草加慎司(遠藤憲一)の呼びかけで、第6係は自発的に捜査を開始。

磯野が言っていた同窓会グループの投稿に注目する。

そんな中、文字フェチ刑事・鳴海理沙(鈴木京香)は、一見どうでもいい話を綴った千鶴の投稿文の中に、ある暗号を見つけ出し…!?

出典:公式サイト

第6話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

未解決の女1|第7話

未解決の女1|7話あらすじ

2003年秋――。

警備会社の現金輸送車が襲われ、現金三億円を強奪された。

だが、犯人特定につながる遺留品はごくわずか。事件は無念にも、迷宮入りしてしまった…。

それから15年後、都内で男の死体を見つけたとの通報が入る。

ところが警察官が駆けつけると、そこに残されていたのは不可解なカードと、今や懐かしい二千円札のみ。

死体は跡形もなく消えており、その後1キロ離れた路上で発見される…という奇怪な事件が起こる。

銃殺体で見つかったのは、中古品の転売ビジネスをしている藤枝信也(長谷川朝晴)だ。

藤枝を殺したのは誰なのか、そもそも彼の死体はなぜ移動したのか…。

捜査に乗り出した強行犯係の面々が訝しがる中、驚きの事実が判明する。

現場に落ちていた二千円札は、15年前の三億円強奪事件で盗まれたものだったのだ!

未解決事件が絡んできたことで、矢代朋(波瑠)ら「特命捜査対策室」第6係のメンバーも捜査に参加。

藤枝の殺害現場に残されたカードの解読は、文字フェチ刑事・鳴海理沙(鈴木京香)に託される。

理沙はすぐさま、アルファベットと記号が1字ずつ印刷された全9枚のカードを精査。

「RISK(危険), HELP(助けて)」というメッセージの読み取りに成功する。

そんな中、このメッセージの発信者をめぐって、朋が“突拍子もない推理”を提示し…!

やがて別の場所で、また同じ種類のカードが9枚見つかる。

だが、今度はさすがの理沙も解読にてこずり、捜査は難航してしまう。

その矢先、第3のカードが発見され、ある会社の名前が導き出される。

しかも、その会社の社員・百々瀬佐智(谷村美月)が一昨日前から無断欠勤していることが判明し…!?

謎多き事件の真相を解明すべく、まい進する朋。そんな朋を“絶体絶命の危機”が襲う――。

出典:公式サイト

第7話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

未解決の女1|第8話

未解決の女1|8話あらすじ

百々瀬佐智(谷村美月)を誘拐し、その父・百々瀬博昭(石黒賢)から身代金をせしめて逃亡した秋田昇(岡田浩暉)が、「特命捜査対策室」第6係の熱血刑事・矢代朋(波瑠)を銃で撃って逃走した!

まもなく、朋を撃った拳銃と、4日前に藤枝信也(長谷川朝晴)を撃った拳銃が同じものだと判明。

どちらも秋田の犯行だったと裏付けられる。

しかし同時に、不穏な情報も浮かび上がる。

なんと使用された拳銃は、科捜研で15年前に登録されている晴海東署のものと同じだったのだ!

それが事実ならば、警察の威信にかかわる大問題になってしまう…。

「特命捜査対策室」の室長・古賀清成(沢村一樹)は取り急ぎ、部下たちに箝口令を発令。

そんな古賀の前に再び、元刑事局長・野々村慎太郎(岩城滉一)が現れ…。

その矢先、秋田が潜伏先のホテルで、何者かに胸を刺されて死亡。

秋田の自宅からは、思わぬものが見つかる。

それは、藤枝の遺体発見現場に落ちていた二千円札と続き番号の札――ともに15年前の三億円強奪事件で3人組の犯人に盗まれたものだった!

仮に秋田と藤枝が三億円強奪事件の犯人だったとしたら…2人を殺したのは残る1人の犯人という可能性もある。

無事解放された佐智からも話を聞きながら、絡み合う事件の真相を追い求めていくことに。

そんな中、三億円強奪事件の捜査資料に目を通した文字フェチ刑事・理沙(鈴木京香)は、ある筆跡に違和感を覚える。

何度も見立てが覆り、二転三転する捜査。

そんな中、一連の事件の背景に“言葉を使った驚愕のからくり”が浮かび上がる――。

出典:公式サイト

第8話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

ドラマ『未解決の女 ~緋色のシグナル~』の動画を全話無料視聴

ドラマ『未解決の女 ~緋色のシグナル~』の動画を無料視聴するために、Youtubeやニコニコ動画などの検索結果を各話ごとにまとめました!

気になる方は、各話のあらすじと共にチェックしてみて下さい♪

ドラマ『未解決の女 ~緋色のシグナル~』あらすじ

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係に所属する熱血刑事・矢代朋 (波瑠)はある日、文字フェチの先輩刑事・鳴海理沙 (鈴木京香)と主任・草加慎司 (遠藤憲一)とともに、京都府警を訪ねる。

実は3日前、京都市内で喫茶店経営者・武村勇介(河相我聞)の遺体とともに、「男」という漢字が3つ連なる赤インク文字が発見されるという、異様な事件が発生。

奇しくも、5年前には東京都内でもIT業界の人間がふたり相次いで殺され、それぞれの現場に「蟲」と「品」という赤インク文字が残されていたのだが、いずれも未解決のまま時が流れていたのだ。

事件現場に残された、同じ漢字が3つ連なる“品字様”の文字――朋と理沙はこの奇妙な共通点に注目。

5年の時を経て同一人物が犯行を再開した可能性を主張する。

だが、上司である「特命捜査対策室」室長・古賀清成 (沢村一樹)からは「こじつけだ」と一蹴され、京都府警の捜査一課刑事・国木田哲夫(谷原章介)からも文書捜査に対する懐疑心を丸出しにされてしまうことに…。

それでもめげずに、3つの事件をつなぐ“真実の欠片”を探し出そうと奮起する朋と理沙。

だが、被害者3人の接点すら見つからず、捜査はなかなか思うようには進まない。

その矢先、武村の過去を洗い直した国木田は、彼が4~5年前まで東京の最大手ソフトウェア企業「Wテクノス」で働いていたという情報を入手。

しかも、武村が殺される2日前に、「Wテクノス」の社長・涌井徹(中村俊介)と会っていたことも判明したのだ!

さらなる手がかりを求め、朋は国木田とともに「Wテクノス」へ。

ところが、応対した社長秘書・米須雅人(武田真治)から門前払いを食らってしまい…。

そんな中、都内で新たな殺人事件が発生!

現場に残された赤インクの品字様を見た理沙は、にわかに目の色を変える――。

出典:公式サイト

ドラマのおすすめポイント!

  • 波瑠さん主役で、推理を当てるのは、先輩刑事の方が断然多い。事件の内容は面白く見れたし、最近観るドラマが武田真治の犯人率高いのもこのドラマで分かる。
  • ドラマも事件のアイテムがこの作品ならでは良かった。主役の2人の掛け合いが少なかったので、みんな個性が消えてしまった感じでした。印象だったので、もう少し盛り上がってほしい作品。
  • ゲスト出演者含めてもベテランの人が多くて、安定のキャストだからで安心して観られる作品。谷原章介のハラショーの京都弁のみが気になってしまう。

未解決の女 ~緋色のシグナル~|第1話

未解決の女 ~緋色のシグナル~|1話あらすじ

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係に所属する熱血刑事・矢代朋(波瑠)はある日、文字フェチの先輩刑事・鳴海理沙(鈴木京香)と主任・草加慎司(遠藤憲一)とともに、京都府警を訪ねる。

実は3日前、京都市内で喫茶店経営者・武村勇介(河相我聞)の遺体とともに…。

出典:TELASA

第1話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

ドラマ『未解決の女2』の動画を全話無料視聴

ドラマ『未解決の女2』の動画がYoutubeやニコニコ動画などで配信されいるか?

それぞれの検索結果をまとめましたので、あらすじと一緒にご覧ください!

ドラマ『未解決の女2』あらすじ

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査する『未解決の女 警視庁文書捜査官』。

“新感覚の爽快ミステリー”待望のSeason2に突入!

今や唯一無二の最強凸凹バディへと成長した朋&理沙を待ち受ける“一筋縄では行かない令和の未解決事件”。

“シリーズ史上最大級の名コンビぶり”を発揮しながら、難解な事件に颯爽と立ち向かっていく彼女たちの活躍から目が離せません!

出典:TELASA

ドラマのおすすめポイント!

  • 矢代と鳴海のバディの絆が様々な事件を通して、深まっていく。王子と姫の関係性にはワクワクした。係長交代で、チーム内の雰囲気等どう変わり具合を心配したが、新体制も良いチームワークです。
  • 波瑠さんのファンで見ていたが、2人の関係性がとても良い作品。文字を手がかりにして、解決をする作品はあまりないドラマなので、見ていて楽しめます。
  • よくある刑事ものとは、一味違う作品。文書から事件を解決しているのが地味に良い。波瑠ちゃんの男っぽいキャラはあんまりだったけど、沢村一樹、竜雷太の刑事・警察のドラマに出ている人の役も楽しめます。

未解決の女2|第1話『灰の轍』

未解決の女2|1話あらすじ

テレビにも出演するほどの売れっ子弁護士・有田賢太郎(大鶴義丹)が、自身の不倫騒動で好奇と非難の目にさらされる中、撲殺体となって見つかった。

奇妙なことに、遺体の周辺には破られた紙片が散乱。

貼り合わすと、不穏な一文が浮かび上がる。

それは…「もーいちど ころす しょーしたい」という文言だった!

警察はすぐさま、有田の家族や勤務先の法律事務所、そして愛人だった女優・遠山夏希(黒川智花)への聴取を開始。

だが、有力な容疑者は特定できず、時は過ぎていったのだった–。

この未解決事件の発生から5年。

警視庁捜査一課「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の刑事・岡部守(工藤阿須加)が、つい先日係長に昇進した桑部一郎(山内圭哉)の依頼を携え、未解決事件の文書捜査を担当する「文書解読係」こと「特命捜査対策室」第6係を訪問。

ある新事件の文書を解読してほしい、と頼みに来る。

被害者は建築現場の日雇い労働者・幸坂達治(宮川一朗太)。

現場から逃亡した男に火をつけられたと思われる幸坂は、指紋も取れないほど無残な焼死体で見つかった上、彼の部屋にはなんと「もーいちど ころす しょーしたい」と書かれた紙が落ちていたのだ!

出典:TELASA

第1話『灰の轍』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

未解決の女2|第2話『定家様』

未解決の女2|2話あらすじ

クセのある書風で「藤原」と刺繍されているスーツを着た男性が、他殺体で見つかった。

刺繍の文字が気になった「特命捜査対策室」第6係の刑事・矢代朋(波瑠)が、文字のエキスパートである先輩・鳴海理沙(鈴木京香)に見せると、理沙はハッと目を見張る。

その書風は、理沙も大好きな鎌倉初期の歌人・藤原定家の筆跡を模した≪定家様(ていかよう)≫だったからだ!

被害者は“ただの藤原さん”ではないとにらむ理沙。

と同時に、彼女の脳裏には“ある未解決事件”の記憶がよみがえる–。

出典:TELASA

第2話『定家様』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

未解決の女2|第3話『国語教師』

未解決の女2|3話あらすじ

熱心な指導で私立稜泉学園のバスケットボール部を全国大会初出場へと導いた名物コーチ・片山彰(谷田歩)。

そんな学園きっての英雄ともいえる片山が全国大会の開幕前日、何者かに殺された。

だが、犯人の特定は思いのほか難航…。

事件は未解決のまま、月日は流れてしまっていた–。

あれから3年。

ある日、参議院議員の公設秘書・上原望(沢井美優)が自宅のリビングで殺されているのが見つかる。

しかも、リビングのDVDデッキに入っていたディスクには、非常に整った筆跡で「稜泉学園バスケ部 木曜日」と記されていたのだ!

収録されていた映像は、例の未解決事件から3年が経ち、再び全国大会出場の切符を手にした同校バスケ部の特集番組。

だが奇妙なことに、録画されていたのは番組の途中からで、ディスクに残された指紋も被害者のものではなかったのだ!

出典:TELASA

第3話『国語教師』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

未解決の女2|第4話『歩兵の謎』

未解決の女2|4話あらすじ

5年前の未解決事件で何者かに殺された棋士・「居飛車のプリンス」こと佐田貴雄(足立理)の娘・彩子(久保田紗友)が、亡き父の後援会長だった外食チェーンの経営者・山井英俊(長谷川初範)と共に、警視庁の相談窓口にやって来た。

なんでも今になって突然、佐田が殺された際に盗まれた将棋駒がネットオークションに出品され、1週間も経たぬうちに出品が取り消されるという、不可解な出来事があったというのだ。

話を聞いた矢代朋(波瑠)ら「特命捜査対策室」第6係のメンバーは、すぐさま事件を再捜査することに!

まずは出品された駒が本物かどうかを確かめるため、朋ははるばる山形へと足を運ぶ。

出典:TELASA

第4話『歩兵の謎』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

未解決の女2|第5話『銀行強盗』

未解決の女2|5話あらすじ

閉店間際の銀行に3人組の男が押し入り、立てこもった。

しかも人質の中には、「特命捜査対策室」第6係の刑事・草加慎司(遠藤憲一)の娘で、3年前に妻と共に家を出ていった草加美里(佐久間由衣)がいた上に、なぜか犯人は「草加という刑事に電話させろ」と警察に要求してきたのだ。

そんな中、防犯カメラ映像で、漢数字の「三」が書かれた紙を持たされる美里と、犯人の一人の顔を確認した草加は息をのむ。

その男はある未解決事件の捜査で出会った河本直也(矢野聖人)だったからだ!

出典:TELASA

第5話『銀行強盗』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

未解決の女2|第6話『影の斜塔』

未解決の女2|6話あらすじ

人気イタリアンレストランのオーナー・入沢博人(武田航平)が手足を縛られた状態で、新店舗の冷凍施設に閉じ込められ、凍死した未解決事件から5年–。

成功のノウハウをまとめた自著『億りびと』を上梓したばかりのネット長者・西松文也(渡辺邦斗)が、入沢と同じように手足を縛られ、ホテルのバスタブで溺死しているのが見つかった。

その遺体を見た「特命捜査対策室」第6係の刑事・矢代朋(波瑠)は、くるぶしに彫られた奇妙な刺青に目を留める。

文書捜査のエキスパート・鳴海理沙(鈴木京香)によると、その刺青は「梵字」。

しかも、5年前の被害者・入沢の腕にも「梵字」の刺青が彫られていたというではないか!

出典:TELASA

第6話『影の斜塔』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

未解決の女2|第7話『影の斜塔』

未解決の女2|7話あらすじ

5年前の未解決事件で殺された人気イタリアンレストランのオーナー・入沢博人(武田航平)と、つい先日殺されたネット長者・西松文也(渡辺邦斗)。

共に「梵字」の刺青を入れた被害者2人は、かつて同じ詐欺事件で逮捕されていた。

しかも、彼らを不起訴処分へ導いた弁護士・若林守(矢柴俊博)は、行方をくらましたエリート刑事・富野康彦(市原隼人)の捜索を「特命捜査対策室」第6係の刑事・矢代朋(波瑠)に極秘依頼した警視庁幹部・小野塚吾郎(筧利夫)と、裏でつながっていたのだ–。

出典:TELASA

第7話『影の斜塔』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

以上が、ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』各話のあらすじ紹介になります。

あらすじだけでなく、動画で視聴したい方のために、ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』の動画を全話無料視聴できる動画配信サイトを紹介します!

 

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』を配信中の動画配信サイト

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』の動画を配信している動画配信サイトを一覧でまとめましたので、ご覧下さい♪

\ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』の動画配信サイト一覧/

配信サービス 1期 緋色のシグナル 2期
TELASA
U-next
dTV
TSUTAYA DISCAS × ×
Paravi × × ×
FOD Premium × × ×
Hulu × × ×
Abemaプレミアム × × ×
Amazonプライムビデオ × × ×
Netflix × × ×
クランクインビデオ × × ×
dアニメストア × × ×

※本ページの情報は2021年3月を記入して下さい月時点のものです。

ご覧頂いた通り、ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』の動画は

  • TELASA

動画配信サイトで無料視聴できますが、その中でもおすすめはTELASAです!

本日から9月2日まで無料!

でも、なんでTELASAがおすすめなの?

と、気になると思いますので、おすすめの理由をTELASAの特徴と共に紹介していきます♪

TELASAで『未解決の女 警視庁文書捜査官』の動画を全話無料視聴

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』の動画を全話無料視聴するには、動画配信サイト『TELASA』がおすすめです!

テレビ朝日系の動画を強みとした動画配信サイトで、登録から15日間の無料期間があります。

そのため、TELASAならドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できます♪

そんな、動画配信サイト『TELASA』の特徴を表でまとめました!

<TELASAの特徴まとめ表>

月額料金 618円(税込)
※無料期間終了後から課金
無料お試し期間 登録から15日間
無料期間に解約すれば0円
配布ポイント ポイントなし
国内ドラマ動画配信数 430作品以上
その他 テレビ朝日系の動画配信サイト

TELASAは他サービスに比べ、月額料金が安価な点も特徴の1つです。

加えて、ドラマ・アニメ・特撮・バラエティ・映画など、コンテンツも豊富となっています。

そんなTELASAで、ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官」の動画を全話無料視聴して頂けると幸いです♪

本日から8月18日まで無料!
無料お試し期間に解約すればお金は一切かかりませんのでご安心ください♪

<TELASAで動画視聴できるおすすめ動画>

波瑠出演動画

  • BORDER
  • BORDER 衝動-検視官・比嘉ミカ-
  • BORDER 贖罪
  • G線上のあなたと私

鈴木京香出演動画

  • 三谷幸喜「short cut」
  • ドラマスペシャル 人間の証明
  • 男たちの大和/YAMATO
  • 重力ピエロ

沢村一樹出演動画

  • 刑事ゼロ
  • 刑事ゼロ スペシャル
  • アガサ・クリスティ 予告殺人
  • アガサ・クリスティ 大女優殺人事件

似たおすすめ動画

  • 24 JAPAN
  • TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部
  • 遺留捜査(2011)
  • 「おかしな刑事」シリーズ

※本ページの情報は2021年6月時点のものです。

無料期間内に解約すればお金は一切かかりませんが、本当に大丈夫なの?

と、不安な方は登録・解約の流れをご確認下さい。

TELASA登録手順
    1. TELASAの公式サイトにアクセスして『無料でお試し』をクリックします。
    1. 『au IDを新規登録』をクリックします。
    1. 『UQ mobile』か『他スマートフォンの方』どちらかを選択します。
    1. 登録用のメールアドレスを入力します。
    1. メールに届いた確認コードをコピーします。
    1. コピーした確認コードを貼り付けます。
    1. 基本情報を入力し、下にスクロールします。
    1. 『利用規約に同意して新規登録』をクリックします。
    1. 『利用中のサービスに戻る』をクリックします。
    1. 『規約に同意して加入』をクリックします。
    1. クレジットカード情報を登録します。
    1. TELASA登録完了となります!

登録から15日間は無料お試し期間になりますので、使ってみて継続するかどうか決めるといいですね♪

無料期間中に解約すれば、課金されませんのでご安心を下さい。

本日から8月18日まで無料!
TELASA解約手順
    1. TOPページに右上アイコンをクリックします。
    1. 退会をクリックします。
    1. 継続をおすすめされますが、『退会手続きを進める』をクリックします。
    1. 『退会する』をクリックします。
    1. 退会完了となります!

登録から無料期間中の15日以内に解約すれば、お金はかかりませんのでご安心ください。

TELASAは無料期間だけと決めている場合は解約をお忘れなく♪

 

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』を視聴した人の感想

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』の評判を事前に知っておきたい方のために、

実際にドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』を視聴した人の感想をまとめましたので、ご覧ください!

ドラマ『未解決の女1』を視聴した人の感想

男性・30代

ストーリーが単純でありきたりなように感じましたが、主役の2人はさて置き、ベテラン揃いの脇役やゲスト役の俳優さん達が、それを見事に演技でフォローしていました。

嫌な奴で上司の機嫌ばかり伺っている古賀室長が、潔くて良いキャラでした。

映像や劇中の音楽が好みと言う点で、個人的には高評価です。

正しい日本語が使われていたところも良い。

8話で終了したので打ち切りかなとも思いましたが、どうやらシリーズ作品のようですので、もっと脚本を良くすれば更に評価される作品になると思います。

女性・20代

波瑠ちゃんを見たさに視聴しました。

刑事役が素敵で、どんな役でもこなしてしまう彼女は凄い。

「あさが来た」を担当した大森さんが脚本との事で、今回は彼女の魅力をどう見せてくれるのかと期待していましたが、キャラも分かりにくく、ストーリーもいまいちでした。

利用ミスのエピソードあたりからマシにはなってきたかな。

刑事ドラマとしては物足りなさもありますが、他のキャストも豪華で、回を追う毎にどんどん面白くなるドラマでした。

男性・30代

普段は刑事ドラマを見ないのですが、文字フェチに惹かれて視聴しました。

鈴木京香さんが、日本語を正しく直すシーンがあり、私がいつも気になっていた言葉も多くあったので、それが爽快でした。

内容については、大事なところで沢村一樹さん達の特命判に持っていかれてしまうので、そこが少し不満だったかな。

でも、これまでは気にしていなかった波瑠さんの魅力に気付けました。

個人的には、最終章に大谷亮平さんが登場してきて嬉しかったです。

女性・20代

波瑠さんは熱いキャラの矢代刑事役を見事に演じられていて、鈴木京香さんとのコンビネーションも良かったです。

第7話で、徹夜して英語のカードを並べ替える2人のシーンは、2人の笑顔が見られたし楽しそうでお気に入り。

遠藤憲一さんや、光石研さんなどイケてるおじさま達がたくさん出演されていたのは個人的にすごく良かったです。

強行班の3人組も最高でした。

谷村美月さん演じる知能犯の娘を何としてでも捕まえてほしいので、シリーズ化お願いします。

ドラマ『未解決の女 ~緋色のシグナル~』を視聴した人の感想

男性・30代

男性の京都弁が気になる。

ストーリーは、「インスタ映え」など、話題のことが色々盛り込まれていて、平成ラストのスペシャルとしては良い作品だったと思います。

IT社長がお金持ちで、豪勢に遊んでて、一方で下請けの人は残業など仕事が忙しくて時間が無い反面、稼ぎが少なくてというエピソードは色々考えさせられました。

生活の保証としてお金は勿論ですが、寝る時間や人と会う時間、心にゆとりを持たせる事も大切で、会社のトップに立つ人は、人の人生に責任を持つ事が大切だと思いました。

女性・20代

原作は読んでいませんが、前シーズンのドラマを視聴していました。

京都を舞台にいまだに解決していない連続殺人事件と同様の手口と見られる事件が発生し、谷原章介さんが京都府警の刑事として出演されていました。

関西弁がちょっとウザいです。

波瑠ちゃんと京香さんは前作に引き続き変わらずの良いコンビでした。

でも事故で無くなってしまった晶さんの気持ちを知ったら、悲しくなってしまった。

また連続ドラマとして復活するのかな?

男性・30代

文字から謎を解明するという設定が大好きです。

「品字様(ひんじょう)」という、3文字の同じ漢字を使用した漢字は初めて知りました。

連続ドラマから出演されている方々の他に、ゲストの俳優さんもベテラン揃いで、皆さん演技が安定していました。

でもレギュラー陣の出番が少なかったのは寂しい。

あとは、自分は方言に詳しくないのでそれほど違和感はなかったです。

原作とどれくらい忠実なのかは不明ですが、刑事ものとしてはよくある感じなのかなと思います。

女性・20代

波瑠ちゃんと京香さんのコンビが帰ってきてくれて本当に嬉しい。

今回も変わらずに文字の神様が降りてきていました。

谷原章介さんと工藤阿須加君のバトルが見たかった自分としては、強行班チームの登場シーンが少なくて残念。

あとは武田真治さんの演技を久々に拝見しました。

今や筋肉体操として有名なので貴重なお芝居です。

中村俊介さんがチャラチャラしたキャラを演じられるのも意外。

登場する俳優さんが皆安定していたので、連続ドラマで復活してくれないか期待しています。

ドラマ『未解決の女2』を視聴した人の感想

男性・30代

前作から2年が経過し、前作以上に2人の間に絆があるのが分かり、なんだか感動してしまいました。

鳴海先輩が矢代に電話するシーンとか、鳴海先輩に感謝の気持ちを伝えられてうろたえる矢代のシーンとかを見ていると、2人は両想いだなと思います。

他にも、矢代の試合を双眼鏡持参で見る先輩の姿や、ヤキモチ焼いたりハグしたりする矢代、あとは特に、先輩が人質になる話での、王子と姫の件などなど。

これは完全に百合で、公式にも認めているのでしょう。

女性・20代

本作が始まる前のスペシャル版から見ています。

出演者がわりと年齢高めの方ばかりなので、安心して見られます。

言うとすれば、谷原章介さん演じる国木田哲夫は京都弁から標準語を喋るようになっているのに、山内圭哉さん演じる桑部一郎さんに対して標準語を使っていたシーン。

冷静なキャラでもないので、感情的なシーンは京都弁の素が出る方が自然かなと思います。

あとは、エンディングがこの作品の世界観に合っていなかったこと。

諸事情によりあの曲が主題歌になったのだろうけど、せっかくの世界観が崩れてしまうのが残念だった。

男性・30代

前作は全話見たわけではなく見たり見なかったり。

シーズン2になって全部視聴できて良かったです。

文字がテーマになっていて、それが事件解決のカギになるとは面白い設定です。

鳴海理沙が謎を解明して犯人を逮捕するのがほとんどですが、波瑠ちゃんと鈴木京香さんのバディが最高でした。

女性のスーツ姿も格好良さに気付いた作品でもあります。

女性コンビで、刑事ものの推理ドラマの作品は他ではあまり見ないので、新鮮で面白かったです。

女性・20代

シーズン1を見ていたのでその流れで視聴。

出演されている俳優さんも、遠藤憲一さんを除いては自分が好きな俳優さんばかりでした。

高田純次さんが出演されなかったのは寂しいけれど、谷原章介さんが出ていたので良かったです。

鈴木京香さんが閃いた時の演技はちょっと煩かったな。

あんな大騒ぎしなくても。

演出だとは思うのですが、彼女にそんな演技をさせるのは止めて欲しい。

ラストに市原隼人さんが出ていましたが、熱のこもった演技が素晴らしいです。

\ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』の全話視聴ならTELASAが一押し/

本日から9月2日まで無料!

\放送中アニメ/ドラマの無料動画はこちら!/

2021年7月夏アニメ曜日別まとめ一覧 2021年7月夏ドラマ曜日別まとめ一覧