生きるとか死ぬとか父親とか 無料動画

\ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』の動画を無料視聴できる見逃し配信サイト/

配信サービス 配信状況 無料期間と月額

配信中
2週間無料
Paravi公式サイト

※本ページの情報は2021年4月時点のものです。

放送時期 2021
ジャンル ファミリー
制作会社 テレビ東京
オフィスアッシュ
俳優 蒲原トキコ:吉田羊
蒲原哲也:國村準
蒲原トキコ:松岡茉優
トキコの母親:富田靖子
東七海:田中みな実
今西:DJ松永
中崎:オカモト”MOBY”タクヤ
近田:森本晋太郎
遠山:ヒコロヒー
青柳タツヤ:岩崎う大
主題歌 OP:『ever since』:高橋優
ED:『縁(ゆかり)』:ヒグチアイ
予告動画 ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』予告動画
公式サイト ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』公式サイト
Wikipedia ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』Wikipedia
公式Twitter ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』公式Twitter

ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』あらすじ

吉田羊&國村隼がダブル主演で親子に!

愛嬌はあるが自由奔放な父と、それに振り回される中年の娘『人生相談の名手』ことジェーン・スーが原作のおもしろ可笑しくて、ときどき切ない家族の愛憎物語。

原作は、ラジオパーソナリティー・コラムニスト・作詞家と多彩な顔をもち、女性からの圧倒的な支持を集める”独身のカリスマ“ことジェーン・スーが、自身の家族の出来事と思い出を描いたリアルストーリー。

つまり、主人公のモデルはジェーン・スー自身であり、そんな主人公を吉田羊が演じます。

主人公・蒲原トキコは20年前に母を亡くし、今では父の蒲原哲也がたった一人の肉親。

愛嬌はあるが破天荒な70代の父、独身で勝気な40半ばの娘。

ひとたび顔を合わせればギクシャクし一度は絶縁寸前までいった二人だが、今では時々外食しながら話をする関係になっている。

そんなある日、トキコは父についてのエッセイを連載することになった。

ネタ集めのため父に会うたびいろいろな家族の思い出を聞く。

しかしそれは楽しい記憶ばかりではない。

母との出会い、全財産の喪失、そして他の女性の影…。

父への愛憎と家族の表裏を描く、普遍にして特別な家族の物語。

さらに今作のみどころとして、主人公がパーソナリティを務めるラジオ番組の「お悩み相談のコーナー」があります。

ジェーン・スー自身もラジオ番組でのお悩み相談コーナーが大人気であり、まさに「人生相談の名手」ですが、今作のラジオシーンのセリフはすべてジェーン・スーによる監修のもと制作されています。

夫婦関係や友人関係、SNS社会や見た目の悩みまで、様々なお悩みをキレ味のよい言葉でスパッと解決しちゃいます!

出典:公式サイト

 

Youtubeで動画検索
ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』の動画配信状況
見逃し配信
(無料)
見放題配信
(無料)
宅配レンタル
(無料)
    サービスはありません
レンタル
(課金)
    サービスはありません
配信なし

ドラマのおすすめポイント!

  • 主人公はラジオパーソナリティ。リスナーから寄せられる人生相談の内容や、それに答える主人公の回答や、主人公の実体験など考えさせられます。
  • 親子関係について考えさせられます。たとえ親子でも、理解できないことはあるし、どのように折り合いをつけていくか考えることはあるのだろうなと思います。
  • 結婚や独身など生き方の価値観、老い、”男はこうあるべき、女はこうあるべき”の考えから脱却するような、価値観のアップデートを考えさせられます。

ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』の動画の見逃し配信を全話無料視聴

ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』の見逃し動画を無料視聴するために、Youtubeやニコニコ動画などの検索結果を1話〜最新話まで各話ごとにまとめました!

気になる方は、1話〜最新話まで各話のあらすじと共にチェックしてみて下さい♪

生きるとか死ぬとか父親とか|第6話『子供とか 夫婦とか』

生きるとか死ぬとか父親とか|6話あらすじ

トキコ(吉田羊)と父(國村隼)は親戚の結婚・出産祝いに出かけることになった。

亡くなった母の姉である伯母(三林京子)とその娘(渡辺真起子)との食事会だが、持っていくご祝儀に新札を用意するのを忘れてしまったトキコは、銀行のATMでキレイなお札を手に入れるべく奮闘。

なんとかご祝儀を用意し駆けつけたお祝いの席だが、そこでトキコは伯母たちから、母のつらい過去とそのときの父の振る舞いについて聞かされるのだった…。
出典:公式サイト

生きるとか死ぬとか父親とか|第6話『子供とか 夫婦とか』の感想
※放送終了後に追記いたします。
第6話『子供とか 夫婦とか』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

生きるとか死ぬとか父親とか|第5話『嫉妬とか 愛情とか』

生きるとか死ぬとか父親とか|5話あらすじ
父親について執筆しているエッセイがネタ切れになってきたトキコ(吉田羊)。

幼いころ父と楽しく遊んだ思い出がないという話から、東(田中みな実)に「子ども時代をやり直しては」と提案され、父(國村隼)と二人で動物園に行くことに。

しかし自由気ままに歩き回る父に振り回されるばかりで良いエピソードなどとても作れそうにない。

ところが帰りに寄った昔なじみの店で、トキコの知らない昔の父の仕事話や、幼い頃の2人のエピソードを知らされることに…。
出典:公式サイト

生きるとか死ぬとか父親とか 第5話の感想
男性・30代
今日は父親とのエピソードのネタ切れを嘆くトキコさんからスタート。ラジオでの軽快なトークをする姿がやはりステキ。親子らしいことをやろうと動物園に行くことに。

そこでまさかのファンの方との遭遇。

こういうのあると大変なんだろうなと少し思う。

母親とのエピソードを引き出そうとするトキコさんだが、動物の値段を調べ来ちゃう父親の個性が面白い。

お腹が空いた父親に連れられ、父の昔の仕事仲間である沼田さんがやっているトンカツ屋さんへ。

結局父親との昔からの欠損の埋まらなさを改めて感じてしまうのがどこか寂しい。

沼田さんとお話をしていく内に父親の過去や知らない一面を知っていく。

そして赤ん坊の頃の思い出を聴くトキコさん。

些細なクセが父親からの愛情由来だということ、心の欠損が僅かに埋まるのが良い。

最後にそのエピソードをラジオで語りつつ、そのクセを見せながら動物の値段エピソードを言うというオチもクスリと笑えた。

女性・20代
友人や知人のフェイスブックにアップされた子供の写真を見ると心がざわつき、イライラする自分に自己嫌悪を感じるというリスナーのお悩み相談に、トッキーが自身の経験からの答えが面白く感じられました。お悩みの内容と同じような感情を抱いた経験があるトッキーが、自分はそんな状況でなぜそんな感情となるのか自己分析し、女の子と一緒に写る父親の姿に嫉妬心を感じ、育児にかまけず働けよというネガティブな感情が、自分の父親にしてもらえなかった現実と重ねているようでした。「今からでも父親と子供時代をやり直せばいいのに」と返す東の答えが秀逸に思えました。

男性・30代
トキコがパーソナリティをつとめるラジオ番組で、視聴者からの生の色々面白そう。トキコとアナウンサー東七海の軽妙なトークやスタジオにいる色々なメンバーの姿などラジオのスタジオの生現場を見ることが出来るなんてわくわくします。視聴者の質問に自分の出来事を織り交ぜて話すなんて、とてもリアル感あり楽しそう。

トキコの父演じる國村隼さんのダンディぶりも期待できそう。

おしゃれなファッション楽しめそうです。

女性・30代
他人と身内に対する無意識的な感情の違いは誰にでもあると思う。いい歳をした他人の男のカツラは許容できても、いい歳をした父親のシミとりには、変な不快感を抱いてしまう。そして、指摘されるまでその矛盾に気づけない。

ちょっとした事でも、あるあるだと思います。

面倒だからスマホは嫌とか、年寄りっぽい事を言っておきながら海外旅行で必要だからとビキニを買おうとした母を思い出しました。

今思えば、着たいものを着させてあげれば良かったと思うが、当時は我ながら慌てふためいて必死にとめたのも同じ感覚なのかもしれないですね。

親って不思議な生き物です。

男性・30代
3月まで放送していた長瀬くん主演の俺の家の話。4月からの生きるとか死ぬとか父親とか。どちらも父親の個性が強い。

どちらの作品も綺麗事だけじゃなくて避けては通れない解決すべき問題に向かっていく術を見てる気がします。

私は生活は踊るリスナーなので、冒頭と終わりのラジオ番組のシーンはスーさんの「よくぞ金曜日までたどり着きました」を聴いている気分に似ていて、何故かホッとしながら観てます。

トッキーも言ってくれないかな〜笑

女性・20代
全部語る必要あるのかな、とラジオ部分にそんなこと思いました。一緒にいたら察する力もそれなりにつくだろうし、バレて駄目ならほれまでの相手なんだろうし。なんてことを思ったりしました。

このドラマの羊さんがとても好き。

羊さんは、イケてない役の方が好きです。

ドラマでは、バリキャリのやり手の役よりも苦しみを抱えながら生きる、やりきれない感じの人の役が良いなと思う。

このドラマとても良い。

人は会わんうちに会えんようになる、という台詞がありますが、こんな時代だし生きてるうちに会える人には会っておかなきゃと感じました。

男性・30代
新しいエピソードをさがしているうちに、トキコがSNSで女の子が父親と一緒に写っている写真を見ると嫉妬するというのだ。

その心のざわつきは自分の欠損した部分が原因だと分析。

しかし昔に戻れるわけではない。

そんな時、東からやり直す提案をされ乗ってみることに。

そうだ動物園に行こう!そこでトキコのファンだという家族連れに会い、その姿を父は喜んだ。

父は用意していた動物の値段の記事を読み上げながら歩くのだったが疲れてしまい、やり直し作戦は失敗。

昔馴染みの沼田の店に行くことに。

沼田は父から話を聞いていたトキコに興味を持ち、活動にくまなく目を通していた。

父はそんな娘が誇らしかった。

沼田は父の怪文書の話を出し、それは父の素行の悪さが招いたもので同僚の、成功した父への嫉妬からくるものだったと。

最後にトキコの口を執拗に拭く癖が父の癖でもあったことで幼い頃、父が近くにいた証だとわかり、少しだが欠損を埋めてくれたのだった。

私は父親っ子だったので、とても懐かしさを感じた回でした。

女性・20代
子供と娘の写真に嫉妬してしまう。

よく考えたら自分が父親に、遊んでもらった記憶がないからだと思ったトキコ。

今から親子らしいことをしても遅くないと言われてさっそく行動にうつすところがいい!子供の頃の思い出話を聞き出そうとしてもトキコが車酔いをして吐いてしまったことを蒸し返されてしまったり、動物の金額を調べてきたり。

面白いお父さんだなー。

沼田さんに会って仕事をしているときの話を聞けてうれしかっただろうなぁ~怪文書さわぎも、あることないことじゃなくて、あることあることっていうのが面白い(笑)國村さんがときおき見せるチャーミングな表情がかわいかったです。

男性・30代
娘と父親で動物園に行く…埋められない欠損を埋めるため、思い出のやり直し。

ですが、そんな思惑と裏腹に父親に最初からタクシー代を払わせられる、昔の思い出エピソードも美しいどころかお土産に買ったものしか記憶にないとか散々です。

でもそんな感じなんだよなぁ父親って。

とも思います。

自分の記憶の中で父親との素敵エピソードがなくて、動物園で出会ったトキコのファンという方達の家族に自分の昔と重ねるトキコ。

きっとキラキラして見えるんだろうな…しかし思わぬところに自分と父親とのつながり?を見つけます。

それは父親のお友達のお店でお友達が教えてくれたこと。

トキコがまだ赤ちゃんだった頃に一生懸命に食べかすを口で拭ってくれていたとのこと。

現在のトキコも食べたらすぐ口を拭うクセがあり、それは父親も然り。

そんな記憶にもないところに自分と父親のつながりを感じます。

この後にこの1日の出来事をラジオで話しますが、口を拭うエピソードを話さなかったところが素敵でした。

第5話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

生きるとか死ぬとか父親とか|第4話『時代とか 東京とか』

生きるとか死ぬとか父親とか|4話あらすじ

トキコ(吉田羊)のエッセイが掲載された銀座のタウン誌『銀座百点』。

それを探しに父(國村隼)と二人で銀座を訪れたトキコ。

しかし、最近の銀座はすっかり様変わりしてしまい、思い出の店がいくつも移転したり、なくなったりしていた。

何とかお目当ての『銀座百点』を見つけ喜ぶ二人は、早めの夕食を取ることに。

店に入るなり早速、掲載されたトキコのエッセイを読む父。

そこには、父と母(富田靖子)の出会いの話が書かれていて…
出典:公式サイト

生きるとか死ぬとか父親とか 第4話の感想
男性・30代
父親と銀座へ向かうトキコさん。目的は彼女が書いたエッセイが載った冊子を探しに行くこと。しかし、見知っていた銀座の町並みはスッカリ変わってしまっていた。

最初のラジオで読んでいた変わってしまった街並みへの寂しさを語るエピソードがここで回収される。

探していたエッセイが載っている冊子もサッパリ見つからず途方に暮れる。

高級店でのお客さんについてのトキコさんの感想もどこかさみしい。

望んだ店では無かったが、そこで父と話すときにふと周りのざわめきが無くなり2人だけの空間になるという演出がとても心地よかった。

変わり行く街並みとそこにもある変わらぬものも感じる、きっと自分もいつか通る道なのだろうと感じたエピソードだった。

女性・30代
東京にはそれぞれの時代を象徴する街があり、60年代の新宿90年代の渋谷など、その時代の若者にとって青春の記憶とそれらの街は強く結びついている。この日トキコは父と銀ブラをするのだが、目的は老舗タウン誌「銀座百選」。トキコがそのタウン誌に昔母が大好きだった銀座を 家族でよく親しんだ思い出を書いたもので 父に見てもらいたかったのだと思う。

しかし、様変わりした銀座に二人は馴染めず、やっと見つけた「銀座百選」を居酒屋読んでいたところ内容に誤りがあることの父が気付く、昔は連絡手段が今のようになかった時代には運命を感じる出会いや再会があったのでしょう。

東京は変化する街、昔懐かしいものが消えてしまうのは悲しいが、新しいものを楽しむことも大事なのかもしれない。

でもやっぱり寂しいかな

男性・30代
生粋の東京人、江戸っ子であるトッキーが、再開発で変わる東京の姿に喪失感を感じるというお悩み相談に対する答えが腑に落ちました。今の東京は、他所から移り住んできた人たちの使い勝手の良いように改良や開発が施され、先住民である生粋の江戸っ子らもその恩恵に預かったきたという答えには、東京に限らず再開発されるさまざまな地方都市でも同様のことが言えるように思えました。父親と昔馴染みの銀座を歩き、トキコが書いたエッセイの掲載されたタウン誌を探し、昔と違う銀座の街に戸惑う二人の姿もまた、歳を重ねた人に共通するノスタルジーに思えました。

女性・20代
ジェーン・スーさんのラジオでお父様との話をよくされていて、著書で変わったお父様のことを書いたことは知っていましたがそれが映像化されるとは驚きました。いろいろあった父と娘の、微妙なあの空気感のようなものが、ドラマ内でどう表現されるのか。スーさんが納得できる2人の姿が描けるのか。

また作中の吉田羊さんがスーさんにとても似ていると絶賛していたので羊さんの役作りにも期待しています。

男性・30代
ラジオパーソナリティーだけでなく、様々なシーンで個性を発揮されているジェーン・スーさんの自伝的ドラマということで期待が集まります。ある種、久保ミツロウさんなどにも通ずる独特な内省的視点もありながら、今回のように家族と向き合うことをテーマにした作品で伝えたかったメッセージが何なんか汲み取れるよい機会だと思います。個を見つめ直す時間が多くなった昨今、改めて自身のパーソナリティーにも訴えかけてくれる内容に期待します。

女性・30代
愛嬌はあるが破天荒な父としっかり者の娘トキコのどこにでもある日常の色々なエピソードがとても面白く、テンポある心地良い流れに目が離せなくなります。吉田羊さんと國村隼さんが父と娘で登場、二人の阿吽の呼吸で演じるドラマ見ごたえあります。表情豊かな吉田羊さんと、微妙な仕草で受けとる國村隼さんの間が絶妙で対照的な表情に思わず笑いが出てしまいます。

まるでホントの親子のようで、けんかしてもいつのまにか普通に戻ってしまう親子に心温まります。

冒頭から始まるラジオのリスナーからの色々な相談もそれに答えるトッキーと東七海の軽妙な明るいトークや、生き生きと仕事するスタジオのメンバー達の温かい交流に癒されます。

男性・30代
冒頭のラジオの部分、すごく共感できました。

自分も都内住み20年になるので、東京の移り変わりの速さに久々に都内の色々な場所に訪問する時に驚きつつも、これが東京なんだと無意識に受け入れていたところがあります。

けれど、どんどん綺麗になって何事もなかったかのような顔をしている街の様子を見て淋しく、どこかやるせない気持ちになるのも事実でした。

銀座なんて本当に早いですよね。

しかもコロナ禍で本当に都心に出向いてないので、コロナ後に訪れた時にはどうなってしまうのか、と今から不安でもあります、けれど、徳川家康の時代からよそ者が作ってきた東京という部分にはそうか、東京は昔からこういう運命なんだと納得できました。

終始、変わりゆく銀座に打ちのめされていましたが、最後のお父さんとお母さんの結婚するまでのエピソードにほっこりさせられました。

第4話の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

生きるとか死ぬとか父親とか|第3話『美容とか 見た目とか』

生きるとか死ぬとか父親とか|3話あらすじ

父(國村隼)から、食物アレルギーの疑いがあると一報を受けたトキコ(吉田羊)は、病院に連れていくことに。

しかし、診断結果は何事もなく、せっかく来たからという理由で突然「顔のシミを取りたい」と言い出す父。

呆れたトキコは学生時代からの女友達である北野(中村優子)とミナミ(石橋けい)に愚痴を言う。

いまや「男性の美容」は普通のものだと頭ではわかっているはずのトキコだったが…。

出典:公式サイト

生きるとか死ぬとか父親とか 第3話の感想

男性・30代

今回は美容についてのお話。

主人公がパーソナリティを務めるラジオのお悩みメールもカツラのお話。

悩みに真摯に答える姿が心地よい。

父親のアレルギー検査したが、父親は忘れていた。

乾燥肌らしいが急にシミを取るという父。

液体窒素?を見たときのリアクションにクスリとしてしまった笑。

トキコは父を置いて友人たちとの食事へ。

そこで父親はのシミ取りの話へ。

どうにも受け入れられないトキコ。

友人たちと楽しげな時間を過ごしているのがコロナ渦の中でほんの少し羨ましく微笑ましい。

友達と小顔になるというエステに行き、そこで父親の話に。

きっと父は自分で自分を励ます、刺激を求めていたのだと。

そんな自分の中にあった偏見のお話を軽やかにラジオのお悩みメールと自身のエピソードで描いていたのが好印象。

自分の身近でも起こりそうな話が微笑ましい。

女性・30代

身体的な劣等感は、本人の性格や受け入れ方によってもさまざまで、周囲の見方もさまざまであることを再認識させるようでした。

父親に食物アレルギーの検査に付き合ったトキコが、父親の思いつきで顔のシミ取りに付き合わせられ、急に不快感を示した様子は父親に女性の影を想像したように思えました。

シミ取りを言い出した父親の前に、女医さんが持って来た白い煙が上がる金属製の筒をみた父親の怯えた表情とトキコの固まった表情は笑えました。

男性が美容に対して意識が変わって来たとはいえ、歳を重ねた娘であっても父親がオトコである面を見たくない本能があるように感じられました。

その逆のことを友人から指摘されたトキコの返答の曖昧さも印象的でした。

第3話『美容とか 見た目とか』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

生きるとか死ぬとか父親とか|第2話『老いるとか 思い出とか』

生きるとか死ぬとか父親とか|2話あらすじ

ある日、父(國村隼)からの提案で叔母(松金よね子)のお見舞いに行くことになったトキコ(吉田羊)。

華道の師範としてバリバリと働き、独身を貫いた叔母は自分で用意したケアハウスに入居した。

「外の空気が吸いたい」という願いをかなえるため、トキコはスーパーでの買い物に付き合う。

自力で動けない叔母のため久しぶりの外出を精一杯楽しく演出するトキコ。

しかしスーパーから戻ると叔母の部屋には見知らぬ女の姿があり…。

出典:公式サイト

生きるとか死ぬとか父親とか 第2話の感想

男性 20代

ドラマ冒頭、主人公のトキコが務めるラジオパーソナリティーが受ける人生相談。

相談者の悩みを受け止めつつ、ポジティブに導く姿が心地よい。

今回は叔母の御見舞いに父と2人で向かうことに。亡き母と父との経緯を聞くトキコだが、叔母の痴呆を目の当たりに…。

叔母と父が語るかつての暮らしや戦時中の家庭のさまざまもズシリと来る。

そして叔母の葬儀、棺桶に叔母愛用のオレンジの口紅を入れようとすると葬儀屋さんに止められてしまう。

トキコは渋々納得するが、父は遺族の想いについて葬儀屋さんに訴えかける。

その様は一歩間違えばクレームのように映るが國村隼さんの想いのこもったセリフがジンと響く。

ラスト、再びのラジオでのお悩み相談。遺品をゴミとして捨てたい19歳のお悩みに彼女は真摯に答える。

遺品に込められた想い、遺族の想い、それを自分に重ねながら…吉田羊さんが静かに流す涙とその声に心が動く話だった。

女性・30代

独身を貫き、今は自分で用意したケアハウスに入居した叔母を見舞ったトキコと父親の二人に、叔母が自らボケたことを告白する姿に強さを感じました。

そんな叔母を自らの理想だと言うトキコの言葉には、高齢化社会が進む日本で増加する独居老人の一人となる覚悟にも聞こえました。

体の自由が利かず、思ったように外出できない叔母をスーパーに誘うトキコの言葉には優しさが感じられ、それを受け準備する叔母の姿には高齢となっても女性であることも感じられました。

それを黙って見守るトキコの父親には、残された時間が少ないことを察していたかのような印象を受けました。

その後亡くなった叔母の葬儀で、小さな口紅を棺に入れたいというトキコの思いを拒絶する葬儀屋の対応には腹立たしさを感じました。

第2話『老いるとか 思い出とか』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

生きるとか死ぬとか父親とか|第1話『結婚とか 独り身とか』

生きるとか死ぬとか父親とか|1話あらすじ

「トッキ―とヒトトキ」

今週のお悩み相談コーナー

ラジオネーム:まんじゅうこわい(女性)私は27歳のOLです。

結婚した友だちの話を聞くかぎり、 私には結婚生活というものがあまり楽しそうに思えません。

結婚すれば、彼の人生に寄り添うことになり、 今ある自由や楽しさを手放す事になるのではないかと思うと、 憂鬱な気持ちになります。

これって、おかしな悩みでしょうか?

トッキーさん、何かいいアドバイスがあればお願いします。

ラジオ番組『トッキーとヒトトキ』のパーソナリティであるトッキーこと蒲原トキコ(吉田羊)は、毎週リスナーから寄せられる「お悩み相談コーナー」で大人気。

しかしそんなトキコにも悩みが…父親の蒲原哲也(國村隼)である。

自由奔放な父に振り回されるトキコだが、ある日、父について“エッセイ”を書こうと決める。

そこには亡き母の人生と、父への愛憎が入り混じる娘の秘めたる思いがあって…。

可笑しくもほろ苦い家族の物語が今、幕を開ける!

出典:公式サイト

生きるとか死ぬとか父親とか 第1話の感想
女性・20代
東京にはそれぞれの時代を象徴する街があり、60年代の新宿90年代の渋谷など、その時代の若者にとって青春の記憶とそれらの街は強く結びついている。この日トキコは父と銀ブラをするのだが、目的は老舗タウン誌「銀座百選」。トキコがそのタウン誌に昔母が大好きだった銀座を 家族でよく親しんだ思い出を書いたもので 父に見てもらいたかったのだと思う。しかし、様変わりした銀座に二人は馴染めず、やっと見つけた「銀座百選」を居酒屋読んでいたところ内容に誤りがあることの父が気付く、昔は連絡手段が今のようになかった時代には運命を感じる出会いや再会があったのでしょう。東京は変化する街、昔懐かしいものが消えてしまうのは悲しいが、新しいものを楽しむことも大事なのかもしれない。

でもやっぱり寂しいかな

男性 20代

番宣をみて、自分が大人になって、親の今後としっかりと向き合っていくようなドラマなのかなと思っています。

誰もが直面することであり、年老いていく親との繋がり方や支え方について、新しい視点で気づくことができるのではないかなと感じています。

主演のお2人の演技が好きで、とてもリアリティーあるものになっているだろうと思い、凄く見応えがありそうです。

タイトルにもセンスを感じますし、お洒落なセリフやグッとくる言葉がたくさん聞けるのではないかなと楽しみです。

女性 30代

ラジオ番組のパーソナリティを務めるトキコが、20代後半の女性の結婚に対する不安感に対し、自らの体験から来る感覚の要物を押し付けるわけでもなく自然体の自分の言葉で語る様子がラジオに特有の世界観が感じられました。

そんなトキコが、70歳を超える年齢となった父親のことがナレーションで語られ、その年齢とはかけ離れた派手な格好の父親に振り回されたであろうことが推察されました。

しかし、親子である関係性は他人とは違い、年齢によって距離の取り方や接し方を工夫しながら構築されたものであることが読み取れました。

高齢となった父親と中年となった娘の周囲からみれば、表面的には落ち着いた関係性と裏にどんな過去があったのかわからない心理がほのぼのとした日常から少し感じられました。

男性・30代

物語のはじまり。

主人公エッセイストでありラジオパーソナリティーも務めるトキコ。

リスナーからの悩みを優しく受け止めつつ受け入れる姿が心地よい。

母の墓参りの帰り道、父親が引っ越すと聴く。

驚きつつも彼女は援助してあげると言う。

その代わり彼女は父親のことをエッセイにして書くことにした。

母親の話を聴くことが出来なかったからだ。

結婚とか夫婦について、お迎えの新婚夫妻やかつての両親を思いながら考える姿はこれからワタシ自身も考えることになるのかな?父と仲良さげに過ごしているのだけれど、どこか壁があるような過去にも裏切り?があったようでそこを許せていないトキコと父親、2人の関係がどう変化するのかしないのか楽しみだ。

第1話『結婚とか 独り身とか』の無料動画

>>今すぐ動画を無料視聴する<<

以上が、ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』1話~最終話までの各話のあらすじ、と、無料動画配信サイトの情報紹介になります。

無料動画配信サイトで配信してないから見れない・・・

と、動画を視聴したい方のために、NetflixやAmazonプライムビデオなどで、ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』の動画を全話一気見できる動画配信サイトを紹介します!

 

ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか 』を配信中の見逃し動画配信サイト

ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか 』の動画を見逃し配信している、NetflixやAmazonプライムビデオなどの動画配信サイトを一覧でまとめましたので、ご覧下さい♪

ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』の動画配信状況
見逃し配信
(無料)
見放題配信
(無料)
宅配レンタル
(無料)
    サービスはありません
レンタル
(課金)
    サービスはありません
配信なし

ご覧頂いた通り、ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』の動画は

  • Paravi

見逃し動画配信サイトで無料視聴できますが、その中でもおすすめはParaviです!

本日から5月24日まで無料!

でも、なんでParaviがおすすめなの?

と、気になると思いますので、おすすめの理由をParaviの特徴と共に紹介していきます♪

Paraviで『生きるとか死ぬとか父親とか』の動画の見逃し配信を無料視聴

ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』の動画は、動画配信サイト『Paravi』の見逃し配信で1話から最新話まで全話無料視聴できます。

ParaviはTBSの公式動画配信サイトで、初回登録で2週間の無料期間があります。

そのため、Paraviを使ったことがない場合は無料期間中に解約すればドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』の動画の見逃し配信を全話無料で視聴できるのです。

また、Paraviの国内ドラマ配信数は、800作品以上と動画配信サイトトップクラス!

なので、ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』の動画を視聴した後も、沢山の見逃し配信を無料でお楽しみ頂けます♪

そんな動画配信サイト『Paravi』の特徴を表でまとめました!

<Paraviの特徴まとめ表>

月額料金 1,017円(税込)
※無料期間終了後から課金
無料お試し期間 登録から2週間
無料期間に解約すれば0円
特徴 TBS作品が多数見放題
ドラマ、バラエティ、アニメ…etc
国内ドラマ動画配信数 800作品以上
独占配信もあり
その他 TBSドラマ動画を多数配信

オリジナル作品も多数配信しているParaviで、ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』の動画の見逃し配信を1話〜最終回まで全話一気見して頂けると幸いです♪

本日から5月24日まで無料!
2週間の無料お試し期間中に解約すればお金は一切かかりませんのでご安心ください。
Paraviで視聴した人の口コミ

見逃し配信の動画視聴は、本当にお金がかからないの?

と、不安な方は登録・解約の流れをご確認下さい。

Paravi登録手順
    1. Paravi公式サイトにアクセスして『無料体験はこちら』をクリック。
    1. 好きな登録方法でアカウントを作成(今回は『メールアドレスでアカウント作成』をクリック)。
    1. 情報を入力して下にスクロール。
    1. 入力後、利用規約にチェックを入れ『クレジットカードで登録する』をクリック。
    1. 以上で登録は完了!

登録から2週間は無料期間になりますので、見たいドラマやバラエティの動画を視聴しながら楽しみましょう♪

無料期間中の2週間以内にに解約すれば課金されませんのでご安心下さい。

本日から5月24日まで無料!
paravi解約手順
    1. Paraviの公式サイトにアクセスして、右上のメニューボタンをクリック。
    1. 『アカウント情報』をクリック。
    1. 『契約プランの確認・解約』をクリック。
    1. 右下の『プラン解約』をクリック。
    1. 一番下までスクロールして『解約を続ける』をクリック。
    1. 『解約する』をクリック。
    1. 以上でParaviの解約が完了です!

登録から無料期間中の2週間以内に解約すれば、お金はかかりませんのでご安心ください。

Paraviは無料期間だけと決めている場合は解約をお忘れなく♪

 

ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』の再放送情報

ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』の再放送予定はあるのか?

放送局サイトや番組表で、ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』の再放送状況をまとめましたので、ご覧ください!

放送局/番組表 再放送予定
テレビ東京番組表 X
テレビ東京週間番組表 X
yahoo!TVガイド X
テレビ王国 X

現在、地上波でドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』の再放送は予定されていません。

近年、見逃し配信サイトやNetflix、Amazonプライムなどの動画配信サービスが普及して、地上波での再放送枠は年々減ってきています。

なので、今後ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』の再放送は期待できません。

地上波での再放送を待ち続けるよりも、公式動画配信サイト『Paravi』で視聴することをおすすめします!

Paraviなら、2週間の無料期間があるので、ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』の動画を1話〜最終回まで全話無料視聴できます!

また、最新作から懐かしい過去作まで、幅広く配信していますので、合わせてお楽しみ頂けます♪

本日から5月24日まで無料!

 

ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』を視聴した人の感想

ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』はつまらないのか?面白いのか?

評判を事前に知っておきたい方のために、実際にドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』を視聴した人の感想をまとめましたので、ご覧ください!

男性・30代

このドラマは、お母さんが先に亡くなったお父さんと、独身の娘の話です。

残された人や死に向き合っていくことはとても辛いはずで、それを描いていくドラマになります。

EDの曲も雰囲気にあっているので、聞いていて良いと思いました。

ドラマの構成も良いと思います。

観ていても共感できる話が多いです。

叔母の死を描いている2話目のラジオの話で、しばらく涙が止まりませんでした。

このまま観続けていこうと決めたドラマです。

女性・20代

1話が佐久間さんが作ってるということで見始めました。

テーマが女性の人生のドラマです。

ラジオのパーソナリティで声を出して語り、起ったことを主人公がどう捉えているかを整理した後に見せています。

話の全体は、微笑ましい感じの雰囲気があって、くすっと笑える感じです。

お母さんの結婚は答えが、その人が死ぬほど好きだった記憶を忘れないことに、ウルっときました。

1話のタイトルをエンディングの前に出しているのが、珍しい演出でした。

男性・30代

原作がジェーン・スーの本のドラマ化になります。

ジェーン・スーのラジオ番組は、バックグラウンド音楽のような感じで聞き流して聴けるのが良いです。

そんな感じでラジオ番組の活かして、あまりテンションが上下しない、

淡々としたゆっくり見れるのが良いです。

どちらかというと自分の時間に、そっと入り込んでいるラジオ番組をテレビで上手く表現してる。

ラジオがどんな風に録っているのかとか、テレビコラムのような感じで、見るのが楽です。

女性・20代

ドラマの監督が山戸結希だというので、期待しながら観ました。

ラジオの演出に、いきなり引き込まれました。

リスナーの相談内容が泣けてくる内容で、それにトキコを演じている吉田羊さんの言葉を聞くと泣けてきます。

この頃は、在宅ワーク等でラジオ番組を聴く機会が増えました。

ラジオは身近な感じで、パーソナリティの声やその時の話題がいきなり自分の気持ちを揺さぶることもあります。

男女関係なく、仕事や人間関係で辛いと思いっている事は多いと思う。

このドラマがその辛さを少しでも癒されるような気がして良いと思います。

\ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』の全話視聴ならParaviが一押し/

本日から5月24日まで無料!

 

2021年春ドラマ|曜日別ドラマの無料動画まとめ一覧

最後に、現在放送中のドラマ無料動画を一覧でまとめましたので、気になるドラマがありましたら、ぜひチェックしてみて下さい♪

月曜
火曜
水曜
木曜
金曜
土曜
日曜